★阿修羅♪ > 経世済民115 > 251.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
タブレット端末の2桁減が止まらないサムスン電子 「発火スマホ」だけではない苦戦(Business Journal)
http://www.asyura2.com/16/hasan115/msg/251.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 11 月 03 日 00:45:30: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

                  米IDC社調べ、7−9月期タブレット出荷台数

  

タブレット端末の2桁減が止まらないサムスン電子 「発火スマホ」だけではない苦戦
http://biz-journal.jp/sankeibiz/?page=fbi20161101507
2016.11.02 Business Journal


 米調査会社IDCが発表した2016年7−9月期のタブレット端末の世界出荷台数調査によると、大画面スマートフォンの需要拡大のあおりを受けて、出荷台数が減り続けるタブレット端末の実態が伝わってくる。特に韓国サムスン電子は落ち込みが激しく、問題点は「発火スマホ」だけではないことがわかる。

 IDC社の7−9月期の発表内容は表にまとめた通りだが、オリジナルタブレットを発売したときや大型キャンペーンのときに上位に躍進する米アマゾンが販売台数を伸ばし、いきなり3位に浮上した。その逆に最も落ち込みが激しいのはサムスンで2割近く減らした。「iPad」を販売するアップルの落ち込み幅の3倍だから深刻だ。

 タブレット市場の落ち込みは今回だけではない。最近の市場全体、アップル、サムスンの前年比増減率をIDC調査結果で追ってみると、

[7−9月期]全体=14.7%減 アップル=6.2%減 サムスン=19.3%減

[4−6月期]全体=12.3%減 アップル=9.2%減 サムスン=24.5%減

[1−3月期]全体=14.7%減 アップル=18.8%減 サムスン=28.1%減

[2015年10−12月期]全体=13.7%減 アップル=24.8%減 サムスン18.1%減

 このマイナス傾向、アップルは2014年1−3月期から11四半期連続で続いている。市場全体は2014年10−12月期から8四半期連続で、サムスンも8四半期連続となっている。

 先行したアップルが他社より早く減少傾向に入り、市場全体とサムスンがそれを追いかける展開となっている。ただ市場全体にせよ、アップルにせよ、下落率は10%未満のときもある。それに比べてサムスンは8四半期続けて2桁の減少となっている点が際立っている。今年1−3月期は3割減に迫っており、落ち込みは尋常ではない。

 大画面スマホの市場拡大により、中小型を中心とするタブレット端末が競合してシェアを減らしている。この傾向は今後もしばらくは続きそうだ。

 大画面スマホの市場を開拓してきたのが他ならぬ「ギャラクシーノート」シリーズを販売するサムスンとはいかにも皮肉な話だが、「ノート7」の販売中止により、サムスンは二重三重に打撃を受けることになる。タブレットや他のIT機器の販売縮小分まで含めると、サムスンの損害額は報じられている規模をさらに上回ることは必至だ。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民115掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民115掲示板  
次へ