★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62 > 642.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
7回目の終了です(その9の49)・日月神示の研究・「日月神示・シリウス・バシャールの下された、本当の意味」
http://www.asyura2.com/16/bd62/msg/642.html
投稿者 どう思われますか 日時 2019 年 10 月 21 日 09:15:34: Qy4l4lPG05pBg gseCpI52gu2C6oLcgreCqQ
 

★ 第7次太陽系次元は、ノストラダムスの1999年で終了ベルが鳴り、マヤの2012年で完結しました。
 2013年から「変換の仕組み」が始まり、2025年頃から「転換の仕組み」が始まると、想像します。
 シリウスの2037年か、ヒトラーの2039年か、日月神示の2041年か知りませんが、消滅する、らしい、そうです。知りませんが。

 (今は、アセンションのための変換中であり、「富士と鳴門の仕組」が、年々、加速度的に過激化します。知りませんが)。


★ 私たちの世界は、いわゆる「量子コンピューター」で構築された「お花畑」です。遠い未来科学のVR(バーチャル・リアリティー)です。
 『五官の作用は電気信号です』。「水槽の脳」に無線で電波を通信すれば、どんなコンピューター・グラフィックも一瞬で作り出せます。

 (慈悲・慈愛を生活の根幹として、科学的・論理的に思考し、シーケンサー的に判断し、「社会通念上の客観的合理性」で行動すべきでしょう)。


★ 日本人に対する「予言・メッセージ」は、直接、日本人を通して下されるはずです。外国人に下された予言は、その下された外国人にのみ適用され、日本人には適用されないかも、知れません。

 (日本人に対しては、日本人の神が守護しているはずですから、外国の神に委任契約・請負契約などは締結しないし、事務管理も期待しないと、思います)。



@ ところで、「日月神示・シリウス・バシャールの下された、本当の意味」に、ご興味をお持ちでしょうか。

 今回は、『なんで、日月神示が下されたのか』。。『なんで、シリウス・バシャール・その他の予言・チャネリングが交信されているのか』、『その目的は何なのか』に、迫ってみたいと思います。


A 日月神示が下された、本当の意味を、模索する。

ア) 日月神示が下された、本当の意味・目的、かも知れない「文節」。

 『何事も天地に二度とないことで、やり損ひしてならん多陀用幣流天地(たたよへるくに)の修理固成(かため)の終りの四あけであるから、これが一番大切の役であるから』(神示・上・34)。

 ★解釈すると、(VRゲーム上の)「第7次太陽系次元」の、「クラゲのように漂う実体の無い天地」の、「スクラップ・アンド・ビルド」が始まるが、絶対に失敗できない重要なプロセスだ。


イ) 実は、日月神示の前から「予兆」が始まっていた。

 日月神示が下されたのは、昭和19年(1944年)からですが、その前に、黒住教・金光教・天理教・大本教などに、「うしとらの金神」か何か知りませんが、「おふでさき等」が下されているようです。
    また、
 これらの四団体は、「元伊勢」(本来の元伊勢は出雲神系かも)にゆかりのある地域であり、「元伊勢−うしとらの金神−スサノオ系列」との関連性を指摘する声も、有るようです。
    また、
 これらは、欧米列強の日本進出・侵略の時期に重なり、「カゴメ歌」の流行も重なると、感じます。
 (★外国船の渡来は、1778年のロシア船の国後島に渡来とか、1786年のロシア船の蝦夷地に渡来とか、1792年のロシアのラクスマンとかで、元伊勢系列の四団体の始まりは1814年頃からか?)。
 (★「カゴメ歌」の流行は、諸説あるが、1813年(文化10年)とか1820年(文政3年)頃からか?)。

    これらの点について、日月神示では、
 『出雲(いずも)の神様 大切申せと知らしてあること忘れるなよ』(磐戸・16)。
 『出雲の神様 大切にありがたくお祀りせよ、尊い神様ぞ』(地・06)。
    また、
 『黒住殿、天理殿、金光殿、大本殿、まつり呉れよ』(マツリ・13)。
 『黒住大神、天理大神、金光大神、大本大神・・・光の大神として斎き祀り結構致しくれ』(空・14)。


B 「シリウスの解釈」が下された、本当の意味を、模索する。

  ある研究者の研究・解釈によると、『研究中の解読中で、明確には答えられないが、

 『人類は、地球に存在する意味を考えなければ成らないし、私たちの意識に変化を与えなければ成らないのかも、知れない、らしいそうだ。
     また、
 『我々人間とは全く反対の存在として、「人間の反対」とか「反対のヒト」などが有るらしいが、我々人間を「物質文明」とするなら、彼らは「空間文明」らしいが、互いに限界を迎えているらしい。
     そして、
 反対側からの等化(つまり交替化)を求められているらしいが、この交替化をスムーズに行うには、人間の意識の方向性が重要な意味を持つらしいが、
     もしも、
 人間が、意識の方向性を変えなかったら、人間の方向性を持つものが対化して、位置の転換を持つものが性質に変えられないために・・・、何もかも終わってしまう、らしいそうだ。


 ★私的に解釈すると、「第7次太陽系次元」の「最終構成」が始まるが、これらは、絶対に失敗できない重要なプロセスだ。
     また、
  「最終構成」とは、人間の意識から「変換人」の意識に反転・転換する事かも知れないし、あるいは、人間の働きが終わる事かも、知れない。


C 「バシャール等ほかの文献」の見方。

  ある読者の「読書感想」によると、『世界中に翻訳された全てを精査した訳ではないが、

 『バシャールとは、「何者か」とのチャネリングによる交信のようだが、その「何者か」は地球の先を行き、シリウスに向かう方向性だと、感じます。
    よって、
 バシャールの意味は、地球人類を導くための「ハイアーセルフ」・「指導霊」とでも表現すべき「ある存在」だと思うが、間違っているだろうか』。


D 私の感想文。

ア) (日月神示的に考えると)、人間は「物的自分」と「心的自分」の2面性が有るが、物的自分とは「外面的自分」の事であり、物質的行為をする自分であり、人間活動をする自分のこと。
    これに対して、
 心的自分とは「内面的自分」で、外面性の対化として、霊的な思考をする自分の事だと思います。
    つまり、
 『智慧と、愛が主の座に居らねばならん』(黄金・86)にも有るように、「知恵」が外に働く力で「物的自分・外面的自分」のこと、「愛」が内に働く力で「心的自分・内面的自分」だと思います。


イ) ここで、神霊界を考えた場合に、もしも、私たちの世界が「虚構」であり「想念の世界」だと考えるなら、私たちの一切が神霊界に存在する事に成りますが、
    この、
 神霊界は非常に複雑怪奇であり、多重次元・多重交差のようであって、「彼ら」に言わせると『人間には想像も理解も出来ない構造』らしいそうですから、分からないというより他ありません。


ウ) そこで、一番大事なことは、『私たちの意識の方向性を変える事』ですが、これが「変換」であり、その次に「転換」という事になります。
     この点については、
  (その9の7)・「位置を変換して、アセンションに旅立つ」 
  (その9の8)・「意識を反転して、故郷の高天原へ、帰ろう」 
  (その9の16)・「今回は、太陽系全体の「総入れ替え」です。よろしいですか」 
  (その9の38)・「『岩戸』の構造を、科学する」 
  (その9の39)・「岩戸を開く仕組を、解読する」 
 あたりを参照してください。


エ) 実は、私たちの世界は、集合意識で構築されているようなので、各自バラバラの「個人プレー」ではなく、一致団結した「マスゲーム」としての連帯性が必要、らしいようです。
     つまり、
 集合意識が、ドンドン物質化を求めると、個人も、全体に流されてしまい、上記シリウスにも有るように、『人間が意識の方向性を変えなかったら、何もかも終わってしまう』のかも知れません。
     そうすると、
 「連帯責任の法理」が発動されて、全員が「ごみ箱」行きに、成るのかも、知れません。


E★ 毎回における、お断り。

 私は、単に「アセンションごっこ」をして遊んでいるだけです。私の毎回の投稿は「妄想」であり「お花畑」に過ぎません。毎回の全ての記事は、「自己責任」で判断して下さい。よろしいですか。


★ どう思われますか。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
Ψ空耳の丘Ψ62掲示板  
次へ