★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62 > 553.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
人口削減のあたらしいフェーズ 110:変化の時 5 グレイは大災害を予定している
http://www.asyura2.com/16/bd62/msg/553.html
投稿者 あのに 日時 2019 年 2 月 03 日 17:23:05: xZaQXyDl16EGo gqCCzILJ
 

人口削減のあたらしいフェーズ 110:変化の時 5 グレイは大災害を予定している


前回までに、アングロサクソン・ミッションの動画のいう「地球物理学的できごと」は、2022年の小惑星衝突という事象であろうとした。この動画の日本語訳者についての話から、CIA工作員の工作について話がすべって脱線したが、この2022年問題に話をもどす。


1、アブダクション研究からわかる2022年の小惑星衝突関連(グレイは大災害を予定している)

ここで、わたしは、大災害である2022年の小惑星衝突を、ビル・ライアンが起こらない、というにもかかわらず、起こるのでは?と書くのは、これについてあまりにも多くの関連情報が、あるからだ。まえ書いたが、もういちど、人口削減の108 にもどり、あといくつか追加しておこう。そのうちのひとつには、アブダクション研究からも、大洪水らしい大災害をグレイエイリアンが想定していることがわかったことがある。人間が起こすことでも、グレイが起こすことでもない様子にみえる。

7)デイヴィッド・M・ジェイコブズ著並木伸一郎訳「ヒトが霊長類でなくなる日」WALKING AMOUNG US の第9章 p219にある、起きる混乱をコントロールする準備が
アブダクティにおこなわれていることがわかった。内容から、大洪水らしい大災害の準備をグレイがおこなっていることがわかる。

ちょっと、ジェイコブズの本の、このグレイの大衆操作クラウドコントロールのところを、のせておく。この記述から、この洪水らしい大災害をグレイは、たかだか10年くらい後だと考えているように、わたしにはみえる。そんなに,遠い将来の話に思えない。

「ヒトが霊長類でなくなる日」p219

わたしは早い時期から、数人のアブダクティたちがおびえた人類の群衆をコントロールするための訓練を受けていることに気づいていた。たとえば、ある船内訓練の際にブライアンは、人びとが群れをなして特定の道を移動するように管理することを任されたことがあるという。ブライアンは特別に設定されたシナリオに沿って、ハイブリッドと連携しながら精神能力を使い、人びとが川にたどりつけないようにしたり、町を離れないようにしたりしなければならなかった。
ポーラは、街路の地図が投影された壁面の巨大なスクリーンを見せられた。ハイブリッドは、彼女が人びとをコントロールするために立つべき場所を指し示した。ハイブリッドによると、彼女はパニックに陥った人びとが街路に押し寄せたとき、待ち構えているUFOに向かって確実に移動するように誘導するのだという。

上の内容を読めば、前回のインドの映画の大洪水の状況をテーマにした2つあげたものが、ずばりこの状況とかさなることがわかる。もういちどあげておく。見たひとはパス。

海からの津波がテームズ川に沿って,朔上する。川に沿った地域が浸水する。ここで,ドラマが展開する。なにか施設で不具合がおきるのだ。ロンドンが舞台で英国人俳優なのに、言葉はヒンドゥー語版だけが公開されたらしい。アングロサクソンの英語圏だけというわけか?米国や英国には、しらべてないがなにか販売版があるのだろうか。

https://www.youtube.com/watch?v=mrKxwrAGUhI#t=30m00s
50:27 56:17 57:30 浸水マップ
「2022 tunami」
https://www.youtube.com/watch?v=nEa9ZVdtazw
53:45

グレイは、このとき人類の「救済者」として登場するのか?。ちがう。ハイブリッドを救うためだ。


・ハイブリッドをUFOが待つ地点まで、街路に立ってみちびくよう大衆操作するアブダクティの訓練

大衆操作クラウドコントロールが、アブダクティの役目だ。UFOが待つ地点まで、大衆をみちびいて、UFOに乗せて助ける、とある。大衆とあるが、ハイブリッドが混ざる群衆だろう。
宗教団体で言う、いわゆる空中携挙ラプチュアが、現実のものとなるのか。助けられて、UFOに乗ったところ、UFOは人間が操縦していたとなるのだろうか(笑)

そんなことは、ありうるはずない。この救助するUFOは、ヘリコプターに偽装したUFOになるのだろう。救うのは人類ではなくハイブリッドをだ。偽装したUFOは、アブダクティが操縦する。人間が操縦している大型ヘリコプターにいっけん見えるが、音がしなかったりするのだろう(笑)

これは、アブダクティが、人間社会に同化したハイブリッドを救うための活動であろう。グレイエイリアンが、人類を救うなど、ありえないことは、いままでの事例でわかるからだ。

ならば、大災害後に、ハイブリッドを人間社会に同化、融合させればいいではないか?
なぜだろう?

大災害の大混乱をねらって、人間社会に完全にわからぬようハイブリッドを同化、融合させるためだろうか?ハイブリッドエイリアンは、この混乱のなかで、ふつうの人間と結婚して家庭をきずき、人間社会に融合していくのだろうか。大混乱が,ポイントなのだ。


ジェイコブズの本をみればわかるが、ハイブリッドは、グレイやインセクトイドなど、エイリアンのことをまったく知らずに、成人しているようにみえる。ハイブリッドは、エイリアンではあるが、UFO内で育ったという以外は、エイリアン世界の知識は、まったくないのがわかる。エイリアン世界のことも、人間社会のことも、家族、家庭も、すべてなにも知らない白紙の状態で育つ。働くという意味も、生きるという意味も、なにも知らないのだ。育てられるのも、人間のすがたをしたハイブリッドに育てられるから、グレイなどエイリアンを見ずに成人する場合も多いだろう。大災害後の世界では、ハイブリッドは、人類社会にしか住む場所がないのだ。

ハイブリッドには、指令だけは、テレパシーでやってくるのだろう。小惑星衝突の数日まえ、ある安全な地へ行くようハイブリッドはテレパシーで受けとるだろうが、間に合わないハイブリッドが,出るだろう。これを救うための訓練をアブダクティがしているのではないか。


・ある人物をさがしだすアブダクティたちチームの訓練
ある特定の人物の位置を確定するため、グレイはGPSなどの電子装置は使わない。特定の人物(ハイブリッド?)の位置をさがす訓練の様子が、アブダクティのベッツイーによって語られる。
p241にあるよう8人くらいのアブダクティがチームを組んで、遠隔透視のような手法で、宇宙からズームして、特定の人物を探し出すのである。なぜ8人くらいの人数がいるのは、わからないが。

こうして、すべてのハイブリッドを探し出し,救助するわけだ。グレイの「意識の科学」を使うわけだ。マクモニーグルなどが語るリモートビューイングの方法にちかいかもしれない。


・医療措置 手術など
さらに、p239には、アブダクティのアリソンがうけた、手術の訓練がある。
この災害でケガをしたハイブリッドを、なにかレーザーのような器具で傷を縫合する。ペンライトのレーザーのような光があたると傷は焼け、瞬時にあとかたもなく,傷は消えるという。メスのような器具は、切っても血が出ない。メスに見えるだけで、なにか、ちがう切開器具のようだ。切るとき、同時に血管はふさがるのだろう。組織にこのペンライトのレーザー光があたると、焼けて煙が出るという。なにか、われわれには理解できない医療である。

ハイブリッドが、人間の医療をばかにしているような記述がある。ジェイコブズに話をするのを止めようとする用心棒ハイブリッドに突き倒されて腕を骨折したアブダクティに、そのアブダクティが教育を担当するハイブリッドが、骨折の治療を訊ねる場面がある。骨折の治療が医者で1週間ほどかかると聞いたハイブリッドは、われわれはすぐ直すことができる、という。どういう意味なのか、ずっとひっかかっている場面である。うえの手術の場面でも傷はすぐ消えてしまうらしい。骨折もすぐ癒えてしまうのだろう。

グレイの医療には、傷の再生がただちに起きるという特徴がある。切開も痛みをともなわない。いっぽう、注射などでは、多くのアブダクティは痛みをうったえる。とても荒っぽいのである。かれらは、なにか,矛盾しているのである。


これらは、わたしはハイブリッド救出の場面と理解した。グレイが人間を助けるはずはないからである。でもデイヴィッド・M・ジェイコブズや他のひとは、人類救出の場面という判断をしているのかもしれない。

2、アングロサクソン・ミッションの動画の誤解

エイリアン問題では、誤解は、さまざまあり、たとえば、アングロサクソン・ミッションの動画でビル・ライアンが、最後のほうで言っていることだが、ロズウェル事件のUFOから発見された乗員の遺体が、未来からタイムトラベルしてやってきた未来の人類だ、と言っている。発見された乗員の遺体が、人間か、人間に近いという、かなりたしかな情報があるのだろう。おそらく数種類の遺体があったのだ。人間に近いのもあったのだ。


・ロズウェルUFO墜落事件とは、なんだったのか?

わたしは、ロズウェルUFO墜落事件を、人類にコンピュータや光ファイバーなどの科学技術を供与した事件であると理解しているので、乗員がグレイだけでなく、人間か、人間に近いのは、ありうる話であり、ハイブリッドの可能性もありうるとかんがえてきた。

つまり未来からタイムトラベルしてやってきた未来の人類では、ないだろうと思うのである。
この「未来の地球から、タイムトラベルしてやってきた未来の人類」ということは、いっぱい悪用されて、流布されていると考えている。

たとえば、バシャールにもあったはずだ。
バシャールとは、グレイとの混血エササニ星人だと自称している。バシャールは、グレイの洗脳部隊なのだ。バシャールの言うなかに、グレイとは未来の人類が、タイムトラベルして、地球に来たのがグレイであるとの言明があったはず。バシャールとは、グレイの洗脳部隊であることをあたまにおかねばならない。まえ, 人口削減29 にも書いたが、

バシャールが言った内容とされる「プリズム・オブ・リラ」という本がある。リサ・ロイヤルとキース・プリーストの共著である。これは、銀河系知的生命体の歴史を語るとされる。グレイが、アメリカ政府に提供したとされるイエローブックという本があるらしいが、この内容が一般に向けて流出したものが「プリズム・オブ・リラ」であるらしい。この「プリズム・オブ・リラ」は、グレイの洗脳書と考えて読むべき本なのであろう。

その洗脳のひとつが、未来の人類が、タイムトラベルして、地球に来たという話が、このなかにある。グレイの洗脳だ!


・グレイは、ITネットワーク技術を人類に供与した

さて、ここで、グレイの科学技術の供与があるという可能性は、あらゆる分野できわめて多く、ITが人類がNWOにむけてITネットワーク社会をつくりあげるため供与された技術と考えると、インターネットが、世界が核戦争などで崩壊した場合でも使える特徴を持つことが理解できる。

むかしは、よくそんなことを考える人がいるな、とわたしは驚いていたものだが、このノーベル賞にあたいする超天才的なインターネットの発明者はいつまでたっても登場しなかった(笑)また、世界中のだれひとり、この登場しないことに疑問にも思わないのも、不思議なことであった(笑)

いま、DARPAの本が出版されていて、なにが書いてあるのか調べてないが、あったとしてもデマ、デタラメだろう。グレイが、「地球物理学的できごと」のまえに、世界のITネットワーク社会を完成させておくため、仕組んだいちれんのミッションのひとつであろうと思うからだ。

この人類への科学技術の供与というテーマは、わたしにとって、とても大きなテーマである。みながびっくりするだろうと思うのは、「文字」さえもグレイから供与されたものではないかとわたしが考えていることだろう。人間を管理するには、「文字」が必要になるからだ。フェニキアのところで書くはずが、忘れてしまった。

・グレイは、人類の言語を印欧語(英語)で統一させる

ついでに書いておくと、アングロサクソン・ミッションの名前の由来であるが、グレイは人類の言葉が、さまざまであることに、大きな不満をいだいていることを、どこかで読んだ記憶がある。人類がテレパシー交信できないことにも不満をいだいている。
印欧語族を侵略民族にして、世界を印欧語で統一させたわけだ。目的のためなら手段を選ばないグレイの性格があらわれている。戦争のあまりなかったらしい古代世界が、戦争でみちみちても、何とも思わないのである。

また、かって大英帝国で、すべての国の言葉を英語にするつもりであったのだろう。日本が障壁になったので、こんどは日本が、徹底的にイルミナティに、叩かれ、富をねこそぎ、ねらわれることになった。中国は、人口も多く、世界の支配言語になりうる可能性がある。徹底的にたたかれ、人口削減される理由なのだ。アングロサクソン・ミッションの動画では、ビル・ライアンは、中国を人口削減する話をしているが、言葉の統一の理由があることは言っていない。

・グレイは、人類を単一の民族にする

また、NWOでは、すべての民族をごちゃごちゃにして、移民や避難民で混ぜ、人類をひとつの混成民族にするのも、グレイのイルミナティへの要請である。
言語も文字も民族文化も、破壊によってすべてアングロサクソン一色にするのである。日本人が、かりに生き残るとしても、日本文化をすべて喪失した、あたらしいアングロサクソン人として、NWOでは英語だけで、生きるよう強制されるだろう。

アングロサクソン・ミッションの動画は、意外と内容が深く、丁寧版さんに言われたアレックス・コリアーについてもビル・ライアンは語っている。コリアーがグレイについて語った動画5には、エイリアンピラミッドの図がでてきて、グレイのうえには、オリオングループやレプティリアン、ドラコニスなどがでてくる。
だが、わたしは、じっさいに目撃した証言、たしからしいとわたしが思う証言にしか、関心がないので、アンドロメダと聞いて、それ以上コリアーの証言を聞かなかったのだ。わたしの悪しき性癖でもある(笑)

わたしが、根拠のないことも、いろいろ書くと丁寧版さんはわたしを誤解していらっしゃるようだが、わたしはぜんぜんちがう人間である。アレックス・コリアーについても、多くが確かめようのないことを言っているので、かれを保留にして、そのままになっているだけ(笑)
スタックスネットのことも、いぜん書いた覚えがある。いま関心のないことを、なんべんも書くのが、めんどくさいのである(笑)。丁寧版さんは、どうやらびっくりなさったようで、もうしわけないことをした。まあ、わたしには、もう、どうでもいいことである。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年2月13日 10:01:26 : O4pUfLwvsA : lleAWoei_CE[936] 報告
 いつも興味深く拝読しています。

 インターネットの発明者が名乗り出ておらず、それを探すことも
なくその状態を不思議とも思っていないらしい事について
驚きました。
 パソコン「業界」の社長は誰か程度しか知らない私など、
誰がインターネットを発明したのかなど考えた事がありません。
理科の教科書で電気の発明者はエジソンと教えられ、最近
はテスラだった...とか、ま、その程度。

 現代科学知識が我々の教えられた歴史とまったく異なる歴史により持ち込まれた可能性があるとの情報を知って以来、画期的なツールが我々人類とは別の世界から持ち込まれた可能性はあると思っていました。
 しかし、なんかもう人類とその関連歴史の全貌を知るには我々の寿命が足りないんじゃないかと思ってボンヤリしてしまいます。
何か非常に存在のプライドを傷付けられた気持ちがしてます。
自分らの生い立ちを知らされてないって事だから。
ほんと腹立つ。

2. あのに[233] gqCCzILJ 2019年2月20日 09:28:40 : oQjMLzQtME : 5YQCYkvvEt4[6] 報告
ITなどは、フィリップ・コーソーの本にありますが、多くのことが、グレイからきたとわたしは考えます。前、文字がグレイから来たと書きましたが、文字ばかりではありません。あらゆることが、グレイからきている可能性があります。文字は、管理の道具でもあるし、宗教も通貨も管理の道具になります。

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
Ψ空耳の丘Ψ62掲示板  
次へ