★阿修羅♪ > 経世済民106 > 806.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
タクシー運転手の悲惨な実態…事故や乗客の未払い分を自腹、酒酔い客のトンデモ行動&暴言(Business Journal)
http://www.asyura2.com/16/hasan106/msg/806.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 3 月 25 日 00:42:20: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

タクシー運転手の悲惨な実態…事故や乗客の未払い分を自腹、酒酔い客のトンデモ行動&暴言
http://biz-journal.jp/2016/03/post_14389.html
2016.03.25 文=稲垣浩生/ライター兼タクシードライバー Business Journal


 3月24日付当サイト記事『タクシー運転手の悲惨な実態…1日20時間労働、必死に月50万売り上げても月給25万』(http://biz-journal.jp/2016/03/post_14378.html)で、タクシードライバーの賃金形態や労働の実態についてお伝えした。今回は、さらに業界の内情に迫るとともに、乗客とのやり取りについてもお伝えしたい。

 まず、タクシードライバーにとって最も怖いのが「事故」だ。軽い単独事故であれば、会社に報告しないで自腹で修理してしまう運転手も少なくない。会社に報告すれば、帰庫時に報告書を書かなければならない上、管理者にキツく怒られた挙げ句、無事故手当がもらえないため、収入が減ってしまうからだ。

 相手のある物損事故の場合、修理費に応じてペナルティを課されることも少なくない。軽い衝突などで相手が病院に行った場合、こちらの車が傷ついていない程度の接触でも、5万円前後の支払いを覚悟しなければならない。

 そして、車を大破させた場合は相当額を取られる。居眠り運転など、ドライバーの過失が大きければ、1〜2カ月の給料が吹っ飛んでしまうこともある。実際は分割されて月々の給料から天引きされるかたちになるが、きちんと保険で賄ってくれる会社もある。

 乗客にけがでもあれば、もっと大変なことになるが、タクシー会社に就職する場合、前回記事で言及した売り上げと歩合率の関係に加え、事故に関することは必ず聞いておこう。なお、当たり前だが、交通違反の罰金もドライバーが自腹で払うこととなる。

■「これ以上は払わない!」と言われ、泣く泣く自腹を切ることも

 タクシーの料金メーターは時間によっても上がる仕組みになっているが(時速10キロ以下の場合、時間メーターが作動する)、たまにそれを知らない乗客がいる。

 ある日の夕刻。渋滞にはまり、普通なら20分で着くところを40分もかかってしまった。料金は3000円前後のはずだったが、メーターは4000円を超えている。

 私は最初に経路の確認をしており、経路を指示したのも乗客自身だ。渋滞中に「迂回しますか?」と聞いても「いいよ、このままで!」とイライラ口調だった。迂回路などない直線ルートのため、こちらも我慢せざるを得なかったが。

 目的地に着くと、案の定「いつもより1000円以上も高い!」とクレームをつけられた。「すいません、渋滞していたもので……」と言っても、「これしかない!」と3000円を置いて「これ以上は払わない!」の一点張りだ。

 正直、こちらに落ち度はないのだが、乗客は「3000円しかないからね!」と吐き捨て、降りてしまった。「おいコラ、待て!」とやってもよかったが、会社の看板を背負っている以上、そんな口は聞けない。貴重な営業時間をロスすることになる上、無駄なストレスも生じてしまう……。

 そうあきらめて自腹を切ったが、このように、時には話の通じない乗客を相手にしなければならないのが、タクシードライバーという仕事だ。

 もっと困るのが酔客だ。深夜の割増時間帯などは、一刻も早く次の乗客を見つけたい。しかし、酔客は一度寝たらなかなか起きないため、起こすだけで30分以上かかることもある。交番で助けを求めようにも、夜間は警察官が不在のケースも多い。

 こうした場合、ドライバーは乗客の体に触れることができない。「財布がなくなった!」など、つまらないトラブルの要因になるからだ。相手が女性の場合は、なおさらである。

 では、そんな時はどうするか。「窓を全開にして走る」「タクシーの天井をドンドンと叩いて響かせる」などが有効な手段だが、それでも起きない強者もいる。さすがに「水をぶっかけて、そのへんに投げ捨ててやりたくなる」のが偽らざる心情だ。

 しかし、嘔吐する乗客よりはまだましだ。嘔吐が困るのは、その後の仕事に差し支えるからだが、そんな時も、乗客に清掃料金などを請求するのはご法度とされている。「危ないな……」と感じたら乗せないに限るが、ナンバーを控えられて乗車拒否の通報をされないとも限らない。このあたりを要領よく立ち回る能力も、タクシードライバーには必須だ。

■「もう金がねぇから、5000円で行けや」

 暇な給料日前の火曜深夜のこと。駅に向かう道すがら、千鳥足の2人組を拾った。どうやら接待のようで、片方の乗客は接待相手を褒めまくっていたが、途中で相手が降りると態度が一変。

「あのバカ野郎、全部こっちに払わせやがって。おい運ちゃん、もう金がねぇから5000円で行けや」

「運ちゃん」という物言いにカチンときたが、我慢してこう返した。

「すいません、5000円ではとても無理です」(通常なら7000円ほどかかるルートだ)

「なら、なんで走らせてんだ、コラ!」

「それでは、止めましょう。正規の料金を払っていただけない方は、お客様ではありません。下車強要にもあたりませんので、ここで降りてください」

――普段であればこう返すが、この日はものすごく暇で空車のタクシーがあふれている。それを見越して強気に出てきた乗客に対して、どう返答しようかと考えた。ちなみに、5000円なら、その日の売り上げノルマもクリアすることができる。

 仕方なく、不足分は自腹を切る覚悟をした。(ちなみに、値引きを行った運転手は罰金刑の対象となる場合があり、会社は営業停止処分となる場合もある)

 しかし、乗客の機嫌は収まらない。運が悪いことに、この日の車にはドライブレコーダーもついておらず、もしこの乗客が苦情を入れた場合、証拠不十分のためにドライバーの言い分は聞いてもらえないだろう。

「わかりましたよ、行きますよ!」とイラ立ちながら言うと「てめぇ、何キレてんだ、この野郎!」。

……もはや、何を言っても始まらない。私は無言で車を走らせた。

 以上、タクシードライバーのつらい実態をお伝えしたが、それでも私はこの仕事を辞めようとは思わない。いい会社で、いい仲間と仕事ができているからだ。

(文=稲垣浩生/ライター兼タクシードライバー)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年3月25日 04:57:12 : w9iKuDotme : S@BYVdB2dgc[1301]
鈴木一人氏
「自動運転車に不可欠なのが測位信号。来年には準天頂衛星が打ち上がり、本格的な運用に入る。日本の自動運転技術が国際基準になってくれれば準天頂衛星の将来にも大きな可能性が開かれる。」
https://twitter.com/KS_1013/status/713085261928751108

タクシーも自動運転で。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民106掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民106掲示板  
次へ