★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62 > 833.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
7回目の終了です(その9の111)・日月神示の研究・『本邦初、神霊界の構造を、解明したから、投稿して正月だ』
http://www.asyura2.com/16/bd62/msg/833.html
投稿者 どう思われますか 日時 2020 年 12 月 21 日 10:01:23: Qy4l4lPG05pBg gseCpI52gu2C6oLcgreCqQ
 

★ 第7次太陽系次元は、ノストラダムスの1999年で終了ベルが鳴り、マヤの2012年で完結しました。
 2013年から「変換の仕組」が始まり、2025年頃から「転換の仕組」が始まると、想像します。
 シリウスの2037年か、ヒトラーの2039年か、日月神示の2041年か知りませんが、消滅する、らしい、そうです。知りませんが。

 (今は、アセンションのための変換中であり、「富士と鳴門の仕組」が、年々、加速度的に過激化します。知りませんが)。


★ 私たちの世界は、いわゆる「量子コンピューター」で構築された「お花畑」です。遠い未来科学のVR(バーチャル・リアリティー)です。
 『五官の作用は電気信号です』。「水槽の脳」に無線で電波を通信すれば、どんなコンピューター・グラフィックも一瞬で作り出せます。

 (慈悲・慈愛を生活の根幹として、科学的・論理的に思考し、シーケンサー的に判断し、「社会通念上の客観的合理性」で行動すべきでしょう)。


★ 日本人に対する「予言・メッセージ」は、直接、日本人を通して下されるはずです。外国人に下された予言は、その下された外国人にのみ適用され、日本人には適用されないかも、知れません。

 (日本人に対しては、日本人の神が守護しているはずですから、外国の神に委任契約・請負契約などは締結しないし、事務管理も期待しないと、思います)。



@ ところで、『本邦初、神霊界の構造を、解明したから、投稿して正月だ』に、ご興味をお持ちでしょうか。

 今回は、神霊界の構造を解き明かして、今までの固定観念を一新し、心を新たに、新年を迎えようという「年末特番」です。


◆◆◆ わたくし事ですが、「新型コロナの陰謀論」の爆発的拡大の余波で、(自宅パソコンから発信していないために)投稿できなくなるかも知れないので、あらかじめ書いておきます。


A はじめに、お断りですが、ホントのところは分かりません。あくまでも「仮説」です。
 
 「シリウスの解釈」によれば、『第7次太陽系次元の構造は、今の人類には想像も理解も出来ない構造に作られている、らしいそうなので、ホントの事は分かりません。

      たとえば、
   「シリウスの解釈」では、ある研究者の研究によると、
 『東洋人は、この地球で、白人などは金星で、黒人は水星で、アラブ人は火星で、日本人は、今の人間の核質で、「位置の転換」は、ほとんどが、この核質によって行われる、らしい。

      これに対して、
   「日月神示」では、「外国人の惑星起源」には触れられず、
 『人間は霊界より動かされる・・人間の心の凸凹によって、一は神界に、一は幽界に反影する・・幽界は人間の心の影が生み出したもの』(冬・01)。
      あるいは、
 『(霊)界と申しても神界と幽界に大別され・・神界は天国と霊国に分けられ・・幽界は陽界と陰界に分れ・・幽界は本来は無いもの』(竜音・04)。


B 本題に入って、「神霊界の構造」の資料の整理。

ア) 日月神示からの、「神霊界の構造」の資料。

日月a 『宇宙は霊の霊と物質とからなってゐる・・人間も又同様である』(冬・01・初段)。

日月b 『神と霊は一つであって、幽と現、合せて三』(冬・01・上段)。

日月c 『物質界は、霊界の移写・・霊界と現実界、又 霊と体とは殆んど同じ』(冬・01・上段)。

日月d 『人間は霊界より動かされる・・人間の心の凸凹によって、一は神界に、一は幽界に反影する・・幽界は人間の心の影が生み出したもの』(冬・01・上段)。

日月e 『(霊)界と申しても神界と幽界に大別され・・神界は天国と霊国に分け・・天国には天人、霊国には天使が住み・・幽界は陽界と陰界に分れ・・幽界は本来は無いもの』(竜音・04)。

日月f 『天界も無限段階、地界も無限段階・・相応した霊人や地上人が生活・・霊人は、その外的形式からすれば地上人・・地上人は、その内的形式からすれば霊人・・霊界は、想念の世界』(地震・02)。

日月g 『神も人間も同じ・・同じであるが違ふ・・それは大神の中に神を生み、神の中に人民生んだため』(夏・07)。

日月h 『特別の使命をもつ天使は、最下級の霊界まで降って来て、人民に特別な通信をなし、指示することもある・・また天使の霊が母体に宿り人民として生れてくる事もある・・末世にはこの種の降誕人が沢山ある』(竜音・03)。


イ) 「シリウスの解釈」からの、「神霊界の構造」の資料。(ある研究者の研究によると)、

シリa 『東洋人は、この地球で、白人などは金星で、黒人は水星で、アラブ人は火星で、日本人は、今の人間の核質で、「位置の転換」は、ほとんどが、この核質によって行われる、らしい。

シリb 『人間の意識が、真実の人間の「意識」を等化するためには、人間→ヒト→ヒトの反対→真実の人間の、3回反転する必要がある、らしいそうだ。

シリc 『人間の反転するものが「ヒト」で、「人間の反対」とは、人間の方向性を作り出している「変換人」で、人間の相殺をするために現われた「人間の総体」、らしいそうだ。

シリd 『人間が「物質文明」で、彼ら(人間の反対?ヒト?)は「空間文明」らしいが、それぞれに限界を迎えている・・・(交替化とは)「反対側」からの等化だが、等化とは交替化の意味、らしいそうだ。

シリe 『ヒトとは、人間における調整を行う力の元で、ヒトとは、新しい力を持つ人間で、ヒトは、そのものでは存在できず、人間が進化するのではなく、進化するのは「意識」で、ヒトの体化は、人間の体化と同じ、らしいそうだ。

シリf 『ヒトの反対」は有機体とは違い、「ヒトの反対」は有機体の次元には存在しない、らしいそうだ。

シリg 『ヒトの反対」は、「真実の人間」と「ヒト」の中間に位置するものではなく、「ヒトの反対」を「人間の反対」と同じような方向で考えてはいけない、らしいそうだ。

シリh 『ヒト」と「ヒトの反対」とは、思形と形質の関係ではなく、「ヒト」と「ヒトの反対」は「対化」の関係に有るもので、「人間の意識」と「大いなる上次元」の2つの関係が有り、「妙性質」・「虹の7色」とも関係が有る、らしいそうだ。

シリi 『ヒトの上次元はオリオンで、ヒトの上次元に反映されるものは「ヒトの反対」と「ヒトの反対の総体」であり、「ヒトの反対」とは二つの方向に分かれる、らしいそうだ。


ウ) 「バシャール等ほかの文献」からの、「神霊界の構造」の資料。(ある読者の「読書感想」によると)『世界中に翻訳された全てを精査した訳ではないが、

バシャa 『大いなる全て」は、自分が「大いなる全て」で有る事を知っているが、その「大いなる全て」の内側に「世界」を作った、らしいそうだ。
 だから、この世の一切の出来事は「大いなる全て」の内側での経験に過ぎない、らしいそうだ。

バシャb 『20年後に「知人」に再会しても、20年前とは違う人格を持った「別人の知人」らしいそうだ。
 また、色々な世界に、「同じ人」の色々な別のバージョンが生きているのだが、それは(同じように見えるだけで)同じ人ではなく、それは幻想、らしいそうだ。

バシャc 『魂の次元であれば、(魂の次元では「全ては一つ」だから)集合意識を通して、他の人を直接経験できるが、物質次元では、他の人を直接体験する事は出来ない、らしいそうだ。

バシャd 『(バシャールによれば)、「フォーカス・レベル」というのが有って、到達点に「一つなるもの」(大いなる全て)が有り、少し手前に「ガイド、ハイアーセルフ」というレベルが有る、らしいそうだ。


C 次に、「神霊界の構造」を推理します。

C−2 第1段階として、「神霊界」の構造をイメージする。

◆(仮説1) 『大神の中に神を生み、その神の中に人間を生んだ』。

   (その根拠は)、
 『大神の中に神を生み、神の中に人民生んだ』(日月g)。
 『大いなる全て」は、その「大いなる全て」の内側に「世界」を作った(バシャa)。


C−3 第2段階として、「人間−神−大神」の縦系列を、想像する。

       前提資料として、
 『神と霊は一つで、幽と現、合せて三』(日月b)。
 『人間→ヒト→ヒトの反対→真実の人間の、3回反転する必要があるそうだ(シリb)。

◆そこで、(仮説2)   (図式化すると)、
 人間・・・・・・・・・・・・・・・・・・ヒト・・・・・・ヒトの反対・・・・・・真実の人間 − (シリb説)
 現界(人間・地上人)・・・・・神霊界・・・・・・・・・・・・・・・・・・大神  −− (日月b説・g説)


(ヒト≒神霊界とする根拠は)、(★人間が反転した者が、ヒトであり神霊だという考え方です)。

 『物質界は、霊界の移写・・霊界と現実界、又 霊と体とは殆んど同じ』(日月c)。
 『霊人は、外的形式からすれば地上人・・地上人は、内的形式からすれば霊人』(日月f)。
  (★霊界の霊人が反転したものが人間(地上人)と推定される)。

       また、「シリウスの解釈」では、
 『人間の反転するものが「ヒト」(シリc)。
 『ヒトとは新しい力を持つ人間で、ヒトそのものでは存在できず、人間が進化するのではなく、進化するのは意識(シリe)。


 ★★ ところが、仮説2の図式化では「ヒトの反対」が欠落しているが、これを、どう考えるか。


C−4 そこで、「ヒトの反対」を考慮した「人間−神霊−天使−大神」の縦系列を、想像する。

ア) 初めに、「シリウスの解釈」から「ヒトの反対」を考えると、

 『ヒトの反対」は「真実の人間」と「ヒト」の中間に位置するものでは無い』(シリg)、
 『ヒト」と「ヒトの反対」は「対化」の関係に有るもの』(シリh)とあり、
対立するイメージが有ります。


イ) そこで、これを日月神示に当てはめると、

 『天国には天人、霊国には天使が住み』(日月e)、
 『特別の使命をもつ天使は・・人民に特別な通信・・指示・・天使の霊が母体に宿り人民として生れてくる・・末世にはこの種の降誕人が沢山ある』(日月h)。


ウ) 更に、「バシャール」に当てはめると、

 『「ガイド、ハイアーセルフ」というレベルが有る(バシャd)。


エ)★ よって、以上を総合して推理すると、

◆(仮説2の修正の仮説3)   (これを図式化すると)、
 人間・・・・・・・・・・・・・・・ヒト・・・・ヒトの反対・・・真実の人間 − (シリb説)
 現界(人間・地上人)・・神霊界・・・天使・・・・・・・大神  −− (日月b説・g説・h説)

 (★私の解釈) 日月神示の「天使」は神霊界に所属するものの、他の一般神霊が「修行するだけ」に対して、天使には助言・指導を行う「世話人」の役割が課せられているから、(「シリウス」が言うように)世話する者・世話される者の「対立関係」(対化)が発生していると言う解釈に成ります。


D また、人間を除外した「神霊界の構造」を推理すると。

ア) 人間は、彼ら(ヒト・霊界人・地底人)の「アバター」であり、「夢」「幻想」に過ぎません。
      その根拠は、
 『霊人は外的形式からすれば地上人・・地上人は内的形式からすれば霊人』(日月f)。
 『人間の反転するものが「ヒト」(シリc)。
 『ヒトとは人間における調整を行う力の元。ヒトとは新しい力を持つ人間。ヒトそのものでは存在できず、ヒトの体化は人間の体化と同じ(シリe)。


イ) 以上の解釈により、人間を除外して、(図式化すると)、

◆(仮説2の修正の3の修正の仮説4)
 ヒト・・・・・・ヒトの反対・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・真実の人間 − (シリウス説)
 霊界・・・・(最上神霊界に位置する)天使・・・・・・大神  −−− (日月神示説)

(★私の解釈) 大神(真実の人間)の内側には、(世話人である)「天使」を除くと、ヒト(神霊界の修行中の神霊)だけが存在し、人間(地上人)は、彼らの幻想に過ぎないことに成ります。


E 「幽界人」の取り扱いについて。

 『人間の心の凸凹によって、一は神界に、一は幽界に反影する・・幽界は人間の心の影が生み出したもの』(日月d)。
 『(霊)界と申しても神界と幽界に大別・・幽界は陽界と陰界・・幽界は本来は無いもの』(日月e)。
 『「ヒトの反対」を「人間の反対」と同じような方向で考えてはいけない、らしい(シリg)。

(★私の解釈) 「幽界」は、「幽界人」(がいこくじん)(下・16)(磐戸・14)であり、「日本人」の「邪」(よこしま)な心が生み出した「影」・「幻影」のようなものです。

★★ Aで書いたように、「外国人の惑星起源」などは謎のままですが、まあ、日本人にとって一番大事なことは、日本人の未来ですから、外国人の詳細なんか「エー加減」で良いと思います。
     それから、
 「バシャール」の人類の起源の話も、今回の記事の趣旨にマッチしないのでカットします。


F ダラダラ書いた今回の記事の、まとめ。

ア) 私たちの人間世界は、霊界の投影に過ぎない「アバター」であり、存在・実在するのは「神霊界」だけです。

イ) 神界・霊界をまとめて「神霊界」と称するが、その根拠は、日月神示に『天界も無限段階、地界も無限段階』(日月f)、「バシャール」では「フォーカス・レベル」の高位のレベルが神霊階に相当すると考えます。

ウ) 「幽界」は、人間界の二次的派生だと思いますが、イメージがまとまらないので、省略します。

エ) 人類の遠い未来は、「コンピューター教育」に移行し、「VR技術」を用いた「仮想体験教育」が行われ、「日月神示」・「シリウス」・「バシャール」のような構造で、運営されるかも知れません。


G 終わりに、「日月神示」・「シリウスの解釈」の類似性と一致性について。

 「日月神示」と「シリウスの解釈」には類似性や一致性が認められますが、日月神示が宗教的・情動的・情緒的なのに対して、「シリウスの解釈」は科学的・論理的・客観的に表わされています。
      ですから、
 この両者を二点視座・立体的に「視点の位置」を変えながら読み解く必要が有ると思いますが、忘れて成らないのは、この両者は『私たち日本人に下されたものだ』と言う事です。


◎◎ (わたくし事ですが)、(次回予定の12月28日は年末なので)今年の投稿は、これで、お仕舞いの、予定です。


H★ 毎回における、お断り。

 私は、単に「アセンションごっこ」をして遊んでいるだけです。私の毎回の投稿は「妄想」であり「お花畑」に過ぎません。毎回の全ての記事は、「自己責任」で判断して下さい。よろしいですか。


★ どう思われますか。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
Ψ空耳の丘Ψ62掲示板  
次へ