★阿修羅♪ > 経世済民115 > 495.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
≪緊迫≫米大統領選、トランプ氏優位の報道で円買いが進み、株が急降下! ≪クリントン氏 131 トランプ氏 169≫
http://www.asyura2.com/16/hasan115/msg/495.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 11 月 09 日 12:55:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

【緊迫】米大統領選、トランプ氏優位の報道で円買いが進み、株が急降下!
http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/23983
2016/11/09 健康になるためのブログ




以下ネットの反応。


















凄まじい勢いで株が下がったり、上がったりしています。



BBC開票速報
クリントン氏 131 トランプ氏 169

ライブ配信
http://www.bbc.com/news/election/us2016

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年11月09日 13:12:38 : NYIgtOhvTk : U8akmjaJuAE[8]
米大統領選、為替も株も一喜一憂 株一時800円安
2016/11/9 10:39 (2016/11/9 12:50更新)

 9日の東京市場では、開票が始まった米大統領選をにらみ、為替と株価の荒い値動きが続いている。次の大統領は、政治経験が豊富な民主党候補ヒラリー・クリントン氏か。従来の外交・経済政策を真っ向から否定する共和党候補ドナルド・トランプ氏か。昼すぎには激戦州のフロリダ州、オハイオ州などでトランプ氏が優位とのニュースが流れると、円相場はリスク回避の動きから、一時1ドル=101円台に突入。米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は日本時間12時30分時点で、トランプ氏の当選確率が87%に上昇したと伝えた。

【午後12時半すぎ】円は101円台前半、1カ月ぶりの高値に

 日経平均株価は午後の取引開始直後に前日比の下げ幅を800円超まで広げる場面があった。トランプの優勢が伝わるごとに下げ足を強め、一時1万6300円台前半と取引時間中としては9月下旬以来の安値に沈んでいる。「長期投資家が売り急ぐ動きは出ていないが、トランプ氏が予想外に善戦したことで、株価指数先物などにリスク回避の売りが膨らんでいる」(ソシエテジェネラル証券の杉原龍馬氏)という。東京証券取引所第1部に上場する銘柄の9割超が下落するほぼ全面安の展開だ。

 米国の金融市場でも投資家のリスク回避の売りが広がり、安全資産の米国債が買われる一方、ダウ工業株30種平均の先物が8日の現物終値に比べて600ドル超下げる場面があった。

 円相場は12時30分時点で、1ドル=101円台前半と1カ月ぶりの高値となり、一段の円高・ドル安が進行している。午前11時すぎからテキサス州などでトランプ氏の勝利が次々に確定。外為市場ではトランプ・リスクを懸念した円買いの動きが広がった。その後も激戦州であるフロリダやノースカロライナでのトランプ氏の優位が伝えられると、円は上げ幅を広げた。

 メキシコの通貨ペソの値動きはさらに激しい。トランプ氏が「メキシコに壁を作る」など過激な発言を繰り返してきたことから、「トランプ大統領」が誕生すれば、メキシコ経済にとって大きな打撃になるとの警戒感が広がっている。

 午前10時時点で1ドル=18ペソ前後だったペソの対ドル相場は、12時10分過ぎに20ペソ台前半に急落。トランプ氏の優位が伝えられる度に下落が加速し、この2時間での下げ幅は12%に達した。

【午前11時半すぎ】円は「1ドル=102円」に急伸

 大票田のテキサス州でトランプ氏が勝利したと伝わると、日経平均株価は下げ足を強めた。前日比の下げ幅は一時500円を超え、1万6600円台半ばと約1カ月ぶりの安値水準に沈んだ。日経平均の午前終値は前日比382円(2%)安の1万6788円。トランプ氏の優勢が伝わるごとに株式市場でもリスク回避の売りが広がり、下げ幅を広げている。

 円相場は午前11時半すぎ、一時1ドル=102円ちょうど近辺と、一段の円高が進行した。11時すぎにテキサス州でトランプの勝利が伝えられると、外為市場では「トランプ大統領誕生」のリスクを警戒する動きが一段と加速。105円台半ば近辺の円安水準を付けていた10時すぎから、わずか1時間半で3円以上もの大幅な円高が進行した。

 6月に英国で実施された欧州連合(EU)離脱を問う国民投票でも円相場は大幅に円高が進んだ。野村証券の高松弘一氏は「6月の経験から、市場参加者は警戒感を強めており、市場に流動性がほとんどない。それが開票速報が出るたびに大きな値幅が出てしまう理由になっている」と話した。

【午前11時すぎ】円相場は103円前半と急速な円高

 激戦州のフロリダ州の開票速報で、トランプ氏優位と伝わると、日経平均株価は250円超下げ、節目の1万7000円を割り込む場面があった。朝方は高く始まったが、トランプ氏優位と伝わると80円超下落。その後、クリントン氏の優勢のニュースを受けていったんは切り返したが、再び下げに転じた。

 円相場は午前11時すぎ、一時1ドル=103円前半と急速な円高が進行している。激戦州の一つであるフロリダ州でトランプ氏が急速に巻き返し形勢を逆転。外為市場では再び「トランプ大統領誕生」のリスクを警戒する円買いが盛り上がった。

【午前9時半すぎ】フロリダ州で「トランプ優位」で円高に

 激戦州のフロリダ州でトランプ氏が優位と伝わると、外国為替市場では「トランプ大統領誕生」を懸念したリスク回避の円買い・株売りが広がり、円相場は一時1ドル=104円台半ばまで円高・ドル安が進んだ。ところが、一転してクリントン氏が優勢との速報ニュースが伝わると、今度は急速に円安が進行。午前10時点で105円台半ばと20分あまりで1円近く下落した。

 日経平均も上げ下げがめまぐるしく入れ替わっている。朝方には前日終値に比べて100円超高まで上昇したが、トランプ氏優位と伝わると一時、82円安の1万7088円まで下落した。その後は為替の円安と歩調を合わせて切り返し、250円超高い1万7400円台前半まで上昇している。

【9日の東京市場は】「超大国」の行方に思惑交錯

 投票結果が判明するのは日本時間で9日午後と予想されている。クリントン氏が大統領になれば、大幅な路線変更はないとみられる一方、トランプ氏が当選すれば、戦後の世界をリードしてきた「超大国」の外交・経済政策が大きく変更される可能性がある。金融市場は「もし、トランプ氏が大統領になったら」というリスクに身構えている。

 9日の東京市場では、トランプ氏の当選を懸念するリスク回避の円買い・株売りと、クリントン氏当選を織り込もうとする円売り・株買いが交錯し続けるとみられている。

(富田美緒、浜美佐)

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ09H24_Z01C16A1000000/?dg=1&nf=1


2. 2016年11月09日 15:46:53 : no31X615y2 : MLXvQrwDTgc[154]

何をドタバタやってんだい?という感じなのだがw

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民115掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民115掲示板  
次へ