★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62 > 759.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
7回目の終了です(その9の94)・日月神示の研究・『アリとキリギリス、その全体主義と個人主義の、構造問題』
http://www.asyura2.com/16/bd62/msg/759.html
投稿者 どう思われますか 日時 2020 年 8 月 24 日 09:16:54: Qy4l4lPG05pBg gseCpI52gu2C6oLcgreCqQ
 

★ 第7次太陽系次元は、ノストラダムスの1999年で終了ベルが鳴り、マヤの2012年で完結しました。
 2013年から「変換の仕組」が始まり、2025年頃から「転換の仕組」が始まると、想像します。
 シリウスの2037年か、ヒトラーの2039年か、日月神示の2041年か知りませんが、消滅する、らしい、そうです。知りませんが。

 (今は、アセンションのための変換中であり、「富士と鳴門の仕組」が、年々、加速度的に過激化します。知りませんが)。


★ 私たちの世界は、いわゆる「量子コンピューター」で構築された「お花畑」です。遠い未来科学のVR(バーチャル・リアリティー)です。
 『五官の作用は電気信号です』。「水槽の脳」に無線で電波を通信すれば、どんなコンピューター・グラフィックも一瞬で作り出せます。

 (慈悲・慈愛を生活の根幹として、科学的・論理的に思考し、シーケンサー的に判断し、「社会通念上の客観的合理性」で行動すべきでしょう)。


★ 日本人に対する「予言・メッセージ」は、直接、日本人を通して下されるはずです。外国人に下された予言は、その下された外国人にのみ適用され、日本人には適用されないかも、知れません。

 (日本人に対しては、日本人の神が守護しているはずですから、外国の神に委任契約・請負契約などは締結しないし、事務管理も期待しないと、思います)。



@ ところで、『アリとキリギリス、その全体主義と個人主義の、構造問題』に、ご興味をお持ちでしょうか。

 毎日毎日、『暑い夏』と『新型コロナ』に振り回されていますが、時には、「アリとキリギリス」の『ファンタジー』(空想・幻想・妄想)に、耽(ふけ)ってみたいと思います。

 今回は、『アリとキリギリス』の「たとえ話」から、人類が抱える政治体制・社会体制・人生論・幸福論などの諸問題を考え、ひいては、『明日の日本』を考えるという、「壮大なファンタジー」です。

 ★ 今回の記事は、
 (その9の80)「新型コロナのせいで、日本は、国家社会主義を目指す、だろう」、
 (その9の82)「「次の世界は、完璧な内臓秩序の、全体主義国家の、仮説」の、続編です。


A 「結語」を先に書くと、

 『アリはアリ、キリギリスはキリギリス』であり、その生き方には、優劣も無ければ善悪も有りませんし、「全体主義」と「個人主義」と言う体制も、単なる「路線の違い」に過ぎませんから、『良いか悪いかは分からない』という結論です。


B 日月神示から考える、『全体主義国家』。

 『天界に住む者は一人々々は力弱いが和すから無敵・・幽界に住む者は一人々々は強いが孤立するから弱い・・仲よう和してやれと申す道理判りたか』(黄金・72)。

 『何もかもお国に献げて自分の仕事を五倍も十倍も精出して呉れよ』(下・36)。

 『他の為に苦労することは喜び・・全体のために働くことは喜び・・【光の生命】』(黒金・03)。


★ (私の解釈) 上記の各文節を読む限りにおいて、「日月神示」は、『全体主義国家』を採用しているように感じますが、どんなもんでしょうか。

     また、(上記の)
 『天界に住む者は一人々々は力弱いが和すから無敵』とは、「未来の日本人」の事では無かろうかと思いますし、
 『幽界に住む者は一人々々は強いが孤立するから弱い』とは、「未来の「アメリカ人」の姿では無かろうか、とも思いますが、

     この、「幽界」の意味については、
 『判らん様では幽国(がいこく)身魂ぞ』(梅・10)、『心の内は幽界人(がいこくじん)沢山あるぞ』(下・16)と有るように、幽界≒外国で有り、その外国の代表選手が「アメリカ人」、かも知れません。


C では、「アリとキリギリス」の話を、「思うまま」に述べたいと思います。

ア) どちらも『子孫が繁栄している』から、その優劣は無い。

 おおよそ、生命の本質は『子孫の繁栄』に有り、子孫を繁栄させた者が「真の勝者」だと、私は思います。
 (動物の「二大本能」は食欲と性欲ですが、その究極の目的は「子孫の繁栄」であり、

 たとえ、自分一代が快楽感・幸福感に耽(ふけ)っても、子孫が滅亡すれば、それは全てが「無」に帰すると思いますが、「アリとキリギリス」は、両者共に子孫が繁栄しているので、その路線の違いに、優劣は無いと思います。


イ) アリは「全体主義」で、キリギリスは「個人主義」だと思う。

 アリは、巣を作り集団で生活し、子孫を残しますが、キリギリスは、営巣せずに単独で生活し、子孫を残すための「交尾」を終えると単独生活に戻ります。
      よって、
 アリの生活は「全体主義」で、キリギリスは「個人主義」だと思います。


ウ) アリの全体主義(共産主義)と、キリギリスの個人主義(自由主義)の、どちらが『幸せ』か。

 アリは、日本人のように「狭苦しい長屋」に住み、顔を突き合わせて、「しきたり」の中での堅苦しい生活を強いられますが、良い面としては、助け合い・譲り合いが有ります。
     反対に、
 キリギリスは、「西部開拓史」「帰らざる河」のように「広大な原野」を目指して、「ネバー・ギバー」と叫びながら、自分の運命を切り開き、そして、その孤独な一生を終えます。

     どちらが「幸せ」かと言うと、
 考え方、生き方の違いですから、結局は、『アリはアリ、キリギリスはキリギリス』と言う事に成ります。
     あるいは、
 アリには、アリの『生きる定め』が有り、キリギリスにも、持って生まれた『宿命』が有るのかも、知れません。


エ) 日本人の未来の姿は、全体主義・共産主義かも、知れないと思う。

 上述Bの日月神示が述べるように、

  『天界に住む者は 一人々々は力弱いが 和すから無敵』、と言う事で、日本人の未来は、全体主義・共産主義かも知れません。

     まあ、
 『後ろに付いて行くか、行かないか』は、貴方たちが決めれば良い事ですが、私は、(その9の1−2)で述べたように、『子供は親を選べない。親の後ろに付いて行くだけだ』という考え方です。

 (★★ 現実問題として、親や民族から逸(はぐ)れたら、生きていけないと思います)。


D そして、「この世」の構造を推理する。(あくまでも私の考え方です)。

 上方向の流れ(定質)・・集合化・全体化・・全体主義・共産主義・・日本人が向かう方向性

 下方向の流れ(性質)・・断片化・個別化・・個人主義・自由主義・・欧米人が向かう方向性


E さらに、VRゲームを深読みする。

 VRゲーム「第7次太陽系次元」は、(ゲームを作ったのが『遠い未来の日本人』だから)、上方向(定質)が正解で、下方向(性質)は間違いの「ごみ箱」行きに作られているのかも知れません。
     つまり、
 (遠い未来の日本人の)親たちが、(遠い未来の日本人の)子供たち向けに、「教育テレビ」として作ったものかも知れませんから、先読み・深読みが大事です。要注意ですよ。

 (そのくらいの先読みをしないと、「卒業証書」はゲット出来ませんよ)。


F★ 毎回における、お断り。

 私は、単に「アセンションごっこ」をして遊んでいるだけです。私の毎回の投稿は「妄想」であり「お花畑」に過ぎません。毎回の全ての記事は、「自己責任」で判断して下さい。よろしいですか。


★ どう思われますか。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2020年8月25日 21:11:34 : sq5OwuKL9e : SEs2bUdyOWx1M1E=[37] 報告
コロナ後のシナリオ 世界政府は着々と粉とを進めてきます。
| donのブログ
https://ameblo.jp/don1110/entry-12620146422.html

コロナの背景にある「テクノクラシー」を批判するパトリックウッド氏。「科学は宗教です」(信じさせて誘導)。今の全盛技術のほとんどが「人間を操る」ために社会を分析する技術です。それは社会主義者のロックフェラーが「それだけに絞らせた」のです。

2. 2020年8月29日 07:56:03 : 5kG524V2Tc : Z01PZnRoY2hFSlE=[1] 報告
全体主義の中で上下がうまれて、下になった方はやっぱり打ちのめされるし、無理に個人主義にさせられて鉄砲玉何て言って使い捨てられる事についてどう思われますか。
3. 2020年8月30日 12:04:02 : IF2RS2Wphc : bnRrV3E0SXdsNGM=[46] 報告
『アリとキリギリス』

今回のテーマについては、自分はやや違う見方をします。

この西洋の童話は西洋らしく「アリ」と「キリギリス」を分離・分断して分析することを前提にしていますね。

ここで気が付くのは、「アリ」が女性原理、女性性を、「キリギリス」が男性原理、男性性を象徴していることです。

陰・陽、二つのエネルギーを西洋では別物、分離して考えますが、東洋、日本ではこれら二つは、大自然・大いなるモノの一部として、相互に融合し、そのバランスこそが肝要であると考えるはずです。

つまり、「アリ」も「キリギリス」もそれぞれ特徴はあれども、どちらも自然の一部でしかないということです。

前にも書きましたが、この二つは片方だけでは破滅してしまい、両者のバランスを確保して、初めて安定・進化という「ミロク」を実現するはずなのです。

日月神示がなぜ、「アリ」的な協調性を強調しているのかはよく分かりませんが、おそらく戦後のアメリカ的な「キリギリス」の流行を見越して、バランスをとるために「アリ」的なものを忘れるなよと警告しているのではないでしょうか。

日本的なものが「アリ」に象徴されることはよくありますが、古来の日本が決して「アリ」だけで成立するとは到底思えません。

勤勉、真面目な人々を前提にしつつも、旅芸人、芸術家、浪人など自由に動き回る存在があってこそ、独特な文化を華開かせたと思うのです。

閉塞的と思われる農村社会も、例えば「祭り」などでエネルギーを爆発させることで、陰陽のバランスをとっていたと思われます。

結局、「アリ」と「キリギリス」を分離し、アンバランスに陥っていたこれまでの世界は崩壊し、両者が融合・バランスされた「ミロク」の実現こそがガイアの意識に沿う道だと思うのです。


「定質」と「性質」の説明、納得しました。

大いなるもの、膨大な意識から分化した個々の魂が、長い旅を経て、元の大いなるものへ還る道程でしょうか。

自分はよく振り子に例えます。
分化の直後は、非常に荒い大きな振動だつたものが、やがては微細な振動になり、最後には静止し神の元に還るという説明です。

神の一呼吸とも言いますし、スピ系では石の意識から始まり、数十億年を経て人間の魂に進化するというのもありますね。

いずれにせよ、「時間」が物質次元特有の錯覚であれば、次元上昇するに連れてすべてがVRであると悟ってゆくことになりますかね。

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
Ψ空耳の丘Ψ62掲示板  
次へ