★阿修羅♪ > 経世済民115 > 783.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
転職するリスク、しないリスク 第5回(WEDGE)
http://www.asyura2.com/16/hasan115/msg/783.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 11 月 18 日 13:32:45: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

転職するリスク、しないリスク 第5回
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/7966
2016年11月18日 加藤梨里 (ファイナンシャルプランナー) WEDGE Infinity


 こんにちは。ファイナンシャル・プランナーの加藤梨里です。この連載では、20代〜30代のワーキングウーマンの皆さんへの家計相談を通して私が感じた「前向き女性になれる」お金との付き合い方についてお話しています。

 第5回の今回は、女性の転職について考えてみましょう。

■30代は転職のタイミング?

 30歳が近づいてくると、転職を考え始める人も少なくありません。実際に、30代の女性のご相談を受けていると、大半の人が2社以上の会社を経験しています。私自身もこれまでに3度の転職をしています。

 転職エージェントサービスを展開するDODAの調査※を見てみると、女性の転職理由で最も多いのは「ほかにやりたい仕事がある」だそう。残業が多い、休日が少ない、給与に不満があるといったネガティブな要因よりも、自分の可能性を試したい、チャレンジしたいと意欲的な姿勢で転職を希望する人が多いようです。

 確かに、社会人になって10年近くのキャリアを積むと、社会人としての基礎力が備わり、それまで関わってきた仕事についての専門性も深まりますから、それを活かして新しいキャリアにチャレンジできる良いタイミングかもしれません。

※出典:2015年10月〜2016年3月転職理由ランキング/転職サービス「DODA」提供

■女性の転職はタイミングが大事

 30歳前後の転職で避けて通れないのが、結婚、出産の問題です。せっかく転職しても、結婚したらすぐに妊娠した、ご主人の転勤が決まってしまったなどがあると、新しい仕事を十分に習得できないまま職場を離れなければなりません。転職先でもバリバリ働いてキャリア志向を目指そうと思っていたのに、第一線から外されてしまう恐れもあります。転職する本人にとっても、採用する企業にとっても、それは本意ではないでしょう。キャリアを第一に考えるなら、結婚や出産の予定がしばらくないときに転職する方がスムーズかもしれません。

 女性の転職はライフプランを抜きには考えられません。これまで築いてきたキャリアを活かすにしても、大幅なキャリアチェンジをするにしても、思い切った決断をできるチャンスはいつでもあるわけではないのです。

■転職をしないリスク

 それなら転職なんてしない方が良いのかといえば、そうとも限りません。同じ会社に勤め続けることがリスクになることもあります。

 何が起こるかわからない時代、大手企業が倒産することもあります。今はどんなに好調な企業でも、この先ずっと安泰とは限りません。突然ボーナスがカットされたり、仕事がなくなったりが絶対にないとは限りません。今の会社でしか通用しない人材でいると、そうした事態に直面したときに対処できない恐れがあるのです。

【朝倉加代子(仮名)43歳】

 朝倉さんは、私がかつて勤めていた企業にいた女性で新卒以来20年勤続していました。その会社は100年続く老舗企業で、社風が古く、昇給システムも典型的な勤続給でした。勤続年数が長い彼女は、手取り50万円以上の月収に加え、ボーナスを年間100万円以上もらっていたようです。

 しかし彼女の仕事内容は、入社まもない社員とほとんど変わらないものでした。求められるのは、ルーティンの仕事を期日までに済ませ、たまに会議に出ることくらい。業務内容は毎年同じことの繰り返しで、創造性を求められる仕事でもありませんでした。

 にもかかわらず、いつも締め切り間際になって焦り出します。昨日まで定時で帰っていたのに、急に思い立って猛スピードで仕事を始め、「もうこれから1週間は終電よ!」といって残業をしていました。

 その会社には彼女のような新卒入社の社員のほか、転職入社の社員もたくさんいました。転職組の中には業務を改善しようと働きかける人もいましたが、彼女のもとでは暖簾に腕押しでした。十年以上前から繰り返している彼女のやり方が正しいと押し通され、それを踏襲させられていました。

 彼女は社内での経験はとても豊富でした。ただ、その会社のことしか知らず、自分がやってきた仕事の仕方だけが正しいと信じて疑わない姿勢には、なんだか危うさを感じました。きっとこの会社がある限り、彼女の人生は安泰なのでしょう。もし会社が倒産したり、ほかの会社に出向することになったりしたら、彼女はどうなるのだろうかと。長年勤めているほかの社員はそうではありませんでしたが、外の世界に目を向けずにいると、柔軟性が失われてしまうのかもしれないと感じたのです。

 会社の業績が良く、仕事に不満がなく、給料にも満足しているなら、取り立てて転職を考える理由はないでしょう。ひとつの会社に勤め続け、仕事を深く理解し習得していくことは素晴らしいことです。同じ会社に勤め続けていても、さまざまな人と関わり、より多くの業務を経験・担当するなどで培われるものは限りなくあるはずです。

 ただ、ある特定の文化や慣習が社会のスタンダードだと思い込んでしまうのはもったいないことです。自社や自分の物差しをたまには外して、人々の多様性を受け入れ、新しい価値観を取り入れ、創造性のある仕事をすることで、成長のチャンスは広がっていくと思います。

■安定した経済環境ではお金への危機感も鈍くなる

 お給料やボーナスをもらうことが当たり前になると、お金への危機感が薄くなりがちです。先ほどの女性は、ボーナス直後には必ずバーゲンに行き、夏休みには海外旅行を欠かさず、収入をすべて使いきっていました。「今月も赤字でやばいやばい(笑)」などというものの、危機感は全くないように見えました。きっと、この先もずっとお給料が入ってくるから大丈夫だと思っているのでしょう。

 安定した環境にいると、ずっとそこに身を置き続けてさえいれば大丈夫だと信じたくなるものです。しかし、ひとたび経済の状況が変わればお金が入ってこなくなる可能性はいくらでもあります。どんなに今はゆとりがあっても、いざというときのために貯めておくのを怠ってはいけません。

 女性の転職には、ライフプランとの両立という大きな課題がついてきます。一方で、転職をせずに勤続するうえでも、気をつけるべきことがあります。これからどのようなキャリアを積んでいくにせよ、人生は一度きり、社会人人生も限りある時間です。自分の可能性を最大限に生かせる道を目指して、悔いのないキャリア選択をしていきたいですね。

(企画・編集協力SAKU)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民115掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民115掲示板  
次へ