★阿修羅♪ > 原発・フッ素46 > 762.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
本「地球を変える男」の放射能汚染水を無害化する振動撹拌技術は進歩しているようです
http://www.asyura2.com/16/genpatu46/msg/762.html
投稿者 ロミオ 日時 2016 年 11 月 11 日 23:33:39: Hc3Y8Tg8ES47. g42DfoNJ
 

以前から気になっていたのですが、放射能の無害化に関する技術を

地球を変える男―放射性セシウムをプラチナに 単行本 ? 2014/3 大政 龍晋 (著)
https://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4890085106/asyuracom-22

という本で読みました。本の中で振動撹拌技術という、水などの液体に振動を与えて
変化を起こす技術があり、この技術を応用して、低エネルギーで元素変換を起こして
放射能汚染水を無害化する技術が述べられていました。

水を振動撹拌する振動撹拌機は振動モーターに取り付けられた二本の支持棒に複数の
振動板を取り付けた構造をしており、これを液体中で30Hzから200Hzで振動
させ、三次元の流動を発生させるものだそうです。

著者である大政さんは、福島県のある被災地の村長に実験をしたいと相談を持ちかけ
て、2012年10月に20日程連続で高周波振動撹拌をし続ける試験を行ったそう
です。結果は本の内容を引用しますと

「その結果は、正に日本に希望をもたらし、世界に光明を与えるものであった。
半減期(原子が放射性崩壊をして半分になるまでにかかる時間)がそれぞれ2年、
30年であるセシウム134とセシウム137が、なんと約30日で70%以上
減少したのだ。そしてセシウムはバリウムに一部変換されていた。(これらの結果は
公的分析機関のデータによるものであり、恣意的な操作は一切無いことを付け加えて
おく)」148ページ

と書かれていました。また、この振動撹拌機によって撹拌した水を電気分解すること
により発生するOHMASA−GASはテレビにも紹介されたようで、Youtubeに
動画がアップロードされてました。

https://www.youtube.com/watch?v=TNs7xH1b1_g

「まだ解明されてないだけに謎の多いOHMASA−GAS」というナレーションが
7分47秒のところで入るので、解明されてない謎が多いのでしょう。
なので「放射能汚染水を無害化する」とか「低エネルギーで元素変換を起こす」とい
うような事を述べられても懐疑的になるのは分かりますが、解明されてない謎が多い
点や、テレビでその不思議な特性が紹介された点だけでも、調べてみる価値はあると
思います。

また、僕は最近、これらの技術を有する日本テクノへ個人的に放射能汚染水の無害化
技術はどうなったか質問のメールを送りました。するとなんと本の著者であり、
日本テクノの社長でもある大政龍晋さんが直接僕にお返事のメールを送ってくれまし
た。
メールの中で、

○本の内容からさらに進歩し、電気分解もなく「特殊な高周波振動撹拌」だけで
数時間撹拌するだけで無害化にできる。
○色々の元素変換を短時間でmg、gr単位のレベルまで可能にする技術
○これらの技術を約2年ほど前に完成する事ができた。

などが述べられていました。以前は20日とか時間をかけて行っていたようなので
数時間に短縮というのはすごいです。あと振動撹拌技術での電気分解について述べ
てませんでしたが、振動撹拌技術では振動に加え、振動撹拌下での電気分解で発生
したナノ・マイクロバブルを活用したバージョンもあるようです。で、その電気分解
も使わずに「特殊な高周波振動撹拌」だけで数時間撹拌するだけで無害化にできると
のことなのでこれも大きな進歩ではないかと思います。また、元素変換を短時間で
mg、gr単位のレベルまで可能とのことで、これもすごいことだと思います。
(特許を見ると、以前はμg単位を使っていたようです。)

ネットで検索したらそれらしいことを記事にしている方のブログを見つけましたので
勝手ながらリンクを貼らせて頂きます。

「素人が知りたい常温核融合」
http://amateur-lenr.blogspot.jp/2015/08/blog-post_25.html

また特許も見ることができるので、詳しい情報を得ることができます。
(こちらの特許は時間短縮が実現する前の技術を紹介しているようです。)

特開2015-55527
発明者 大政 龍晋
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2015055527/

特許の【産業上の利用可能性】の項目に

○放射性元素の無害化に適用でき、現在大きな問題となりつつある、福島第一原子力
発電所から漏洩する汚染水対策の一助になる

○この元素転換技術が実用化されれば、鶏卵の殻の膨大な廃棄物処理費用が大幅に削
減されるばかりでなく、元素変換して貴重なコバルトやニッケルとして回収できるの
で、極めて大きな利益が生出するのみならず、資源の乏しい我が国にとって、想像以
上に貢献度の大きな発明となる

とあり大きな期待を寄せてもいいのではと思います。
本の出版から二年以上経ってますが、こうした技術が活用されることを見聞きしない
のでもったいないことだと思います。結局、懐疑的になって否定する人が多いから、
広まらないのだと思いますが、福島原発事故という重大事には、少しはこういう情報
に対しては普段より耳を傾けようという姿勢も大事ではないかと思います。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年11月12日 00:03:46 : v5swB8fjHg : YmMGQQ2tHF4[1]
放射性曖気物を無害化する方法はありません。もちろん汚染水も放射性廃棄物です。どこにどう隔離するかが処理の方法です。

オカルト理論にはまらないように願います。


2. 茶色のうさぎ[-3134] koOQRoLMgqSCs4Ks 2016年11月12日 00:46:45 : 0v3CR2UpbQ : aWBzewbCYtI[1]

 夢があつて応援しますよー♪ まさか?研究費だせー♪???なの?

 ↓ ひまな人へ: 信用しちゃう驚愕の動画です。
https://www.youtube.com/watch?v=OGpgU2BASNg <触媒での、水の燃焼実験 ・・・信用しちゃうよー♪w
https://www.youtube.com/watch?v=1zrh3AvajRw <水1リットルで500km走るバイク

結論: まぁ、、論より証拠! 放射性セシウムをプラチナに <錬金術だー♪ うさぎ♂



[32初期非表示理由]:担当:反原発を装い、原発を推進して日本を今日の大破局に追いやった自民党=利権官僚政府と原子力ムラには批判も非難もせず、口を開けば「小出がー」、「松本ガー」とやって小出さんを誹謗中傷するコメント多数のため一括処理http://www.asyura2.com/16/genpatu46/msg/413.html#c82

3. 茶色のうさぎ[-3134] koOQRoLMgqSCs4Ks 2016年11月12日 01:05:42 : 0v3CR2UpbQ : aWBzewbCYtI[1]

>セシウムはバリウムに一部変換されていた。

 ↑ 当然じゃん! β線とγ線を出して、自然にバリウムになるんでしょ!ぷ♪ うさぎ♂ 勉強しろよ!w



[32初期非表示理由]:担当:反原発を装い、原発を推進して日本を今日の大破局に追いやった自民党=利権官僚政府と原子力ムラには批判も非難もせず、口を開けば「小出がー」、「松本ガー」とやって小出さんを誹謗中傷するコメント多数のため一括処理http://www.asyura2.com/16/genpatu46/msg/413.html#c82

4. 茶色のうさぎ[-3134] koOQRoLMgqSCs4Ks 2016年11月12日 01:15:13 : 0v3CR2UpbQ : aWBzewbCYtI[1]

>削除担当へ

 おまえは、、アホ汁工作員とおなじだな?バカ うさぎ♂ 小出真理教はダメだなー♪ぺっ



[32初期非表示理由]:担当:反原発を装い、原発を推進して日本を今日の大破局に追いやった自民党=利権官僚政府と原子力ムラには批判も非難もせず、口を開けば「小出がー」、「松本ガー」とやって小出さんを誹謗中傷するコメント多数のため一括処理http://www.asyura2.com/16/genpatu46/msg/413.html#c82

5. 2016年11月12日 01:50:27 : lv7vbj53vM : R5TUbJyqZ1g[1568]
こんなことができるのなら、ノーベル賞受賞はまちがいなし。

この手の放射能無害化技術の話は、現われては消えていく。
実用化されたことは一度もない。

たとえできるとしても、広大な範囲に拡がった放射性物質を集めて無害化することは
絶対に不可能。

「こんなことができたらいいなぁ」という夢を語っているにすぎない。

1月7日配信「福島原発から、トリチウム汚染水が消える日」についてのお知らせ (東洋経済ON L)科学的根拠の裏付けなし
http://www.asyura2.com/13/genpatu35/msg/750.html

《新技術》三菱重工、元素変換の技術を確立!放射性廃棄物の無害化も!遂に現代の錬金術が実現か! :経済板リンク
http://www.asyura2.com/14/genpatu37/msg/381.html


6. 2016年11月12日 06:05:34 : wGZH0reeEY : R0TUXigxOv8[2]


、 
 
 
    マスゴミ お前らの 餌

     血祭りにするか
 
 
 



[32初期非表示理由]:担当:意味なし

7. ボケ老人[1084] g3uDUJhWkGw 2016年11月12日 09:14:45 : DPIHWzSy2A : ryp5mYY74JA[474]
錬金術が化学の発展に寄与したことは事実です。

しかし、錬金術という言葉は詐欺と同意語であることも事実
比嘉氏の有用微生物EMも生ごみ処理や肥料という点では優れた着想であっても
放射能を消すなんて言い始めた頃からカルトになった。

30Hzから200Hz程度の振動で核力を超えるということ自体でカルトである。
マァお話と言って面白がっているだけなら無害だな
    


8. ロミオ[3] g42DfoNJ 2016年11月12日 11:18:22 : sqv4HS0olM : NGZNfkLF1oQ[3]
7. ボケ老人 様

>30Hzから200Hz程度の振動で核力を超えるということ自体でカルト
である。

僕は何も分からない素人ですが、振動に関する技術で関連のありそうな内容を
見つけましたので、引用致します。

環境にやさしいエマルジョン燃料(水と油の混合燃料) 山本 寛 (著)
https://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4903859142/asyuracom-22

「液体は音波を伝播する。しかし人間の耳には聞こえないような非常に高い
周波数の音波(超音波)を液体に与えると微小な泡が発生する。これは超音波
の負圧が作用した時に液体内に気泡が発生するためである。
 この気泡は次に正圧が作用すると圧壊し、大きな撹拌効果を発生させる。
最近ではこの効果を利用したソノケミストリーという新しい学術分野が開拓さ
れている。
 また、泡の圧縮破壊のときの局部的な圧力、温度は非常に高く、これにより
核融合が起きるとする研究論文もあり、アメリカの研究者の間で熱い議論が続
いている。」48ページ

また、「ソノケミストリー」という単語で検索してみると、以下のようなサイ
トを見つけました。

日本ソノケミストリー学会
http://www.j-sonochem.org/Sonochemistry.htm

上記のページより短く引用します。

○皆様になじみの深い超音波機器として超音波洗浄機があります。
○超音波の洗浄効果は,キャビテーションと呼ばれる気泡によるものだといわ
れています。
○この気泡が収縮するときにはその他にも様々な現象が起きています。 気泡の
収縮は断熱的に短時間で起きますので,ホットスポットよばれる局所的に高温
高圧の場が生み出されています。
○ホットスポットの温度は数千度を超え,圧力も千数気圧を超えると考えられ
ています。身近にある超音波洗浄機の中では,実はそのような極限環境が実現
されているのです。
○ホットスポットでは,極限状態にいたるためラジカルなどの活性種も生じま
す。すなわち,反応場を与え,様々な化学現象を引き起こします。
○ホットスポット周辺での反応場での化学をソノケミストリー と呼びます。
○超音波自体は,光などに比べエネルギーレベルは低いのですが,キャビテー
ションの収縮現象によって,局所的に高いエネルギーの反応場である ホットス
ポットを形成させています。全体としては,常温常圧ですので大掛かりな装置
の必要がない点が魅力の一つといえます。
○ソノケミストリーの適用分野は有機化学,ナノ粒子など材料創製,医療応用,
環境浄化など幅広い分野にわたっています。


常温核融合2008―凝集核融合のメカニズム 高橋 亮人 (著)
https://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4777513610/asyuracom-22

「2005/12 Energetics Gr.(イスラエル・アメリカ・イタリア連合)が
スーパーウェーブ重水電解・超音波法で、入力の25倍の過剰熱と発表。」
「2007/6 Enegetics Gr.スーパーウェーブ・超音波電解、過剰熱の再現率
60%。」25ページ

24ページと25ページに「常温核融合・凝集系核科学」の、1989年から
の経緯のまとめが載ってます。それを見ると1989年から2007年にかけ
て、複数の国で実験の再現とそれに対するいろんな反応があるようです。
100%再現できればよいんでしょうけど、そうではないようなのが残念です。
しかし「火の無い所に煙は立たぬ」という言葉があるように、いろんな時間の
いろんな場所で、そういった報告があるということは、何かがあると考えるの
が妥当ではないでしょうか。

日本ソノケミストリー学会のサイトの説明では、キャビテーションと呼ばれる
気泡によりホットスポットという場が生まれ、様々な化学現象を引き起こすと
説明されています。同じものではないかもしれませんが本「地球を変える男」
の中でもナノ・マイクロバブルと呼ばれているものについて言及しています。
「地球を変える男」より引用します。

「通常の電気分解では、電極から3〜5mm程度の大きさの気泡が沢山発生する。
 しかし振動撹拌をしながらの電気分解では、大きな気泡は発生せず、まるで
煙のような20ナノメートル〜200ナノメートル(ナノメートルは1mmの
100万分の1)くらいの気泡が発生するのである。発生したガスがナノ単位
なので、これをナノ・マイクロバブルと呼んでいる。」69ページ

「1分間に約9000回という高周波振動撹拌に加え、振動撹拌下での電気分解
で発生したナノ・マイクロバブルが発生し、高周波振動によって瞬時に破裂す
ることで膨大なエネルギーが生まれる。この相乗効果で発生する高いエネルギ
ーにより、今まで不可能と言われていた常温・常圧での元素変換がより早くで
きるだろうと考えたのである。」150ページ

大政さんのナノ・マイクロバブル、ソノケミストリーのキャビテーションと呼
ばれる気泡、泡の圧縮破壊のときの局部的な圧力、温度は非常に高く、これに
より核融合が起きるとする研究論文もあること、などを考慮すると、やはり
何かがあると考えるのが妥当ではないでしょうか。


9. ボケ老人[1090] g3uDUJhWkGw 2016年11月12日 15:43:04 : DPIHWzSy2A : ryp5mYY74JA[480]
>8. ロミオ  さん

いろいろと資料ありがとうございます。
わたしもソノケミストリーには魅力を感じています。
日本ソノケミストリー学会も錚々たるメンバーが顔をそろえています。
しかし、キャビテーションは古くから知られた現象ですが、
ソノケミストリーの骨格を成すホットスポットというのは実証されたものでなく
仮説に過ぎないと思います。

現象発見が先で理論は後からついてくるということも多々ありますが、
現時点では実証されたものだけを信用することにしています。


10. 茶色のうさぎ[-3135] koOQRoLMgqSCs4Ks 2016年11月12日 18:39:35 : 0v3CR2UpbQ : aWBzewbCYtI[0]

 ひとり言♪

 ナノバブル水かなー? 有名だね♪
http://video.search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%83%8A%E3%83%8E%E3%83%90%E3%83%96%E3%83%AB%E6%B0%B4&search.x=1&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=0&oq=%E3%83%8A%E3%83%8E%E3%83%90%E3%83%96%E3%83%AB&fr=top_ga1_sa

感想: 分子レベルと原子レベルの反応がー?w 桁が違う! 次元が違うー♪ 分野が違うー♪ぷっ 

まぁ、反応の状態、環境でしょ? 反応を早めるには、細かくするのは小学生だって知ってるよー♪w

まぁ、、常温核融合なんて信じてません! 汚染すんでしょ!? <インチキ証明の動画も有名だね!?

まぁ、、夢があるから、ロミオさん、応援♪ またねー♪ 麦7? うさぎ♂ 返信無用



[32初期非表示理由]:担当:反原発を装い、原発を推進して日本を今日の大破局に追いやった自民党=利権官僚政府と原子力ムラには批判も非難もせず、口を開けば「小出がー」、「松本ガー」とやって小出さんを誹謗中傷するコメント多数のため一括処理http://www.asyura2.com/16/genpatu46/msg/413.html#c82

11. 茶色のうさぎ[-3133] koOQRoLMgqSCs4Ks 2016年11月12日 19:09:54 : 0v3CR2UpbQ : aWBzewbCYtI[2]

 ごめん♪ 酔った!

 振動はーー、、、佐助さんに、聞いてみなー♪ うさぎ♂



[スレ主【ロミオ】による初期非表示理由]:意味のないコメント(アラシや工作員によくあるコメントはスレ主が処理可能)

12. 茶色のうさぎ[-3132] koOQRoLMgqSCs4Ks 2016年11月12日 19:24:19 : 0v3CR2UpbQ : aWBzewbCYtI[3]

 ばっきゃろー♪

 豊洲問題が、設計会社の責任だってさー♪?ばか

鹿島もだけど、、施主さんの意向ですよ! つまり、東京都が悪い!💢

まぁ、、建設業、、4、、50年のボクだよ! えっへん♪ 角栄、中曽根の、、子分! うさぎ♂

まぁ、、東電と東京都がー、、悪い!ぺっ♪ ボクは、設計と業者を応援、弁明します♪ 正義だー♪w



[スレ主【ロミオ】による初期非表示理由]:この投稿に対するコメントとしては場違い。別の投稿にコメントしてください。(アラシや工作員によくあるコメントはスレ主が処理可能)

13. 2016年11月12日 20:37:22 : gLD7jUGNEk : O1R_WePnteg[-8]
ロミオさん

初期非表示乱発すると魑魅魍魎男や汁と同類のゴミと思われるよw

[32初期非表示理由]:担当:反原発を装い、原発を推進して日本を今日の大破局に追いやった自民党=利権官僚政府と原子力ムラには批判も非難もせず、口を開けば「小出がー」、「松本ガー」とやって小出さんを誹謗中傷するコメント多数のため一括処理http://www.asyura2.com/16/genpatu46/msg/413.html#c82

14. ロミオ[4] g42DfoNJ 2016年11月12日 22:28:48 : sqv4HS0olM : NGZNfkLF1oQ[4]
9. ボケ老人 様

お返事のコメントありがとうございます。
信じるか信じないかは、人それぞれの自由なので信じろと強要はしません。
また、僕も「絶対にこれは真実である」と断言するつもりはありませんし、
実際にこの目で見たわけでもないので断言できる立場でもないと思います。
これはボケ老人様に言っているわけではないのですが、仮にこれらの技術が真
実ではなかったとして、考えられることは何でしょうか?僕が思いつくものと
しては1つは「間違い」です。元素量の測定が間違っていたということです。
しかし、特許を見ても分かるように、違う日に測定を行っているものがある、
また、同じ日の測定がいくつかあっても、それぞれ別の測定をしている、特許
に載せていないだけで、他にも幾度となく測定をしたであろうことが予想され
る、僕が大政さんからもらったメールの内容に、

「この大学の専門学者の方々も、変換データーがmg、grと、とてつもない
変換だけに何回となくデーターの再現性を確認されたようです。」

という一文がある、などいろんな日にちに複数回の測定を行っていることから
考えて、元素量の測定は間違いではないと考えるのが自然ではないかと思いま
す。
次に僕が考えられるものとしては「嘘」です。しかし、嘘をつくとして一体何
のために嘘をつくのでしょうか。嘘をつくことによって大政さんに何か利益が
生じるでしょうか。仮に一時的に資金を集めるなど出来たとしても、このよう
な嘘はすぐばれるのではないでしょうか。嘘をつくならもっと、安全で逃げ道
のある嘘を人は選ぶのではないでしょうか。嘘をつく人間が本の表紙に大きく
自分の顔写真を載せたりするとは思えません。

これらの技術が仮に真実ではないとして、僕は「間違い」と「嘘」しか思い浮
かびませんでしたが、その両方とも僕の中では合理性がないように思います。

実験の結果が「現代科学」では説明出来ないものだから、結果を否定するとい
う思考と、実験の結果が「現代科学」では説明出来ないものだから「現代科学」
のどこかに間違いがあるのでは?と考える思考は、どちらが正しいと言えるで
でしょうか。
僕だったら後者が正しいように思います。
コペルニクスやライト兄弟など、その時代には馬鹿にされるようなことでも、
現代では、彼らが正しいことが分かります。ここから学べるのは、懐疑的にな
って否定する人が多数を占めているからといって、いつも彼ら(多数派)が正し
いとは限らないということです。


15. 2016年11月13日 12:59:03 : 9QewkUGcqk : 4QXc8C8kgnU[226]
水エマルジョン燃料は、既にボイラーなどの燃料として導入されている。一般には知られていないだけで。そして常温核融合は現在凝集系核科学と呼ばれている。学会も存在しており、研究が進んでいる。だから常温核融合も核転換も疑うわけではないが、それを利用した技術とするこの件は信用できるのかどうか。

大政氏は、もし事実であれば大政ガス製造機の実物を販売したらいい。論より証拠、実物があり多くの人の耳目に触れれば一気に広まる。特許がどうの研究費の回収がどのと言っている場合でない。広まらなければ画餅にすぎないではないか。

だからそれをやらないのは、多くの詐欺と同様、できないからではないかという疑問があるわけだ。


16. ロミオ[5] g42DfoNJ 2016年11月13日 15:03:05 : sqv4HS0olM : NGZNfkLF1oQ[5]
15 様

僕もそこらへんの事情がどうなっているのか知りませんが、ネットで検索したら
以下のようなページを見つけました。

山崎淑子の「生き抜く」ジャーナル!
http://enzai.9-11.jp/?p=5288
「国(経済産業省)は、この”未知”のガス(注2)について、『混合気体』であ
るはずで、「爆鳴気」と同類とみなし、”危険物”=安全性を確認できないとし
て無視し、天然ガス・石油を原料とする”水素ガス”を(自動車の)『次世代エ
ネルギー』としている。官僚にとって資源会社の既得権を脅かす、地産地消=分
散型エネルギー源の発展は、天下り先を滅ぼすからだろうか?」

梟の独り言
http://blog.goo.ne.jp/mikadukifukurou/d/20120706
「持ち主の「日本テクノ株式会社・大政社長」は「この発見で日本が置かれて
いる苦境を何とかできれば」と言っているのにも拘らず経済産業省は「水素ガ
スと同じだから水素で進める、オオマサガスも同じ分類だから現状の設備で販
売は不許可」だと言っている、」

記事を読んで、オオマサガスを販売することに対して、何か法律的な事情が
(政治的な事も関係しているかもしれません)あるような印象を受けました。
だからテレビでオオマサガスの事を知った人は多いと思いますが、実物を広め
るとなると、(法律関係で)難しいのかもしれません。


17. 2016年11月14日 17:40:41 : YFk6WM8C8H : rWpNP8IIIAM[1]
世にオカルトの種は尽きない。どんなに物理法則に反する理屈でも一定数は信じる人がいる。

人間にわからないことがあるからといってオカルトが正しいわけではない。


18. 2016年11月15日 06:54:30 : Dvz5pxVxe2 : 0cYBfKSIf4A[2]
昔聞いた、某UFO研究家の反重力装置の実験風景の話が参考になる。

それは、氏が電子精密秤の上に物体を載せ、近くで反重力装置なる物を起動するとその数値がわずか数ミリグラムだが、減少するという実験だった。氏によれば、その反重力装置から出された電磁波で、物体が軽くなるというものなのだが、偶にというか、結構な頻度で重くなる場合もあり、それが課題らしい。

はて、この実験をもって、『すごい!』と思った方は、眉に唾をつけるべきだろう。電子精密秤の数値がいつも正しいとは限らないのだ。特に近くで測定結果を狂わせる高磁力等が発生する場合がそれにあたる。………と言う話だ。


本題に移ると、果たしてその公的機関で測定した結果が本当に正確だったのだろうか? 想像だが、何の予備情報を与えずに測定を依頼していたなら、上と同じことが起こった事も考えられる。画一化された測定は、ある一定の前提条件を満たしている場合にのみ正確なのだ。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素46掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素46掲示板  
次へ