★阿修羅♪ > 経世済民111 > 553.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ケンタのチキン食べ放題、食べてみたらグロッキーな惨状に…客全体にゲンナリ感(Business Journal)
http://www.asyura2.com/16/hasan111/msg/553.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 8 月 04 日 00:55:10: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 


ケンタのチキン食べ放題、食べてみたらグロッキーな惨状に…客全体にゲンナリ感
http://biz-journal.jp/2016/08/post_16166.html
2016.08.04 文=牛嶋健/A4studio Business Journal


 昨年に引き続き、今年も実施されることになったケンタッキーフライドチキン(以下、KFC)の食べ放題。今回は「お客様のご愛顧への感謝を込めて」のキャンペーンとのことだが、1,380円という価格で、普段なかなか手が出しにくい価格帯のKFCの商品を食べ放題できるとなれば、興味を持つ人も多いのではないか。


 昨年の飲食業界の売上高ランキングで、KFCは15位で約834億円。同じファーストフード業界のマクドナルドが2位で2,604億円であるのに対して、3倍以上の差をつけられてしまっている。また、近年ではセブン−イレブンやファミリーマートなどのコンビニエンスストアがホットスナックとしてフライドチキンの類似商品を販売しているせいか、2015年の3月期連結決算では赤字となってしまっている。


 そんな苦境に立たされているKFCが食べ放題を行うことの狙いとしては、「話題づくり」と同時に「クリスマス以外に足を運ばない顧客に店舗に足を運んでもらう」「KFCの商品を食べてもらい、その品質を実感してもらう」といった理由もあるのではないか。


 今回の食べ放題は、料金が1,380円で「オリジナルチキン」「ビスケット」「フライドポテト」「ソフトドリンク」の4種類が45分間好きなだけ食べられるようになっているのだが、現在、KFCのオリジナルチキンは1ピース250円で4ピースが980円。少なくともオリジナルチキンを6つ以上食べれば、元は取れる計算となっている。


 そこで、実際に筆者がKFCの食べ放題に挑戦してみて、本当に元が取れるのかということを確かめてみた。


■釈然としないシステム


 今年の食べ放題は昨年のように1日限りの開催ではなく、7月中旬から8月末にかけて毎週水曜日に全国の207店舗で開催されるということなので、非常に参加しやすくなっている。
 だが、KFCのHPによると要予約。店舗に赴くか電話での予約が必要とのことなので、最寄りの店舗に電話で予約をしてみると、「料金は前払いなので前日までに一度、支払いにきてほしい」と言われて、少し不便さを感じた。


 結局、前日に急用が入り支払いに行けない旨を予約キャンセルを承知で連絡したところ、「当日、早めに来て支払っていただければ大丈夫です」と言われて、釈然としない思いを抱いた。


 そして当日予約した開始時刻である17時の20分前に店舗に到着し、料金を前払いしていると、今から参加できるのか確認をする客が3組。3組ともに「参加可能」と告げられて、その場で料金を支払っていたのを見ると、空き状況さえあれば当日でも問題なく参加できるようだ。


 訪れた店舗がレジとキッチンが一階、イートインが二階というタイプの造りであったため16時50分になると店員が、参加客を二階に誘導し始める。着席すると早速、食べ放題のメニューが運ばれてきた。



■リブ、リブ、キール、リブ、リブ、キール……


 食べ放題のシステムを改めて説明すると、制限時間は45分。これはキッチンタイマーのようなものでカウントされていた。最初にオリジナルチキンが3つ、ビスケットが1つ、フライドポテトが1つ、そしてソフトドリンクが1つ、プレートに載せられてきて、これを完食することでおかわりが可能になるというもの。


 ソフトドリンクはペプシコーラ、ペプシネックスゼロ、ジンジャーエール、メロンソーダ、ウーロン茶、アイスティー、アイスコーヒーの7種類からチョイス。こちらも事前に予約や申し込みをする際に伝える仕組みとなっている。ここでは、脂っこいものを食べるのでウーロン茶を選択しておいた。


 そして17時の開始時刻5分前ではあったが、今回の参加者が全員揃ったため、時間を繰り上げてスタート。店員も初めてなのかバタバタとケチャップやウェットティッシュを用意しながらのスタートとなった。


 まずはオリジナルチキンを久しぶりに食べてみると、確かにうまい。スパイシーな衣と柔らかい肉質は確かに食べ応えがあるもの。マクドナルドの「シャカチキ」やファミリーマートの「ファミマプレミアムチキン」とはやはり一線を画しているように感じられた。さらに、ビスケットもモチモチとしていて胃にずっしりとくる。


 しかし、最初のプレートで運ばれてきたチキンはリブが2つでキールが1つ。リブとは鶏のあばら周辺の胸肉で、キールは胸肉。もも肉であるドラムなどに対して骨が多いため食べづらく、身が多少パサついているのが特徴だ。咀嚼しようにも、口の中の水分が、肉と熱さで失われていき頻繁にウーロン茶を口に運ばざるを得ない。他の参加者は一番早い人では7分程度で最初のおかわりに立って次のチキンに取り組んでいるが、筆者は10分かけて最初のプレートを食べ終わり、おかわりに行くこととなってしまった。


 おかわりは最初のプレートと一緒に渡されたルールが書かれた用紙の裏にカウントできるようになっていて、こちらをレジに持っていくと商品を追加で渡してくれる。どれを何個おかわりしたいのかレジ内の店員に伝えると手早く商品を用意してくれるのだが、この際に、オリジナルチキンの部位を指定することはできないというのが食べ放題のルール。あえなく、またしてもリブ2つとキール1つを渡されてしまった。これは、キツい……。


 さらに、水分が足りなくなったし、口の中が脂まみれになってしまったのでジンジャーエールをおかわり。これで必死に食べ進めていくも、追加の3個を食べ終えた時点で、時間は30分経過。参加者全体に「もういいよ……」という雰囲気が漂い、自分もチキンから染み出る脂を見てゲンナリするようになってきていたが、ラストスパートでさらに2個のチキンをおかわり。ようやく、ここでドラムが2つきたのもあってなんとか食べきって、タイムアップとなった。


■元は取れるが……


 最終的に自分が食べられたのがオリジナルチキン8つ、ビスケット1つ、フライドポテト3つ、そしてソフトドリンク3つ。周囲の参加者のなかにはチキンのみをおかわりし続け、10個ほど食べている人もいた。オリジナルチキンは4ピースで980円、10ピースで2,450円なのだから十分すぎるほど元は取れている計算だ。



 さらに今回、実は妻にも参加してもらっていた。彼女は娘を抱えながらゆっくりと食べていたのだが、それでもオリジナルチキン6つ、ビスケット3つ、フライドポテト3つ、そしてソフトドリンク2つという男顔負けの恐ろしい成績を収めていた。感想を聞いてみると「あばらや胸のチキンが来ると食べづらく、ウェットティッシュが大量に必要となって大変だった。ビスケットはハニーソースをかけるから甘さとモチモチ感ですぐにおなかいっぱいになる」とのこと。


 男女ともに食べ放題の元は取れたので、チキンを食べまくりたいという人には、お勧めかもしれない。しかし、夫婦ともに感想は「正直、もうクリスマスまでフライドチキンは食べなくても構わない」というものであった。


(文=牛嶋健/A4studio)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年8月04日 15:05:19 : 0woeFjdVms : aqvB_d_qtbo[1]
かなり昔にファミリーパックのようなものを
購入したら骨ばかりの部位とパサパサの部位ばかりで
クリスマスのテンションが堕ちたことがある
・・いまだにこんなことやってたら
そりゃ売り上げも落ちて当然 さっさと撤退すればいい
元取るために無理矢理食う骨の多いパサパサチキン・・

2. 2016年8月06日 22:36:57 : XPUUP0BLaE : bjiw@DTb8Yg[17]
バイキングも同じ目に遭う
元を取ろうと、欲張るなかれ

美味しく食べたい人は
好きな物を少しずつが…良い


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民111掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民111掲示板  
次へ