★阿修羅♪ > 経世済民108 > 418.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
再度落ち込んだ中国の輸出と貿易黒字(GLOBAL EYE)
http://www.asyura2.com/16/hasan108/msg/418.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 5 月 09 日 12:23:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

再度落ち込んだ中国の輸出と貿易黒字
http://www.globaleye-world.com/2016/05/1293.html
2016.05.09 09:22  GLOBAL EYE


4月の中国の貿易統計が発表され、輸出は一年前に比べ1.8%減少の1728億ドル、輸入は10.9%減少の1272億ドルとなり、貿易黒字額は456億ドル(円換算で4.8兆円余り:年率換算で58兆円)となっています。

アメリカのトランプ候補は中国との貿易でアメリカは3000億ドル、円換算で32兆円余りの赤字になっており、これを解消するべきとしており、日本とも同じスタンスを取っています。

中国は60兆円もの貿易黒字を記録する巨大貿易国であり、もういい加減黒字は減らしても良いのではないかというのが
トランプ候補の持論なのです。

アメリカは日本とは直近では年率換算で15兆円余りの貿易赤字を記録しており、中国とは30兆円余り、日本とは15兆円余りの赤字となっており、この2ケ国だけで45兆円余りの<貿易赤字>となっており、これを解消させるとしているのです。

またアメリカの航空機を買えとなるのでしょうが、そろそろ政府専用機も買い替える時期に来ており、B747型機からB777型機に換えることを求められるのは当然として、アメリカ製品をもっと輸入するか、日本の輸出品である自動車に対して高率な関税をかけるというのもトランプ氏らしい政策と言えます。

中国は膨大な黒字をアメリカでの事業投資に使っており、バランスからすればさほどアメリカは損をしていないかも知れません。
このため、トランプ候補から大上段から「中国はけしからん」という意見が出てこないのかも知れませんし、中国によるトランプ候補への工作活動がしっかりしているのかも知れません。

膨大な貿易黒字をアメリカに還流させる中国の政策はある意味、理に適ってはいます。
ただ、いつまでも還流だけではだめであり、今後中国からの輸入品に対して高率関税を課すとなれば、アメリカ以外の国に中国製品が流れ込み、物価下落に拍車をかける(デフレをまき散らす)ことになるかも知れません。


関連記事
中国の輸出入、4月はともに予想以上に減少 内外の需要振るわず(ロイター)
http://www.asyura2.com/16/hasan108/msg/385.html

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年5月09日 13:15:37 : 91avpxHHG1 : 26HlK1e07MM[99]

 「気にしないこと」が 21世紀の 国家間の経済モデルだと 主張している

 アメリカが どんなに赤字をため込もうが 気にしないで ドンドン 輸出してあげる

 ===

 中国や日本に 何百兆円かのドルが溜まっても 「気にしないこと」ですね〜〜

 気にしだすと ドルの価値が下がってしまう 下がれば 中国も日本も アメリカに輸出できなくなる

 輸出できないと 工場が動かなくなって 労働者の仕事が無くなってしまう

 気にさへしなければ 永久に アメリカに輸出ができることになる

 ===

 日本や中国の工場を守るためには 「きにしないこと」です
 


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民108掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民108掲示板  
次へ