★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62 > 599.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
7回目の終了です(その9の31)・日月神示の研究・「黙示録の「千年王国」の記述には、違和感を覚える件」 
http://www.asyura2.com/16/bd62/msg/599.html
投稿者 どう思われますか 日時 2019 年 6 月 17 日 09:52:55: Qy4l4lPG05pBg gseCpI52gu2C6oLcgreCqQ
 

★ 第7次太陽系次元は、ノストラダムスの1999年で終了ベルが鳴り、マヤの2012年で完結しました。
 2013年から「変換の仕組み」が始まり、2025年頃から「転換の仕組み」が始まると、想像します。
 シリウスの2037年か、ヒトラーの2039年か、日月神示の2041年か知りませんが、消滅する、らしい、そうです。知りませんが。

 (今は、アセンションのための変換中であり、「富士と鳴門の仕組」が、年々、加速度的に過激化します。知りませんが)。


★ 私たちの世界は、いわゆる「量子コンピューター」で構築された「お花畑」です。遠い未来科学のVR(バーチャル・リアリティー)です。
 『五官の作用は電気信号です』。「水槽の脳」に無線で電波を通信すれば、どんなコンピューター・グラフィックも一瞬で作り出せます。

 (慈悲・慈愛を生活の根幹として、科学的・論理的に思考し、シーケンサー的に判断し、「社会通念上の客観的合理性」で行動すべきでしょう)。


★ 日本人に対する「予言・メッセージ」は、直接、日本人を通して下されるはずです。外国人に下された予言は、その下された外国人にのみ適用され、日本人には適用されないかも、知れません。

 (日本人に対しては、日本人の神が守護しているはずですから、外国の神に委任契約・請負契約などは締結しないし、事務管理も期待しないと、思います)。



@ ところで、「黙示録の「千年王国」の記述には、違和感を覚える件」に、ご興味をお持ちでしょうか。

 以前に、「ヨハネの黙示録」を紹介しましたが、この黙示録の「千年王国」のニュアンス(おもむき)については、様々な違和感を覚えますので、これらについて述べたいと思います。


A 「千年王国」とは、「落ちこぼれの再教育」ではないのか、という違和感。

ア) 「ヨハネの黙示録」の「千年王国」のイメージ。(あくまでも私的解釈)。

(拙文の(その9の27)Aで)、
 ・・・第3と第4のグループは、「666の獣」を拒絶した人々で、終末に神を讃え、「最初の審判」を受けて、「千年王国」で繁栄し、「再びの審判」を受けて選別されましたが、・・・。
   すなわち、
★ (私的解釈としては)、卒業レベルに達しなかった者の再教育の場が「千年王国」という意味です。だからこそ、「千年王国」に入る前に、(「666の獣」に堕落しなかった者だけが救済されるところの)「最初の審判」を受けなければ成らないし、
 また、「千年王国」で「やり直した」のちには、「再びの審判」(再試験)を受けなければ成らないし、再試験で合格組と「再びの落第組」に分かれるという意味です。
    つまり、
 『今と同じ人間』として、「復活」のために「やり直した」。しかも、落第生として「やり直した」。(ちなみに、1回目の卒業生とは「イスラエルの子の14万4千人」のことです)。
 

イ) 「シリウスの解釈」の「千年王国」のイメージ。

 「ある研究者」の研究・解読によると、『2013年から、「千年王国」の1,300年(あるいは1,000年かも)が始まる、らしい』。
    また、
 『2013年以降に生き残った人間は、(変換人に意識進化するから)、3次元の原始的な生活に生き残るのでは無い、らしい』。
 (つまり、物質文明の完成の「霊肉一致」で、変換人に進化するから、原始的生活は無いようだ)。
    また、
 『今の地球の人種は、7回の交替化のシステムで生まれた者(輪廻転生のことか)と、前次元で進化できずに地上に残された者(つまり落第生のことか)、さらに、金星・火星・水星などの他の惑星次元から転生した人間、などの複雑な混合、らしい』。
    さらに、
 『今回の交替化は、太陽系次元での統一化であり、「最終構成」が「人間・ヒト・真実の人間」の全てに及び、今回の人間だけに行われるものでは無いから、人間は誰も地上には残らない、らしい』。

★ よって、「千年王国」のイメージは、上記の「ヨハネの黙示録」では、あくまでも『今と同じ人間』のイメージですが、「シリウスの解釈」では、「変換人」に進化した『今とは異なる人間』のようです。
     だから、
 「シリウスに言う変換人」と、「黙示録にいう人間」は、同じ人間のことなのか、という違和感です。


ウ) 「日月神示」の『弥勒(みろく)の世』とは、「千年王国」のことなのか。

 第1に、『前にも建替はあったのざが、三千世界の建替ではなかったから、・・・それで今度は元の生神が天晴れ現はれて、悪は影さへ残らぬ様、根本からの大洗濯するのぞ、』(松・12)。

★ この、『前の建替は三千世界の建替ではなかった』は、上記「シリウス」の『今の人種は、7回の交替化から生まれた者や、進化できずに地上に残された者』に類似するように感じます。
    また、
 『根本からの大洗濯』は、上記「シリウス」の『今回の交替化は、人間・ヒト・真実の人間の全てに及ぶ』に類似するように感じます。


 第2に、(上記の)『悪は影さへ残らぬ様、根本からの大洗濯』は、同じ神示の、『天も地も一つにまぜまぜにする・・・人一人も生きては居れん・・・それが済んでから、身魂みがけた臣民ばかり、神が拾ひ上げて弥勒(みろく)の世の臣民とする』(富士・19)、に類似します。

★ この、『身魂みがけた臣民ばかり、神が拾ひ上げて弥勒(みろく)の世の臣民とする』は、上記(ア)の「ヨハネの黙示録」の、『千年王国で繁栄し、「再びの審判」を受けて選別』に類似します。
    すると、
 「弥勒(みろく)の世」とは、「ヨハネの黙示録」の『落第生の千年王国』の事でしょうか。
    そうだとすると、
 「シリウスの解釈」の『2013年から始まる「人間が意識進化した変換人の千年王国」(1,300年あるいは1,000年)』とはニュアンスが異なるように感じますが、その辺は、どうなんでしょうか。


B 「千年王国」に、科学的記述が無いことに、違和感を覚えること。

 現世の人類は、数千年の歳月を費やして科学を発展させ、現在のパソコン・スマホを生み出し、天空にはジェット機を飛ばし、地上には自動車を走らせています。
     ところが、
 「ヨハネの黙示録」の「千年王国」には、科学的なイメージが認められませんが、『科学や文明は、どうなったのでしょうか』。次の「次元」を「原始的な生活」に引き戻すと言うのでしょうか。
     この点について、
 「日月神示」には、『今の文明なくせんと申してあろうが、文明残してカスだけ無(のう)にいたすのぢゃ、取違ひ慢心致すなよ。』(風・05)と有るように、今の科学が継続することが、書かれています。

★ 常識的に考えれば、人類が地球を飛び出し、銀河系に進出するためにも、科学は継続・発展させるのが当然であり、原始時代に「リセット」などは考えられませんから、この点について、違和感を覚えます。


C 今回の記事で、言いたい事。

 「来世」とか「千年王国」とかの解釈は、「ヨハネの黙示録」・「日月神示」・「シリウスの解釈」で、微妙に異なり、どれを取捨選択するかの判断は、難しいと思われることです。

 (あるいは、神の子として旅立つ者・千年王国に行く者・666の獣に旅立つ者などに分かれて、「三千世界」に旅立つのでしょうか)。


D 追記。『神の子の14万4千人だけでは、少な過ぎる』のではないのか、という違和感。

 黙示録の「一発合格組」の『神の子の14万4千人』だけで地球を運営するには、少な過ぎるのではないのか』という疑問が生じます。
    この点について、
 仮に、神々の寿命が三千年あり、毎年14万4千人が生まれたら、(単純計算で)4億3,200万人に成りますが、地球の適正人口は5億人という説も有るようです。
    しかも、
 未来は、コンピューター社会・AI(人工知能)社会ですから、労働力の大半は、コンピューター制御の機械が行いますから、「多くの人手」は必要ありません。
    したがって、
 「ヒトラーの予言」に有るように、未来は、「地を這う人間」と、「天上に位置する神人」に2分されて、『地を這う人間』の世界が、俗に言う「千年王国」の事かも知れませんが、どうなんでしょうか。


E★ 毎回における、お断り。

 私は、単に「アセンションごっこ」をして遊んでいるだけです。私の毎回の投稿は「妄想」であり「お花畑」に過ぎません。毎回の全ての記事は、「自己責任」で判断して下さい。よろしいですか。


★ どう思われますか。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
Ψ空耳の丘Ψ62掲示板  
次へ