★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62 > 746.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
7回目の終了です(その9の88)・日月神示の研究・「前次元は月で、今次元は地球で、来次元は太陽なのか」 
http://www.asyura2.com/16/bd62/msg/746.html
投稿者 どう思われますか 日時 2020 年 7 月 13 日 09:20:15: Qy4l4lPG05pBg gseCpI52gu2C6oLcgreCqQ
 

★ 第7次太陽系次元は、ノストラダムスの1999年で終了ベルが鳴り、マヤの2012年で完結しました。
 2013年から「変換の仕組」が始まり、2025年頃から「転換の仕組」が始まると、想像します。
 シリウスの2037年か、ヒトラーの2039年か、日月神示の2041年か知りませんが、消滅する、らしい、そうです。知りませんが。

 (今は、アセンションのための変換中であり、「富士と鳴門の仕組」が、年々、加速度的に過激化します。知りませんが)。


★ 私たちの世界は、いわゆる「量子コンピューター」で構築された「お花畑」です。遠い未来科学のVR(バーチャル・リアリティー)です。
 『五官の作用は電気信号です』。「水槽の脳」に無線で電波を通信すれば、どんなコンピューター・グラフィックも一瞬で作り出せます。

 (慈悲・慈愛を生活の根幹として、科学的・論理的に思考し、シーケンサー的に判断し、「社会通念上の客観的合理性」で行動すべきでしょう)。


★ 日本人に対する「予言・メッセージ」は、直接、日本人を通して下されるはずです。外国人に下された予言は、その下された外国人にのみ適用され、日本人には適用されないかも、知れません。

 (日本人に対しては、日本人の神が守護しているはずですから、外国の神に委任契約・請負契約などは締結しないし、事務管理も期待しないと、思います)。



@ ところで、「前次元は月で、今次元は地球で、来次元は太陽なのか」に、ご興味をお持ちでしょうか。

 早い人は、2025年ごろから旅立つようなので、今回は、次に向かうのが「月」なのか「太陽」なのかを思考してみますが、諸説あるようなので、分かれて旅立つかも知れません。


A とりあえず、月と太陽についての、「日月神示」の「地震・01」の抜粋。

 『われわれの一切は生れつつある・・太陽は太陽として、太陰は太陰として、絶えず生れつづけている。一定不変の神もなければ、宇宙もない。・・

 ・・宇宙は、神の中に生み出され、神と共に生長し、更に常に神と共に永遠に生れつつある。

 ・・神の歓喜を内的に・・これを日の霊人・・神の歓喜を外的に・・これを月の霊人と云う。

 月の霊人の喜びが、地上人として地上に生れてくる場合が多い。日の霊人は、神の歓喜をその生命に吸い取る・・神に抱かれ、神にとけ入り、直接、地上人として生れ出ることは、極めてまれ・・

 ・・月の霊人は、神の歓喜をその智の中にうけ入れる。故に、神に接し得るのであるが、全面的には解け入らない。地上人は、この月の霊人の性をそのままうけついでいる場合が多い。

 ・・日の霊人は、神の歓喜を、そのまま自分の歓喜とする・・それについて疑いをもたない。


B−1 『前次元は月だった』という、「日月神示・地震・08」の見方。

 人類も霊人類も、各々その最後の審判的段階に入る迄は、真の三千世界の実相を十分に知り得ない。・・一つの太陽が二つとなり、三つとなり、更には一つとなることを理解しない。

 ・・月より地球が生れ、地球より太陽が生れると云うことを理解するに苦しむものであるが・・』


B−2 『前次元は月だった』という、「シリウスの解釈」の見方。

 『大洪水伝説」については、「最終構成」が行われたときに起こることになるが、「前の次元の地球」でも起こったそうだが、

 『前の次元の地球」が現在、どの惑星として反映しているかについては、「反対の位置」にあるもので、それは、「月の外面性」に反映している、らしいそうだ。


C−1 「日月神示」から見た、『次に行く次元』の考え方。

ア) 太陽に行くという見方。

◆ 前記A「地震・01」の、『・・神の歓喜を内的に・・日の霊人・・外的に・・月の霊人・・』を、拡大解釈すると、次は(月が順当だが)太陽に行く可能性を否定できない。

◆ 前記B−1の、『・・月より地球が生れ、地球より太陽が生れる・・』(地震・08)により、「月→地球→太陽」により、次は太陽へ行く、という考え方。


イ) 月に行くという見方。

◆ 「月光・09」の、『一先づは月の代となる・・ひっくり返り、ビックリ』。

◆ 「日の出・03」の、『次の世とは通基(月)の世の事・・一二(ひつき)の通基(二)の世』。


C−2 「シリウスの解釈」から見た、『次に行く次元』の考え方。

ア) 「月」について。

 『月と人間の関係性については、「位置」を変えたものの内面性を相対化したもの、らしいそうだ。
 『月とは、人間の意識の中に含まれる「調整質」ではなく、最終的には、ヒトの調整質になる、らしいそうだ。

 『反対(人間の反対?)が月に住んでいる、らしいそうだ。


イ) 「太陽」について。

 『太陽は、最終構成において、力を無くすが、それは、次元的な方向性が無くなり、全てが光になって現われる、らしいそうだ。
 『ヒトの意識にとって太陽がどのように見えるかについては、ヒトの意識に太陽は存在しない、らしいそうだ。光が無いという意味、らしいそうだ。

 『光とヒト、太陽とヒトの関係については、光とヒトは生体という意味では同じで、太陽はヒトの内面性、らしいそうだ。
 『反転した太陽系」とは、「ヒトの総体の次元」と考えて良いらしいが、それが「タカヒマラ」、らしいそうだ。


ウ)★ 「土星」について。

 『真実の地球」とは、土星のことで、土星の「内面性」に反映されている、らしいそうだ。
 『土星の衛星の「タイタン」には、人間は今は居ないそうだが、いずれ行く、らしいそうだ。


C−3 「バシャール等ほかの文献」から見た、『次に行く次元』の考え方。

  ある読者の「読書感想」によると、『世界中に翻訳された全てを精査した訳ではないが、

 『人間が「未来世」と呼ぶ転生が「シリウス」に有るが、「バシャールたち」はシリウスに行くらしいそうだ。(シリウスは「非物質」で、バシャールは「物理次元」から「非物理次元」に移行する)。

 『地球は第3密度から第4密度に移行し、バシャールたちは第4密度から第5密度に移行するが「非肉体」になるそうだ。(第4密度は『肉体と非肉体の意識を体験できる最終段階』、らしいそうだ)。


D 視点を変えて、「光とは」。(『太陽 ≒ 光』という視点)。

ア) 「日月神示」の、「光」に対する考え方。

 『神の国の臣民みな、まことの光あらはしたなら、天地が輝いて・・』(富士・07)。
 『身魂 芯(しん)から光り出したら人も神も同じことになる・・改心・・掃除・・洗濯・・み光出ぬ様にしてゐてそれでよいのか』(地・36)。

 『神の国光りて目あけて見れんことになる・・臣民の身体からも光が出る』(地・11)。


イ) 「シリウスの解釈」の、「光」に対する考え方。

  ある研究者の研究によると、『研究中の解読中だが、

 『光とヒトは、生体という意味では同じで、太陽はヒトの内面性、らしいそうだ。

 『ヒトの意識には太陽は存在しないから、太陽は見えず、「光」が無い、らしいそうだ。

 『太陽から光が発するように見えるのは、人間の意識における「対化」を覚醒に換えるためで、「中性質」が対化を持ったものとして人間の意識に生み出される必要性として、らしいそうだ。


ウ) 「バシャール等ほかの文献」の、「光」に対する考え方。

  ある読者の「読書感想」によると、『世界中に翻訳された全てを精査した訳ではないが、
 
 『たとえば、今の人間が、(第4密度に有るところの)数百年後の未来に旅をしたら、そこの人間たちは光り輝いて見えるそうだ。
      反対に、
 『(振動数が今の人間よりも低いところの)千年前の古代人が、今の人間を見たら、今の人間は光り輝いて見える、らしいそうだ。


エ) (★私の解釈) 身魂が磨けると振動数が上昇して「高周波」になるが、その「高周波の集団」を、「低周波の人間」が見た場合に、『光り輝く太陽』に見えるという「VRゲーム」は、どうでしょうか。


E★ 毎回における、お断り。

 私は、単に「アセンションごっこ」をして遊んでいるだけです。私の毎回の投稿は「妄想」であり「お花畑」に過ぎません。毎回の全ての記事は、「自己責任」で判断して下さい。よろしいですか。


★ どう思われますか。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2020年7月19日 11:59:48 : IF2RS2Wphc : bnRrV3E0SXdsNGM=[32] 報告
今回の話は非常に難解ですね。

とりあえず自分の太陽(陽)と月(陰)の考えを書いてみます。

プラス(陽・男性性)とマイナス(陰・女性性)、この二つのエネルギーが完全にバランスした状態を「神」と言います。

完全なる均衡、無振動の世界です。

その世界は安定、安全の極致でこの上なく居心地の良い世界ですが、困ったことにめちゃくちゃ暇で退屈らしいのです。

そこで神は、いたずら心で少しプラス(陽)のエネルギーを強くしてみたところ、バランスが崩れて「ひずみ」が出来ました。

その「ひずみ」が元でビックバンと呼ばれる現象が起こり、この第3密度の世界が生まれました。

つまりこの世界は神の暇つぶしのために生まれたものでした。

この世界が破壊的なのは、最初にプラス(陽・男性性)のエネルギーが過多の状態で生まれたからです。

膨張した宇宙は、やがて収縮に向かいます。ブラックホールを中心に銀河が「渦を巻く」形はこの世界の原型でもありますね。

そして、神の状態に近づく=次元上昇するには、マイナス(陰・女性性)のエネルギーを増やしてバランスに近づく必要があります。

縄文時代が平和であったのは、女性エネルギーが他の場所より強かったからだと自分は考えるのです。

この考えからすると、未来は月(陰・女性性)であり、太陽→地球→月とみるのが論理的となります。

ところが一般的には光・陽に向かうことが進化であると考えられていますね。

これは最初に光・陽のエネルギーが強かったことから、その過去の名残りと言うか、望郷の念というようなものでしょうか。

それとも、「ひずみ」の原因が陰のエネルギーの過多で、すべては陰→陽へ向かっているのが正解なのか。
そうなると自分の考えと真逆になりますが、正直言って答えは分かりません。

いずれにせよ、進化の方向はバランス(神)の状態への回帰であり、陽・陰、いずれのエネルギーが過多になっても、それは地獄でしかないのです。

2. 2020年7月19日 12:00:00 : lIRLZy4CjA : c0QyVEtVMm9KUG8=[3] 報告
記事とあまり関係ないが
最近気づいたこと
明治はイルミナティ治めると解釈した人がいたが
日月治めるのようだということ
日月の神が関わっているのではないか?
同様に明という字には日月の神が関与しているという意味が込められていそうだ
という事
123という並び、69という数字の並びにも
ひふみや二つ巴を表すという意味が込められていそう
369というのもたまに見かける
ミロクの世が近づいているという知らせだろうか?
どうでも良さそうな数字に神が宿る
コロナで娼妓、料理屋、博打が無くなるというのも神示の通り
これらが無くなるまでコロナの終息は難しいか?
今の文明は残して不浄な物のみ流すのじゃ
どこまで行けば終息するのだろうか?
3. 2020年7月19日 17:03:31 : lIRLZy4CjA : c0QyVEtVMm9KUG8=[7] 報告
ついでに
最近は岩戸開きが行われてから8年ほど経ち
霊的に自分たちがコミュニケーションをとれると気づいた人間も多い様で
写真や絵、文字から相手の霊体の姿が認識できる人間が増えているようですよ

自分は直接そんなものは見えないですし、
統合失調症扱いされるのもうんざりなので深く突っ込まないですが
写真などがあれば簡単に相手を監視することが出来るようです
半身半霊の世の中はもう来ています

さっさとそういう認識にしていかないと
一般人にすら取り残されますよ

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
Ψ空耳の丘Ψ62掲示板  
次へ