★阿修羅♪ > 中国8 > 675.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
≪私は見た!中国人ビジネスマン実態≫「スーツにネクタイ」では中国の顧客に相手にされない 日本とは正反対の“慣行”
http://www.asyura2.com/16/china8/msg/675.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 5 月 16 日 14:15:30: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

【私は見た!中国人ビジネスマン実態】「スーツにネクタイ」では中国の顧客に相手にされない 日本とは正反対の“慣行”
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160516/dms1605161130003-n1.htm
2016.05.16 夕刊フジ


 男性の中国人ビジネスマンと一緒に仕事をする際、驚かされることの一つに服装があります。当時私は日本人丸出しのスーツにネクタイという姿で日々仕事をしていたのですが、中国人に囲まれて働いていて、ふと「ネクタイをしているのは私だけ」という事に気が付きます。

 それどころか、スーツを着ている人の割合も極めて少なく、夏は半袖ポロシャツ、冬はセーターなどを着込んだ普段着で、下はジーンズを履いている人も当たり前のようにいます。それが管理系職員ばかりでなく営業マンも同様です。

 「スーツも着ないで商品が売れるのか?顧客と交渉できるのか?」と日本人の私は思ってしまいますが、実は状況は真反対であることが後日分かりました。中国人ビジネスマン的な発想で言うと、「スーツにネクタイ」という服装は、いわゆる「雇用されている人」というイメージになり、会社内で「服装も自由にできないくらい軽い地位にいる」ということに繋がります。つまり決定権を持たないペーペーの青二才と思われてしまうのです。

 とかく中国企業はトップダウンでの決定が多いので、顧客はネクタイを絞めているような軽輩社員とは重要な交渉をしようとしません。自由な服装で、決定権を持っている雰囲気を醸し出すタイプでないと一人前として認められず、結果として交渉相手にならないと判断されてしまうのです。

 一方で、中国は極めて徹底した平等社会ですので、年齢による差別はほぼありません。たとえ20歳台の若手でも、実力を認められて上場企業の重要ポストに抜擢されるケースは日常茶飯事です。もちろんスパッと解雇されてしまうこともありますので、非常に合理的な実力社会と言えるでしょう。そういう若手重役たちは総じてラフな格好でバリバリ仕事をこなし、私のようなネクタイをした年長者たちを従えているのです。

■鈴木信八郎(すずき・しんはちろう) 昭和44年10月15日生まれ。慶応義塾大学文学部卒。平成5年4月にジャパン石油開発株式会社入社。平成24年11月にレネソーラ・ジャパン株式会社設立、同社副社長に就任。平成25年11月同社代表取締役に就任。平成27年10月にハンセン・ジャパン株式会社(http://hansenjapan.com/)設立、代表取締役社長に就任。TOEIC900点以上でレベルA。趣味は洋楽鑑賞と食べ歩き、温泉めぐり。

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160516/dms1605161130003-n1.htm  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年5月16日 19:33:24 : 6jC6Ok4X3M : r9HiorRuc1w[418]
ネクタイしなけりゃ仕事が出来ない方がおかしいとは思わないのか、日本だってIT業界なんかはスーツなんて何か特別な場合に着るもんだと思っている人は多い。

2. 2016年5月17日 06:46:59 : eZNPQpPZUE : XJ9lDL1jTRc[26]
地元じゃないって言うとラフな格好でも「出張?」とか中国人に聞かれるのはそのせいかな。。
中学のときの生徒指導のお気に入りは「服装の乱れは心の乱れ!!」
耳にたこ。
そのくせ、人を見た目で判断すんな、とか言う。
お前がな。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 中国8掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
中国8掲示板  
次へ