★阿修羅♪ > 経世済民116 > 526.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
部下を必ずつぶしてしまう上司の特徴(@DIME)
http://www.asyura2.com/16/hasan116/msg/526.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 12 月 09 日 07:49:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

部下を必ずつぶしてしまう上司の特徴
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161209-00010000-dime-bus_all
@DIME 12/9(金) 7:10配信


部下を厳しく鍛え、一人前に早くしようとすることは上司の仕事ではあるが、それが許容範囲を超えると、やはり、問題ではある。最近は、厳しく追及し、部下を精神的につぶしてしまう上司は少なくない。そのようなケースを労働組合や弁護士などを通じ、取材していると、一定の共通項が見えてくる。今回は、部下を必ず、つぶす上司の特徴を取り上げたい。

■出口を防ぎ、詰めてくる

 このタイプの上司は部下と仕事についての意見が食い違い、議論になると、打ち負かさないと気がすまない。本来、ある程度の議論をすることが健全なのだが、それを認めようとしない。部下の言い分の矛盾や誤りを1つずつ指摘し、逃げ道を防ぐ。部下を論破し、服従させるという雰囲気で迫ってくる。認めることは一切しない。ほかの社員も恐怖を感じ、意見を言わなくなる。

 結局、上司の言い分が常に正しいことになる。ところが、自らの意見がなぜ、正しいのか、理にかなっているのかを説明しない。説明ができないのだ。そこまで深くは考えていない。とにかく、自分を中心の体制をつくることしか、頭にない。

■繰り返す

 上司に厳しい意見を言ったり、激しい議論をする人は限られている。こういう部下を狙い打ちし、何度も潰しにかかる。徹底して繰り返して、つぶしてしまう人もいる。それが、「教育」や「指導」と信じ込んでいることすらある。管理職が本来するべきことは、部下たちを1つのチームにまとめて、部署の業績を上げていくこと。決して、部下をつぶすことが仕事ではない。

 厳しい競争が浸透している業界では、こういう管理職は消えていくことが多い。それとは逆で、数十年前から安定したビジネスモデルを持ち、ある程度の売上や利益があると、社員間の激しい競争がなかなか浸透しない。すると、部下を潰しまくる上司がしだいに現れる。つまり、淘汰されないのだ。

■自己批判をさせる

 部下を潰しまくる上司は、部下に「自己批判」をさせる傾向がある。上司である自分のメンツをつぶしたことを認めさせ、反省させる。1対1で話し合うときなどに、こう詰め寄る。「今、どう思っているんだ?」「どこがいけなかったのか、わかっているのか?」…。部下が何かを答えると、さらに追及する。「その言い分は、俺へのあてつけか?」「何を言っているのか、わからない」…。

 要は、部下が何も答えることができないところまで追いつめて何も言わせないようにする。これで、論破したと思い込んでいるふしがある。ところが、皆の前ではこんな脅しに近いことはしない。つまり、使い分けているのだ。

■すべてに翻訳させる

 こういう上司は、部下がストレスを抱え、精神疾患などになったとしても、態度を変えることはほとんどしない。むしろ、「あいつは、もともと、心の病だった」などと言い、自分を正当化することすらある。仮に「心の病」であったことをあらかじめ承知していたのならば、一段と状況は深刻になる。

 いずれにしろ、「常に自分は正しく、常に部下が悪い」という考えに凝り固まっているから、悪びれたものがない。むしろ、何かがあると必ず、「あの社員は前の部署のときから、こうだった」などとうそをついたり、ねつ造をしたりして、自分がいかに正しいかを押し通そうとする。一方で、自分よりも上にいる役員や社長の前では、「いい上司」であろうとする。上の人の顔色をうかがうことは会社員である以上、多少は仕方がないとしても、それが行き過ぎると、やはり、問題ではある。

 上司が部下を厳しく鍛えることそのものはむしろ、当たり前のことであり、責められるべきものではない。大切なことは、本当に育てようとする気があるのか。そして、育つということは、上司である自分よりも上のところに行くこともあること。それを本気で認めることができるか否か、だ。

 残念ながら、多くの上司が部下が自分よりも優秀になり、上に上がっていくことを積極的には認めようとしない。だから、つぶしてしまうのだ。問題の本質は、実はこのあたりにある。

文/吉田典史

@DIME編集部

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年12月09日 09:06:07 : YmPNvCHaSw : 23rLI_I9j_c[1]
何を育てるんだ。?役に立つバカを大量生産した結果が今の社会システムだ。今の現実をよく見てみろ!、いろんな面でな。そろそろ、人間性という次元から乖離した、馬鹿げた、社会や企業の餓鬼道世界を擁護、礼賛する記事はやめたほうがいいんじゃないのか?。これから未来を担う若者を、いかにもそれが当たり前のように鼓舞し、洗能するような詭弁思想を植えつけるな!。



2. 2016年12月09日 10:53:47 : 62QaAmZ1Pg : F9H@HWLLFJE[245]

敗戦から70年経っても日本人の組織は「帝国陸海軍」と

 まったく変わらないメンタリティを持ち続けている

   いまや三等国であるニッポン人はその冷厳な事実を直視できず
  
     何度でも愚かで絶望的な敗戦を繰り返すだろう

      もうニッポンはポルトガルやスペイン以下なのに 。。。
   
  
   


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民116掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民116掲示板  
次へ