★阿修羅♪ > 経世済民110 > 208.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
石油価格はどうなる?ダニエル・ヤーギンの予測(Wedge)
http://www.asyura2.com/16/hasan110/msg/208.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 6 月 22 日 17:28:45: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

石油価格はどうなる?ダニエル・ヤーギンの予測
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160622-00010003-wedge-int
Wedge 6月22日(水)12時10分配信


 石油問題の権威のダニエル・ヤーギンが、5月15日付ウォール・ストリート・ジャーナル紙掲載の論説で、石油価格はこの秋、バレルあたり50ドルぐらいに落ち着くであろうが、抜本的な経済改革を進めようとしているサウジは、改革推進のため石油の増産を続けるであろう、と述べています。論説の要旨、以下の通り。

 石油価格はこの秋には、バレルあたり50ドル程度に落ち着くだろう。
米国のシェールオイル生産者は生産コストを劇的に減らしたが、さすがにここにきて息切れし、存続を最優先に投資を大幅に削減した。米国の産油量は、本年末には2015年の1日970万バレルのピークから100万バレル以上減るだろう。他方2020年までには、世界の石油消費量は本年の1日9560万バレルから1日570万バレル増える可能性がある。

■1バレルでも市場シェアをイランに渡したくない

 米国のシェールオイルは、生産の開始が短期でできるので、消費増に対応するだろうが、対応の中心はサウジや他の湾岸産油国だろう。サウジは、副皇太子が、油価は市場が決めるもので、サウジはそれに従うと述べ、新しい石油大臣のハリッド・アルファリは、サウジは生産量を現在の1日1020万バレルから1200万バレルに増産できると述べた。

 その上、サウジは1バレルといえども市場のシェアをイランに渡したくないと思っている。サウジとイランの緊張の高まりは今日の石油市場の中心要素である。

 サウジは経済を多様化し、世界最大の政府系投資基金を作って開発を促進し、石油以外の収入を2030年までに少なくとも6倍にする計画である。計画はまたイランとの競争、イスラム過激派との競合、米国との関係の冷却化などの地政学的力によっても影響を受けている。

 これらの目的を伝統的社会が決められた時間内に実現することは大きな挑戦である。しかし皮肉なことに石油依存の軽減は、確実な石油収入なしには実現できない。サウジは世界で最も低い産油コストを利用して、競争が激しさを増す世界のエネルギー市場で、生産を拡大し、競争力を高めるだろう。

出典:Daniel Yergin,‘Where Oil Prices Go From Here’(Wall Street Journal, May 15, 2016)

原油価格(WTI:West Texas Intermediate)がこの秋50ドルぐらいに落ち着くであろうとの見通しは、妥当と思われます。

 WTIは、ここにきて50ドル前後をつけていますが、これはナイジェリアの政情不安、カナダ・アルバータ州の山火事という、短期特殊要因を反映したものと思われ、このペースで油価が上昇し続けるとは考えられません。

■耐久性をつけたシェール

 今後の原油価格の動向を左右する供給側の主たる要因は、米国のシェールオイルの動きとサウジの政策でしょう。米国のシェールオイルについては、原油価格が30ドルまで下落すると、さすがに打撃は大きく、倒産する会社が増えたり、新規投資が手控えられたりしましたが、米国のシェールオイルの損益分岐点は、技術革新により急速に下がってきています。また、シェールオイルの特色は、油田の開発に要する時間が短いことです。したがって、原油価格が50ドルぐらいになれば、米国のシェールオイルの生産が再び増加に転じると予想されます。

 一方、サウジについては、ヤーギンが指摘するように、当分は生産を拡大すると予想されます。したがって、原油価格が50ドルを越えて上昇し続けることは、予想しがたいと言えるでしょう。

岡崎研究所
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年6月22日 23:44:56 : Qk0z0gVGLY : lQZkNLxHm_4[390]
今50ドルに落ち着いているのはサウジイランロシアと友好的な産油国がそれ以上下がる
と打撃を受けるから。原油からのシフトが進むとそういった国に耐性ができるので、
サウジイランロシアはさらに価格を下げられる。

つまり、シェールオイルが50ドルで耐えられるといっても、今後それ以上に下がる
可能性がある。それにシェールは耐えられるのか。

もう少し言うと、サウジイランロシアは米国シェールを潰す意図がある。他の産油国に
時間的猶予を与えているが、最終的にはそれらを切ってでも価格を下げにくる。
もはや時間の問題ではないか。

シェールが破綻すれば、米国金融が崩壊し、米国覇権が崩壊する。
米国覇権崩壊で利益を得る国は世界にゴマンとある。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民110掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民110掲示板  
次へ