★阿修羅♪ > 経世済民115 > 110.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「総資産15兆円」めぶきFG誕生 経営統合で株価下落の泣き笑い(サンデー毎日)
http://www.asyura2.com/16/hasan115/msg/110.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 10 月 30 日 15:46:25: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

「総資産15兆円」めぶきFG誕生 経営統合で株価下落の泣き笑い
http://mainichibooks.com/sundaymainichi/cat228/2016/11/06/post-1208.html
サンデー毎日 2016年11月 6日号


 常陽銀行(茨城県水戸市)と足利銀行(栃木県宇都宮市)を傘下に持つ持ち株会社「めぶきフィナンシャルグループ(FG)」が10月1日に発足した。総資産で約15兆3000億円(2016年3月末)を誇る地銀3位のグループの誕生となる。常陽銀行、足利銀行とも両県を代表する大手地銀で、常陽銀行は80年、足利銀行は120年の歴史を持ち、県の指定金融機関でもあった。

 両行の経営統合により高いシナジー効果が期待できる。両県合算で人口500万人を抱える市場で高いシェアを持ち、「メイン取引が常陽で1万6000、足利で1万4000先ある。合計で3万先とのネットワークが実現される」(寺門一義めぶきFG社長)のはその象徴と言っていい。

 今回の統合で最も耳目を集めたのは、両行の株価低下による悲喜こもごもだった。両行は昨年11月に統合で基本合意したが、その後、日銀によるマイナス金利の導入もあり、両行の株価が大幅に下落した。

 この結果、嬉(うれ)しい誤算となったのは、巨額な「負ののれん益」が発生したこと。買収や企業統合では、被合併企業の資産・負債が時価評価されて合併企業に引き継がれるが、この時価評価された資産・負債の差額が、買収価額よりも高い場合に「負ののれん益」が発生する。めぶきFGの場合はその額は1150億円にも上り、17年度3月期に特別利益として計上する。

 対照的に、文字通りの誤算となったのは、足利ホールディングス(HD)の普通株式36・87%を保有していた野村HDが、統合時に株式を売却することなく、めぶきFG株の10・47%を保有する筆頭株主として残ったことだ。野村が保有していた足利HD株は売買目的の投資有価証券で、足利HDが再生を果たして再上場した際にも、売却が検討されたが見送られた経緯がある。

 泣いた野村の出口はまだ見えない。

(森岡英樹)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民115掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民115掲示板  
次へ