★阿修羅♪ > 原発・フッ素45 > 424.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
PM1.0はこんなに危険…花粉症の悪化や発がんリスク上昇も (日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/16/genpatu45/msg/424.html
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2016 年 4 月 04 日 12:45:06: FpBksTgsjX9Gw 6bOWo@mx6bKSag
 

(回答先: なんと世界の焼却施設の7割は日本にある 焼却で放射性物質は超微粒子化 被ばく被害はさらに深刻になる 投稿者 魑魅魍魎男 日時 2016 年 4 月 03 日 08:45:43)

「PM1.0はこんなに危険…花粉症の悪化や発がんリスク上昇も」 (日刊ゲンダイ 2016/4/4)
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/178672

PM2.5よりも細かい“PM1.0”が話題になっている。この超微粒子化のせいで花粉症人口が増え、症状が悪化する原因にもなっているというのだから、ただ事ではない。

 埼玉大学で環境科学を研究する王青躍教授によると、本来PM30サイズのスギ花粉が、大気中に浮遊する硫酸塩や硝酸塩などの無機物イオン成分の微粒子や 水分に触れると破裂し、PM1.0サイズになることがあるという。超微粒子化したスギ花粉は、肺胞もすんなり通過。体内で悪さを始める。

「花粉のサイズが大きいままなら鼻水などで体外に排出されますが、小さいと体内フィルターも機能しない。そのため、気管支炎やぜんそくのような重い症状の 花粉症が増えているのです。さらに、発がん性の超微粒子も体内に蓄積されるので、がんになる危険性も高まります。実際に、中国の都市部や工業地域では肺が ん患者が増えているという報告もあります」(王教授)

厄介なことに、PM1.0級の超微粒子は雨にも強く、2、3週間は大気中を浮遊する。身を守るには、@朝、換気せずA外出を控えB風当たりの強いところや 交通量の多いところを避けCうがい・手洗いを徹底DPM2.5対応のマスクを正しく着用E高性能空気清浄機を使用――といったことぐらいしかないのが実情 だ。

 こういった超微粒子が登場したもうひとつの原因として指摘されているのが「ナノ化」だ。カーボンナノファイバーは飛行機を軽量化、化粧品の粉モノはナノ 化することで肌表面を美しくするなどあらゆる分野で活躍している。ところがその半面、そういった超微粒子が空気中に飛散し、大気汚染につながっているとい うのだ。

 いずれの原因であっても、対策が欠かせないのは間違いない。

-------(引用ここまで)----------

マスコミはPM1.0が危ないと言い始めました。

スギ花粉だけではなく、ミソも糞も一緒くたに燃やしているゴミ焼却場でも当然PM1.0は発生し、
バグフィルタを透過して大気中に大量に放出されているはずです。

もちろん、放射性物質があればそれも撒き散らかされます。

外国がゴミ焼却をしないのはきちんと理由があるのです。

国民の健康を守るためにも、日本でもゴミ焼却に厳しい規制をかけるべきです。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. ボケ老人[416] g3uDUJhWkGw 2016年4月05日 08:34:24 : BaFcSfFnNM : 7Y5rAonq3r0[97]
魑魅魍魎 さん

上記が嘘とは言いませんが、フィルター屋として少し発言すると
サイズが小さいと体内フィルターも機能しないは言い過ぎです。

体内フィルターとは先ず鼻(鼻甲介)です。こんな優秀なフィルターはありません。PM2.5もPM1.0もサイズに関わらず、ほとんどを絡め取り鼻水として放出あるいは吸収します。
鼻甲介から奥の上気道粘膜の繊毛運動も粒子の大きさに関わらず異物を体外排出しようとします。逆にどちらかと言えば超微粒子の排出機能に優れていると言えます。
超微粒子を苦手とするのは人が作ったフィルターです。
危険なのは口呼吸による声帯から奥へ直接飛び込む粒子です。
しかし、生体は良くしたもので、タバコの害が大きく叫ばれても、タバコの主流煙を直接の死因とするデータはありません。PM評価するとPM1.0以下の超微粒子で直接肺に飛び込むにもかかわらずです。
@朝、換気せず:朝の外気と屋内空気の粒子量の比較データはどうなっているでしょうか?
Cうがい手洗いはしないよりした方が良いという程度PM問題とは直接関係しません。
DPM2.5に対応する簡易マスクは存在しません。
微粒子が通らない映像を使用したマスクのTV宣伝がありますが、あれはフィルターの性能であってマスク性能ではありません。
E空気清浄機と掃除機のどちらに部屋の清浄能力があるか?

PM2.5騒動は予算を獲得したい研究者と中国の脅威を煽りたい輩がマッチングした巧妙な世論誘導という面もあります。

『国民の健康を守るためにも、日本でもゴミ焼却に厳しい規制をかけるべきです。』
これをごみ焼却の否定材料に使ってはならない。
車の排ガスが悪いから車を使うなと言う議論と同じです。
助燃剤(重油)を使って生ごみを燃やすというバカをやるからいけないのです。

排ガス浄化、燃焼残渣処理に厳しい規制をかけるべきです。
大気汚染、水質汚染に厳しい目を向けるのは当然だが、PMという目新しい言葉でひとくくりにするのは疑問です。
PMとは善悪の基準でなく単なる大きさの評価基準です。

  


2. 2016年4月06日 04:00:33 : lv7vbj53vM : R5TUbJyqZ1g[658]
>>1
あなたがどう言おうと、ゴミ焼却からは有害微粒子が発生するし、
それが体内にはいり害を及ぼすから問題になっているわけです。

実際にバグフィルタで取り除けるセシウムは半分にすぎません。

それにPMだけが問題なのではありません。
ダイオキシン、重金属、酸性ガスなどの放出も大変深刻です。

>これをごみ焼却の否定材料に使ってはならない。
>車の排ガスが悪いから車を使うなと言う議論と同じです。

有毒物質が取りきれないから、海外ではゴミ焼却は例外的にしか行われていません。
ゴミ焼却はできるだけ避ける。それが世の中の流れです。


3. ボケ老人[423] g3uDUJhWkGw 2016年4月06日 09:46:49 : BaFcSfFnNM : 7Y5rAonq3r0[104]
>2.R5TUbJyqZ1g さん

わたしは手放しで焼却を礼賛しているわけではありません。

>ゴミ焼却からは有害微粒子が発生

これは、現在のゴミ焼却場が不備で排ガス浄化に金を掛けないことに起因します。
焼却以上に良い方法があれば、当然そちらを進めればよいのです。
日本の公害が酷かった時と比較して大気汚染状況は格段に良くなっています。
特にコンビナート系の巨大煙突から出る白煙はほとんどが水蒸気です。
公害防止技術の進歩によるものです。

問題は都市ごみ焼却です。
生ごみは焼却不適物の最たるものですが、衛生面を考えるとやむを得ないということもできます。一番の問題は焼却炉の不完全さを棚に上げてプラスティック焼却を悪としたことです。
無駄な分別を市民に押し付けて、新型焼却炉では一緒くたにして燃やしているところがあるとも聞いています。
生ごみを焼却するために重油を助燃剤として使用します。
科学(化学)的に考えると、重油にはプラスティック成分がすべて入っています。

生ごみは30年以上前に宮城県で始めたハザカプラントのように堆肥化あるいは有機物の微生物による完全分解(100%ではない)をやるべきなのです。
最近の状況は知りませんが、10年以上前、滋賀県甲賀市と水口テクノス梶A有志4000世帯が竜谷大竺教授の指導の下に生ごみポストで回収、できた堆肥を無料で4000世帯に配布する運動がありました。これにより焼却場での助燃剤が節約でき、堆肥も引く手あまたの状況であったと記憶しています。

焼却については何を燃やすか、適切な焼却方法は、飛灰と焼却残渣をどう管理するかということを追求していけば解決できないことではない。
     


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素45掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素45掲示板  
次へ