★阿修羅♪ > 原発・フッ素45 > 691.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
小泉氏が涙 トモダチ作戦の健康被害「見過ごせない」(朝日新聞)
http://www.asyura2.com/16/genpatu45/msg/691.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 5 月 19 日 13:42:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

小泉氏が涙 トモダチ作戦の健康被害「見過ごせない」
http://www.asahi.com/articles/ASJ5K354LJ5KPTIL00B.html
2016年5月18日19時57分 朝日新聞



元米兵らに思いを寄せ、感極まって涙を流す小泉純一郎元首相=カールスバッド、平山亜理撮影




トモダチ作戦に参加した元米兵らと話をする小泉純一郎元首相=カールスバッド、平山亜理撮影


 東日本大震災の「トモダチ作戦」に従事し、福島第一原発沖で被曝(ひばく)したとして、東京電力側を相手に集団訴訟を起こした米海軍の元兵士らが400人に達した。「原発ゼロ」を唱える小泉純一郎元首相(74)が訪米して健康被害の訴えに耳を傾け、「見過ごせない」と涙を流した。


 小泉氏は訴訟支援者の求めに応じ、15日から原告の元兵士ら10人と面会。窮状を聞き、17日(日本時間18日)に現地で記者会見を開いた。「救援活動に全力を尽くしてくれた米国の兵士たちが重い病に苦しんでいる。見過ごすことはできない」。感極まって泣き、訴えた。「原発推進論者も反対論者も、何ができるか共同で考えることだ」


 また、オバマ米大統領の広島訪問の意義に触れ、「核兵器の削減、廃絶にどうつなげていくかが大事だ」と指摘。「原発も原爆もゼロに」と呼びかけた。


※続き文字お越し


 原子力空母ロナルド・レーガン艦載機の整備士だったセオドア・ホルコムさんは作戦中、放射線を浴びたヘリコプターの除染などにあたった。その後、骨膜肉腫を発症し、2014年に35歳で死去。退役軍人省による放射線と病気との因果関係の調査はその死後、打ち切られたという。原告代理人を務める元海軍のマヌエル・レスリーさん(41)は「死んだ親友のために、真実を明らかにしたい」。


 甲板員だったロン・ライトさん(26)は作業後に船内へ戻る際、高線量の放射線が検出され、衣類を脱がされたという。作戦の途中から睾丸(こうがん)が肥大して痛んだ。帰国後、手術を4度受けたが鎮痛剤や睡眠薬が手放せない。軍医からは「放射能とは無関係」と言われた。「防護服や安定ヨウ素剤は与えられなかった。放射線について、まったく無知だった」と振り返る。


 航海日誌や元乗組員らの証言によると、作戦中に原発事故で発生した放射性プルーム(雲)の下で強い放射線を浴び、汚染された海水(脱塩水)を飲食やシャワーに使って内部被曝した可能性がある。しかし、米国防総省は14年に公表した報告書で、被曝は「極めて低線量」として健康被害との因果関係を否定した。


 原告の多くは医療費の補償もない。弁護団のポール・ガーナー弁護士は「見捨てられたトモダチが米国にいることを日本のみなさんに知ってほしい」と話す。


 東京電力ホールディングス広報室は取材に「訴訟に関しては回答を差し控える。手続きにのっとり適切に対処する」としている。(カールスバッド〈米カリフォルニア州〉=田井中雅人、平山亜理)


     ◇


 〈トモダチ作戦と集団訴訟〉 東日本大震災を受け、米軍は西太平洋を航行中の原子力空母ロナルド・レーガン(乗組員約5千人)を東北沖へ急きょ派遣。横須賀、佐世保基地の艦船や沖縄の海兵隊も参加し、救援活動「トモダチ作戦」を展開した。レーガンの元乗組員ら8人は翌年、東電が正しい情報を出さなかったため被曝したとして米連邦地裁に提訴し、10億ドル(約1100億円)の救済基金設立を要求。原告はその後400人に増え、これまでに6人ががんや白血病などで死亡。東電側は「政治的問題。裁判になじまない」と訴えの却下を求めている。


     ◇


 《福島原発事故時に原子力委員会委員長代理を務めた鈴木達治郎・長崎大学核兵器廃絶研究センター長の話》 被曝と健康被害の因果関係が認められなくても、避難や失業など原発事故がなければ起きなかったであろう被害は、福島でも一定の賠償が認められている。科学的実証は難しいだろうが、東電は被害を訴える人に寄り添う姿勢を見せるのも大事ではないか。精神的な負担も大きいと思う。


             ◇


「病に苦しむ人たちに支援を」 小泉氏、会見の主な発言
http://www.asahi.com/articles/ASJ5L5FQFJ5LPTIL02F.html
2016年5月18日20時54分 朝日新聞 後段文字お越し


 訪米中の小泉純一郎元首相が17日(日本時間18日)、トモダチ作戦の参加者ら同席で開いた記者会見での主な発言は次の通り。


     ◇


【冒頭発言】


 私は先月、日本で、トモダチ作戦に参加された兵士たちが病に苦しんでおられる状況を知人から聞きました。トモダチ作戦は、日本側から米国側に要請して、米国は迅速に、しかも多くの兵士に参加していただきまして、全力を尽くして、救援活動に従事していただいた。


 そのトモダチ作戦に参加していた兵士の中で、放射能に汚染された(被曝〈ひばく〉した)と思われる兵士が、かなり多く出てきている。原発事故から5年経過したが、ますます症状も悪くなっている。このような善意によって、日本の被害に対して救援活動を行ってくれた兵士がいま、重い症状に苦しまされている。これがなぜ、日本国民にも知らされていないのか、不思議に思いました。


 そういう中で知人から、小泉が米国に行って、現実に病に苦しんでいる兵士たちから話を聴いてくれれば、もっとこういう状況が日本国民にも米国民にも知られるのではないか、というお話をうかがいました。


 そして、15日にここサンディエゴにうかがい、日本で救援活動をしていただいた10人の兵士の方から3日間、現在の病状や、日本でのトモダチ作戦の状況について、じかにお話をうかがうことができた。その10人の兵士の方が現在、重い病気で苦しみ、これからどうしようかと困っている話を聞いて、ぜひ多くの日本国民にも米国民にも知ってもらわなければいけないと痛感した。


 私は、総理の時代は原発を推進していた立場でした。しかし、5年前の福島原発のメルトダウン事故を経験して、日本の原発はゼロにしなければいけない、という活動をしている。私は元々、原子力技術や原発の問題、科学的な知識に乏しかったので、日本の原発は必要だという専門家や原子力関係者から話を聞いて、原発は安全で、コストは一番安く、永遠のクリーンエネルギーだ、という三つの大きな主張を信じていた。


 しかし、総理をやめて、こういう事故が5年前に福島で起こり、私なりに原発に関する様々な書物を読み、今まで原発に反対してきた方から意見も聴いてみて、分かりました。原発は安全、一番コストが安い、クリーン……。これが全部うそだということがです。


 そして10人の兵士からじかに話をきいて、ひどい状況だな、と。今なお、放射能の影響と思われる病気になった人が増え、病気になった人の症状が重くなっているということを知りました。4月に日本で知人からこの話を聞いた時には、(訴訟の原告が)200人を超えているということだったが、5月に入ると300人を超えていると。今ここに着いたら、400人という話を聞きました。


 特に、東北沖でトモダチ作戦の主要的な役割を果たしてくれた空母レーガン。これは韓国に行く予定だったのが、途中で東北地方での救援活動に参加しろという指令を受けて行ってくれたわけです。そこで、東北沖に停泊しながら何回もヘリコプターで救援活動をしていた兵士が、重い病気にかかっている。それが5年たっても、日本国民にも米国民にも実情が知られていないことを、ますます不思議に思っています。


 日本国民はトモダチ作戦に対して、敬意と感謝をもって、彼らの運動を称賛しているんです。しかし、実際に話を聞いてみて、これは放射能の影響による病気だということが分かりますよ。原子炉が爆発してメルトダウンして、そこで放射能が放出されたんです。


 そして、症状の重い兵士たちが東電に対して、おかしいんじゃないかと裁判を起こしたということを聞きました。東電は、これらの兵士の病気や健康被害は福島の事故と関係ない、と否定しているそうですよ。米国でも、病気になった人が米国のお医者さんにみてもらっても、「これは放射能の被害による病気じゃない」「分からない」という説明をしているそうです。


 私も、原発は安全でコストが安くてクリーンだという専門家の意見を聞いていたが、これは全部うそだということが分かった。お医者さんは専門家ですよ。素人の私でも、病に苦しんでいる10人の話をきいて、病気になっている原因は放射能だという感じがする。あの事故後、東京電力も隠している情報がいくつかあったということが今、分かっている。重い病を抱えている10人からじかに当時の状況を聞いて、米海軍も何か隠していることがあるんじゃないかと感じた。私の訪問と、病に苦しんでいる兵士からじかに聞いた行動が、より多くの日本人や米国民に伝わり、報道されて、ことの重大さに気づいていただく一助になればと思って、今回私は訪問した。どうも日本のメディアでも、放射能に関して隠していることがあるんじゃないか。伝えたくない状況にあるんじゃないか。そう感じています。


 ただ、日本の重大な事故に対して、トモダチ作戦を展開して、救援活動を全力でしてくれたことには、心から感謝しています。しかし私はこうして被害にあって病気に苦しんでいる兵士たちの話をきいて、気の毒だなと思うだけではすまない。見過ごすわけにはいかないと思っています。日本国民として、米国の兵士たちに敬意と感謝をもっているわけですが、気持ちだけじゃなく、病に苦しんでいる人たちに何か支援をすべきだと強く思っています。


 これから日本に帰って、心ある人と相談して、トモダチ作戦での活動に対する日本人の敬意と感謝をどうやって形に表すことができるか、どういう支援ができるかを真剣に考えて、結論を出していきたいと思います。


 これは、原発反対論者も、原発推進論者も、病に苦しむ兵士に何ができるか、共同で考えることだと思っています。今日、こうしてメディアの方もおいで頂いて、取材して頂き、大変ありがたいと思っています。多くの国民が知らないことを、よりいっそう知られるように報道していただければありがたいことだと思っています。これは人道上の問題だと思っています。


 【質疑応答】


 ――どんな支援をしようと考えているか。


 「日本人として、日本国民として、どのような支援ができるか、病に苦しんでいる方に対してどのような支援ができるか。私1人の考えではなくて、私の知っている心ある人々と相談して、これからどういう形で支援ができるかということを検討していきたいと思っています。まだ、具体的に何をしようかという段階ではないと思っています」


 ――今回面会した10人は、どのような症状があり、どのような要望があるのか。


 「彼らは症状がそれぞれ違いますが、今まで兵士でしたから、一般の人に比べて非常に頑健な体をもっている健康な方たちですよね。その若い丈夫だった頑健な兵士たちが、日が経つにつれて、体に異常をきたしている。人によって違いますけれども、体の色々な部分で痛みが出てきている。あるいは、出血している。そして活動に不便をきたして、除隊しなければいけない状況になっている。そして、お医者さんにかかっても、原因がはっきり分からない。肉体的のみならず、精神的にも悩んでいると聞きました。『日本に何か希望は』と聞いても、言いませんね。自分たちの任務は果たした、と。あきらめていますよね。任務は懸命にやったと。あきらめの観念をもって、仕方がないと。いろんな言いたいことはあるんでしょうけれど、恨みがましいことは全然言わない」


 ――来週、オバマ大統領が広島に行かれますが、小泉さんはこうして(米国の)被害者の方にひざ詰めで会われて、「よくわかった。なんとかしなきゃいけない」とおっしゃっている。一方、オバマ大統領は彼ら(元乗組員ら)に会っていない。来週、広島に行っても時間がないから被爆者に会うかどうかわからないという。米国大統領に対して何かアドバイスや、こうしてほしいということはありますか。


 「オバマ大統領が広島を訪問するということに対しては、たいへんいいことだ、と。原爆の恐ろしさは実際にオバマ大統領も理解しているだろうし、だからこそ核の廃絶をしなきゃいけないと言っているわけですね。たいへん難しい問題ですけれども、核兵器の削減、核廃絶にどうやってつなげていくかが大事です。さらに将来、アメリカはエネルギー大国ですから、やろうと思えば、原発ゼロでもやっていける国ですよ。様々なエネルギーもあるから。そういう方向へ進んでくれるといいなあと思っているんです」


 「日本も米国も原発業界の力は強いですよ。この事故が起きてからね、私は日本は地震国だし、火山国だし、原発はもうつくってはいかん、と。いつも事故が起こる時は『想定外』。しかも日本は(福島の)事故が起きる前は54基の原発を持っていた。あの事故以来、自分なりに勉強して、日本は原発をつくっちゃいかんと思った。推進論者はね、『ゼロなんて無責任なことを言うな。ゼロにしたら経済発展できない』『暑い夏、寒い冬、停電してどうやって生活していくんだ。文明生活を送るためには原発が必要なんだ』という主張が多かった。しかし、あの2011年3月、原発事故が起こって、今まで5年2カ月、ほとんど原発ゼロで停電ひとつ起こっていない。電気は余っている。日本は5年2カ月、原発ゼロで実際の生活は困らなかったんですよ。事実が証明しちゃったんです。推進論者は『どんな機械でも事故は起こるんだ』って言いますよ。『ある程度の事故は覚悟して。それよりも、もっと恩恵があるんだから、それも考えなきゃいかん』と」


 「しかし、実際の原発メルトダウンを見てね、原発の事故は絶対起きてはいけないと思っています。ひとたび大事故が起きれば、スリーマイルもチェルノブイリも、ふるさとがなくなっちゃう。故郷に帰れないんですよ。人が住めなくなっちゃう。あまりにも被害が多すぎる。だから事故を起こしちゃいけない。事故の起きない産業はないって言ってるんだから、やめなきゃいけない。『十分な安全対策をしたから大丈夫だ、安全だ』って言ってきたんじゃないか。原発が導入されて約50年、3度も大きな事故を起こしてるじゃないですか。人為的なミス、機械の故障、数えあげればきりがない。だから日本みたいにカリフォルニア1州よりも狭い国で、1億人以上の国民が住んでいる国では、原発を持つべきではないと確信してますよ。しかも、約5年間、事実上、原発ゼロでできるんだということを証明しているわけですから」


 「飛行機の事故とか自動車の事故とは比べものにならないような大きな危険性を持つのが原発産業ですよ。原発はCO2)を出さないと言っていますけど、原発によって電気が供給される過程で、いかに地球環境が汚染されているかもはっきりと分かっています。原発産業そのものが地球を汚染している。ですから、ひとたび事故が起きたら取り返しがつかない。こういうことを世界の国々に理解してもらってですね、早く原発ゼロの世界を、日本国だけじゃない、ドイツだけではない、世界の国々が自然環境を大事にするようなエネルギー源を開発しなきゃならない」


 ――日本に帰った後、この経験を生かして日本の子どもにしようとしていることは。


 「私は日本国民の被害に対しては、日本政府も日本国民もこれから様々な分野で支援しなければならないし、支援の計画も実行に移している。日本の救援にきてくれたアメリカの人々に対しては、全然知らなかったというか、支援の手を差し伸べていない。やっていないというのは、日本国民として恥ずかしいと思うので、今回訪問したわけですよ。日本国の様々なことは、私がやらなくても、ほかの人がいっぱいやっている」


 ――この裁判は、小泉さんが進めている原発をゼロにするという運動にどう役立つか。一番衝撃を受けたことは。


 「病に苦しんでいる10人の方から話を聞いた中で、『どうしてこんな体になっちゃったのか』ということです。最初は原因が分からない。放射能は、色が見えない、においがしない。活動していても、ひどいところで活動しているとは分からない。何カ月かたって、その症状が出てくる。その症状が治る方法が分からない。いかに放射能が恐ろしいかが分かった。兵士たちは、自分の体で分かった時は治せない。あきらめの感情をもっている」 「これは将来、どこかの原発でまた起きるかもしれない。みんな想定外なんだから。いかに様々な安全対策をしているか、としてやってきたけれど、わずか50〜60年の間に大きな三つの事故が起きて、またいつか起こるかもしれない可能性が十分にある。裁判をすることによって、今まで隠された情報が出てくるんじゃないか。国民に知らされていなかった情報が、裁判によって明るみに出てくれば、いかに原発産業が問題があるのか、多くの世界の国民に分かる。もう原発やめよう、核兵器を廃絶しようという機運が盛り上がればいいなと」


 「そして、自然環境を大事にしようと。幸いにして今、自然の世界に無限にある太陽光とか風力とか、波の力とか地熱とか、バイオマスとか様々な自然環境を大事にするようなエネルギーがどんどん開発されてきている。今までそういう開発に資金を充てないで、原発に資金を充てた。そういうのをやめて、自然を大事にする環境が整っていくような一助に、これからの裁判がなるんじゃいかと期待しています」


 「あの事故後、より厳しい基準をつくったといっているけれど、日本の原子力規制委員会の委員長は、新しい基準に合格しても『安全とは申し上げられない』と言っているんですよ。去年。ところが、日本の政府は、日本の原発の安全基準は世界一厳しいと言って許可してしまった。世界一厳しいと言うなら、米国の原発基準と日本の今の原発基準を比べてみろと言いたい。事故が起きた場合の住民の避難計画を一つとってみても、あるいは地層の、活断層とか、地震の可能性、これをとっても、アメリカに比べて厳しいとは言えない。なおかつテロ対策なんていうのは脆弱(ぜいじゃく)だと分かっている。それなのに、世界一厳しいといっているのが理解できない」


 「そして、これは面白いことですが、米国の学者エイモリー・ロビンスに『米国も原発ゼロで経済発展できる』という著書がある。現に今も生きている。米国は日本よりも石油もシェールガスもある。様々なエネルギーがある。日本よりもやる気になれば原発抜きでやっていける」


 ――2020年の五輪は日本でやるが、選手を危険にさらすとは思わないか。


 「オリンピックに対して、今私が言う立場にはないと思うんですが。世界でスキャンダルが問題になっている。いつ、日本で大地震があるか、津波があるか分からない。ないように祈るしかない」


 ――福島の事故の何がきっかけで、なぜ考えを変えたのか。


 「昔からのことわざに、過ちを改めるにはばかることなかれ、というのがある」


 「原発は安全だというのが、うそ。他の電源に比べて、原発のコストが一番安いというのもうそ。クリーンエネルギー、永遠のエネルギーというのもうそ。この原発推進者が言っている一番大きな大義名分がうそだということが、私は勉強して分かったからです。それを責められるのはもっともだと思うんだけど。(自分が総理の時に)推進していたのは、そういうことが分からなかったからだというのは、私の不明の至りだ。ですから、私が勉強してみて、事故が起きる前から原発の危険性を指摘してきた人々や学者には敬意を示しています」(カールスバッド(米カリフォルニア州)=田井中雅人、平山亜理)


















 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年5月19日 23:35:54 : xQoZn42Pr2 : 2ydlNWODHRI[448]
米軍だけ特別に助けてもね
福島の人達もいっぱい被ばくしてると思うよ

2. 2016年5月20日 03:22:07 : lv7vbj53vM : R5TUbJyqZ1g[800]
福島の被ばく被害は、トモダチ作戦どころではない。
きちんと調べて公表すべきだし、涙ももっと流して欲しいわけで。

これでは、アメリカばかりにいいポーズをする、やっぱりアメリカのポチだった、
と言われても仕方がないわけで。


3. 中部地区[37] koaVlJJui@Y 2016年5月20日 10:29:33 : TJvdsBjq0M : qgMOA44JozI[1]
こんなウソの涙に騙される人が多くいるんだよな〜。
あの都知事選はなんだったのかと思うよ。
宇都宮氏は「原発被害者の救済がない脱原発はありえない」といっていた。
かたや小泉・細川の政策には「原発被害者」という言葉すらなかった。
それを知識人と呼ばれる人が多く応援した。
そこえきて、今度は米軍に涙とは嘘だとしか考えられない。

甲状腺がんを患った福島の子供たちに涙一つ見せないくせに!!


4. 知る大切さ[5267] km2C6ZHlkNiCsw 2016年5月20日 11:51:24 : rXmQVSTR26 : wmfWUboB@Eg[1175]
>トモダチ作戦の健康被害

認定されることが大事。 どうなるか注目している。


5. ゆめ[148] guSC3w 2016年5月20日 13:40:08 : OCfHncavlI : JGwlNI2GmN8[2]
短期滞在の米空母乗員がガン多発は有りえないが以下の条件ならそうなる。

1、3か所 等間隔、同時、海底下での小型水爆爆破での 放射能を浴びる
2、原発が広島原爆ドームと似た破壊だが一方向からミサイルによる破壊跡
3、爆破後 立ち入り禁止での空母隊員の強烈放射能下での証拠隠滅
4、偵察にグローバルホークが使われる、原発ライブカメラにて確認

911も311も米自作自演は明らか、東電に責任無しの米発言は自然災害に
見せかけたい事情です、悪魔作戦を友達作戦とは日本人が舐められすぎ!


6. 不眠症[182] lXOWsI_H 2016年5月20日 21:58:03 : mBqEoVAF7k : YuLD0e5f9D4[183]

 福島安全装置【非常用復水器】 なにゆえ外した 小泉従属郎 ?

 http://www.asyura2.com/15/genpatu44/msg/694.html

 自分の責任を 棚に上げて 圧顔無恥 な元総理だ!



7. 2016年5月21日 09:39:26 : dUlmzNenro : BhpLBbQL2to[3]
日本人と在日米軍人は別の法体系の中に生きていることがわかった。

沖縄の事件といい、この米軍の被爆といい、日本が未だに独立していないということがよくわかる。どこから見ても現代の治外法権。


8. 2016年5月29日 04:52:14 : LiuTtjP4rE : kumA28XK1lw[8]
小泉の涙は不明の至りと言ってるが、米兵士も災禍に巻き込んだ原発を推進してきた
当事者としての涙だろうか。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素45掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素45掲示板  
次へ