★阿修羅♪ > 原発・フッ素45 > 323.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
福島溶融燃料は格納容器を溶融貫通し放射能を吐出・あらゆる場所に飛散・環境に焼け出された・溶岩のように流出(ENENews
http://www.asyura2.com/16/genpatu45/msg/323.html
投稿者 ナルト大橋 日時 2016 年 3 月 17 日 18:50:43: YeIY2bStqQR0. xdnEkeWLtA
 

記事元


Reuters: Fukushima fuel melted through containment vessels and is “spewing radiation” — Nuke Expert: Fuel has “scattered all over the place” — Gov’t: Fuel may have burned out into environment — Tepco Official: Fuel could have flowed out “like lava in a volcano” (VIDEOS)
ロイター通信:福島の燃料は格納容器を溶融貫通し「放射能を吐き出して」います – 原子力専門家(小出裕章):燃料は「あらゆる場所に飛散しました」 - 政府:燃料は環境に焼け出されたかもしれない - 東京電力の関係者(増田尚宏):燃料は、「火山の溶岩のように」流出した可能性(動画)


Published: March 15th, 2016 at 8:13 pm ET By ENENews
公開:2016年3月15日20:13 ET ENENewsによる


Reuters, Mar 11, 2016 (emphasis added): Today, the radiation at the Fukushima plant is still so powerful it has proven impossible to get into its bowels to find and remove the extremely dangerous blobs of melted fuel rods, weighing hundreds of tonnes… The fuel rods melted through their containment vessels in the reactors, and no one knows exactly where they are now… Tepco has been developing robots [to] negotiate obstacles in damaged tunnels and piping to search for the melted fuel rods.
ロイター通信2016年3月11日(強調を追加):今日、福島原発の放射能はまだ非常に強力です、ですから何百トンのもの重量のある、溶融燃料棒の極めて危険なブロブ(半固体の小塊)を見つけて除去するために、その内部に入ることは不可能であることが証明されています...燃料棒は、原子炉の格納容器を溶融貫通し、それらが今いる場所は誰も正確に知りません...東京電力は溶融した燃料棒を検索するために、損傷したトンネルや配管内の障害物を通り抜け[る]ロボットを開発してきました。


Reuters, Mar 9, 2016: Five years on, melted fuel rods still spew radiation…
ロイター通信、2016年3月9日:5年を通じて、溶融した燃料棒はまだ放射能を吐き出します...


DW, Mar 11, 2016: The melted nuclear fuel and the destroyed pressure vessel in the nuclear reactors 1 to 3 continue to be major problems… “So far, nobody knows what exactly happened in there and how to solve it,” [Heinz Smital, a nuclear physicist] told DW. “Until now, there is no solution to recover the melted fuel rods from the reactors.”
DWドイチェ・ヴェレ2016年3月11日:溶けた核燃料や原子炉1〜3号機で破壊された圧力容器は大きな問題であり続けます...「これまでのところ、誰もそこで正確に何が起こったのか、そしてそれを解決する方法を知らない、」 [ハインツ・スミタル、核物理学者は] DWに語りました。「今まで、原子炉からの溶融燃料棒を取り出す解決策はありません。」


News Corp Australia, Mar 11, 2016: Today, the radiation at the Fukushima plant is still so powerful it is impossible to extract and remove deadly melted fuel rods… [Tepco is] grappling with the fact that they don’t have the technology to find missing melted fuel rods in three reactors at the plant. The rods melted through containment vessels in the reactors.
ニューズ・コープ・オーストラリア2016年3月11日:今日、福島原発の放射能は依然強力なので、致死的な溶融燃料棒を取り出して除去することは不可能です... [東京電力は]、原発の3つの原子炉内で溶融した燃料棒が欠落しているのを発見する技術を持っていない、という事実に取り組んでいる。その(燃料)棒は、原子炉内の格納容器を溶融貫通しました。


Guardian, Mar 11, 2016: [It's] the most daunting task the nuclear industry has ever faced: removing hundreds of tons of melted fuel from the plant’s stricken reactors… something no nuclear operator has ever attempted… Of greatest concern, though, is reactor 1, where the fuel may have burned through the pressure vessel, fallen to the bottom of the containment vessel and into the concrete pedestal below – perhaps even outside it – according to a report by the International Research Institute for Nuclear Decommissioning… Masuda and Tepco engineers who spoke to the Guardian conceded that they still didn’t know where the fuel is located. “To be honest, we don’t know exactly where the fuel is”… Masuda said… “No one has ever done what we’re doing”…
ガーディアン2016年3月11日:[それは]原子力産業がこれまで直面している最も困難な課題です:原発の被災した原子炉から何百トンの溶融燃料を除去すること...原子力事業者がこれまで試みたことのない何かである...最大の関心事は、しかし、燃料が格納容器の底およびコンクリートの台座(ペダステル)に落下し、圧力容器を燃焼貫通している可能性がある1号機原子炉です - おそらくそれは外側にある - 原子力廃炉措置のための国際研究所の報告書によると...ガーディアンに語った増田と東京電力のエンジニアは、燃料がどこにあるか、彼らはまだ知らないことを認めました。「正直に言うと、我々は燃料がある場所を正確に知らない」...増田は言いました...「我々がやっていることを、誰も今までやったことがありません」...


PBS Newshour, Mar 11, 2016 (at 35:15 in):
PBSニュースアワー2016年3月11日(35分15秒の所で):


Miles O’Brien, PBS correspondent: What about the melted fuel in the reactor cores? They aren’t even sure where it all is.
マイルズ・オブライエン、PBS特派員:炉心内の溶融燃料についてはどうですか?彼らはそれ全てが何処にあるかさえも分かりません。


Lake Barrett, Tepco advisor: Is it in one big vertical lump on the floor underneath it? Or did it come down and flow like lava in a volcano and move out to the sides? We don’t know yet… Nothing of this magnitude [i.e. the attempt to remove Fukushima’s melted fuel] has ever been done by mankind…
レイク・バレット、東京電力顧問:それは、その下のフロアーの上に一つの大きな縦に直立した塊としてありますか?それとも、下降して火山の溶岩のように流れ、外側に移動したのでしょうか?我々はまだ知りません...この規模のことは[すなわち福島溶融燃料を除去しようとする試みは]今まで人類によって行われたことが全くありません...


Interview with nuclear engineer Hiroaki Koide (translation by Prof. Robert Stolz, transcription by Akiko Anson), published Mar 8, 2016: We simply do not know where the core is or in what state it is… [The government and TEPCO] are convinced that the melted core fell through the bottom of the pressure vessel and now lie at the bottom of the containment vessel―basically piling up like nuggets of the melted core [See Lake Barrett's statement above].
原子力エンジニア小出裕章とインタビュー(ロベルト・シュトルツ教授による翻訳、アキコ・アンソンによる書き換え)、公開 2016年3月8日:我々は、何処に炉心があるか、あるいはどんな状態であるのか、まるで知りません... [政府と東京電力は]溶融炉心が圧力容器の底部を通り抜けて落下した、そして現在格納容器の底に横たわる- 基本的には溶融炉心がナゲット(金属塊)のように積み上げられている、と確信している[上記レイク・バレットの文を参照してください]。


There’s no way this would be the case. (Laughs)… It should have been scattered all over the place… Though the containment vessel is made of steel, if the melted core has come in contact with that steel, just as it ate through the floor of the pressure vessel, it could possibly have melted through the containment vessel… There are situations in which the containment vessel can suffer a melt-through. I think this likely has already happened.
これが本当である状況にはありません。(笑い)...それはあらゆる場所に飛散しています...格納容器は鋼鉄で作られているが、もし溶融炉心がその鋼鉄に接触している場合は、それは丁度圧力容器の床に食い込むように、おそらく格納容器を溶融貫通している可能性がある...格納容器が溶融貫通を被り得る状況にあります。私は、これはおそらく既に起こっていると考えます。


Watch: PBS Newshour | Reuters
視聴:PBSニュースアワー| ロイター通信社
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年3月17日 20:29:33 : vJAgGxxtf6 : IOrzYUAAp50[3]
私はナルトさんが貼ってくれるENENewsが一番好きですよ
外人は空気を読まずに、実も蓋もない真相を平気で書いてくれるから、いいですね

2. 茶色のうさぎ[-3361] koOQRoLMgqSCs4Ks 2016年3月17日 23:55:44 : iKrrDabehA : j4mWtaiNdjI[7]

燃料デブリは、他の物質と混ざって想定、800トンだって。(3基分と思うけど。?)

んで、ダイヤモンド、カッターでも困難だってさ。w

デブリは約、1Sv/hだって、・・・容器内は、10Svだったですね。 うさぎ♂

 ↓ 原発事故・まもなく5年“廃炉”への道最前線 <2016/03/06 に公開
https://www.youtube.com/watch?v=0r1lA45uNv8


3. 2016年3月18日 10:25:56 : uOdqaiOOD2 : HcCM@1C9Vus[3]
国家破壊企業、国民抹殺企業の東電tepucoにゼニ払うわけにいかねえんで、4月からだが、東電tepucoと配電契約するわけにいかねえんで、契約解除して新電力会社と契約するこつにしました。東電と契約するこつは、原発再稼働を支援するこつになるぞ、可及的速やかに東電とは契約解除すること勧めるね。

4. 2016年4月11日 22:24:10 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[2363]
<福島原発事故>「炉心溶融基準知っていた」東電幹部認める

毎日新聞 4月11日(月)21時8分配信

 東京電力が福島第1原発事故時、核燃料が溶け落ちる炉心溶融(メルトダウン)を判断する社内マニュアルの基準に気付いていなかったとする問題で、東電原子力・立地本部の岡村祐一本部長代理は11日の記者会見で、事故前から基準は知っていたことを明らかにした。東電幹部で基準の把握を認めたのは初めて。

 基準では「炉心損傷割合が5%超」で炉心溶融と定義。岡村氏は「基準は社内で20年ほど業務をしている中で知った」と話した。事故当時は水処理関連施設などの復旧業務に就き、「(炉心溶融を)判断する立場ではなかった」と話した。

 基準の有無が問題視されていることに気づいたのは「記者会見担当になった昨年8月以降」と説明。一方、東電は今年2月、「2月まで5年間、誰も基準に気付かなかった」と公表。説明が食い違っている。

 この基準に従えば、事故から3日後には炉心溶融を判断できたが、東電がシミュレーションした結果、認めたのは2カ月後だった。東電は第三者検証委員会を設置して経緯を調べている。事故時のマニュアルの扱いや「発見」の経緯が焦点となっている。⁅渡辺諒⁆

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160411-00000095-mai-soci


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素45掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素45掲示板  
次へ