★阿修羅♪ > 原発・フッ素46 > 492.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
あだち康史議員「福島の風評被害に加担した人たち← 素晴らしい。必読です。」
http://www.asyura2.com/16/genpatu46/msg/492.html
投稿者 会員番号4153番 日時 2016 年 9 月 20 日 05:46:49: 8rnauVNerwl2s ie@I9ZTUjYY0MTUzlNQ
 

豊洲の地下水のヒ素。
コンビニで売ってるミネラルウォーター並みだそうですが、共産党とマスコミが一斉に奇形児が生まれるくらいの勢いで報道。
人々を不安に陥れるのがサヨクやマスコミの仕事?
福島原発報道と同じ構図ですね。


twitterから
https://twitter.com/adachiyasushi/status/777535279246692352

あだち康史 @adachiyasushi 9月18日
福島の風評被害に加担した人たち #BLOGOS http://blogos.com/outline/190794/ ← 素晴らしい。必読です。


★あなたの思う福島はどんな福島ですか?――ニセ科学とデマの検証に向けて - 林智裕

福島第一原発事故の被害が伝えられる際には、客観的な根拠や現地の一般の人々の声以上に、政治的な思惑や社会的な影響力が強い人たちの「大きな声」ばかりが目立ちました。このことが情報を錯綜させ、福島に対しての誤解や支援のミスマッチによる復興の遅れ、風評被害などを拡大させてきたと言えます。

今回の記事では、そのような「大きな声」の一部を具体例として集めました。

目的としているのは、これらの事実を事実として、当時の空気感と共に記録に残すことです。震災と原発事故がとくに報道や伝達の段階において、どのような被害を実際にもたらし、なぜそのような事態が起こってしまったのか、それを考察するための記録資料として残すためです。具体的な記録を残すために実例を用いますが、一つひとつの事例をもって特定の人物や団体を非難することが目的ではありません。

なお、これらの「大きな声」はいわゆるノイジーマイノリティであって、震災後に福島に向かった声がすべてこのようなものばかりだったということでは決してありません。このような声をはるかに上回る、多くの温かい言葉やご支援に助けられてきたことを、はじめに記しておきます。

センセーショナリズムを優先に語られてきた「フクシマ」
震災以降、福島は政治的な思惑や象徴化された記号「フクシマ」として、まるで神話や怪談のように語られることがしばしばありました。さらには、「日本に人が住めなくなる」「フクシマだけでなく、東京も壊滅する」などの荒唐無稽な言説も飛び交い、メディアなどでも有名な人物や学者、ジャーナリストなどの一部までもがこれらに賛同してきました。

たとえばテレビ番組などでもお馴染みの、中部大学の武田邦彦氏などはとくに熱心に放射線被曝の恐怖を語り、震災後には沢山の関連書籍を執筆して、講演会などでも精力的に活動していらっしゃいました。2012年にはご自身のブログで『あと3年・・・日本に住めなくなる日 2015年3月31日』と書きました。

http://synodos.jp/wp/wp-content/uploads/2016/09/926387a6eae691b8029b28cbcd2dfadf.png
武田邦彦氏の2012年のブログより。「日本に住めなくなる日」を、今から約1年半前の2015年3月31日と断言しています。

同様に、作家の広瀬隆氏は「タイムリミットは一年しかない」と、『東京が壊滅する日─フクシマと日本の運命』という本を出版しましたが、2016年7月17日でこの本の出版から一年が経ち、自ら設定したタイムリミットも過ぎました。(参照;「タイムリミットは1年しかない! 戦後70年の「不都合な真実」とは?」――広瀬隆×坪井賢一)

日本社会では言論に自由がありますが、自由には必ず責任も伴うはずです。かりに持論で放射線の危険性を訴えるとしても、なぜ社会的な地位のある方々までもが、「日本に人が住めなくなる」「東京が壊滅」などと、比喩の範疇を超えた不正確で極端なフレーズを使う必要があったのでしょうか。

また、多くのメディアでも、放射線の影響についての報道はセンセーショナリズムが優先されて、その結果、様々な誤解が広がり続けました。なかには、先天性異常に関するものも多くみられました。

たとえば、2011年7月に発売された週刊現代では「残酷すぎる結末 20年後のニッポン がん 奇形 奇病 知能低下」とのタイトルで特集を掲載し、低線量被曝によってガンや白血病の発症率増加、新生児の先天性異常率増加などの危険性があると主張しました。その上で、被曝の遺伝的影響や被曝による子どもの知能低下、犯罪に走る確率の増加にまで言及しました。しかも、「福島より首都圏のほうが危険なくらいだ」とも記載しています。

http://synodos.jp/wp/wp-content/uploads/2016/09/a830a77057c054116844edb2e4ffc5d2.jpg

同時期に出版された雑誌『クロワッサン』でも、表紙に「放射線によって傷ついた遺伝子は子孫に伝えられていきます」という誤った内容を記載し、こちらは後に出版元が公式サイトにて訂正・謝罪しています。

http://synodos.jp/wp/wp-content/uploads/2016/09/01f427411b9fc70a95ec1fe582ab0907.jpg

同じく2011年に、ジャーナリストの岩上安身氏も、新生児の先天性異常について「おまたせしました。スクープです!!」などと伝えましたが、当然ながら放射線の影響とは無関係です。

http://synodos.jp/wp/wp-content/uploads/2016/09/34f635df7a01a421c78c7a665f6e4306.png

なお、岩上氏は、後の2014年には「福島県での享年が若すぎる」と主張するも、福島県民に新聞のお悔やみ欄を実際に集計されて、その主張が否定されています。

また、メディア以外に公人による誤った言説も見られました。内閣府所管の公益財団法人「日本生態系協会」の池谷奉文会長は、自治体議員ら65人が出席した日本生態系協会主催の講演中(2012年7月9日)に、次のように発言しました。

「放射能雲が通った、だから福島ばかりじゃございませんで、栃木だとか、埼玉、東京、神奈川あたり、だいたい2、3回通りましたよね、あそこにいた方々はこれから極力、結婚をしない方がいいだろうと。結婚をして子どもを産むとですね、奇形発生率がドーンと上がることになっておりましてですね、たいへんなことになるわけでございまして」

同様に、長野県松本市長菅谷昭氏が2011年12月号の「広報まつもと」で、「福島の汚染はチェルノブイリ周辺より高い」との旨の発言をしています。そこでは新生児の先天性異常の増加なども危惧される発言しています。

もちろん、「チェルノブイリ周辺よりも汚染されている」ということはありませんし(「東電福島第一原発の事故はチェルノブイリより実はひどいのか?――原発事故のデマや誤解を考える」菊池誠×小峰公子)、福島で新生児に先天性異常が増加しているという事実もありません。

これらの誤解はいずれも人体や遺伝的影響についての誤解であり、たとえ「なんとなく不安」という意識から悪意無く発信されたとしても、差別に繋がる深刻なデマへと容易に変異する可能性があるのは言うまでもありません。

放射線被曝による次世代への遺伝に対しての影響は、これまでの信頼性の高い調査では見出されておりません。加えて、東電原発事故で胎児に先天性異常の増加に影響を与えるレベルの放射線被曝をした方は誰もいません。これは、70年以上の時間をかけた広島と長崎の被爆者調査と、東電原発事故後の実測データから明確に断言できます。これらはWHOの東電福島第一原発事故に関連したページでも確認することが可能です。

10. Will future generations be affected?(次世代への影響はありますか?)

A risk of radiation-induced hereditary effects has not been definitively demonstrated in human populations.(放射線が人の遺伝に影響を与えるリスクは実証されていません)

「Frequently asked questions on health risk assessment」

http://synodos.jp/wp/wp-content/uploads/2016/09/e319bab5f3598a9dd4867f990d07c153.jpg

http://synodos.jp/wp/wp-content/uploads/2016/09/2ce911a2a1e089b830511c2e3c581e2b.jpg

被曝の恐怖を煽るのは「誰のため」なのか
先天性異常についての「議論」については、実際の被曝量からも予測されていた通り、他の地域との差は生じないという結果がとっくに出ています。このことに留まらず、5年の間には、大きな被害状況のなかでも不幸中の幸いと言える実測データや知見も次々に明らかになってきています。本来であれば、大きく不安の声を挙げた人たちにとっては、それらは真っ先に喜ぶべきニュースのはずでした。

しかし不思議なことに、一部の方々はそれほどまでに福島に「関心」を持ちながらも、この5年間で実際に出てきた事実やデータはことごとく無視し、まるで時間が止まっているかのように、今も悪質なデマを何度も何度もリサイクルさせています。

http://synodos.jp/wp/wp-content/uploads/2016/09/0bfd04d4fd1c561a9363e07c0302c06c.png

そもそも、放射線の影響とは無関係に、社会には様々な事情を持った方がいらっしゃいます。もしそうした事情を(実際に被曝が原因であるかどうかに関わらず)放射線が原因だと主張するのだとしても、訴えの当事者が自分の大切な家族に対して「奇形児」などという鋭利な言葉を選ぶとはとうてい考えられません。

こうした言葉は、「他人事として被害を搾取・利用しようとする立場だからこそ使える言葉」ではないでしょうか。しかも、「問題提起」や「議論」ばかりを一方的に投げつける一方で、被害者が心身の平穏を取り戻すためのケアや具体的な問題解決策は彼らから提示されることはありません。「加害者」とされる政府や東電を糾弾することを、生活再建よりも優先させた振る舞いばかりを求められたりもしました。(私は事故の責任者を追求するなと言っているわけではありません)

放射線被曝による影響ばかりが福島での被害として独り歩きしていますが、福島での被害の実状は、たとえば健康被害であれば避難などに伴う震災関連死が他県に比べ突出して多い上に、生活環境の変化に伴った糖尿病の増加などが報告されています。

東電原発事故において、これらは被曝の影響以上に明確な健康被害としてあらわれました。しかし被害が放射線被曝とは直接関係しないばかりに、県外へと被害が正しく伝えられる機会は相対的に少なかったのではないでしょうか。同様に、福島でも津波の被害は大きかったにも関わらず原発事故ばかりが取り上げられ、津波に言及されることは稀です。

また、食品の危険性を訴える声があれほどまでに多かった一方で、検査体制はもちろん実測データや数値の意味についても、ほとんど話題にのぼりません。たとえば、福島での米の全袋検査では、諸外国に比べ桁違いに厳しい食品中の放射線量基準値が設定されており、かつ出荷量の全てがそれをクリアしています(99.99%以上の米が、基準値どころか検出限界値未満です)。ところが、今でも県外では6割以上の方に検査の実態は正しく知られておらず、およそ5人に1人が福島県産品を忌避し続けています。(「なして福島の食はさすけねえ(問題ない)のか――原発事故のデマや誤解を考える」林智裕)

科学的な意味での安全性はとっくに確保されているにも関わらず、社会的な情報の更新と共有、合意形成が極端に遅れているために、莫大な税金が投入されている食品の放射性物質検査を止めるタイミングの見通しすら掴めていません。そうした現状を反映してか、避難区域以外からの自主避難者もいまだ数多く、家族の分断の解消はなかなか進んでいないという状況です。

これらの被害はいずれも「正しい情報が伝わっていない」ことに主要な原因を求めることができます。これほどまでに福島の情報がまともに伝わっていない以上、それらを伝える役割を担ってきたマスメディアの責任は軽くないと言えるでしょう。多くのメディアが震災や福島をどのような「演出」や言葉を使って伝え、それらがどのような印象と影響を社会に与え、原発事故に対しての社会の雰囲気をつくってきたのか。主張が事実かどうかの議論とはまた別の視点からも、並行して検証されるべき問題だと思います。

・・・・
(以下はリンク先で)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年9月20日 06:50:09 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[420]
足立議員は7日にも「民進党はアホ」などと述べ、これまでにも2回懲罰動議が提出されている。
http://www.news24.jp/articles/2016/04/22/04328396.html

学習効果がないですね。低脳です。


2. 2016年9月20日 07:57:15 : 6L2y43jStk : @AlIwBtCqYY[19]
もしかして会員さんはストレスでウツになってるのかも、、、。

恐らくウツの自覚すらないのだろうね〜(=^・・^=)


3. 2016年9月20日 10:30:09 : DnFoYyNs0o : dt1JbqdSd0M[5]
長野県松本市長菅谷昭氏がチェルノブイリ事故後に
ベラルーシでボランティアで医療活動してた。
(菅谷氏自身はボランティアではない、自身の生き方を修正するとかを発言してた)
甲状腺手術等々現場で経験している医学者の発言だぞ。
12年前の番組「プロジェクトX挑戦者達」でも見なさい。
http://www.nicozon.net/watch/sm14109404

武田邦彦氏は旭化成工業(株)同社ウラン濃縮研究所長だった人物で、これも現場を知ってる。

広瀬隆氏は出自が元々医学関連の翻訳者だった
反原発論者としては既に30年以上実績がありデモや裁判等々参加し
福島原発事故では300μSv/h超えの地域で確認・検証するなど
口先だけではない行動する方だ。

あだち康史議員は検証も考察も甘甘で勉強不足か?それとも確信犯か?
まぁ単に原発村に尻尾振ってるだけだろうなぁ。


4. 2016年9月20日 11:27:58 : lv7vbj53vM : R5TUbJyqZ1g[1345]
セシウム被ばくで脳に空洞が出来た人がいる。
風評被害ではなく、実被害だ。

4153番も、こんなデタラメ記事を毎度投稿するところをみると、
頭に穴が空いているのではないか?

もっとも君の場合は、被ばくではなく生まれつきかも知れないが。

「セシウムで前頭葉に穴が!」海外のメディアしか伝えない福島の放射線健康被害の証言 (Sharetube)
http://www.asyura2.com/16/genpatu46/msg/494.html


5. 2016年9月20日 15:44:01 : 1aQlPDBHTY : eoNJB@gwd38[3]
@ >武田邦彦氏の2012年のブログより。「日本に住めなくなる日」

日本政府は、年間20ミリシーベルト以上の土地に、福島県民を帰還させよとしている。 

武田氏の発言は、チェルノブイリ原発事故における立ち入り禁止ゾーンの線量、5ミリシーベルトを念頭において、行われていると思う。

> 三重県の外部からの被曝が1年5ミリになるのは、2012年1月から3年4ヶ月後となります。つまり、2015年4月1日になると、三重県には住めなくなるという計算結果です。

http://takedanet.com/archives/1013802442.html

A >作家の広瀬隆氏は「タイムリミットは一年しかない」と

己の不明さ故の誤解を、広瀬氏のせいにするなかれ!

見上げたもんだ、屋根屋のふんどし!引用文献を読んでいない。

> 過去の史実に照らし合わせると、チェルノブイリ原発事故(1986年)やアメリカのネバダ大気中核実験(1951〜57年で計97回)でも、事故後5年から癌・白血病になる人が急増したからです。その意味で、「タイムリミットはあと1年しかない!」のです。

http://diamond.jp/articles/-/76417?page=3

B >福島での米の全袋検査

こんな検査は信用できるのか?

>19時のNHKニュース、広野町のコメ全袋検査、K-40まで0.0Bq/kgと表示

http://www.asyura2.com/13/genpatu33/msg/743.html

C >週刊現代では「残酷すぎる結末 20年後のニッポン がん 奇形 奇病 知能低下」とのタイトルで特集を掲載し、低線量被曝によってガンや白血病の発症率増加、新生児の先天性異常率増加などの危険性があると主張

チェルノブイリ原発事故から30年、何が起きたか?

>ウクライナの平均寿命は・・・・2050年には、54歳になると想定されている。

http://www.asyura2.com/15/genpatu44/msg/619.html#c5


D >岩上氏は、後の2014年には「福島県での享年が若すぎる」と主張

否定の根拠となるソースを示すべきだ。

福島県の出生率と死亡率が、震災前の水準に戻っていないのは、事実だ。

http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/81-1a.html

E >長野県松本市長菅谷昭氏が2011年12月号の「広報まつもと」で、「福島の汚染はチェルノブイリ周辺より高い」との旨の発言

低いと言う主張の根拠を示すべき。

>《重要》福島原発事故、公式にチェルノブイリ超え認定!米政府当局が発表!福島18.1京ベクレル、チェルノブイリ10.5京…

http://www.asyura2.com/14/genpatu38/msg/307.html

F > A risk of radiation-induced hereditary effects has not been definitively demonstrated in human populations.(放射線が人の遺伝に影響を与えるリスクは実証されていません)

チェルノブイリ周辺に住む、ネズミの二十数世代に渡る観察、動物実験、細胞レベルの実験では、世代を超えて、遺伝子異常が堆積されることが明らかになっている。

>Mutation rates in animal populations in contaminated
territories are significantly higher.
There is transgenerational accumulation of genomic
instability in animal populations, manifested
as adverse cellular and systemic effects.
These long-term effects may be even more
detrimental because the genomes of animals
in subsequent generations are more sensitive
to the impact of very low doses of radiation
(Goncharova, 2005).(ヤブロコフ、チェルノブイリより引用。)

>異常な遺伝子の頻度は、被曝した両親だけでなく、事故後に生まれた子どもたちにも見られた。

The study of families irradiated as a result of the accident at the Chernobyl Nuclear Power Plant revealed significantly increased aberrant genomes frequencies (AGFs) not only in irradiated parents (n=106, p<0.01), but also in their children born after the accident (n=159, p<0.05).

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19729029


6. 2016年9月21日 07:21:54 : UmGr9HvpEo : Rrsruijf6ho[1]
一般の人のガンマ線被爆の許容量 福島原発に事故前 年間1ミリシーベルト、事故後 年間20ミリシーベルト。20倍に勝手に変えてしまった。放射性物質を含んだ物質廃棄物を厳重にドラム缶などにつめて処理すべき基準 福島原発事故前 1キログラムあたり100ベクレル 事故後8000ベクレル こちらは実に80倍、これが日本の環境省が決めたこと、

流通させる食品の基準も勝手に何桁も上げてしまった。

このような事実を確認すること。


7. 2016年9月21日 08:42:37 : DIfMt5nvHg : dub56JjkT9E[14]
政界の会員番号4153番

見苦しい官僚への追従



[32初期非表示理由]:担当:毎回IDが変わってしまう方が、ペンネームを使わずにコメントし、管理人がネット工作員判定した場合には苦情を受け付けません。 http://www.asyura2.com/13/kanri21/msg/415.html

8. 2016年9月26日 12:41:25 : kgmUBd9Sss : ndSXH5iZxkU[13]
足立は飯舘村に流罪

[32初期非表示理由]:担当:毎回IDが変わってしまう方が、ペンネームを使わずにコメントし、管理人がネット工作員判定した場合には苦情を受け付けません。 http://www.asyura2.com/13/kanri21/msg/415.html
9. 2016年9月27日 12:50:53 : gTbOuGA2MY : HHFuEuXLyDA[1]
>しかし不思議なことに、一部の方々はそれほどまでに福島に「関心」を持ちながらも、この5年間で実際に出てきた事実やデータはことごとく無視し、まるで時間が止まっているかのように、今も悪質なデマを何度も何度もリサイクルさせています。

低線量被曝では被爆者の何割もが死ぬようなレベルの被害が出ないのは、ここで批判にあげられている方たちも含めて、みんなわかっています。
現実に、ここ5年間で子どもの甲状腺ガンの増加など、被害の実例がでているが明らかに出ていることは判明しています。

要するに、この程度の人数が健康被害を受けることは、あだち康史議員にとっては被害のうちに入らないということなのでしょう。
放射能汚染の被害を社会に警鐘を鳴らしてい方たちは、あだち康史議員にとっての「この程度の人数の被害」を重大な被害だと考えています。
その見識の差で意見が違うだけでしょう。


10. 2016年9月27日 23:47:38 : rGT9z24w76 : E1gnitVyu0E[351]
風評被害と言うな、東電の原発が起こした被害だと言え。

11. 2016年10月01日 20:54:44 : FRuPlUZWXM : aUCD_ztuz3o[-13]
あだちは原子力ムラの工作員

12. taked4700[6321] dGFrZWQ0NzAw 2017年7月11日 21:00:47 : pbK6RNwLso : IVUmwWuIyBQ[4]
05さんのコメント、とても素晴らしいです。

特に、遺伝子異常が世代を超えて伝わる部分は重要です。放射能漏れはある程度以上の規模になると世界的な影響があり、その被害の回復はほぼ不可能です。

その意味で、原発・原爆は早急に廃棄するべきであると思います。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素46掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素46掲示板  
次へ