★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62 > 485.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
(その6の48−2)・「新羅が、草薙の剣を盗んだ、謎」
http://www.asyura2.com/16/bd62/msg/485.html
投稿者 どう思われますか 日時 2018 年 10 月 15 日 10:52:34: Qy4l4lPG05pBg gseCpI52gu2C6oLcgreCqQ
 

(回答先: 記紀神話で遊ぼ・・7回目の終了です(その6の48)・「景行天皇と、ヤマトタケル天皇の、兄弟対決」 投稿者 どう思われますか 日時 2018 年 10 月 15 日 10:46:04)

@ 本文の付け足しですが、「新羅が、草薙の剣を盗んだ、謎」に、ご興味をお持ちでしょうか。

 日本書紀の天智天皇の段に、新羅が、日本の国宝の「草薙の剣」を盗みました。
 気になる記述なので、少し考えてみたいと、思います。


A 問題の記述。「日本書紀・天智天皇・即位7年・十一月辛巳朔」に、 

 『十一月辛巳朔、賜新羅王絹五十匹・綿五百斤・韋一百枚、付金東嚴等。賜東嚴等物、各有差。乙酉、遣小山下道守臣麻呂・吉士小鮪於新羅、是日金東嚴等罷歸。是歲、沙門道行、盜草薙劒逃向新羅、而中路風雨荒迷而歸。』

   (簡略の翻訳に)
 『天智天皇即位7年11月1日、新羅王たちに絹などの品物を与えた。11月5日、家臣たちを新羅に派遣し、新羅の使者たちも帰国した。この年、新羅の仏僧の道行(ドウギョウ)が、草薙の剣を盗んで、新羅に逃げようとしたが、途中で風雨に遭って、迷って帰った。(日本国内で捕まって処刑された)』。


B 当時の社会情勢。

 天智天皇即位7年(668年)は、即位2年の「白村江」(663年)の大敗北で、百済が完全に滅亡した5年後になります。

 白村江の敗戦・百済の滅亡以降は、唐と新羅の連合軍が、高句麗をボコボコにしようと画策し、唐・新羅・高句麗の3国とも、日本を見方に引き込もうとして、日本に使者を派遣しました。

 (百済の完全滅亡は663年、高句麗の滅亡は668年9月(滅亡後は新羅と同調して再建の反乱を起こす)、新羅が唐に反発した戦争開始が671年です。

  ですから、上記の、草薙の剣を盗んだのは、高句麗が滅亡した年で、唐の攻撃対象が新羅に向けられたときに該当します)。


C 草薙の剣を盗んだ、目的・理由。(推理)。

 ア) 単に、欲しかったから。
 イ) アンティークとして財産にしたり、高値のオークションの目的があった。
 ウ) 新羅が、唐・新羅戦争を想定して、日本の神(アマテラス・スサノオ)を人質にしようと思った。
 エ) 新羅が、新羅に降臨したスサノオの霊力の宿る剣を手に入れることで、スサノオの神威を新羅に引き込もうと思った。


D スサノオは、新羅に降臨した「新羅の軍神」であり「新羅の国祖」でもあった。

 記紀神話に、スサノオは新羅に降臨しました。(その6の24)・スサノオは朝鮮に降臨した」参照。

 また、新羅の成り立ちは、倭人がルーツといわれ、日本人と同祖との説が有りますし、王姓が「朴」・「昔」・「金」に移りましたが、「朴姓新羅」の王は日本人の説が有力です。

 ですから、スサノオは、まったくの他人という訳でも無さそうですが、どうでしょうか。


E ★(余談ですが)、「草薙の剣」の霊的な意味。

 「三種の神器」は、霊的意味の、「霊・力・体」を表すとされます。

 勾玉は、自分の霊魂を表し、「曲が霊」は邪悪な霊魂、「真が霊」は正しい霊魂。
 鏡は、自分を映す鏡であり、霊魂の反映。すなわち、物質化した肉体(人間)。
 剣は、力の行使。思考と体験の反映。実際の行動。行為することは力の行使。

 すなわち、「思考と体験」のために、行為する自分が勾玉。行為することが剣。行為の結果を省みることが鏡。

 人間活動の意義とは、省みる、恥じる、悔やむ、畏れる、悟るの「五情の戒律」。そして、更なる意識進化、アセンション。
 

★ どう思われますか。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
Ψ空耳の丘Ψ62掲示板  
次へ