★阿修羅♪ > 経世済民111 > 155.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
中国は経済大国になったが、誤った道を進んでいる―スイス紙
http://www.asyura2.com/16/hasan111/msg/155.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 7 月 21 日 02:13:25: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

18日、スイスのドイツ語紙ノイエ・チュルヒャー・ツァイトゥングは「中国は経済大国になったが、誤った道を進んでいる」とする記事を掲載した。写真は上海。


中国は経済大国になったが、誤った道を進んでいる―スイス紙
http://www.recordchina.co.jp/a135800.html
2016年7月20日(水) 8時0分


2016年7月18日、スイスのドイツ語紙ノイエ・チュルヒャー・ツァイトゥングは「中国は経済大国になったが、誤った道を進んでいる」とする記事を掲載した。仏国際放送ラジオ・フランス・アンテルナショナル(中国語電子版)が伝えた。

中国経済は強大になったが、スイスのドイツ語メディアは経済指標、数値の正確さに疑問を呈している。同時に中国経済が抱える問題、真の実力に注目している。

中国国家統計局は15日、16年4〜6月期の国内総生産(GDP)が物価変動を除く実質で前年同期比6.7%増えたと発表した。数値がどうあれ、中国はなお世界経済をけん引していることは疑いがない。しかし、中国経済は誤った道を進んでいる。まずは国営企業を始めとする企業負債の蓄積だ。さらに向上すべき生産力は足踏みが続いている。最後に中国企業の海外投資の増加だ。中国大陸そのものに吸引力がない。

独メディアは「中国は強力なカンフル剤を打ち、経済を落ち着かせようとしている」とみる。しかし、代償は大きい物になるだろう。輸出と消費の減少、生産能力と貸付額の増加が不安要因となっている。(翻訳・編集/大宮)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年7月21日 04:27:56 : XS5lMyu2oA : 7wp4mKoSFHY[2]
>さらに向上すべき生産力は足踏みが続いている。
>生産能力と貸付額の増加が不安要因となっている。

矛盾してる?


2. 2016年7月21日 06:08:10 : Qk0z0gVGLY : lQZkNLxHm_4[474]
この記者頭悪そうだな。

単に経済的数値が悪いだけのようにしか見えん。そりゃ景気は浮き沈みがある。

どのへんが方向誤っているのか書けていない。

>真の実力に注目している。
経済指標のごまかしならもっとすごいのがいるからそっち気にしたほうがいいよ。
今表向き経済一位の国だよ。

アメリカみたいになるから経済指標ごまかしたらいかん、つうならわかる。その通り。
だから習は無駄に通貨や株価上がらないようにしてるよな。


3. 2016年7月21日 16:38:40 : za1IGICtw6 : O3BOqhe9YX8[1]
中国企業は既に「人手不足」だ
http://jp.reuters.com/article/china-manufacturing-idJPKCN1002BM

生産拠点と労働力を海外に求めて何が悪いんだ。
トヨタだってやってる、スイスのネスレだってやってることだ。

海外に生産拠点を構えれば、債務も増えるし、国の外貨準備も一時的に減る。
全て、中国の大儲け企業が海外に生産拠点を移転ということで合理的に説明が付く。

この記事を書いた記者は何か説教したい、糞プロテスタント伝統のカネ払いの悪さで事実誤認だ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民111掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民111掲示板  
次へ