★阿修羅♪ > 原発・フッ素45 > 877.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
さらに5つの米原子炉が閉鎖、次はディアブロ・キャニオン原発か? (EcoWatch)
http://www.asyura2.com/16/genpatu45/msg/877.html
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2016 年 6 月 20 日 17:12:51: FpBksTgsjX9Gw 6bOWo@mx6bKSag
 


「5 More U.S. Nukes to Close, Will Diablo Canyon Be Next?」 (EcoWatch 2016/6/17)
http://ecowatch.com/2016/06/17/diablo-canyon-meeting/

A rising tsunami of U.S. nuke shut-downs may soon include California’s infamous Diablo Canyon double reactors. But it depends on citizen action, including a statewide petition.

Five U.S. reactor closures have been announced within the past month. A green regulatory decision on California’s environmental standards could push the number to seven.

The focus is now on a critical June 28 California State Lands Commission meeting. Set for Sacramento, the hearing could help make the Golden State totally nuke free, ending the catastrophic radioactive and global warming impacts caused by these failing plants. A public simulcast of the Sacramento meeting is expected to gather a large crowd at the Morro Bay Community Center near the reactor site. The meeting starts at 10 a.m., but environmental groups will rally outside the community center starting at 9 a.m.

The three State Lands Commissioners will decide whether to require a legally-mandated Environmental Impact Report under the California Environmental Quality Act (CEQA). If ordered, a public scoping process will begin, allowing interested groups and individuals to weigh in on the environmental impacts of operation of two nuclear reactors on California’s fragile coastline.

In 1969 and 1970 PG&E got state leases for tidewater acreage for Diablo’s cooling system. These leases are set to expire in 2018 and 2019. If the State Lands Commission does not renew them, both reactors will be forced to shut down.

Signed in 1970 by then-Gov. Ronald Reagan, CEQA requires more extensive Environmental Impact Reports on such leases. Included among the issues to be evaluated are water quality, potential damage to human and other life forms, chemical and radiation releases, and impacts on threatened and endangered species. The commission will not decide whether Diablo will continue to operate, only whether it will now be required to meet CEQA standards.

Pro-nukers say PG&E is at the brink of shutting Diablo’s reactors. They cannot economically compete with renewables or gas and are sustained by an intricate network of subsidies, liability protection and tax breaks. Many believe the cost of new environmental studies and of meeting updated standards would be a death blow. More protestors have been arrested at Diablo than any other American nuke, and the public pressure to finally shut it is intense.

One of the commissioners is Gavin Newsom, California’s Lieutenant Governor, 2018’s leading gubernatorial candidate. Newsom said he sees no long-term future for Diablo.

Another commissioner, state controller Betty Yee, is widely thought to favor the requirement.

State finance director Michael Cohen is the third commissioner. He generally votes as instructed by Gov. Jerry Brown. Brown opposed Diablo early in his career, but has recently waffled.

Among other things, Diablo dumps daily some 2.5 billion gallons of super-heated water into the ocean, killing vast quantities of marine life and worsening the global climate crisis. The project’s chemical runoff infamously killed millions of abalone years before it operated.

Diablo may soon face regulatory challenges from other state and federal agencies that could, among other things, require cooling towers, at a cost of up to $14 billion. PG&E would then face a fierce public fight over who would pay for them.

Diablo is surrounded by a dozen earthquake faults. It is half the distance from the San Andreas as was Fukushima from the shock that destroyed it. The Nuclear Regulatory Commission’s former resident inspector Dr. Michael Peck has warned Diablo might not survive a similar quake. Such a disaster would irradiate the Central Valley, which supplies much of the U.S. with its fruits, nuts and vegetables. It would send radioactive clouds into Los Angeles within about five hours, and across virtually the entire continental U.S.

Closing Diablo would make California entirely nuke-free. Grassroots activists, with help from U.S. Sen. Barbara Boxer and Friends of the Earth, recently shut two big reactors at San Onofre, between Los Angeles and San Diego. They also closed plants at Rancho Seco (near Sacramento) and Humboldt Bay, and stopped proposed projects at Bodega and Bakersfield.

Along with most nukes around the world, the only other remaining west coast reactor, WPPS2 on Washington’s Hanford military reservation, is also losing massive amounts of money.

Because they can’t evenly compete with renewable energy or gas, a tsunami of shut-downs has swept away a dozen U.S. reactors since October, 2012. Dozens more teeter at the brink, including two at Indian Point, just north of Manhattan, and Ohio’s rapidly crumbling Davis-Besse reactor near Toledo.

In Japan, more than 40 reactors remain shut despite intense government pressure to reopen them in the wake of the Fukushima catastrophe. Germany’s energiewende conversion to 100 percent renewables, which aims to shut all its reactors by 2022, is ahead of schedule and under budget. Much of the rest of Europe, including France, is now moving that way.

Should California follow suit at Diablo, its conversion to a wholly green-powered economy would accelerate, likely leading Los Angeles to become the world’s first Solartopian megalopolis.

Ironically, with citizen action, a big push in that direction could now come from a state commission’s decision to enforce environmental protections signed into law by California’s most pro-nuke governor.

Harvey Wasserman’s SOLARTOPIA! OUR GREEN-POWERED EARTH is atwww.solartopia.org, along with his upcoming AMERICA AT THE BRINK OF REBIRTH: THE ORGANIC SPIRAL OF U.S. HISTORY. He has co-written six books on election protection with Bob Fitrakis (www.freepress.org), and was arrested at Diablo Canyon in 1984.

--------(引用ここまで)---------

--------(要約ここから)---------

* 米国では原発閉鎖の津波が、カリフォルニア州の2基の原子炉をもつ悪名高いディアブロ・キャニオン
 原発を飲み込もうとしている。

* 先月だけでも全米で5つの原子炉の閉鎖が発表されたが、加州の環境基準に基づく規制の決定により
 ディアブロが加わり7つになるかも知れない。

* 加州から全原発をなくし放射能汚染と地球温暖化の危機から救えるかどうか、6月28日に開かれる
 加州土地委員会の会合に注目が集まっている。

* 3人の州土地利用委員会委員がカリフォルニア環境質法(CEQA)を適用するかを決定する。

* そのひとり、2018年州知事選候補でもあるガヴィン・ニューサム副知事は、ディアブロの将来は
 もう長くないと述べている。もう一人、ベティ・リーはCEQAの適用に前向きである。
 3人目のマイケル・コーエンは、通常はジェリー・ブラウン州知事の意向を組んで投票する。
 ブラウン州知事は、昔はディアブロ原発に反対していたが、現在の態度はあいまいである。

* 電力会社のPG&Eがディアブロの冷却システムのために得た潮水地積借用権は2018-19年に失効する。
 州土地委員会が更新を認めなければ閉鎖は避けられない。

* 1970年にロナルド・レーガン州知事が署名したCEQAは、水質保全、人間や他の生物への潜在的な被害、
 化学物質、放射性物質の排出規制、絶滅危惧種への影響などを厳しく調査するよう求めている。

* 原発推進派曰く、PG&Eはディアブロの原子炉を閉鎖しようとしている。ディアブロは経済的に
 再生可能エネルギーや天然ガスと競争できず、補助金、債務保護、税制優遇措置で生きながらえている。
 多くの人は、新しい環境基準に適合させるための費用は原発にとって致命傷になると考えている。

* ディアブロ原発では、どこの原発よりも多くの反対者が逮捕されており、閉鎖に追い込む市民の圧力が
 増している。

* ディアブロは25億ガロンの熱い排水を太平洋に流しており、多くの海洋生物を殺し、地球規模の
 気候変動を悪化させている。稼働前に化学汚染排水が何百万ものアワビを殺したという悪名高い前科もある。

* ディアブロを環境基準に適合させるため、冷却塔に最大140億ドルが必要で、PG&Eはその調達に関して
 激しい議論に直面するだろう。

* ディアブロは10以上の地震断層に囲まれている。サンアンドレアス断層までの距離は、
 福島原発と地震を引き起こした断層の距離の半分しかない。
 NRCのマイケル・ペック博士は、ディアブロは同程度の地震には耐えられないと警告する。

* ひとたび原発事故が起きれば、果物、ナッツ、野菜の生産地であるセントラル・ヴァレーを汚染し、
 放射性雲は5時間以内にロサンジェルスに到達し、北米全体に拡がっていくだろう。

* ディアブロの閉鎖によりカリフォルニアは原発のない州となる。

* 上院議員バーバラ・ボクサーと"地球の友"の助力を得た草の根運動は、ロサンジェルスと
 サンディエゴの間にあるサン・オノフレの2つの大きな原子炉を閉鎖に追い込んだ。
 彼らは、サクラメント近郊のランチョ・セコとフンボルト・ベイ原発も閉鎖させ、ボデガと
 ベーカーズフィールドの建設計画も中止させた。

* 西海岸で残っているのはワシントン州ハンフォード軍用地にあるWPPS2だが、これも巨額の金を
 くいつぶしている。

* 再生エネルギーや天然ガスと対等に競争できないため、2012年10月以来、米国では1ダースもの
 原子炉が閉鎖に追い込まれた。そしてさらに、マンハッタン北部のインディアン・ポイント原発の2基、
 オハイオ州トレド近郊のデービス・ベッセ原発を含む何十もの原子炉が閉鎖の瀬戸際に立たされている。

* 日本では、40基以上が政府の再稼働圧力にもかかわらず停止中。ドイツでは2022年までに全廃。
 フランスを含め欧米諸国でも同様の方向に動き出している。

* ディアブロ閉鎖でグリーンエネルギーに加速がつき、ロサンジェルスは世界初の
 ソーラートピアン・メガロポリス(solartopian megalopolis)になるかも知れない。

* 皮肉なことに、加州切っての原発推進派であった州知事の署名した環境保護政策が、
 市民運動とともに原発閉鎖への大きな力となっている。

--------(要約ここまで)---------

米国でも原発閉鎖の動きは加速度を増しています。もう誰にも止めることはできないでしょう。

環境汚染、事故の危険性は別にしても、全く再生エネルギーや天然ガス火力にコスト的に
太刀打ちできないのですからお話になりません。閉鎖は当然の流れです。

ディアブロ・キャニオン原発は、直線距離でロサンジェルスまで約200キロ、サンフランシスコまで約300キロ、
爆発すれば、どちらも汚染されカリフォルニアは壊滅状態になる可能性があります。

カリフォルニアは全米でも屈指の農業州であり、風下には大農場が集中するセントラル・ヴァレーがあり、
ここも事故が起きれば終わりです。

南カリフォルニアは雨が少なく8割は好天ですから太陽光発電に好適です。
ビルの屋上にソーラーセルを敷き詰めれば、消費電力の大半はまかなえます。
危険な原発で発電するまでもありません。
(日本は雨が多くかつ山が多いので、もっと小水力を活用すべきでしょう)

原発は温排水を垂れ流し地球温暖化の元凶であるとはっきり主張している点が、日本と異なるところです。
我々ももっとこの点を強調すべきでしょう。


(関連情報)

「ディアブロ・キャニオン原子力発電所」 (ウィキペディア)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%8B%E3%82%AA%E3%83%B3%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%89%80

「米電力大手エクセロン、採算悪化で原発2カ所閉鎖 (日経)」 (拙稿 2016/6/4)
http://www.asyura2.com/16/genpatu45/msg/774.html

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年6月20日 18:08:40 : 694ENOyseM : Q4rH_gqACJI[141]
問答無用と思う。なぜ徹頭徹尾ウソでかためた原発について問答が必要か。話し合いは詐欺師の時間稼ぎにすぎない。問答無用で完全脱原発を速やかに進めるべきだ。脱原発するかしないかは争点などではない。いつ脱原発するのかが争点だ。

2. taked4700[5482] dGFrZWQ0NzAw 2016年6月20日 21:22:10 : GUFoFa2tvY : 3fLzVW3n9Zs[2]
http://mainichi.jp/articles/20160604/k00/00m/020/138000c
米国
原発離れが加速 「シェール革命」で押され… 

建設構想、半数は頓挫
 【ワシントン清水憲司】米国の電力業界で、原子力離れの動きが続いている。電力大手エクセロンは2日、赤字に陥った原子力発電所を閉鎖し、原子炉3基を廃炉にすると発表した。「シェール革命」で安価になったガス火力発電や再生可能エネルギーに価格面で押されているためで、米原子力業界によると、政府支援の強化がなければ今後10年以内に15〜20基が廃炉になる可能性があるという。

 エクセロンは、いずれも中西部イリノイ州にあるクリントン原発の原子炉1基を2017年6月に、クアド・シティーズ原発の2基を18年6月に廃炉にする。ともに運転認可が切れるまで10年以上を残しており、老朽化ではなく、政府支援で最近10年で発電能力が1・4倍に増えた風力など再生可能エネルギーや安価になったガス火力との競争が激しくなったことが原因だ。クレイン最高経営責任者(CEO)は「6年間で8億ドル(約880億円)の損失を出した。利益を上げる道筋が見いだせない」として、州政府に助成を求めていたが、実現の見通しが立たなかった。13年以降、米国内での原発の廃炉・廃炉計画は9原発の計10基となった。

 米国では、今夏、テネシー渓谷開発公社(TVA)が国内20年ぶりとなる新設原発の運転開始を予定している。また、米南部のジョージア州とサウスカロライナ州では、東芝子会社の原子炉メーカー、ウェスチングハウスの最新鋭原子炉「AP1000」を設置するボーグル原発3、4号機、サマー原発2、3号機が建設中だ。ただ、「原子力ルネサンス」と呼ばれ、地球温暖化対策の必要性から原発の復権が唱えられた約10年前に10基以上あった建設構想は、そのうち半数が計画段階で頓挫している。

 「長期的には原発は明るい未来がある。しかし、今後5〜10年間で15〜20基が廃炉になるリスクがある」。米原子力エネルギー協会のファーテル理事長は5月、ワシントンでの講演で訴えた。原発の廃炉に歯止めをかけるため、温暖化対策の柱に原発を位置づけ、従来の債務保証に加え、補助金や優遇税制など再生可能エネルギーと同等の支援を求めている。ただ、米原子力規制委員会(NRC)のヤツコ前委員長は「政府支援が必要ということは、米国では原発にあまり将来性がないことを示唆している」とみている。

**********************
上の記事によると、既に廃炉になったのが4基で内訳は、名前ー商業発電開始年の順で、
ウィスコンシン州のキウォーニー原発、1974年
バーモント州のバーモントヤンキー原発、1972年
フロリダ州のクリスタルリバー原発、1977年
カルフォルニア州のサンオノフレ原発、1967年

今後閉鎖予定が
ニュージャージー州のオイスタークリーク原発、1969年
ニューヨーク州のフィッツパトリック原発、1975年
マサチューセッツ州のピルグリム原発、1972年
イリノイ州のクリントン原発、1987年
イリノイ州の久アド・シティーズ原発、1973年

ですね。

なお、サンオノフレ原発については1号機から3号機まですべてが廃炉決定されているはずです。


3. 2016年6月20日 22:47:38 : CVTCw5Cq56 : CokOczIc5CU[6]
馬鹿の集まる阿修羅掲示板も閉鎖しろw

[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:アラシかも(アラシや工作員によくあるコメントはスレ主が処理可能)
4. 2016年7月20日 10:56:10 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-9133]
omestic | 2016年 07月 20日 10:11 JST
米、ポケモンGOで原発敷地侵入

 {ワシントン共同}米原子力規制委員会(NRC)は19日、スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」でポケモンを捕まえようとしていた10代の3人が中西部オハイオ州のペリー原発の敷地に入り込み、警備員に追い出されたと公式ブログで明らかにした。

 NRCは「(核物質のある)原発は厳重に守られ、警備員は銃で武装している」と強調し、原発に入り込まないよう呼び掛けた。

 ブログや地元メディアによると、3人は19日午前3時、ポケモンを探して敷地内の駐車場に入り込んだところを警備員に見つかり退去させられた。NRCは「原発はピカチュウを探す場所ではない」と注意を促した。

〖共同通信〗

http://jp.reuters.com/article/idJP2016072001000886



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素45掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素45掲示板  
次へ