★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62 > 354.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ウソニュースと真実の間に存在するウソ薬品と汚染された食物
http://www.asyura2.com/16/bd62/msg/354.html
投稿者 taked4700 日時 2018 年 2 月 18 日 18:31:56: 9XFNe/BiX575U dGFrZWQ0NzAw
 

今やウソ薬品はかなり普遍的に存在する。何も成分を偽った健康食品のことを行っているのではなく、立派なメーカー品として売られている薬剤に非常の多くの偽物が存在することを言っている。

同様に、色々な形で汚染された食料品が出回っている。

あるものはごく軽く悪寒を催す程度であったりするが、あるものは数か月の摂取で不妊化したり、頭がはげたり、または筋肉が麻痺しやすくなる。

多分、最も起こっている事例は心臓麻痺だ。

とても興味深いことに、こういったことを担当している人たちでさえ、その実態を分かっていない面が見て取れることだ。現場の担当者の知らないところで、汚染が進み、事態が深刻化している。

多分、こういった全体を指図するコアがあるはずだが、そういったコアの思惑を超えて、事態は動いていて、汚染がどんどんと広がっていると思う。

国際的にもこういった事態は広がっていて、アメリカやイギリスはもちろんのこと、中国でもトルコでも、アフリカでも中東でも医薬品や食料の偽物が出回っている。

背景にあるのは一種の内戦状況であり、内ゲバ状況だ。

太平洋戦争末期、日本の将校は前線に行こうとしなかった。無理な作戦を強いたために、前線に行けば、後ろから弾丸が飛んでくることがよくあったからだ。

それと同じことが今、世界的に起こっているのではないだろうか???  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. taked4700[6839] dGFrZWQ0NzAw 2018年2月18日 18:36:09 : pz0Uhs9y3M : mB3DGAzuzlg[4]
全てを監視するわけには行かない。

全てを事前に検閲することもできない。

コンピュータは万能ではない。

人間だけでなく、全ての生命は自立して行動しようとする。全ての生命を制御できると思い込む方が間違っている。


2. taked4700[6841] dGFrZWQ0NzAw 2018年2月19日 03:27:12 : lPSE0jI9TY : @Xh_oBmeogw[1]
フランスはある意味、日本以上のアメリカの使いぱっしりだが、アメリカ自体も大きな問題に直面しつつある。

アメリカの強さの源泉は北アメリカ大陸と言う他の大陸とは隔絶したその広い国土にあるが、その広い国土自体が問題化しつつあるためだ。

通常、問題が発生すると、そういった問題が発生していない地域へ助けを求め、問題解決をはかる。

しかし、アメリカの場合、他の地域へ助けを求めることが出来ない。なぜなら、国内にも国外にもだましを数多く、かつ大規模にやってきたため、他者を信じることが出来ないからだ。ある意味、自分自身についても、常にその力の行使をしていないと存在価値を見出すことが出来ない。だましを続け、その騙しがうまく行っていること自体を見ることが存在証明になってしまっているからだ。

このことの、最も大きな矛盾はだましが現実の世界のまともな問題解決ではなく、一部の利己的な勢力の当面の利益にしかなっていないことだ。よって、早晩、こういった体制は滅びざるを得ない。

馬鹿な話だ。


▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
Ψ空耳の丘Ψ62掲示板  
次へ