★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62 > 563.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
7回目の終了です(その9の15)・日月神示の研究・「日本人だけは、オリオンに向けて、旅を続ける」
http://www.asyura2.com/16/bd62/msg/563.html
投稿者 どう思われますか 日時 2019 年 2 月 25 日 09:44:54: Qy4l4lPG05pBg gseCpI52gu2C6oLcgreCqQ
 

★ 第7次太陽系次元は、ノストラダムスの1999年で終了ベルが鳴り、マヤの2012年で完結しました。
 2013年から「変換の仕組み」が始まり、2025年頃から「転換の仕組み」が始まると、想像します。
 シリウスの2037年か、ヒトラーの2039年か、日月神示の2041年か知りませんが、消滅する、らしい、そうです。知りませんが。

 (今は、アセンションのための変換中であり、「富士と鳴門の仕組」が、年々、加速度的に過激化します。知りませんが)。


★ 私たちの世界は、いわゆる「量子コンピューター」で構築された「お花畑」です。遠い未来科学のVR(バーチャル・リアリティー)です。
 『五官の作用は電気信号です』。「水槽の脳」に無線で電波を通信すれば、どんなコンピューター・グラフィックも一瞬で作り出せます。

 (慈悲・慈愛を生活の根幹として、科学的・論理的に思考し、シーケンサー的に判断し、「社会通念上の客観的合理性」で行動すべきでしょう)。


★ 日本人に対する「予言・メッセージ」は、直接、日本人を通して下されるはずです。外国人に下された予言は、その下された外国人にのみ適用され、日本人には適用されないかも、知れません。

 (日本人に対しては、日本人の神が守護しているはずだから、外国の神に委任契約・請負契約などは締結しないし、事務管理も期待しないと、思います)。



@ ところで、「日本人だけは、オリオンに向けて、旅を続ける」に、ご興味をお持ちでしょうか。

 今回は、前回の(その9の14)の「日本も、また、ムーのように太平洋に沈む運命です」の続編として、日本人の特異性と、日本人の行き先について、考えてみたいと、思います。


A 日月神示に見える、「選民思想」。

 『日本は別として世界七つに分けるぞ、』(下・13)、と有りますが、7つに分けた世界に、日本は含まれていないようです。

 『次の世とは通基(月)の世の事ざぞ、』(日の出・03)、と有りますが、「月の世」とは、霊界のことでは無いかと思います。


 ★ 次の世界は、「半霊半物質の世界」かも知れませんが、日本人は世界の人々とは異なる運命が有るようです。(と言っても、本当は「VRゲーム」での設定の話だと思います)。


B 「シリウスの解釈」による、宇宙の構造論。

ア) ツイン・システムの宇宙構造論。

 「ある研究者」によると、『宇宙は「ツイン・システム」に作られており、オリオン(精神化)からプレアデス(物質化)の方向に流れるライン(いわゆるイザナミ(誘う身・物質化)と、
   逆に、
 プレアデスからオリオンの方向に流れるライン(いわゆるイザナギ(誘う気・精神化)のツインに成っている、らしい。
   そして、
 多くの人類はアトランティスの後継者のようだが、一部の人類は、ムーの後継者に成っているのかも、知れない』。


イ) アトランティスと、ムーという、対立構造の、基本設定。

 (一つの可能性として)、アトランティスは、プレアデス(物質化)に向かう設定になっており、逆に、ムーはオリオン(精神化)に向かう設定になっていたのでは、ないだろうか。
   だからこそ、
 ムーは、「ヒト」に進化し、ムーの子孫の「アシア族」は、ムーよりも更に高い位置に進化している。

 そこで、仮に、欧米人がアトランティスの子孫だとすると、彼らは、物質化を極め科学を極め、「唯物論」の世界観を完成させるために、出現した可能性が有るし、
   反対に、
 日本人がムーの子孫だとすると、日本人は、精神化を極め神(愛)を極め、「唯心論」の世界観を完成させるために、出現した「設定」かも知れません。


C 「バシャール等ほかの文献」の、宇宙観。

 「ある読者の感想」によると、『(世界中に翻訳された文献の全てを精査した訳では無いから、正確なことは言及できないが)、私たちの現実は波動であり振動であるらしい。
 (その意味において)、肉体的な次元とか物理的な次元とかは、夢のようなものかも知れない。
    また、
 全ての惑星は、周波数が異なるらしい。その中で、地球は最も密度の高い惑星らしい。他の惑星にも人類は存在するが、肉体は持っていないらしい。つまり、物理的な次元では無いらしい。
    また、
 地球は第3密度から第4密度に、振動数が上昇するらしい。振動数が上昇する事によって、物質世界が非物質の世界に変わっていくらしい』。

★ 地球の密度が上昇したり、物質から非物質になると言うのなら、「日月神示」で言うところの、人間界→霊界→神界、に上昇するステップに類似していると思うのですが、どうなんでしょうか。


D 「陰陽二元論」から、「バランス両輪論」という、「イデオロギー(観念)改革」。

 今、物理法則や物質化に支配された地球で、唯物論と唯心論の両者が激突して、自己の成長を促しているが、欧米人が、物質化・科学の至上主義を目指しても、そこに愛を失えば、単なる「機械的人間」(あるいは「AIロボット」)に陥り、最悪、精神が破壊されるかも知れません。
   逆に、
 日本人が、精神化・神の第一主義を目指しても、そこに科学が無ければ、単なる「動物的人間」に終わってしまうだろう。(オカルト的表現で「青人草(あおひとくさ)、葦草(あしくさ))。
   
 この点について、「日月神示・黄金・86」には、『智慧と、愛が主の座に居らねばならん。』と有りますから、知恵と愛は「車の両輪」だと思います。
   つまり、
 人間が、物質・科学・論理性などに過度に偏ると、「心」や「情緒」の機能が失われて無機質化して、最後には、人々は、孤立化・断片化・分散化するかも知れません。(たとえると「遠心力」です)。
   反対に、
 愛・神などは、個人と個人を繋ぐ「接着剤」としての機能を持ち、人々の団結化・全体化・集約化の働きをするのかも知れません。(たとえると「求心力」です)。
   だからこそ、
 『知恵(科学)と愛(神)』が「車の両輪」として、必要なのでしょう。(たとえると、「遠心力」と「求心力」のバランスです。科学が進展するほど、遠心性が強くなり、人間性が失われます)。


(ギリシア神話では、科学の進展とともに、人間が神々を無視した、歴史が有った)。

 (ギリシア神話には)、黄金の時代には、クロノスやレアなどの神々は、人間から尊敬され崇拝された。白銀の時代には、ゼウスがクロノスから支配権を奪ってからは、人間が神々を無視したので、ゼウスが人間を土に埋めて滅ぼした。青銅の時代には、人間同士が乱闘を繰り返したので、ゼウスが再び人間を洪水で滅ぼした。鉄の時代に入ると、手が付けられない状態になり、現代に至る。

 (★このように、人間は、科学知識を手に入れると、神から離れ、最後は、神を無視するようです)。


E 日本人は、オリオン(精神化)に向かうという、特異性。

 なぜ、日本人がオリオン(精神化)に向かうのかは、簡単な話です。日本人の霊的祖先の「ムー」や「アシア族」が、オリオン(精神化)に向かったから、日本人もオリオン(精神化)に向かうのです。


F (今回も、中途半端な記事で終わりますが)、記事の、まとめ。

ア) 日本人は、「ガイコク人」と異なって、上方向の精神化を目指すのかも、知れません。(つまり、半霊半物質の世界に行くということです)。

 (『半霊半物質の世界に移行するのであるから、半霊半物の肉体とならねばならん、』(五葉・16)。


イ) そして、私たち日本人は、「神の子」として、物理法則と科学に覆われた「物質次元の地球」に生まれて、科学の習得と共に神(愛)も習得して、更なる進化を遂げなければ成りません。
   なぜなら、
 それが、神の愛子(まなこ・いとしご)に生まれた日本人の、宿命であり運命なのです。


G 「日月神示・(日の出・20)」には、神の愛子(まなこ・いとしご)だと、書いてある。

 『この神は神の国の救はれること一番願ってゐるのざぞ、外国人も神の子ではあるが性来が違ふのざぞ、神の国の臣民がまことの神の子ざぞ、今は曇りてゐるなれど元の尊い種植えつけてあるのざぞ、
    ・・・、
 依怙(えこ)の様なれど外国は後廻しぞ、同じ神の子でありながら神の臣民の肩持つとは公平でないと申す者あるなれど、それは昔からの深い経綸であるから臣民には会得(わから)んことであるぞ、・・』。


H★ 毎回における、お断り。

 私は、単に「アセンションごっこ」をして遊んでいるだけです。私の毎回の投稿は「妄想」であり「お花畑」に過ぎません。毎回の全ての記事は、「自己責任」で判断して下さい。よろしいですか。


★ どう思われますか。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
Ψ空耳の丘Ψ62掲示板  
次へ