★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62 > 239.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
人口削減のあたらしいフェーズ44:熱が出ないへんな風邪の謎2
http://www.asyura2.com/16/bd62/msg/239.html
投稿者 あのに 日時 2017 年 5 月 29 日 07:28:11: xZaQXyDl16EGo gqCCzILJ
 


人口削減のあたらしいフェーズ44:熱が出ないへんな風邪の謎2

1、はじめに

熱中症やウイルス風邪だと、偽装されているであろうマイコプラズマ風邪について、このシリーズの最初のほうで書いてきた。とくに、

人口削減のあたらしいフェーズ27:熱が出ないへんな風邪の謎
http://www.asyura2.com/16/bd62/msg/167.html
で、「熱が出ないへんな風邪」というのは、免疫細胞が攻撃されていて、また血管内にマイコプラズマ菌がいる証拠かもしれない、と書いた。

ことしも、気温が、30度台になると、このへんな風邪が、おそらく熱中症の症状と混同されるだろう。ということで、重複する内容も多いが、書いておく。

また、この菌もケムトレイルから撒かれているのだろう。ケムトレイルの撒き方も、因果関係をつけられぬようにか、はでなケムトレイルよりも、むしろほとんどひとめにつかぬ怪しいケムトレイルのあとに、へんな風邪になるように思う。

2、このマイコプラズマ風邪は、胃の変調から現れる

わたしは、ことし5月21日から22日に賭けて38度台の熱が出たが、その前にわたしの免疫低下の指標がはっきり現れていた。そして、さらにその前18日、19日、20日と胃の変調が現れていた。胃の変調は薬を飲むほどひどかった。免疫低下の指標も久しぶりにひどい状態だった。

ことし、2月のときも書いたが、どうやら免疫低下と胃の変調がセットになっているのである。そして胃の変調が現れて、数日後に高熱が出てくる。そして熱がひいたあと、けっこう長いあいだ「熱が出ないへんな風邪」症状が続くのである。

熱が出ないので、仕事などには出るだろう。だが、これは風邪であることは、はなみずが出ることからわかる。だが、気管支症状は、まったくないから風邪であると気がつくのは遅れる。ある意味、エイズの症状といわれるのに、どこか似た経過をとる。もちろんエイズの末期症状なんてものは、どこにもないのだが、最初のマクロファージへの感染症状の高熱らしきものとその後の微熱の長い経過が、どこかエイズの症状といわれるのに似ているのである。なにか、うす気味が悪い。

3、感染マクロファージは、万病のもとをつくりだす

おそらく、ここで対処を間違うと、マクロファージのなかに、まるで忍者のように、この菌がもぐりこむのだ。この感染マクロファージは、まえ書いたようにサイトカインなどを放出して、からだの各器官を壊していく。風邪が、万病のもととはこのことである。

万病のもとは、このマイコプラズマ風邪が大きい原因のひとつだろう。マイコプラズマでなくても、マクロファージのなかに、もぐりこむタイプの菌、ウイルスは、感染マクロファージがサイトカインなどを放出してからだの器官をこわすから危険なのであろう。だが、まえに、わたしが書いておいたガース・ニコルソンの対処法などをおこなえば、おそらくだいじょうぶであろう。

この新タイプのマイコプラズマ風邪=「熱が出ないへんな風邪」は、肺炎マイコプラズマ・ニューモニエとちがって、肺、気管支の症状は、基本的にはない。もちろん、関節痛もないので、マイコプラズマ・ファーメンタンスでも、おそらくないのだろう。新タイプのマイコプラズマ菌であり、いっけん熱中症のようであり、ウイルス風邪だと偽装されるため、微熱が長く残るのだろう。あるいは、この長引く微熱は、ほんとうにウイルス風邪なのかもしれないが。
だが、ひどい症状はほとんどないように見える。まるで、熱中症と混同させるかのように、作られた菌のように、わたしには思える。熱中症の仮面をつけた新しいタイプの生物兵器ではないのか、と思うのである。

それゆえ、診断は難しく、おおかたは熱中症と診断される。だが、熱中症の治療をしても、おそらく効果はない。きわめて軽い風邪にいっけん見えるので、あと、だれでも仕事には出ることになる。しかし、きちんと対処をおこなわねば、ほんとうはあぶない病気なのだと思う。

わたしの場合、熱はすぐ下がったが、あと36.4度台(平熱36.0度)という微熱症状が1週間続いている。体温を計る気にもならないほどの「熱が出ないへんな風邪」なのである。まえ書いたように、おそらく遺伝子組み換えによってこの種のマイコプラズマ菌もエイズHIVの被膜遺伝子があるので、免疫細胞を攻撃していて、このため熱が出ない症状になるのだ。

久しぶりに、今回、飼い猫も熱があり、ふらふらである。たしかに、マイコプラズマ風邪だ。獣医に見せると、たぶん猫の熱中症だ、というか(笑)
熱が出るまえ、えさを食べないのでおかしいと思っていたら、やはりそうだった。人間とおなじようにさいしょに胃症状があるのだ。マイコプラズマ風邪は、人獣共通感染症なので、ペットを飼っているとわかりやすい。薬はとても苦いのに、神妙に飲んでいる。笑ってしまう。

4、おわりに

熱中症について、考えていけば、これもおなじみ、医学界の大ウソにいきつくだろう。何もかもウソだったのだ。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
Ψ空耳の丘Ψ62掲示板  
次へ