★阿修羅♪ > 経世済民116 > 194.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
トランプに翻弄される黒田日銀総裁 円安地獄の恐ろしさ(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/16/hasan116/msg/194.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 11 月 26 日 20:10:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

  


トランプに翻弄される黒田日銀総裁 円安地獄の恐ろしさ
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/194636
2016年11月26日 日刊ゲンダイ 文字お越し


  
   急激すぎる円安に打つ手なし(C)日刊ゲンダイ


 沸騰中のトランプ相場で、ついに25日日経平均が終値での年初来最高値(1万8450円98銭=1月4日)を一時突破した。結局、終値こそ1万8381円22銭だったものの、昨年11月以来という1年ぶりの7営業日続伸である。2週間で一気に113円前後まで、10円以上も動くという円安を好感した株価上昇に、「年末2万円」なんて威勢のいい掛け声が飛びかっている。

 このトランプ・ショックでハッキリしたのは、黒田日銀の無力非力だ。「異次元の大規模緩和」は日本の金融市場初の「マイナス金利」にまで踏み込んだのに、お約束の「2%の物価上昇」はズルズル先延ばし。ETFを年間6兆円という異常な規模でジャンジャン買い込み、必死に株価を上げようとしたものの、ここ数カ月、マーケットはまったく反応しなくなっていた。

 ところが、トリックスターが予想外の大勝利を収めた途端、ここまで相場がハネるのである。“黒田バズーカ”は形無し。口先だけのペテン師の限界があらわになってしまった。

 東短リサーチ・チーフエコノミストの加藤出氏はこう言う。

「日銀はトランプ氏なら円高・株安になると想定していたので、勝利の瞬間は青くなっていました。しかし、円高・株安はわずか半日で反転。今はとりあえず円安・株高ですから、ホッとしていることでしょう。そういう意味では、日銀がトランプ氏に助けられている状況です。もちろん日銀はトランプ氏の経済政策に信頼を置いているわけではないでしょうから、先行きをハラハラしながら警戒しているとは思いますが、とにかく現状は、トランプ相場が少しでも長く続いて欲しいと祈っていますよ」

■デフレ脱却もトランプ次第

 日銀は9月の決定会合で、金融政策をマネーの量から金利の操作重視へと変更。黒田総裁は「長期金利をコントロールする」と豪語していた。しかし、トランプが次期大統領に選ばれると金利が急上昇してしまい、あらかじめ決めた価格(利回り)で国債を買う「指し値オペ」という“伝家の宝刀”を抜くはめになった。

 そのうえ9月に金利誘導と合わせて導入された「デフレ脱却策」は全く効果が出ていない。物価上昇率が安定的に前年比2%を超えるまでマネタリーベースの拡大方針を継続するという政策なのだが、25日に発表された10月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除く)は、前年同月比で8カ月連続の下落だった。

「インフレ率についても、日銀はトランプ氏に助けられることになりそうです。トランプ相場の円安で輸入物価が上昇、原油価格が上がり、インフレ率のマイナス幅が縮まる。日銀が約束する安定的な2%上昇とは本質的に異なりますが、少なくともインフレ率は下げ止まる可能性があるわけです」(加藤出氏=前出)

 国会出席日数が50日を超え、史上2番目の多さとなった黒田総裁。22日の参院財政金融委員会でも、「長期金利は円滑にコントロールできている」「賃金上昇を伴いながら物価上昇率が次第に高まっていくという好循環をつくり出すことを目指している」と相変わらずの強気だった。だが、その実態はどうしようもないまでの“他力本願”。哀れとしか言いようがない。


  
   この“怪物”が世界の中心(C)AP


円安倒産が2年前の高水準へ逆戻りの恐れ

 トランプさまさまの円安・株高に日銀が胸をなで下ろし、為替差益が得られる輸出企業はニンマリ、株式市場も歓迎しているが、一般の消費者や中小企業にとってこの急激な円安は何もいいことはない。むしろ大打撃だ。

 東京商工リサーチ情報本部長の友田信男氏はこう話す。

「円安による悪影響は円高に比べてとにかく幅広いのです。原油価格が上昇すれば、例えばスーパーのビニール袋やラップ、パッケージが値上がりします。輸入食品の価格に円安分が転嫁され、外食や小売り、サービスの価格も上昇する。川下から影響を受けるので、消費者の財布のひもはますます固くなってしまいます」

 内需関連がほとんどの中小企業は総崩れだ。これから年末にかけ、ただでさえ資金繰りが厳しくなるのに、為替市場では「次の節目は1ドル=115円」と言われ、さらなる円安進行が予想されている。トランプの大統領就任は来年1月だ。この勢いなら、早晩、1ドル=120円も現実味を帯びてくる。

 東京商工リサーチによると、日銀の追加緩和により1ドル=123円まで進んだ2014年後半は、円安倒産が月間20件超ペースだった。1ドル=105円前後となった今年後半は毎月1ケタ台に落ち着いてきているが、急激すぎる“トランプ円安”で再び逆戻りとなりかねない。

「中小企業の16年3月期決算は、増収減益となったところが多かった。収益を落としてでも売り上げを確保したいがために安売りを進めたり、人件費が高騰していることが原因で、収益力が落ちているのです。そんな中での今回の急速な円安です。2014年当時より体力が落ちているうえ、人件費や税負担が増えているので、中小企業にとってはよりキツイでしょう。このまま円安が進めば、円安関連倒産が2014年のレベルを超えてしまいかねません」(友田信男氏=前出)

■リスク山積みのトランプ政権に翻弄

 さらに恐ろしいのは、トランプ相場の先行きが見通せないことだ。マーケットは、トランプが唱えてきたインフラ投資の拡大や減税で米国景気がよくなるという期待感から、ドルを買って円を売る動きが加速している。しかし、こうした財政出動政策は中長期的に見ればリスク要因で、いつドル安・円高のトレンドに転じるかわからない。

 そもそもトランプ政権は財務長官も決まっていないし、経済政策の全貌も見えないのだから、為替は今後、円高、円安のどっちに転んでもおかしくない。

「FRB(米連邦準備制度理事会)は12月に利上げする可能性が高まっていますが、来年以降はドル高が進み過ぎないよう、さらなる利上げには慎重になると思います。当面はトランプ相場の大きな流れが崩れることはないでしょうが、今後は例えば、トランプ氏のファミリービジネスと大統領職との間で起きる『利益相反』などが米メディアの攻撃材料になるリスクもある。トランプ政権は船出から火種を抱えているだけに、警戒感を持って見ていく必要があります」(加藤出氏=前出)

 円高から円安、そして再び円高と、極端な乱高下になれば、大企業も対応に追われることになり、下請けの中小企業は大手に振り回されて、ますます業績が悪化するだろう。

 いずれにしても、安倍政権も黒田日銀も、当面、トランプ相場の行く先を指をくわえて見ていることしかできない。怪物に引っ掻き回され、首をすくめるしかないのである。アベノミクスが世界を牽引だとか、これまで自画自賛してきたが、トランプの前にアベクロはなす術なし。木の葉のように風にもてあそばれ、どこへ連れていかれるのかも分からない。これがいまのこの国の真の実力なのである。


関連記事
トランプ“怪相場”の危うい今後…円安株高どこまで続く(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/16/hasan116/msg/171.html


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年11月26日 20:25:51 : 3E76uVCkj6 : nVgKMnZYopg[522]

 円安は 200円まで 許容範囲だ

 円高は  80円まで 許容範囲です

 120円は安い 100円は高い   なんて 騒がないの!!
 


2. 中川隆[5151] koaQ7Jey 2016年11月26日 20:32:31 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[5585]

これ書いたの完全なバカだろ


アホに真実を教えてやるよ:


トランプが次期大統領に決まってから予想に反して円安・株高になった理由

外為特会の米国債売却でドル高円安を実現した可能性(麻生・浅川バズーカ)

 それにしても、凄いスピードでドル高円安が進んでいます。
 それにしても、どうしてこんなにドル高になるのか?

 その答えは、ドル金利が急ピッチで上昇しているからなのです。

 米国債の利回り(長期金利)が急上昇した理由については、トランプ氏が今後実施する政策によって景気がよくなると同時に物価が上がるとみられるからと言われることが多いのですが…いずれにしても、米国債を売りに出ている投資家がいるから米国債の利回りは上がる(国債の価格は下がる)のです。 では、一体誰がこのタイミングで国債を売っているのか?

 私は、日本の外為特別会計が、米国債の売却に動いたのではないかと想像します。
 というのも、日本時間の11月9日の午後、トランプ候補が優勢となって円高が進んだことを受けて、急遽、財務省、金融庁そして日銀が緊急会議を開き、為替介入を含め必要なことは何でもやるという意思が示されたからなのです。

米国債を売却すれば、必ず米国債の価格に下押し圧力がかかります。つまり、米国債の利回りは上がる、と。 そして、米国債の利回りが上がり、日米金利差が拡大すると、ドル高円安圧力がかかり、だから円安になるだろうと言っているのです。」
 恐らく、米国の長期金利が急上昇したのは、外為特別会計が保有する米国債を売りに出したことが原因ではないのでしょうか?
______

ゴールドマン・サックスは財務省・日銀からインサイダー情報を得て(?)、売り煽りから買い煽りに転じたみたいですね

11月9日、 日経平均は800円以上急落し、為替は円が急騰しました。 米系証券G社は米国株の先物を売り崩していたと言われ、ダウ先物も一時800ドルの急落となったことが不安を高めました。
ところが、東京時間から欧州時間に移るころから、 先のG証券はトランプ大統領による積極財政を喧伝してダウ先物を買い戻し、一晩のうちに下げを取り戻し、 米国市場ではむしろ200ドル以上の上昇となり、ドルも反発、ドル円は107円一歩手前まで円安となりました。



3. 中川隆[5152] koaQ7Jey 2016年11月26日 20:37:12 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[5586]

政府・日銀、円急騰けん制=緊急会合で対応協議―米大統領選開票で 11月9日

財務省と金融庁、日銀は9日午後、緊急会合を開き、金融市場の動向をめぐり意見交換した。

米大統領選開票での共和党トランプ氏優位の情報を背景に外国為替市場で進んだ急激な円高について、

「投機的な動きが継続すれば必要な措置を取る」との認識で一致。

外為特会の米国債売却でドル高円安を実現した可能性(麻生・浅川バズーカ)

それにしても、どうしてこんなにドル高になるのか?

 その答えは、ドル金利が急ピッチで上昇しているからなのです。

米国債を売りに出している投資家がいるから米国債の利回りは上がる(国債の価格は下がる)のです。

 では、一体誰がこのタイミングで国債を売っているのか?
売りに出された国債が少量であれば、こんなに急に価格が下がることはないでしょう。

 つまり、大口の保有者が売った可能性が高いのです。
 で、大口の米国債の保有者と言えば、中国と日本が挙げられる訳ですが…

 私は、日本の外為特別会計が、米国債の売却に動いたのではないかと想像します。

 なにせ日本は100兆円を軽く超す米国債を保有している訳ですから、その一部を売りに出すだけでも米国の金利は上がり出すでしょう。
 そうなると、日米金利差は急拡大し、ドル高円安となるでしょう。
 そして、その一方で、米国債の売却代金で米国の株式を購入すれば、米国の株価が上がる、と。

 そうすると、米国の株価が上がるので、日本の株価も上がる、と。
さらに円安が進むのでさらに日本の株価が上がる、と。
http://blog.livedoor.jp/columnistseiji/


4. 2016年11月26日 21:33:53 : 2LiKY8ftgY : PTfAaIrqs6s[223]
経済の 破壊工作 道半ば

5. 2016年11月26日 21:53:12 : 3E76uVCkj6 : nVgKMnZYopg[523]

 >中川さん  あんた 基本的に間違っとるぜ〜〜〜

 円を売る = 円安 = ドルを買う = ドル高 = アメリカ国債を買う

 ===

 例えば 東京三菱UFJが 10兆円 100円で買ったとして 1ドル 110円になれば

 その評価額は それだけで 11兆円(10%)となる

 ドルを買って ただ単に持っているだけでなく アメリカ国債を買って 2%の金利が付けば

 1年後には 10.2兆円になるのだから 日本の評価では 11.2兆円になる

 ===

 銀行は 10兆円で 1.2兆円 (12%)の利益を上げることができる
ことになる

 だから 日本の銀行や 年金基金などは ほとんどが アメリカ国債を買っているのだから

 円高 100円を切ると 日本の銀行は 大損になるわけだから 日本政府は

 国策として 円安に誘導する必要があるのだ〜〜

 ===

 ある意味 日本政府は トランプの勝利で 「どさくさに紛れて」 40兆円 ドルを買ったのだ

 アメリカは 国債が売れて 大喜び トランプのハプニングとして トランプ人気は上がる

 安倍は トランプとの会談が「一番乗り」で 大喜び GPIFは 利益が出た

 銀行は 円安だと 利益が出るので 「一安心」 自動車産業は 円安で 利益が出る

 ===

 良いことだらけだね〜〜〜

 ===

 一つだけ 心配なことは 日本が ドルを買い続ける事ができなければ アメリカ国債は下がるので

 ギアが 逆回りすれば 世界恐慌になる
 
 
 


6. 中川隆[5153] koaQ7Jey 2016年11月26日 23:53:01 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[5587]
>>5
>円を売る = 円安 = ドルを買う = ドル高 = アメリカ国債を買う


違うよ


アメリカ国債の売りが増えればアメリカの金利が高くなる

アメリカの金利が日本の金利より高くなれば ドルを買って円を売るから円安になるんだよ


7. 2016年11月27日 00:47:22 : 3E76uVCkj6 : nVgKMnZYopg[524]

 >アメリカ国債の売りが増えればアメリカの金利が高くなる

 それは 当たり前〜〜

 アメリカは QEで 国債発行を抑えていたが QEをやめた

 そこで 日本がQEをやって ドルを買って アメリカ国債を 「買い支えた」

 それで ひと段落していたら 中国が バブルがはじけて アメリカの国債がかえなくなって

 少し売りにだしたので 日本は さらにアメリカドルを買って 「買い支え」している

 ===

 実に 日本が アメリカ経由で 世界経済を支えている

 同様に ドイツは ギリシャ・イタリア・スペイン・ポルトガルの国債を買って

 ヨーロッパの経済を支えているのが まわりまわって 世界経済を支えている

 ===

 中国も 必死で自国が崩壊しないように 頑張っているのが 世界経済に貢献している

 ===

 つまり 金を回すこと(足りない所に金を流して)で 経済を回転させることで

 何とか 世界経済が回っているのだ
 


8. 2016年11月27日 00:52:58 : 3E76uVCkj6 : nVgKMnZYopg[525]

 つまり ドル高 円安になったということは 必要以上に 日本が アメリカ国債を買ったということで

 円とドルのバランスが崩れたのだ

 具体的には 40兆円 日本がドルを買った と思われる 1年したらはっきりする

 この辺は 吉田繫治が詳しいので メルマガをよむようにしてほしいものだ
 


9. 2016年11月27日 11:32:38 : HjCHbiL9yc : r66eSYUSdgw[176]
日本国内で金利が上がって円高も続いたら、企業経営者はなんと思うだろう。とても景気が持続するとは思わないだろう。どうして、米国であればそんなことが起こると安易に思えるのか。

10. 2016年11月27日 12:23:05 : FO2LPlF6lA : SOLRYnsd5Ic[13]
「道半ば」いつまでたっても道半ば

「トリクルダウン」いつまで待ってもトリクルナッシング


11. 2016年11月27日 19:35:33 : 3E76uVCkj6 : nVgKMnZYopg[527]

 >米国であればそんなことが起こると安易に思えるのか

 米国でも 長期金利予想は コンスタントに下がっている 

 実際の 心理的長期金利期待度は たまに この長期金利予想を超えることがあるが

 すぐに それよりも下がる 

 ===

 今現在 瞬間的に上がってる 長期金利期待度は 一時的なものだ 

 この辺は 植草レポートで 示されているのだが〜〜

 概して アメリカの景気予想(ひいては 世界中の景気予想)は 今現在 悪くない

 <== 愛は 世界経済の天井を 2014年と 主張しているのだが 

 世界経済は 少し 上向くといわれている 

 <== この辺は 中国を省く 新興国が どの程度の発展をするかにかかっている

 ===

 いずれにしても アメリカの金利も 長い目で見れば 徐々に下がるだろう

 日本の金利は アメリカ金利から おおむね 1.5% 低いのだから

 アメリカ金利が 1%になれば 日本は マイナス 0.5%になるだろうけど〜〜

 今は アメリカ金利が 2.5%位(トランプへの期待度が大きすぎる)なので

 ちょっと異常だよね〜〜〜!!

 ま〜〜 金利は 最低でも 2.0%以下には下がるべきだ〜〜〜
  


12. 2016年11月27日 20:36:50 : JnhZM6oAj6 : 8F9pLSONIEk[3]
1ドル120円を超えたところで、円安倒産ピークに。。。

円安倒産が落ち着いたころ、今度は円高に大転換!

チャートは壮大なダブルトップを形成し始める。。。

そして1ドル100円を割り込み、巨大ダブルトップ完成!

為替市場は一気に差額25円を取りに、1ドル75円割れまで一直線!w(今度は輸出企業が南無阿弥陀仏)

ニホン破壊を企む勢力は往復ビンタを狙う!


13. 2016年11月28日 00:39:18 : vMy76a7j0k : TdhSfDdYxlo[10]
トランプショック直後は株価急落となったが、
それが金融市場に跳ね返されてボンド[米国債等」急落から株価急伸となった。

クリントンだろうが、トランプだろうが
金融市場は反則金利是正の利上げで決まりであり、
ボンドから株価えのローテションは決まっていた、

反則金利で円高圧の円も、利上げで円安回帰となって、円は150円が当然の相場である。

ショック期待のトランプ側が格好がつかなくなって
利上げ効果便乗でトランプ効果と言わざるを得なくなった。

利上げ効果でもトランプ効果でも
どちらにしても、利上げで株高となっては
黒田理論崩壊となる、

だから
黒田が利上げ回避に追加の国債買いオペに動いた。


14. 2016年11月28日 01:15:31 : rXsOD2m2sk : JnIOnWDwAhk[6]
>>13.

利上げ効果でもトランプ効果でも
どちらにしても、利上げで株高となっては
黒田理論崩壊となる、

利上げで株高となったら、黒田の失敗がもろに出て逃げれない。

トランプ効果なら、どさくさ効果にまぎれて逃げやすい。
そのための効果横取りってことも考えられるな。
とんでも理屈を思案中だったりしてな!



15. 2016年11月28日 08:06:16 : 3E76uVCkj6 : nVgKMnZYopg[532]

 >利上げで株高となったら、黒田の失敗がもろに出て逃げれない <= 完全な間違い

 
 円安 = 海外の円が逃げていく = 日本の株を売ること = 株安

 
 ===

 それとは 別の動きが 黒田の政策だろう

 日銀は 国内では 日本の株を買い 海外では アメリカの国債を買っている

 日本の株高も アメリカのドル高も 日銀の仕業だ〜〜〜

 ===

 日本国内では すでに 300銘柄以上で 日銀サイド(GPIF・郵貯 など)が 筆頭株主で〜〜

 300銘柄以上で 個人株主が減少して 大株主がほとんどだから 流動株が少ない

 日本の株価は 政府の意思で どのようにでも動かせるところまできた

 ===

 政府としては 株価が1万9千円まで来ても 株を売る気は全くないわけで

 今後は 2万3千円まで 上がらざるを得ない 

 そうすれば GPIFは 多額のキャピタルゲインになるはずで 安倍政権は 好評価されることになる
 
 

 


16. 2016年11月28日 08:11:46 : 3E76uVCkj6 : nVgKMnZYopg[533]

 今までは 海外のヘッジファンドが 日本の株価を決めていたのだが

 今や 日本の政府が 日本の株価を決めていると 解釈すべきだ

 外部要因と 内部要因の違いで ドルと 日本の株価は 切り離されたのではないか??

 


17. 2016年11月29日 01:11:18 : gpBtlQpWh2 : xe2yIUfLDyI[46]
日本の株を買っているのは海外勢

利上げで円安で株高では黒田政策と真逆の展開で

黒田政策失敗の証となる。

黒田はこの流れを壊すために利上げ阻止の買いオペに動いたのだ。

日本に居を構えるアメリカの黒田応援団も今、日本株は空売り一色。

利上げは阻止してこそ、株は暴落させてこそ黒田の延命につながるのだ。

株の暴落失敗で、残るは買いオペ「国費で利上げ阻止」となった。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民116掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民116掲示板  
次へ