★阿修羅♪ > 経世済民113 > 574.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本企業は再び恐々…パナマに続き「バハマ文書」の衝撃(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/16/hasan113/msg/574.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 9 月 24 日 21:20:25: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

     


日本企業は再び恐々…パナマに続き「バハマ文書」の衝撃
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/190486
2016年9月24日 日刊ゲンダイ


  
   パナマ文書で辞任したグンロイグソン元首相(C)AP


「パナマ文書」に続く第2弾、「バハマ文書」が世界に衝撃を与えている。国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)が22日に公表した。カリブ海の島国でタックスヘイブン(租税回避地)として知られるが、1990年以降に設立された法人は17万5000社以上。世界のジャーナリストが解析を急いでいる。

「バハマ文書」には日本に関連する法人も約80社含まれている。注目すべきは、97年に経営破綻した山一証券が“飛ばし”に使っていたペーパーカンパニー4社の名前が含まれていたことだ。金融ジャーナリストの小林佳樹氏はこう言う。

「山一の“亡霊”が現れた感じです。山一はペーパーカンパニーに、巨額な含み損を抱えた有価証券を押し付けて、損失隠しを行っていた。こうした粉飾決算事件では、経営陣が逮捕されています。今後、文書の解析が進めば、別の企業で山一と同じような違法行為が発覚する恐れは十分にあります」

 パナマ文書では、アイスランドのグンロイグソン首相が資産隠し疑惑で辞任したが、今回のバハマ文書でも大物政治家の名前が挙がっている。中でも衝撃なのは、EUの行政を担う欧州委員会のクルス元副委員長だろう。00〜09年の間、バハマの企業の役員を務めていたが、それをEUに申告していなかった。欧州内からの反発は必至だ。

「英国はEU離脱に向けて準備を進めていますが、それは“ポーズ”だけ。実際、準備はほとんど進んでいないといいます。逆に、政権内では『離脱は間違っていた。再投票をやろう』という機運が高まっていた。しかし、このタイミングで、税逃れを規制する側のEUから名前が出てしまった。欧州内でEU離脱の動きが加速する可能性があります」(国際ジャーナリスト)

 しかし、こうして次々に租税回避地からリストが出て、ビビっている政治家や大企業は多いだろう。世界にはモナコやキプロス、米領バージン諸島、マルタなど租税回避地はまだまだたくさんあるからだ。そこからリストがいつ流出してもおかしくない。

「バハマを使っている日本企業はそれほど多くない。本当にヤバイのは、ケイマン諸島なんです。合法、非合法合わせて数百社以上の日本企業が使っている。もし、その実態が明るみになれば、どうなるか想像もつきません。“ケイマン爆弾”を恐れている企業は多いと思います」(小林佳樹氏)

 パナマ文書が出た際は、多くの大企業や経営者の具体名が明るみになったが、何の“制裁”もなかった。「逃げ切った」と思っているかもしれないが、今後は第2、第3の矢におびえることになりそうだ。

















 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年9月24日 21:46:45 : OcrqBh7VVA : RFAw2LLEF3U[3]
財務省事務次官の氏名が記載されていたことについて、いまだに説明がない
税金払うの、国民?

2. 2016年9月25日 17:02:40 : LfvT4XJ64g : YSOJYM9ve5c[10]
脱税側にとって一番の脅威はケイマン諸島のリストなのか。

早く出てこないかね


3. 2016年9月25日 17:43:45 : RcngEKCYQY : 9zCVJrpJClA[3]
どこの文章が出てきても日本の富裕層は大丈夫。

何と言っても我らの安倍晋三が飛んで行って「何とかのために何千億円を支援することをお約束いたちまっ!!」と言えば、その瞬間に日本人、日本企業の名前は闇に葬られ、日本のマスゴミ連中は寿司と賄賂で骨抜きになっているので、誰も追及されず安泰。

安倍晋三自身もオヤジの相続税を脱税した前科者なのだから、当然のごとくどこかの国に資産をたんまり隠しているに決まっている。


4. 2016年9月25日 18:50:18 : rGT9z24w76 : E1gnitVyu0E[338]
パナマ文書でどんな衝撃があった?

税金逃れで追徴されたわけじゃなし、隠し財産が没収された話も聞かない

富裕層が考えた搾取法に照らし合わせて全て合法、

バハマ文書だろうが、なんたら文書だろうが騒がすだけ騒がして幕を引く

あとは既成路線が出来て守銭奴共が大手を振って歩けるようになる。


5. 2016年9月26日 11:59:22 : bYUTlGq7cE : 3JjNxXW4xdg[412]
竹中平蔵は、従来、常に「日本の税制がカネ持ちに不公平だから海外に資産が流れるのは当然だ」と公然と語っている。

6. 2016年9月26日 13:56:41 : rrhrFN6JLd : C6EI10g_Gy4[1317]
安倍マリオネットはパナマには口封じの為、3,000億円供与。、バハマには何千億円貢ぐんだろう?

7. 2016年9月26日 16:21:20 : lEqOjFyHoc : cJ@Qv0fEcxg[2]
パナマ文書でも何かアクションをとったのか?
税収不足を赤字国債で穴埋めし収支の秩序崩壊が状態している実態
を誰もなんとかしようしなかった。GPIFの運用も外資や証券の盗賊に放り投げる
だけているだけ。国家防衛意志も含めて社会の根幹が崩壊し人間がだめになり下らない刺激と金と虚飾で覆い隠した退廃終焉の日本社会だ。
どんな陰惨な事件が起ころうが、不正・隠蔽が蔓延しようが、もう誰もが枠を超えた元凶を見極め、主体的に問題の根を止めることはしない。暖簾に腕押し、自分らに関わる社会・公共問題であろうと沈黙と不快さからの逃避だけが際立っている。これを死に絶えた社会性以外になんと表現できるんだろうねえ。

8. 2016年9月26日 16:31:14 : 4PDU8NX0Wg : T71aGoV3QVI[11]
時効無しで過去に遡って税金と保険料を追徴分を含めてたっぷり取り立てろ

9. 2016年9月26日 21:13:52 : AiChp2veWo : crH3ggO@jw4[631]
ケイマン島の疑惑なんて20年、もっと以前から言われていたのにものすごく遅いね。それでもこれで早いほうか?。企業があぶりだされて、それで世界の企業がサルガッソーの海底に沈んでゆく。

10. 2016年9月27日 01:36:59 : Vf3AXw3LDc : Re382j8vhEE[4]
黒田官製金利ノミクスの異次元詐欺そらしの
ホジクリ詐欺。

利上げを急げ!!

早急黒田の排除で,

官製金利のミクスにストップをかけろ!!

ぼっけとするなよ。



11. 2016年9月27日 03:42:14 : jO9CUPknCH : zbk0JRj0rEU[2]
竹中平蔵が言うところの「金持ちの資産」の原資は何であるか、問いたい

曰く、金持ちは自らの努力と能力で資産を生み出したのです

詐欺・ペテン・詭弁・不公正な制度、ではありませんね
どのような努力と能力で汗を流して資産を生み出したのか、見てみたいものです


12. 2016年9月27日 07:09:54 : cKCqo5Aak2 : 41_@J5FvKPg[1]
パナマ問題?

これってテロと同じで、

毎度の事で聞き飽きた。


13. 2016年9月27日 09:32:00 : co3kUXvd8w : mAgA7z_JUg8[1]
都合が悪くなると、
ほじくり詐欺が横行する。
何を恐れてるのかな!


14. 2016年9月27日 16:03:10 : 4PDU8NX0Wg : T71aGoV3QVI[14]
パナマ文書問題が世界で騒がれているときに
日本国内ではマツゾエ禿が叩かれまくるニュースだらけだった

15. 2016年9月28日 09:10:26 : WMJxreUfvU : Ccp1ax_dgPI[97]
何を恐れてるのかな!

サギノミクスの取り締まりとなるな。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民113掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民113掲示板  
次へ