★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62 > 799.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
7回目の終了です(その9の105)・日月神示の研究・『次の世界は、日本人が「イルミナティ」と呼ばれる、陰謀論』
http://www.asyura2.com/16/bd62/msg/799.html
投稿者 どう思われますか 日時 2020 年 11 月 09 日 09:23:08: Qy4l4lPG05pBg gseCpI52gu2C6oLcgreCqQ
 

★ 第7次太陽系次元は、ノストラダムスの1999年で終了ベルが鳴り、マヤの2012年で完結しました。
 2013年から「変換の仕組」が始まり、2025年頃から「転換の仕組」が始まると、想像します。
 シリウスの2037年か、ヒトラーの2039年か、日月神示の2041年か知りませんが、消滅する、らしい、そうです。知りませんが。

 (今は、アセンションのための変換中であり、「富士と鳴門の仕組」が、年々、加速度的に過激化します。知りませんが)。


★ 私たちの世界は、いわゆる「量子コンピューター」で構築された「お花畑」です。遠い未来科学のVR(バーチャル・リアリティー)です。
 『五官の作用は電気信号です』。「水槽の脳」に無線で電波を通信すれば、どんなコンピューター・グラフィックも一瞬で作り出せます。

 (慈悲・慈愛を生活の根幹として、科学的・論理的に思考し、シーケンサー的に判断し、「社会通念上の客観的合理性」で行動すべきでしょう)。


★ 日本人に対する「予言・メッセージ」は、直接、日本人を通して下されるはずです。外国人に下された予言は、その下された外国人にのみ適用され、日本人には適用されないかも、知れません。

 (日本人に対しては、日本人の神が守護しているはずですから、外国の神に委任契約・請負契約などは締結しないし、事務管理も期待しないと、思います)。



@ ところで、『次の世界は、日本人が「イルミナティ」と呼ばれる、陰謀論』に、ご興味をお持ちでしょうか。

 陰謀論者の「アホども」が、「イルミナティ」を叫んでいますが、彼らの大半は「アホ」であり、思考能力の欠如した「知恵おくれ」であり、「カウチポテト」の「ネットおたく」です。
     要するに、
 「陰謀論者のアホども」は、真偽不明の『インチキなユーチュブ動画』を真に受けて(正しいと信じて)、自己ブログから他者に「風説の流布」「風評被害」を、二次感染・三次感染させているだけの『パブロフの犬以下のアホ』なのです。

 なんで、『ユーチュブのインチキ動画』の検証作業を行わないのでしょうか。画像の鑑定作業や、反訴のための証拠収集や、公判前の準備手続きを行わないのでしょうか。

  これこそが、『社会通念上の客観的合理性で行動する』、と言う事なのです。


A そこで、今回も、結論を先に書くと。

 日本人は、「次元上昇」をして「光り輝くイルミナティ」に成り上がり、対化に位置する欧米人は、「次元転落」して、(ごみ箱の中の)「暗黒世界のダーク・マター」と呼ばれる事に成るのです。

 (ヒトラーが霊視した「2039年」の『地を這うケモノの群れ』とは、「ごみ箱」の中で、ゴキブリと餌を奪い合う「(アングロサクソンを含む)ゲルマン民族の鬼畜ども」の末路の姿だったのです。何という哀れな末路でしょうか)。


B ところで、なんで、こんな構造に成っているのか。

 この世は、「対化」(相対化)の構造に作られているからです。「自己と他者」・「光と闇」・「上方向と下方向」などですが、たとえば『闇を知って、光を発見できる』、『海の水を知って、陸の空気を知る』のです。

      だから、
 欧米人は日本人の「対化」に作られていますが、(日本人は)『獣の世界に堕ちていく(堕天使ルシファーの)欧米人』を知って、『神の世界にアセンションする(光天使ルシファーになる)日本人』を知るのです。
      その意味において、
 「堕天使ルシファー」とは、実は、欧米人自身を言っているのです。ヒトの世界から人間の世界に堕ちて(今は獣(ケモノ)の世界に向かい)、次は「ごみ箱」に落ちて終了ですが、実に哀れな末路です。はい、合掌。

 欧米人が肉を食らい、獣の皮を着るのも、闘争心が強くて、上下関係が厳しくて、格下の者を奴隷として扱うのも、全部、下降方向の「獣」の性質がインプットされているからで、そういう設定なんです。


C 「光」についての、日月神示ほかの参考文献等その他。

ア) 日月神示の、「光」についての見方。

 『神の国の臣民みな、まことの光あらはしたなら、天地が輝いて』(富士・07)。

 『光は「 ・ 」、真、善、美、愛となり、又そのうらの「 ○ 」、疑、悪、醜、憎となり現はれる』(春・41)。


(★私の解釈) 「光」は波の性質を持ち「正方向の波」「負方向の波」に分解されますが、「ルシファー」も二面性を持つから、上方向に向かうのが『光天使のルシファー』で、反対が『闇天使のルシファー』に成ります。
      また、
 「ルシファー」を自分自身に置き換えると、人間の心には「真善美愛」と「疑悪醜憎」の二面性の心が有るということです。


イ) 「シリウスの解釈」の、「光」についての見方。

  ある研究者の研究によると、『研究中の解読中だが、

 『光と人と、太陽と人との関係について』の質問に対しては、『光とヒトは、生体という意味では同じで、太陽はヒトの内面性、らしいそうだ。

 『最終構成において、太陽は力を無くし、次元的な方向性が無くなり、全てが「光」になって現われる、らしいそうだ。

 『人間の意識が「真実の人間」の意識を等化するためには、人間→ヒト→ヒトの反対→真実の人間まで、あと三回反転する必要が有る、らしいそうだ。


(★私の解釈) 人間(日本人)は、「ヒト」に意識進化するが、「ヒト≒太陽≒光」と解釈すると、日本人は次に「ヒト」に成るから「光」を発するようになる、という「三段論法」です。
     反対に、
 欧米人は、日本人とは逆方向の「設定」だから、(光を放射するのとは反対に)『全ての光を吸収する暗黒物質の「ダーク・マター」に堕ちていくという『逆説の進化論』です。

 
ウ) 「バシャール等ほかの文献」の、「光」についての見方。

  ある読者の「読書感想」によると、『世界中に翻訳された全てを精査した訳ではないが、

 『地球は、徐々に、光のレベルに上昇していく、らしいそうだ。つまり、物理次元から非物理次元に上昇する、らしいそうだ』。

 『たとえば、今の人間が、(第4密度に有るところの)数百年後の未来に旅をしたら、そこの人間たちは光り輝いて見えるそうだ。
      反対に、
 『(振動数が今の人間よりも低いところの)千年前の古代人が、今の人間を見たら、今の人間は光り輝いて見える、らしいそうだ。


    上記「バシャール」の類似に、
 『光は神から人民に与へられてゐる・・光に向かふから照らされる』(日月神示・春・41)。

(★私の解釈-1) 日月神示の『光に向かふから照らされる』は、バシャールの『千年前の古代人が、今の人間を見たら、今の人間は光り輝いて見える』に著しく類似し、同じ事を言っていると感じます。


(★私の解釈-2) また、「バシャール」は「振動数」という言葉を用いていますが、この「振動数」を「電磁波」に置き換えると、低い振動数の「電波領域」から、高い振動数の「可視光」の領域にアセンションするという解釈も出来るわけです。

 (★ さらに高い振動数が「放射線の領域」ですが、(その9の51)で少し放射線に触れましたが、この点については、「投稿のネタ」に使いたいので、機会が有れば別記事にしたいと思います)。


D★ 毎回における、お断り。

 私は、単に「アセンションごっこ」をして遊んでいるだけです。私の毎回の投稿は「妄想」であり「お花畑」に過ぎません。毎回の全ての記事は、「自己責任」で判断して下さい。よろしいですか。


★ どう思われますか。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
Ψ空耳の丘Ψ62掲示板  
次へ