★阿修羅♪ > 経世済民112 > 458.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
グリーンスパン元FRB議長とロスチャイルド「極めて悲観的な見通し」で一致 グリーンスパン元FRB議長が仕掛けた「金融爆弾
http://www.asyura2.com/16/hasan112/msg/458.html
投稿者 軽毛 日時 2016 年 8 月 27 日 22:57:34: pa/Xvdnb8K3Zc jHmW0Q
 

グリーンスパン元FRB議長とロスチャイルド「極めて悲観的な見通し」で一致
2016年8月25日

グリーンスパン元FRB議長が「米国の金利は今後急速に上昇する」と見ているとの報道がありました。彼の結論は2つ、「現在の低金利は長くは続かない」そして「ユーロ圏は分裂する」です。(『いつも感謝している高年の独り言(有料版)』)
※Greenspan Sees U.S. Interest Rates Rising Soon, Perhaps Rapidly – Bloomberg
※本記事は、『いつも感謝している高年の独り言(有料版)』2016年8月25日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。
グリーンスパン元FRB議長「米国の金利は今後急速に上昇する」

報道のポイント
グリーンスパン元FRB議長は、ブルームバーグのラジオ・インタビューで、米国証券取引委員会のArthur Levitt元委員長に対し「金利を長く抑え続けることはできないだろう」と語った。
「金利は上昇するはずであり、一旦動き出すと、驚く程急速に上昇するだろう」という。
現在、満期10年もの米国債の金利は1.55%で、年初の2.27%から大きく下落しているが、同元議長は、米国経済は景気沈滞下のインフレ、スタグフレーションになるとの懸念を示し、「現在は、スタグフレーションの極めて初期の状態にあることは間違いない」とした。
【関連】グリーンスパン元FRB議長が仕掛けた「金融爆弾」 ゴールド現物は投資家を救うか?
また、ユーロ圏が現在の姿で今後も存続できるかどうかについては非常に悲観的で、同元議長は「EUは分裂するだろう。すでに色々な地域でその徴候が見られるではないか」と語った。
彼が、19カ国の通貨をまとめるのは無理があると考えるのは、まず各国の文化が違うこと。次にインフレーションに対する考え方が、欧州の南側と北側の国々とでは異なることが理由だ。
ドイツやオーストリアなど、インフレ嫌いの数カ国で独自の共通通貨を創設することも可能だろうが、そうなると、これらの国々は経済的な利益を得ることができなくなると同議長は語った。
ノーベル賞受賞者のスティグリッツ教授は、別のブルームバーグTVのインタビューで、EUは何らかの改革を進めない限り分裂するだろうとして、「一緒にいることができないのであれば、友好的な協議離婚となり、多分2つか3つの通貨ブロックに分かれるのが好ましいだろう」と語っている――
以上です。
有限の地球表面に、ヘリコプターから無限にマネーを散布すれば、ある日突然物価が上昇し、同時に金利が高騰するだろうという「予言」は、元議長だけでなく、多くの論者が語っています。のみならず、ワイマール時代のドイツ、現在のジンバブエなどで実際に起きた歴史的事実でもあります。
国家が信認を失ったときが、そのスタート地点となります。それとも、日銀総裁が全世界に語りかけたように、「ピーターパンのように飛び続けることができると信じれば、飛び続けられる」のでしょうか?
Next: ロスチャイルド投資ファンドトップも「極めて悲観的な見通し」

ロスチャイルド投資ファンドトップのJacob Rothschild伯爵が、その2016年上半期の業績報告書で、経済の先行きに対して極めて悲観的な見通し(英文)を語っています。

報告のポイント
2016年上半期のトータルリターンは、目下の悪い環境の中でも3.6%あり、純資産は87.9Mポンド増え、純資産は過去最高の2.5Bポンドに達した。
投資ファンドを率いる総帥のJacob Rothschild伯爵は、業績報告書の中で「この半年間を考えてみると、現在、全世界の中央銀行は世界の金融政策史上最大の実験をしている。それゆえ今後どうなるのか予測がつかない。超低金利政策、マイナス金利となった全世界の政府国債、巨額の量的緩和政策の影響により、予期せぬ結果が出てくるかもしれない」と述べている。
そのため最重要課題は資産の保護であり、ロスチャイルド氏は「株式への資産配分を55%から44%に減らした。またスターリング建ての資産も34%から25%程度に減らし、その代わりゴールドや貴金属の資産を8%に増やした。加えて“Absolute return and credit”(間違いなくリターンのあるものや信用の置ける資産)も増やし、これがこの半年間のリターンとして戻ってきた」とした。
報告のポイントはここまでですが、さらに掘り下げて、2016年上半期の業績報告書の詳細を見ましょう
彼の言う、トータルリターンに貢献した“Absolute return and credit”とは何なのか?同資産ファンドの業績報告書を見てみると…

http://d16tvlksr2me57.cloudfront.net/p/money/wp-content/uploads/2016/08/25074052/160825kan01.jpg 

http://d16tvlksr2me57.cloudfront.net/p/money/wp-content/uploads/2016/08/25074054/160825kan02.jpg

(ア)業績報告書の冒頭部分で「量的緩和で株価を上げることに成功したが、これは永遠に続けられるものではないだろう。地政学的に超不安定要因になっていることなど、多くの逆風が市場を襲うだろう」と見ていることが読み取れます。それゆえに、安全資産に軸足を移し、ゴールド、貴金属の資産配分を8%増やしたと述べています。
(ウ)業績報告書の資産配分内訳データの一部です。“Absolute return and credit”(間違いなく信用できる安全資産)の欄には不動産が2つ、そしてブラックロック金鉱株ファンド、金先物、銀先物ロングと明記されています。
(イ)ただしこの2つの不動産資産は普通のものではなく、歴史的に重要な貴族の邸宅、居城であったり、歴史的な住宅資産です。その一つのSpencer Houseの写真が(イ)です。
一番安全なものが一番リターンが高いことは、この百年間の歴史で証明されています。
________________________________________
※本記事は、『いつも感謝している高年の独り言(有料版)』2016年8月25日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。
【関連】日銀緩和の行方〜産経のグッジョブとブルームバーグのミスリード=E氏
【関連】中国が極秘裏に描く「世界金融戦争の終盤戦略」〜金買い増しと資金流出のウラ
【関連】詐欺か、錬金術か。ただの紙切れが「1万円札」になる本当の理由=吉田繁治
http://www.mag2.com/p/money/20997/2 

 

グリーンスパン元FRB議長が仕掛けた「金融爆弾」 ゴールド現物は投資家を救うか?
2016年5月10日ニュース
シェア
102
ツイート
53
はてブ
2
Pocket
9
アラン・グリーンスパンは、彼の論文「金と経済的自由」で主張していたように、金本位制の信奉者であることは間違いありません。しかし、FRB議長に就任するや否や、彼が実行した政策のすべてが、それと正反対のものになりました。それもそのはず、グリーンスパンこそが、今日の世界恐慌の危機を仕込んだ張本人だからです。(『カレイドスコープのメルマガ』)
各国政府・中銀は金に対する戦争「ゴールド・ウォー」に敗北する

異口同音に警告を発しはじめた投資界の“レジェンド”
今年に入ってから、投資の世界では、いわゆる“レジェンド”と称されているファンド・マネージャーやアナリストたちが、日本の゛デフォルト・リスクについてコメントするようになりました。
【関連】パナマ文書の記事一覧 予期せぬ株高・米ドル高効果も?
最近では、ロバート・キヨサキとハリー・デントによる「2017年市場クラッシュ」予測を配信しました。
(※メルマガ第151号パート2「トランプ、キヨサキ、デントの3人とも『避けられない財政ハルマゲドンが迫っている』と断言(2) 」で詳述)
また、つい4、5日前にも、エゴン・フォン・グレヤーズ(Egon von Greyerz)という“レジェンド”が、「日本に最後の審判の日が迫っている」とありがたくない警告を出しています。
こんなことは、日本の証券アナリストやストラティジストなら、たとえ口が裂けても言えないでしょう。
彼は、ロシアの英語圏向けメディア「RT」にコーナー番組を持つマックス・カイザーのプログラムによく出演しています。
「銀を買ってJPモルガンを潰そう!」運動
マックス・カイザーとは、怪異な風貌をした独特の語り口で知られる金融ジャーナリストです。
カイザーは、2013年6月25日の「RT」で、このような過激な発言をしました。
「私は、ロシア、中国、エクアドルに、米国と英国にいる金融テロリストたちに断固、立ち向かってほしいと思っています。決して、途中で諦めたりせず、ウォールストリートの金融テロリストたちに決して温情を示さないでほしいのです」
カイザーが「ウォールストリートの金融テロリスト」と呼んでいるのは、JPモルガン・チェースのような大銀行を動かしている国際金融資本家のことです。
彼が提唱している「銀を買ってJPモルガンを潰そう」運動(Crash JP Morgan Buy Silver)は、米ドルが崩壊するまでに市民が銀の現物を買い占めてしまえば、JPモルガン・チェースのような巨大銀行が保有する莫大なペーパーマネーは紙くず同然となって破産してしまう、という愛すべき無邪気さから来ています。<中略>
Next: グリーンスパン元FRB議長「我々の財産を守るにはゴールドが不可欠」

グリーンスパン元FRB議長「我々の財産を守るにはゴールドが不可欠」
カイザーは、フェルディナンド・リップス(Ferdinand Lips)の著書『Gold Wars』を読んだのかも知れません。(邦題:『いまなぜ金復活なのか―やがてドルも円も紙屑になる』)
フェルディナンド・リップスは、金投資の世界では「金の教皇(Pope of God)」の異名をとる“レジェンド”です。
彼は、パリのモルガン銀行、トロント・ドミニオン証券、スイス・バンク・コーポレーション、ユリウス・ベアといった名門金融機関を渡り歩き、1968年、英国とフランスの両ロスチャイルドが手を結んで開業したチューリヒ・ロスチャイルド銀行の設立に参加した後、マネージング・ディレクターに就任しました。
リップスは、「金価格は月に届くほどに上昇する。必ず経済的な大惨事が訪れる。世界経済は崩壊の危機に立つことになる。金を持っていれば、そうした中でも自分を守ることはできる」と常々主張していた筋金入りの金信奉者です。
リップスは、著書『Gold Wars』の前書きで、このように書いています。
「金と経済的自由とは不可分である。金本位制という制度下でなければ、インフレーションという名の略奪から資産を守ることはできない。われわれの財産を守るには金は欠かせないのである。このことを、しっかり理解していれば、政治家たちが金本位制に反感を抱いている理由が容易に理解できるだろう」
……これは、後のFRB議長、アラン・グリーンスパンが1966年に書いた論文「金と経済的自由」の中の一節です。
この文章が書かれてからわずか5年後の1971年には、ブレトン・ウッズ体制、つまり金ドル本位制が廃止され、以来、世界の主要国の通貨は、みな金の裏付けから切り離されてしまいました。
国家は自由に通貨を発行できるようになり、「政府の信用」という幻想を「裏付」とした不換紙幣が世界中に蔓延するようになったのです。
基軸通貨の発行国であるアメリカは、際限なくドルを発行していますが、そのドル紙幣の実質的価値は下落し続けているのです。
ところが、各国の政府と中央銀行は、自国の通貨の実質的価値が下落していることが露見するのを防ぐため、金の価格を操作するという道を選びました。
そうして金から貨幣としての機能を奪い去り、紙幣だけが本物のお金であるという信仰を広めようとしているのです。
まさに、各国政府・中央銀行は金に対する戦争「ゴールド・ウォー」を仕掛けているというわけです。
そうすれば、金融政策のデタラメさが覆い隠されるとでも信じているのでしょう。ところが、結果は、いくつもの通貨危機、経済危機、そして、戦争でした。
リップスは、『Gold Wars』の中で、「すでに金の戦争は2002年に決着し、われわれ、すなわち、ロスチャイルドはこの戦争に勝利した」と述べています。『Gold Wars』が出版されたのは2002年のことです。
Next: リバタリアンとゴールド信奉者、2つの顔を持つグリーンスパンの正体
リバタリアンと金(ゴールド)信奉者、2つの顔を持つグリーンスパン
アラン・グリーンスパン(第13代FRB議長)は、60年代以降、リバタリアニズムの政治思想を代表する女流哲学者として頭角を現したアイン・ランドの一番弟子として知られています。
グリーンスパンは、ジェラルド・フォード政権下で1974年から1977年まで大統領経済諮問委員会の議長を務めました。このとき、フォードにグリーンスパンを推薦したのがアイン・ランドだと言われています。
このアイン・ランドを一躍有名にしたのが、アメリカで「聖書の次に影響力のある小説」と言われている『アトラス・シュラッグド(Atlas Shrugged/邦題:肩をすくめるアトラス)』でした。
アイン・ランドは、パトロンであったフィリップ・ロスチャイルドから、多くのインスピレーションとサジェスチョンをもらい、この本を書き上げました。
なぜ『アトラス・シュラッグド』が「聖書の次に影響力のある小説」と言われているのかというと、それは、この本がロスチャイルドの世界支配計画の青図を描いたものであるとされているからです。
事実、宗教者の多くが「世界は、この小説のとおり流転している」と言って、20世紀の奇書として扱っています。
アラン・グリーンスパンは、フォード政権で働いた後、アルコアやABCの取締役に就いていましたが、1987年からは第13代連邦準備制度理事会(FRB)議長を務めることとなりました。
このときにも、フィリップ・ロスチャイルドの愛人であったアイン・ランドの口添えがあったと言われています。
グリーンスパンの「二面性」が意味するもの
アラン・グリーンスパンは、彼の論文「金と経済的自由」で主張していたように、金本位制の信奉者であることは間違いありません。
しかし、FRB議長に就任するや否や、彼が実行した政策のすべてが、それと正反対のものになりました。
それもそのはず、グリーンスパンこそが、今日の世界恐慌の危機を仕込んだ張本人だからです。
Next: グリーンスパン元FRB議長が仕掛けた「金融爆弾」とは?
グリーンスパン元FRB議長が仕掛けた「金融爆弾」とは?
彼は、1999年、米議会でデリバティブに規制をかけないように声明を出し、中央銀行に金のリースを促して金価格の上昇を阻止し、金利を引き下げて住宅バブルを引き起こしたのです。
ここからFRBは、米政府の債務残高を増やす政策を取り続け、2008年のリーマンショックを機に、その後7年にも及ぶゼロ金利・量的金融緩和を継続してきたのです。
米国の財務長官にはユダヤ系が就任することが多いのですが、2009年1月26日、オバマ政権下で第75代財務長官に指名されたティモシー・フランツ・ガイトナーも同様、「ユダヤ系」でした。
ガイトナーは、2009年から2013年までの任期中、米政府の債務限度額の上限を引き上げて果敢に政府債務を増やしました。これが原因で米国の経済破綻が不可避となったのです。
FRBを辞めゴールド信奉者に戻った“金融のマエストロ”
グリーンスパンがFRB議長を辞めた後、彼は再び金本位制度の信奉者に戻り、「金融システム全体の崩壊」について繰り返し警告するようになりました。
「金本位制度の下では決して金融システム全体の崩壊は起こりえない。金を手放す中央銀行は愚かだ」と古巣のFRBを批判し続けています。
彼は、2014年の暮れに金価格の高騰を予測しましたが、果たしてそれは現実となりました。
このとき、「ドルは幽霊通貨」とさえ言いながら、量的金融緩和政策を露骨に批判していましたが、今の彼は、「金融崩壊を回避するのは難しい」という諦めの立場を取っています。
この一連の流れから鮮明に浮かび上がってくること――それは、「アメリカは金融システムを自ら崩壊させるために革命を必要としている」ということです。
Next: ドル崩壊と金本位制の復活/金現物を勧める専門家たちに意外な共通点
ドル崩壊と金本位制の復活〜ロン・ポールの予言
グリーンスパンがFRB議長時代に取った金融政策のすべてが、確かにアイン・ランドの自由放任経済=リバタリアニズムを果敢に推進し、結果、米政府の財政をコントロールできなくなるまで疲弊させることにつながっていきました。
一方で、共和党の元議員、ロン・ポールは、「すでに全米の金融システムは崩壊寸前で、今年2月19日からドルの崩壊が始まり、金本位制の復活が考えられる」という予想を出しました。
※「2016年2月19日、米ドルは完全崩壊する」元連邦議会議員ロン・ポールの予言
その最初の兆候は「急速なドル安になるだろう」と。
今日(4/28)は、たった3分で3円も円高ドル安になりました。過去の経験からは、とうていありえなことが今後、次々と起こるでしょう。
過去、何度か同じ予想を出しているので、人々はこれを「ロン・ポールの予言」と言っています。
すでに、FRB議長のジャネット・イエレン、ドナルド・トランプは、ドル安・円高政策を強く主張しています。
ヒラリー・クリントンは態度を明確にこそしてはいませんが、彼女もまた、ドル安政策をほのめかしています。
ロン・ポールも、アイン・ランドを強烈に支持するリバタリアンとして知られています。そして、彼は「アメリカで革命を起こせ!」と声高に叫んでいるのです。
ロン・ポールの予言のダイジェストは、コチラで読むことができます。メルマガの第140号パート2「ロン・ポールの警告―2016年2月19日 ドル完全崩壊」にはさらに詳しく書かれてあります。
金の現物保有を勧める専門家たちに「意外な共通点」
この2年ほどの間、グローバルな金融崩壊を警告している“レジェンド”たちが発している未来予測の多くに目を通してきて分かったことは、リンゼイ・ウィリアムズ牧師を始めとして、彼らの多くがクリスチャンである、ということです。
彼らに共通するのは、不換紙幣、株式、債券などのペーパーマネーを、金(ゴールド)や銀(シルバー)などの貴金属の現物に換えておくことを推奨している点です。
そうすることが彼らにとって、「来るべく世界的な経済崩壊に備えるもっとも有効な方法」だという信念になっているのです。その信念は、どうやら聖書に基づいているようです。
聖書には、「金貨1枚で多くの民の飢えをしのぐことができる」という意味の記述があることから、最後の審判の日がやってきて艱難辛苦が訪れたとき、金を保有しておくということを「神の預言」として受け止めているのです。
Next: ウォール街のトレーダーとは正反対の“投資”スタイル
ウォール街のトレーダーとは正反対の“投資”スタイル
アメリカの投資家は、ウォール街のトレーダーに代表されるように「利回り」で儲けようとします。
彼らにとっては、元本は利回りを生まないので、そもそもが投資の対象ではなく、レバレッジを利かせたプット・オプション、コール・オプションといった、うまく立ち回ることができればそれこそ短期間で巨万の富を手に入れることができるデリバティブに全精力を注ぐようになるのです。
当然、こうしたトレーダーは、世界規模の金融崩壊こそ千載一遇の儲けのチャンスだと捉えています。
彼らと正反対の投資スタイルを基本としているのが、こうしたクリスチャンの投資家たちなのです。
彼らの多くは、潜在的に「利回り」に罪悪感を抱いているかのごとく、ペーパーマネーには見向きもせず、「元本」そのものに対する投資を勧めています。それが、この地球上で唯一の「正貨」である金と銀の現物投資なのです。
「正貨」こそが真の通貨であることは疑いのないことです。しかし、「正貨」ですから利回りは付きません。
彼らは、聖書の教えから「正貨」は絶対的な価値を持っていると考えているので、本当のところ、金や銀の現物を買うことを、彼らは投資とは呼んでいません。
そもそも「利回り」が付かないのですから、「投資ではない」ということになるのです。
そうした意味において、リンゼイ・ウィリアムズやハリー・デント、そして、このエゴン・フォン・グレヤーズを、果たして投資家と呼んでいいのかどうか迷うところです。
投資家というより、経済崩壊によって資産が大幅に目減りしてしまうことを避けるため、金と銀という「ハイパー・インフレが到来したときに備えてのもっとも優れた保険」を勧めているライフ・プランナーのように見えます。<後略>
________________________________________
本記事は『「カレイドスコープ」のメルマガ』(2016年4月28日号第154号)を一部抜粋、再構成したものです。興味のある方はぜひ初月無料の定期購読を。5月中に購読手続きをすれば、今回の記事全文もすぐご覧いただけます。
【関連】中国が極秘裏に描く「世界金融戦争の終盤戦略」〜金買い増しと資金流出のウラ
http://www.mag2.com/p/money/11737/6 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年8月27日 23:23:13 : nJF6kGWndY : n7GottskVWw[2480]

かなり現実から乖離した妄想が強いようだが

>グリーンスパン元FRB議長が仕掛けた「金融爆弾」
>金利を引き下げて住宅バブルを引き起こした

別に意図的にバブルを起こしたわけではないだろう

当時は、ほとんど誰も批判しなかったし、インフレ率も高くなかったから

引き締めたら逆に批判されただろう

単に、現在は、結果責任で批判されているというのが現実だな


>FRBは、米政府の債務残高を増やす政策を取り続け、2008年のリーマンショックを機に、その後7年にも及ぶゼロ金利・量的金融緩和を継続

過去の日本のようなバブル崩壊後の長期デフレ化を防いだのだから文句を言うのは完全に筋違いだろうな

>オバマ政権下で第75代財務長官に指名されたティモシー・フランツ・ガイトナーも「ユダヤ系」
>2009年から2013年までの任期中、米政府の債務限度額の上限を引き上げて果敢に政府債務を増やしました。これが原因で米国の経済破綻が不可避

これも言っていることが矛盾している

仮に、金本位だったら、ひどい金融恐慌が起こり、まさに財政破綻が確実に起こっていたが

今は、金融抑圧の結果、米国の財政は、日本同様、大幅に改善に向かっている

(しかも完全雇用で実質賃金も伸びているのに、インフレ率は低く抑えられたままだ)


もちろん、今後、GDP比の債務比率を横ばいから、低下に向けさせ、財政破綻リスクをさらに下げるには、

さらに積極的な緩和により、インフレ率を高めないといけないのは日本と同じだ

よってリスクヘッジのための現物投資の有効性自体は、否定はしないが、


富裕層の資産保全より、産業を発展させ、無資産の一般大衆の雇用と生活を重視することを遥かに優先するのが

今の先進国の金融政策ということだ

http://ecodb.net/country/US/imf_ggxwd.html


2. 2016年8月30日 02:40:48 : 2VGICQLdps : l@eN43kXOeg[17]
スタグフレーションになるとの懸念を示し>

利上げでスタグフレーションとは笑わせる。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民112掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民112掲示板  
次へ