★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62 > 460.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
変化するらしい
http://www.asyura2.com/16/bd62/msg/460.html
投稿者 asy8 日時 2018 年 9 月 16 日 21:29:07: 3ati27iqg4fYY YXN5OA
 

何だか全く分からないが、いろいろと隠されていることがたくさんあるようだ。特に宇宙は謎であり、それは昔からそうなのだが、地球も謎が多い。それどころか人間も謎が多い。結局のところきちんとすべてがわかっていることなどはあまりないようだ。何から説明すればいいのかわからないが、つまり謎が多い。日本も謎が多いが他国も謎だらけである。その謎を解くのは各人に任せよう。つまり何というかあまりにも謎が多くて、どうにもならない状態だ。もちろん何も知らないふりをして、平然と過ごすのがいいのかもしれないが、それでは嘘の生活になる。かといって、証拠もないのにあれやこれやと伝聞をそのまま流すのも躊躇する。もしかしたらそれらは全て嘘かもしれないからだ。しかし、沈黙していると、後でなぜ黙っていたのかと言われるだろうし、すべてを話すとでたらめを言うなと言われるし、どうしようもない。やはり何も知らないふりをするのが無難なようだ。しかし、誰でも本気で調べようとすれば、私が知っていることぐらいは誰でも知ることができるはずだ。別に専門家でなくても、人の話を聞いたり調べることはできる。とにかく今の時期は全体的にいろいろと非常に微妙な時期だ。そしていろいろなことが起きてくるのも事実だ。それらの多くは避けられない。このように表明すると何か預言者のようだが、そういうことも調べればわかるはずだ。スマホもパソコンもまったくいじれないし、友人も知人もいないという人は仕方がないかもしれない。しかし、今の時代は多くの人が調べることができる。つまり、本当に何というか急がしい時代が到来してきている。今までの常識が全く通用しない時代だ。というよりも、今までの常識そのものが捻じ曲げられたものであったということだ。しかし実際にそれが起きないと誰も信じないだろう。だからもしも何かが起きたら大変なので、その準備を各人がやってほしい。やるべきことはいつものことで、別に目新しい事ではない。結局のところできることは限られている。偏見とこだわりを捨てて、あらゆる事態を考慮してほしい。自分で考えて行動してほしい。周囲に従うだけだと、周囲と共にどうしようもなくなるかもしれない。もちろん何も起きないかもしれない。そのほうがいい。だが、それで困ることもある。何というか、変化が起きるのにはそれなりの理由があるのだ。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2018年9月17日 12:58:15 : zWvusYykcU : WOl3vJKlXJE[1] 報告
違和感としてのものを感じられたら、それを吐き出すか、それともそこに留まるか。
はたまたその違和感が感じられるのと逆の向きを行くか。

常にその選択はあなたに委ねられてある。

身体の知覚に感じられる苦痛や痛みのみに限らず、
心のしこり、沸き立つ焦燥感、憤慨、
それぞれの感情レベルに表される異質感、違和感といったものすべてが、
常時あなたに帰還命令、気付きをもたらしており、そこからの解放を促しているのである。
それが苦そのものがもつ役割としての存在意義である。

だから大切な事は、まずそうした「違和感に気付く事」であり、
そしてそのことをあなたの中に明確にするということにある。
違和感が明確になる事によってあなた自身に解放の道を模索させる。
それが本来のプログラムである。

ゆえにそれがあなたの仕事であるのだが、あなた方の脳は外側に意識を張って注意することを優先するようにつくられてもいる。
そしてその危機意識を盾に危険な崖を坂道を転がるように滑り落ちてきた。

やがて外側に社会性という外部プログラミングをつくることなり、倫理教典ができると教科書どおりにそこに支配されるばかりとなった。
そこに合わせる事だけを好しとされれば、内的な心理性の働きも全て外部に合わせる事となっていく。
そこに生じる痛みも内々に隠すだけとなっていった。
そしてその中で、痛みを感じるのが確定したことなら、
大きな痛みを感じるより、より小さなもので我慢できるようにしよう
という考えに巻かれるだけとなっていったのである。

最初に感じる僅かな異質感、違和感を取り除こうとしないままでいれば、
やがてそれが原因で病の種が芽を出し、ほったらかしにしてしまえば、その芽は育ち成長する。

痛みが生じても、我慢する事が良い事だと教えられ、痛む事は悪い事だと理解すれば、誰でもそのようにする。
小さな痛みならばいずれ消えるだろう。しかしそれが心の傷だったらどうだろうか。
痛みを忘れる為に強い痛みで自分を抑え込もうとするものもいる。

やがて痛みを感じないフリではもたないまでになると、今度はより大きな薬の力で抑え込もうとする。

それを繰り返してやがて、何も効かないところまでいくとお手上げとなる。

不感症の度合いもいきつくところまでいき、雪だるま式に大きくなっていくだけとなり、やがてくる大きな痛みにも耐えるとして、社会全体が不感症となって沈黙してしまったのが今日の日本である。

我々がすべき事、また出来る事とは、どんな些細なものでも違和感があればそれを放置しないで解決方法を模索するということだ。
それは違和感を手放さないと云う事とは全く真逆の事である。

改善案、提案をしつづけることで社会は良くなって行く。
内向的にただひたすら痛みに耐え、隠し続けていても何も良くならないばかりか、
坂道を転げ落ちてどこまでも泥沼にはまり込んで行くだけである。

誰もが共鳴する声を挙げるとするには、そこに嘘偽りが一切あってはなら無い。
自分の中にどれだけ違和感が隠れているのか、どれだけ感じられてきたのか。
その一切をすべてつまびらかにする事だ。

インターネットが普及する以前の人々の生活はこの異質な違和感を取り除く事がとても困難な状況だったろう。
だから今日変わり始めたのである。

異質なものをいつまでも感じ取って、痛みや心苦しさを感じる場所に留まるのではなく、
自分の心の解放が促される場所に、心の顔の向きを変えて声を出す事である。

自分の中に疑問として感じる点があれば、それは他人の心にもまた同様に隠されたものでもある。
それをあらいざらいテーブルの上にぶちまけ、あらためてそれらを見直す機会をつくる事である。
そのためにまずは行動する。
周囲の比較、評価にたじろがず、純粋に自分を表現するのみである。

あなたは今何かを感じ取ってここに吐き出している。

あなたにはその表現者としての質の高さが感じられる。
あなたは自分の本分を捨てていない。

あなたがこれまで受けた怖れや怒りや躊躇いや悲しみはあなたに一体どんな夢を見ることを促しただろうか。
それを表現する事が倖せへの近道だ。

景色と映るすべてを悲しみとばかり感じ、心を無駄なものにつまらせていれば、怖れや怒りは消えても行かず、ただ増すばかりとなる。

理屈のみを言い述べる脳の働きに留まるのではなく、
どうすればその痛みが和らぎ、消えて行くのかは心に聞いて頂きたい。
心はあなたに言葉ではなく、感覚に答えを伝えてくれる。
あなたがその受け入れ態勢をきちんと整えてさえ居れば。

自分につく嘘や誰かに作られた理屈に自分の心を包む事無く、
純粋にその違和感が指し示す解放への道のりへと歩みだしてもらいたい。
そしてその解法に至る道をあなた自身にも説いてもらいたい。

自分の事だからと黙って看過ごす、
違和感を感じていながらそれを感じていないフリをしてやり過ごす、
というだけでは何ら自らに期待できる変化など生じない。

誰もがあなた同様、理屈に固められたまま、雁字搦めにされたまま、
ただ怖れる捕虜の身の上から脱していない。
それではただ捕虜の身であることを世界に表現することにしかなら無い。

すべきことはそれじゃない。あなた方はそこから抜け出せるのである。

悟りとは、気付きであり、すべてに気付きを得る時ゲームを終える鐘が鳴る。
この世界に痛みが何故あるのかは、あなたに気付きを促す為だ。
痛みある場所に留まる事をさせないためである。
あなた自身が自らに期待し、信じ、そして守られた存在であることに気付かなくてはなら無い。

あなたもまた変化してみせてくれている。
あらゆる兆しは良いものだ。
着実に違和感からの脱出に向けて進行しているものだ。
そのように嬉しく感じられたらそれでいい。

変わるには良い変化しかない。それとも再びただ違和感を募らせる場所にに戻るかのどちらかだけだ。
なにをしたいのか決めるのはそれぞれに任せられた事である。
あなたはあなただけが変わればそれでいい。
あなたが変わればあなたの周囲に変化への影響を与えることになるだけだ。

あなたはただ自分の輝度を増すだけでいい。
そうなれば周囲の状況も明るく変わるしかなくなるのである。
自分の力を見くびる事は他人をも暗がりに置く事と同義と理解してくれればいい。

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
Ψ空耳の丘Ψ62掲示板  
次へ