★阿修羅♪ > 原発・フッ素45 > 105.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
誰も福島で何をすべきかを知らない・原発は危機モード・燃料は溶融貫通・燃料が取り出されることは決してない(Enenews)
http://www.asyura2.com/16/genpatu45/msg/105.html
投稿者 ナルト大橋 日時 2016 年 2 月 24 日 10:49:36: YeIY2bStqQR0. xdnEkeWLtA
 

記事元


Washington Post: “No one knows what to do with Fukushima” — Scientific American: Plant is in “crisis mode”… fuel has melted through containers — Official: Corium may never be extracted — Gov’t suggests dumping it under Pacific Ocean
ワシントンポスト:「誰も福島で何をすべきかを知りません」 - サイエンティフィック・アメリカン:原発は「危機モード」である...燃料は格納容器を溶融貫通しました - 関係者:溶融燃料が取り出されることは決してないでしょう – 政府はそれを太平洋に投棄する事を示唆しています


Published: February 22nd, 2016 at 9:28 am ET By ENENews
公開:2016年2月22日 午前9時28分ET ENENewsによる


Washington Post, Feb 10, 2016 (emphasis added): Five years after nuclear meltdown, no one knows what to do with Fukushima… one huge question remains: What is to be done with all the radioactive material?… Tepco has built a 1,500-yard-long “ice wall” around the four reactor buildings… however, Japan’s nuclear watchdog blocked the plan, saying the risk of leakage was still too high… [M]ost problematically, there’s the nuclear fuel from the plant itself…
ワシントンポスト2016年2月10日(強調が追加):核のメルトダウン後5年、誰も福島で何をすべきかを知らない...一つの巨大な疑問が残ります:全ての放射性物質をどう処理するか?...東電は4つの原子炉建屋の周囲に1,500ヤード(1.37キロメートル)の長い「氷の壁(凍土壁)」を構築しています...しかし、日本の原子力監視人は、漏れのリスクは依然として高すぎると言って(実施を)ブロックしています、... [最]問題として、原発自体からの核燃料があります...


“The biggest challenge is going to be the removal of the nuclear fuel debris,” [Akira Ono, Tepco’s Fukushima Daiichi superintendent] said. “We don’t even know what state the debris is in at the moment.”… one of the options the government is considering is building a nuclear waste dump under the seabed, about eight miles off the Fukushima coast… Many groups… staunchly oppose the idea of burying the radioactive material at sea in such a seismically active area. “At some point it would leak and affect the environment,” said Hideyuki Ban, co-director of the Citizens’ Nuclear Information Center.
「最大の課題は、核燃料デブリの除去になるだろう、」[小野明、東京電力福島第一部長]は言いました。「私たちも、破片(デブリ)は、現時点ではどういう状態なのか分からない。」...政府が検討している選択肢の一つは、約8マイル(13キロメートル)福島沖、海底下に核廃棄物の集積場(ゴミ捨て場)を構築することです...多くのグループは...断固として、このような地震活動が活発な地域の海洋に放射性物質を埋め込むというアイデアに反対しています。 「いくつかの点で、それが漏れて環境に影響を与えるだろう、」伴英幸、原子力資料情報室の共同ディレクターは述べています。


Japan Times, Feb 20, 2016: NRA commissioner suggests plan to remove all fuel debris at Fukushima plant may not be best option — A Nuclear Regulation Authority commissioner has suggested that removing all fuel debris from reactors at the meltdown-hit Fukushima No. 1 nuclear power plant may not be the best option. “I wonder if the situation would be desired that work is still underway to extract fuel debris 70 or 80 years after the nuclear disaster,” NRA Commissioner Toyoshi Fuketa told reporters Friday. “There are a variety of options, including removing as much fuel debris as possible and solidifying the rest,” he added…
ジャパンタイムズ2016年2月20日:原子力規制委員会NRAの委員は、福島原発で全ての燃料デブリを除去する計画が最良の選択肢ではないかもしれない、と示唆しています - 原子力規制委員会委員長代理は、メルトダウンに見舞われた福島第1原子力発電所で、原子炉から全ての燃料デブリを除去することが最良の選択肢ではないかもしれない、と示唆しています。状況は、原子力災害後70年あるいは80年燃料デブリを取り出すために、作業がまだ進行中である、のではないかと心配する、」と更田豊志・原子力規制委員会委員長は金曜日、記者団に語りました。「できるだけ多くの燃料デブリを除去し残りを固化することを含め、さまざまなオプションがあります、」と彼は付け加えました...


Fuketa said that unlike the disaster at the Chernobyl nuclear power plant, it is “not realistic” to construct concrete buildings to cover reactors at the Fukushima No. 1 plant because the situation is different. The commissioner also questioned whether construction of an underground ice wall around the reactor buildings to prevent radioactive water buildup will prove effective.
更田氏は、チェルノブイリ原子力発電所の災害とは異なり、状況が異なっているため、福島第1原発で原子炉をカバーするためにコンクリート建造物を構築することは「現実的ではない」であると述べました。規制委員会委員長代理はまた、放射性(汚染)水の蓄積を防ぐために、原子炉建屋周囲の地下凍土壁の建設が効果的だと証明されるかどうか疑問視している。


Scientific American, March 2016 issue: Five years ago this month… half of the facility’s uranium cores to overheat and melt through their steel containers… Today the disaster site remains in crisis mode…
サイエンティフィック・アメリカン2016年3月発行:今月の5年前...過熱して鋼鉄の格納容器を溶融する(原発)施設のウラン炉心の半分...今日災害現場は危機モードのままです...


See also: Nuclear Expert: Simply impossible to remove melted fuel from Fukushima — Corium “has spread all over… could actually have gone through floor of containment vessel” — Only way to deal with these reactors releasing dangerous radiation is to cover in concrete — Will take centuries of work (VIDEO)
参照:原子力専門家(小出裕章):福島から溶融燃料を除去のは事実上不可能 – 炉心溶融物は「至る所に広がっている...実際には格納容器の床を貫通している可能性」 - 危険な放射能を放出するこれらの原子炉に対処する唯一の方法はコンクリートで覆うことです - 何世紀もの作業になります(動画)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素45掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素45掲示板  
次へ