★阿修羅♪ > カルト16 > 172.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
つぎの米大統領はトランプだろう。急激に事態が動いた〜世界の…官僚、高官、財界人たちでもまだ右往左往している・・・/副島隆
http://www.asyura2.com/16/cult16/msg/172.html
投稿者 仁王像 日時 2016 年 5 月 22 日 19:55:34: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc
 

[1935]つぎの米大統領はトランプだろう。 急激に事態が動いた。 それと日本の衆参同時選挙がさっき決まった。

投稿者:副島隆彦 
投稿日:2016-05-22 14:21:21
http://www.snsi.jp/bbs/page/1/
(抜粋)

副島隆彦です。  私は、5月19日から4日間、考え込んでいました。が、どうやら、ドナルド・トランプが、次のアメリカ大統領になる、と決まったようだ。

次はどうもトランプだ。急激にアメリカ政治の情勢が変わった。急激にヒラリーの目がなくなった。 ヒラリー=ネオコン(凶暴な、戦争をはじめる勢力)ではアメリカが保(も)たない、とアメリカの最高権力者 たちが、判断したようだ。だから、次の大統領はトランプだろう。

 なぜトランプが次の大統領で決まりか、と、言うと、それは、下 ↓ の 、ここの重たい掲示板の「1934」で、アルル君が昨日(5月21日)に載せた、重要なNYからの情報でほぼはっきりした。

 アルル君が、貼りつけた画像2枚は、18日(現地)に、トランプが、不愉快そうな顔をしながら、NYのアッパー・イーストのヘンリー・キッシンジャー(92歳)の高級アパートメントに、「自分の方から出向いて行って」(英語の記事では、turn to  となっていた)「外交政策で教えを乞いに行った」となっている。 

 これはきわめて重要なことだ。キッシンジャー すなわち、“世界皇帝“デイヴィッド・ロックフェラー(6月で101歳)の直臣(じきしん)が、「トランプでいいよ。ヒラリーでは危なっかしくて見ておられない」と決めた、ということだ。

 このことは、これからの世界にとって、極めて重要な変化だ。キッシンジャーは、「トランプ。君が大統領になったら、すぐに金正恩(キムジョンウン)と話をつけろ。中国との根回しは、私がすでに付けてある(さすが。中国の手先、キッシンジャー)。北朝鮮に核を打たせるな」と助言どころか、トランプに命令しただろう。 ・・・・ということは、どういうことになるのか。これまでの、トランプ旋風の、アメリカ大統領選挙の大騒ぎは、その中心部(震源地、エピセンター)のところではもう終わった、ということだ。

ここで、アルル君が下 ↓ に貼りつけた、2枚目の画像(CNNのニューズの画像)が重要だ。背広も着ない軽装のガキが、写っているが、この若い男は、トランプの娘、Ivanka イヴァンカ(35歳)と結婚した男だ。このジャレッド・クシュナーの父親が、ニューヨークのユダヤ人社会の元締めの大物(AIPACの会長)である。正統派(オードドックス)ユダヤ人だ。

 このジャレッドが、トランプの付き添いで、18日に、キッシンジャーを訪ねた、ということは決定的である。 それで私、副島隆彦は決断した。「次はトランプだ」と・・・・・。これ以上のことは、当日、定例会で話します。日本国内では、誰からも聞けない、かつ、世界最先端の、アメリカのワシントンの官僚、高官、財界人たちでも、まだ右往左往している・・・・。   

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年5月22日 20:31:30 : EAkIk2fULU : JJK78ODjYnY[215]
もしトランプ大統領が濃厚になれば日本のマスコミもといマスゴミも一気に転向するんだろうな。

2. 2016年5月22日 21:30:58 : BKatGf78cR : DggmB@9w0Yw[4]
副島君はすぐ言うことが変わる。まあカルト板にはふさわしいか。

3. 2016年5月23日 08:58:58 : txhff0FbYw : cX_7TXu7pXI[2]
1>>
もちろんさ、昨日まで「一億総玉砕」を叫んでたのが今日からは「ずっと平和主義だった」と臆面もなく言えるクズどもだよ。
それにしても政府内部のネオコン粗大ごみはどう処理するんだろう。

4. 2016年5月23日 18:23:58 : VpqbKkIwFc : 9HuNY0oOt0A[231]
日本の思考停止状態が 解除される。

とっても 良い事だ。

久々の 副島節・・・ これは そうなる可能性が高い。

混沌の中に 新し芽吹きが 始まる。


5. 2016年5月23日 23:12:58 : 9JzzprlCSg : 7J05@kFi8r4[13]
さあ自己保身政治家官僚がトランプに媚びますよ媚びます媚びます
何でも差し上げるつもりですよ

6. 2016年5月24日 00:58:50 : 21O5sFTKEQ : 01ylKN9nkxU[28]

選挙前に決まっているんだ、へえそうなんだ

7. チベットよわー[1182] g2CDeINig2eC5oLtgVs 2016年5月24日 04:41:42 : PiLqis80OY : vul47KNEra4[160]

副島さんは、そんなに自信があるならラスベガスで勝負をしてみればいい。

トランプに100万かけたら260万かえってくる。本当に選挙結果がそうなるという
確信があるのならやってみればいい。

私は昨年7月にヒラリーを破るのはトランプと阿修羅で書いている。その時のオッズなら
100万かけたら2100万かえってきた。

私はトランプには賭けなかったし、賭けなかったことを後悔していない。
自信がないからだ。今から賭けるつもりもない。

ヒラリーは2年前に健康を害したことで、かなりインパクトが落ちた。
正直、ここはサンダースを副大統領に指名して共闘しないと勝算は
生まれないだろう。まるで五分といったところだ。



8. 2016年5月24日 11:48:47 : byRY84bjfY : 0XSVvRU3EVQ[3]

  今の日本人の軟弱さ…。


  やはり安部さんが唱える軍国主義が良いのかも…。


  但し、軍は軍でも国民の為の軍ではあるが。


9. 2016年5月25日 08:13:08 : HWMEuFbiXo : EpzVD5GsqGE[11]

統一朝鮮工作員教会のノータリン安倍工作員政権や、創価朝鮮工作員学会で固められた売国官僚公務員政治家企業宗教集団ダマスゴミ御用学者のテロリスト達が日本国民を殺戮する為にまたもや第二次世界大戦に導く戦争詐欺工作は既にチョンバレで、日本国憲法を無視して憲法違反の悪法だらけで日本国民を縛っても既に手遅れでこの後は戦争詐欺工作員や、不正八百長選挙詐欺で田母神工作員の様に、捕まって朝鮮工作員詐欺が徐々に減少していき、マキゾエ知事の様に大恥かいて知事辞職になる様に徐々に朝鮮工作員スパイが粛々と殲滅されて参ります。当然殲滅後は二度と表れません。当然その動きは世界中のハザール族偽ユダヤ勢力の各種詐欺工作がバレて完全殲滅体制に入っておりますので当然偽ユダヤ
勢力の下僕達の完全殲滅が表面化しておるわけです。
今回の伊勢サミットで更にハザール族偽ユダヤ勢力の完全駆逐が進み現在財務官僚のトップ連中の大スキャンダル以上の暴露が表面化して、ノータリン安倍工作員政権崩壊が早まります。
世界中の覚醒民衆の皆さんの日々の努力がハザール族偽ユダヤ勢力完全殲滅を粛々と進めておる次第です。

10. 2016年5月30日 13:45:01 : su3CbF0Ksw : 75Bt8OJpw3g[7]
ロシア・トゥディがヒラリーとGoogle・アルジャジーラの
シリアへの干渉と、リビアでの新政府脅迫、
アメリカがトルコのクルド労働者党の戦いへのを支援を
ヒラリーが隠していたことを暴露した。
オバマに対しての背信行為だったとして。
メール問題でのFBIの追及といい、
ヒラリーは追い詰められているが、
民主党側もヒラリーと心中する愚は避けるのではないかと思う。
今はサンダースの可能性の方が高い気がする。
エスタブリッシュメント・ネオコンの「力」が衰えたと見るべきでないか。
汚れ役を全部押し付けられたヒラリーが
黙って引き下がるだろうかという方を今は注目する。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > カルト16掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
カルト16掲示板  
次へ