★阿修羅♪ > 原発・フッ素47 > 443.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
巨大鍾乳石状の象の足が3本、建屋の床から泥水の地層に7.8m嵌りこんで、底なし沼の様に動けない
http://www.asyura2.com/16/genpatu47/msg/443.html
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2017 年 2 月 04 日 10:36:56: FpBksTgsjX9Gw 6bOWo@mx6bKSag
 


2011年10月に某掲示板に掲載された情報です。

-----(引用ここから)------
http://bbs76.meiwasuisan.com/news2/1465460314/
014 2016/06/09(木) 19:20:17 ID:oXjkh16uPk
これも隠蔽体質か。 投稿者:田舎のトンビ2 投稿日:2011/10/08(Sat) 23:00 No.6080
2.今、原子炉地下・地盤の状態
出力100万kwhの原子炉の燃料は約100トンと言われる。
各炉ごとに試算した燃料の量(123号機)及び、3号機燃料プールの燃料集合体
514体が融けだしていると想定すると合計で、450トン程になる。
この量は、チェルノイブリ原子炉4号機の約4倍に及ぶ。核燃料の炉心部分は、2800℃、
メルトアウトした燃料の接水部分は1100℃だ。水素が出るまであと100℃余裕がある。当然水蒸気は
出続けているが、水蒸気爆発圧に至る前に地下水と水蒸気は人工的にガス抜きされ復水器と除染器への
ルートが作られている。
「溶け出した燃料の状況は把握できてません。」(政府・東電は言うが実はそうではない。
公表しないだけだ。8月からは興味深い動きがあった。地下の現状を把握しようとトライするテストだ。
この時、国交省と安全委員会は「日本物〇探〇株式会社」の力を総動員して
速度検層 (PS検層) 、電気検層、弾性波探査、電気探査、音波探査、磁気探査、地中レーダーを矢継ぎ早に
施行した。地下水位、間隙水圧、揚水試験、湧水圧測定、も同時に行い、これによりメルトアウトした燃料と
その周辺の地層構造・地下水系が見えてきた。 写真は撮れないが、イメージング出来る形態はこうだ。

「直径1.62-1.85m、中心温度は2800℃で溶解。外周温度は1100℃でスラグ化(コークスの様)した
巨大鍾乳石状の象の足が3本、建屋の床から泥水の地層に7.8m嵌りこんで、底なし沼の様に動けない。」

今後の汚染の拡大は汚染水がカギになる。流出が止まらなれれば(そもそも原因の燃料は当分手つかずだが)
汚染水は自然の海水・大気循環系に乗り、陸地では雨として散布され続ける。

-----(引用ここまで)------

真偽のほどはわかりませんが、地中探査の会社名も明らかにしており、かなり信憑性が高いと思われます。

ただ、7-8メートルしか沈降していないということはないでしょう。
なぜなら原子炉建屋からかなり離れたところから蒸気が噴出しているからです。
溶融燃料が地下水脈に当たり、温泉のように地上に蒸気を噴き上げているのです。

いずれにせよ、もし溶融燃料が格納容器にとどまっていれば、東電はすぐ「ご安心下さい。外界には出ていません」
と公表するはずです。

事故後6年も経つのに、猛烈な熱を放射線を発している何百トンもの溶融燃料がいまだに行方不明だと
トボけているのは、格納容器の底を貫通して外に出てしまった証拠です。


(関連情報)

「放射性蒸気発生器と化した福島第一原発 」 (拙稿 2015/9/7)
http://www.asyura2.com/15/genpatu43/msg/775.html

「100トン以上の溶融燃料が格納容器内にあればすぐわかる 格納容器は空っぽ 
東電は猿芝居をやめ事実を公表せよ」 (拙稿 2017/2/2)
http://www.asyura2.com/16/genpatu47/msg/419.html
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年2月04日 13:14:29 : 1VdkZxio4g : A5srSfxbzKw[1]

格納容器内はもちろん建屋の中はスッカラカンで、デブリはとっくに地球の奥深くに逃げ出してしまってる事実に議論の余地などない。

なので、犯罪会社東電と犯罪下痢ゾー政権の最大の関心事は、デブリが「建屋に無い事実を隠す」あるいは「建屋にあるのか無いのか判らない」という映像や画像をねつ造し、公表しアポーンな愚民どもが

「原子炉やその近くに燃料留まってるみたいねー、取り出せそう。よかったわー♪」

と浮かれるように騙すことさ。


2. 2017年2月04日 13:33:57 : lv7vbj53vM : R5TUbJyqZ1g[1950]
この会社かな。

日本物〇探〇株式会社 =
日本物理探鉱株式会社
http://www.n-buturi.co.jp/


3. 2017年2月04日 17:07:58 : cBGfgIKRpE : iHb@pq6rmuM[1]
@ >原子炉の燃料は、・・・合計で、450トン程

事故前から公開されている東電のホームページによれば、1−3号機の燃料集合体の二酸化ウランの量は、合計で、257トン。

BWRの燃料集合体1体あたり約250キロなので、1−3号機合計で、374トン。

http://www.tepco.co.jp/nu/f1-np/intro/outline/outline-j.html

http://www.nft.co.jp/qa/qa3.html

http://irid.or.jp/debris/Reference_J.pdf

炉心シュラウドとシュラウドヘッドは、1基あたり34トンと42トンあるとすれば、メルトダウンした溶融核燃料の大よその重量は、1−3号機合計、485トンで、「450トン程」は、当たらずとも遠からず。

A >核燃料の炉心部分は、2800℃

つくばの気象研究所は、大気サンプルから、Tc−99、Mo−99を検出している。

http://www.mri-jma.go.jp/Topics/H23/H23_tohoku-taiheiyo-oki-eq/1107fukushima.html

テクネチウムとモリブデンの沸点は、それぞれ、4265℃と4639℃。

「2800℃」は、二酸化ウラ二ウム(2865℃)の融点から推定された温度で、実際は、もっと高かった可能性がある。

ウラニウムとプルトニウムの融点と沸点は、それぞれ、1132℃、4131℃と639℃、3228℃。

ウラニウムもプルトニウムも、気化して、環境中に、大量に放出されている可能性が高い。(東電の仮定では、環境中に放出されたPu−239の量は、わずか1グラム強の過小評価。)

B >メルトアウトした燃料の接水部分は1100℃だ。水素が出るまであと100℃余裕がある。

意味不明。

メルトダウンして、ひと塊になった状態、コリウム(corium、ちなみにデブリは、事態を矮小化するために用いられている単語だ。)では、表面に水をかけても冷却できない。

水素は、燃料棒(被覆管のジルコニウム)が高温になって、水と反応すると生成する。

あるいは、放射線分解によって、水から生成する。

1−4号機建屋の破壊状況を、政府東電の主張する水素爆発では、説明できない。

米国リッチランドのCTBTO観測所で、検出したXe−133とXe−135の比率から、10回前後の、一種の核爆発であるチェルノブイリ型爆発(instant fission)があったと推定できる。(我々が、見せられている映像は、1号機と3号機の爆発だけ。)

C >「溶け出した燃料の状況は把握できてません。」(政府・東電は言うが実はそうではない。

これは、事実だろう。

メルトダウンした核燃料が、原子炉容器や格納容器に留まっていれば、中性子分散カメラで、直ぐ分かる。(引用したnature.comに分かりやすい図が示されている。)

http://www.asyura2.com/16/genpatu47/msg/429.html#c5

ミュオグラフィ―とか、ロボット投入は、プロパガンダ目的の調査である。

D >建屋の床から泥水の地層に7.8m嵌りこんで、底なし沼の様に動けない。

小出氏も引用するゴフマン博士は、「これはチャイナシンドロームと言われているが、実際は溶けて中国まで達するわけではない。溶けた核は、自ずと冷えて、多分、地中、約半マイル(800メートル)以上は進まないと計算されている。」と語っている。

http://enenews.com/melted-down-nuclear-core-wouldnt-half-mile-earth-nuclear-expert-before-fukushima-audio

崩壊熱だけで、それだけのエネルギーを持っている。

以下は、当方の現在のコリウムの状況の想定である。

コリウムが、断続的に核分裂を起こしてると仮定すると、速やかに地球の核まで到達する。(ウラニウムと地球の地殻、マントル、核の密度を比較。)

核爆発は、瞬間的に、太陽の中心温度に近い1000万℃(地球の核の温度は、6000℃)になることを考えれば、地球に大災害をもたらす事態は、地中深く、静かに進行している。(圧力と熱に注目)

思わぬ場所で、思わぬ事態(地殻変動、火山活動、地震、生物の大量死)が、起きていないか、注意するべきだ。

燃料取り出しは、夢のまた夢、福島第一原発の状態を、オクロ天然原子炉に例えることさえ、今は的外れ。

日本政府と東電は、福島原発事故によって、地球上の全生命に対して、取り返しにつかない大罪を犯した。

おまけ

昨年、福島第一原発周辺で見られた水蒸気の大量発生は、コリウムから、わずかに残された核燃料デブリの核反応によって生じている可能性がある。


4. 2017年2月05日 09:12:56 : gFW7dka71U : YrM0Tpn31nI[561]

>>なぜなら原子炉建屋からかなり離れたところから蒸気が噴出しているからです。 溶融燃料が地下水脈に当たり、温泉のように地上に蒸気を噴き上げているのです。

ほ〜ぅ! いや〜「核燃料さ〜ん」良い仕事してますネ〜♪

東電が自民党への献金・賄賂造り、自分達の高額報酬を得る為だけに「コスト切り詰め」造り上げた『欠陥ハリボテ格納容器』が破れ「行先不明・迷子」に為っても、本気で探したり・救ってもくれない親(東電)を恨む事無く、地下の何処かで律儀にも本来業務の『蒸気製造』作業を未だに続けていらっしゃる。

本当に、親孝行の子供と云えるのではないでしょうか!?

是非とも文部省は、この親孝行を讃え「道徳・倫理」教科書への記載と表彰授与を進めるべきでしょう!。

造られた、嘘ぱっち神話・古事記・日本書紀より余程「御利益」が有ると思うがネ〜ン♪。

あ〜そうそう、ついでに噴き出ている蒸気を活用して『福島ラドン温泉ハワイセンター』造ったら!?

『放射線・放射能』は怖くない「飲んでも大丈夫」「笑っていれば被爆しない」などと、「古事記・日本書紀」もどきの平成神話を、の賜っていた何処かの「御用学者・評論家」などを従業員にしてネ♪。


5. 2017年2月05日 10:52:57 : K528j9SMZU : BGDKXDAZPAU[125]
そう、この事件の責任者が誰なのか。
未だ追及も逮捕もされない。
世界中に取り返しのつかない被害を与え、収束の付かない事件で。

収束させるタイミング、日本国資産を収奪し統治を完全掌握した後だろうか。
日本国民は従順で自らの未来にも無関心だから楽ちんだろうな。
規制規制の官僚支配ってすごいな。


6. 2017年2月06日 00:47:37 : jLK3IwahEU : OOIs4cgauDc[2]
>テクネチウムとモリブデンの沸点は、それぞれ、4265℃と4639℃。

沸点がモリブデン4682度です
又、テクネチウムはモリブデン99の娘核種なので放出は計算できないのでは
比率を見れば放出の時間が推定できるで。

>水素は、燃料棒(被覆管のジルコニウム)が高温になって、水と反応すると生成する。

水とは反応しませんよ、あくまで水蒸気状態の水です。
実際は600度から反応します、水で反応するなら原子炉の中でも反応してしまいます
原子炉の中では臨界中燃料表面は2000度を超えて居るんですから。
循環する水のおかげで溶けないだけですよ。

>米国リッチランドのCTBTO観測所で、検出したXe−133とXe−135の比率から、10回前後の、一種の核爆発であるチェルノブイリ型爆発(instant fission)があったと推定できる。

まだ言ってるの?チェルノブイリは核爆発でなく水蒸気爆発に近い物
圧力管の蒸気圧が上昇して、圧力チャンネル集合部が吹き飛んだタイプ
原因は出力制御の失敗、ECCSの人為的切断、各チャンネル間の反応が均一でない
状況で圧力チャンネルに水を送りすぎ、核反応がバラバラになり制御不能になった
そのため、圧力の上昇によってチャンネル管が引き裂かれ、全圧力が解放
すべてのチャンネルを引き裂いてメルトダウンを起こした。
核爆発じゃありません、時日、チャンネル集合部は炉心上部に引っかかるように
引きちぎられた状態で発見されてます。
汚染原因は圧力管が下部で切断されたため空中に持ち上がり崩壊したと思われます
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Chernobyl/kek07-1.pdf

はっきり言って原子炉の燃料じゃ核爆発は起こせませんよ、何トンあっても
不可能を可能とするのは何故でしょう?



7. 2017年2月06日 01:18:24 : lv7vbj53vM : R5TUbJyqZ1g[1953]
>>6
>はっきり言って原子炉の燃料じゃ核爆発は起こせませんよ

火消し工作活動、ごくろうさまです。

黒いキノコ雲は水素爆発や水蒸気爆発では発生しないし、
屋根の鉄骨がぐにゃりと曲がるような高温にも達しない。

これらは即発臨界爆発が起きた証拠だ。


8. 2017年2月06日 01:56:17 : k2ZCAbswaw : neGP00oQflw[1]
>>6

火消し乙。
モリブデンの沸点は4,639°Cであってます。

たしかにグニャグニャになった鉄骨は水蒸気爆発や水素爆発では説明がつきませんね。


9. 2017年2月06日 19:21:56 : n6AmgvFUm6 : MwRzf9JK5tM[2]
>>6
@ Tc−99の半減期は?

熱中性子によるU−235の核分裂における、Tc−99の累積収率は?

Tc−99の沸点4639℃まで上昇したことを否定できない。

A >水とは反応しませんよ

先ず、水蒸気と水は、違う?

燃料棒が溶けだしている高温状態で、水は液体として存在できる?


B >水で反応するなら原子炉の中でも反応

燃料棒の酸化は、起きている。

>the oxidation kinetics of Zircaloy-2 in water and steam at
.relatively low temperatures and high pressures are well kpown

https://www.nrc.gov/docs/ML1009/ML100900446.pdf

C ロシアの科学者が、チェルノブイリ原発事故は、核爆発(instant fission explosion)だと主張している。

http://link.springer.com/article/10.1007%2Fs00024-009-0029-9

ロシアの科学者の論文にあるリッチランドのデータ。

福島原発では、10回前後のチェルノブイリ型核爆発があった。

http://www.ctbto.org/fileadmin/snt2013/posters/T2-P22.pdf

あなたの反論は、英語のウィキからの借り物だ。


10. 2017年2月10日 03:15:29 : lv7vbj53vM : R5TUbJyqZ1g[1966]
もし溶融燃料が格納容器の底を抜けて沈下していないと言うのなら、
東電はこの「日本物〇探〇株式会社」に依頼して、建屋地下を探査してもらい
異変がないことを発表すればよい。
われわれの懸念もそれで解消するはずだ。

それができないのは、溶融燃料が地下深く沈下しているからだ。


11. 2019年6月17日 01:11:03 : qW5770aSac : ZHBpTDdEcXlON1U=[665] 報告
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/lifeline/1557412676/l50
931地震雷火事名無し(西日本)2019/06/16(日) 13:22:27.26ID:BmfMvbM6

福島第一の原子炉の直下は現在どうなっているのであろうか。
公式の発表はされて いないが現場の作業員から漏れ伝わっている話しを総合すると、
メルトダウンした 燃料はサプレッションチェンバの直下30メートル付近で固まっており、
その形状から 「力士の足」と呼ばれているそうだ。
強烈な放射能を放っているため現場は飲食禁止。タバコなどもってのほかで、
ベテラン 作業員でも5分間しか作業を続けられない過酷な環境だ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素47掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素47掲示板  
次へ