★阿修羅♪ > 経世済民108 > 718.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
いまや11万人 “専業主夫”に向く男性「5つの共通点」とは(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/16/hasan108/msg/718.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 5 月 18 日 15:21:30: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

           写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ


いまや11万人 “専業主夫”に向く男性「5つの共通点」とは
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/181495
2016年5月18日 日刊ゲンダイ


 サラリーマン人生にうんざりしていたら、「専業主夫」という道もある。いまや主夫は11万人。「『専業主夫』になりたい男たち」の著者、白河桃子氏に聞いた。

「あるイベントで『責任を持って家事や育児をやっている』と胸を張る主夫に出会ったのです」

 それが「女性管理職を3割に増やすなら、主夫も3割」という目的を掲げる「秘密結社 主夫の友」CEO堀込泰三さん(30代)だった。イベントには2人の男の子を連れてきており、彼らの伸び伸びした姿に「いいなぁ」と思ったという。

 これまで白河さんが出会った“逆転夫婦”の多くは、彼ら自身が「不本意な選択をしている」と後ろめたい様子。「主体的に選んだ」と話す堀込さんの姿は印象的だった。

 白河さんは、「主夫の友」を通し、何人もの専業主夫に話を聞いた。

 その一人、佐久間修一さん(40代)が20年近く前に専業主夫になったのは、難病で働けなくなったことだった。妻に別れを切り出したが一蹴され、妻が働き、佐久間さんが家事を担当する生活が始まった。

■ネクタイ締め炊事や掃除

「当初は妻に養ってもらうことを受け入れがたく、朝起きるとスーツに着替え、ネクタイを締め、炊事や掃除をしていたそうです」

 しかし、一家の大黒柱として必死ながらも、楽しくて仕方ない様子で働く妻を見ているうち、「才能がある彼女をバックアップするのと、自分が働くのとどちらがいいか」と考えるように。専業主夫になる決意の表れとして金髪に染め、スーツと決別したという。

 CEO堀込さんの場合、育児休暇の経験が“主夫道”につながった。

 東大卒業後、昔から好きだった自動車エンジンの開発に従事した。研究職の妻が妊娠。契約の関係で妻は育児休暇を取りづらい。堀込さんが自分の上司を説得し、育児休暇を取得した。2年後職場復帰するも、当時、妻は海外赴任だったため、子どもたちと離れての生活になった。それが想像以上につらく、妻と話し合いの末、堀込さんが退職して主夫になった。

「主夫になった理由は、健康上の問題、圧倒的な収入差、親の介護、妻の転勤などさまざまでしたが、みなさん『まさか主夫になるとは思っていなかった』。世間との軋轢を感じることもしばしば。でも、総じてあっけらかんとした明るさとユルさがありました」

 主夫が口をそろえて言うのは「男の沽券を100%吹っ切ると楽になる」。主夫でない男性から「どうしたらそんなに楽しそうになれるのか?」と質問されると、「こっち側に座れば楽になりますよ」。

 白河さんは、「主夫が絶対お勧め!」と言っているわけではない。何らかの理由で働けなくなることはだれにだって起こり得る。近い将来でいえば、夫の定年退職後、妻の収入が主になれば、それが主夫へのきっかけになるかもしれない。

「『男は仕事、女は家事』といった男女役割分担の壁を壊し、多様性を認める。男女ともに意識の変換を図るのです」

 ただし、主夫とヒモを混同することなかれ。ヒモは、女のパンツ一枚洗わない男。主夫は、堀込さんの言葉から「家事や育児を“主”体的に担う“夫”」。

 主夫に向いている男性は、@無駄なプライドを捨てるのが上手A家にいるのが好きB会社での競争より子育てにやりがいを感じるC女性でもすごい人は素直に尊敬できるD節約に喜びを感じる――。偏見に凝り固まった男性には「主夫は無理でしょう」とのことだ。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民108掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民108掲示板  
次へ