★阿修羅♪ > 不安と不健康18 > 519.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
高血圧を甘く見るな
http://www.asyura2.com/16/health18/msg/519.html
投稿者 asy8 日時 2017 年 5 月 31 日 08:40:57: 3ati27iqg4fYY YXN5OA
 

2017年4月15日午前3時頃、私は自宅で倒れ、救急車で近くの総合病院に搬送された。そしてそのまま緊急入院となった。高血圧や糖尿病があり、他にもいろいろと病気があり、肥満で、体重が110kgを超えていた。114kgあった。脳梗塞であることが判明した。倒れる前に右半身が雷に突然撃たれたように痺れた。それ以後も痺れは続いている。また右半身だけが重く、全体的に何かに引っ張られている感じだ。梱包用の幅広のテープで、右半身だけが引っ張られている感じだ。それに右足指の先が、交差し続けて、ねじ曲がっているような感覚がある。しかし、見ると何も異常はない。また右足や右耳の周囲が使い捨てカイロを押し付けられ続けているようにいつも熱い。歩くと右足だけが熱い。それに右足の部分に何か毛布か柔道着のような重いものを巻き付けられている感じだ。また腰痛がひどい。以前とは違って、少し歩いただけでもひどく疲労するようになった。以前のように気楽にどこへでも歩くことはできなくなった。しかし、見た感じは外傷があるわけでもないし、何も異常はない可能ようだ。血圧の薬は一応飲んでいたが、夜は安全だと思っていた。昼間は危険だが、夜は寝るだけなので、何も危険性はないと思い、薬も飲んだり飲まなかったりで適当にやっていた。しかし、夜こそが危険だった。また高血圧の薬は、即効性があるものもあるが、ほとんどは、そんなにすぐには効かないので、飲み忘れがないようにきちんと飲まねばならない。高血圧の薬にも副作用はあり、ふらつきとか、めまいが生じることがあり、車の運転とかは危険で、注意をしないといけない。それに高血圧の薬を自分勝手に服用をやめたり、量を減らしたりすると、急に血圧が上昇することがある。標準血圧の定義については、いろいろと議論があり、日本の血圧数値は基準が厳しすぎるという意見もある。だが、高血圧を甘く見ないほうがいい。高血圧は非常に危険な状態で、確実に脳梗塞になり死に至る危険性が非常に高い。運よく何とか、生き延びたとしても、また何度も脳梗塞で倒れることも多い。何度も倒れて、何度も病院に救急車に搬送される常連もいる。たとえ生き残っても、植物状態になったり、ほとんど動けなくなったり、しゃべることもできなくなることが多い。たとえ動くことができて、しゃべることができたとしても、体の痺れとかは死ぬまでそのまま残り、自然治癒することはない。また、歩くことができたとしても、長時間歩くことはできない。それだけでなく、長時間立つこともできない。知られていないことで、体験者でないとわからないのは、熱いということだ。右半身だけ、あるいは左半身だけ、人体の半分だけが熱い。これは夏の暑さとかそういうものではなく、ある身体の一部分のみが、使い捨てカイロとか、アイロンを押し当てられ続けているように熱い。それは朝も昼も夜も継続し、消えることはない。また腰痛もあるし、体が重くなり、バランスが取れなくなる。体の半分は依然と同じように普通だが、半分だけがしびれえているし、熱いし、重いので、今まで通りに普通に歩けない。しかし、まだ動けるなら良いほうで、動けなくなることもある。高血圧は恐ろしい危険がある。高血圧だけでなく、糖尿病とか、他のいろいろな慢性病や臓器の異常があると、さらに重複して危険性が増し、非常に危険な状態にある。また肥満はやはり非常に危険で、肥満がひどいと、薬の効果も減少してしまう。ただし、高血圧の薬はふらつきやめまいなどの副作用もあり、できれば飲まないほうが良い。しかし、高血圧の薬を飲まないで、高血圧の状態を放置していると、確実に脳梗塞で倒れて死亡するか、しゃべれてなくなったり、動けなくなったり、植物状態となる。私は今回初めて入院したが、点滴をしていて、ものすごく不便だった。それにまともに寝ることなどできない。食事の量も制限されているので、常に空腹だった。塩分も制限されているので、ほとんど味がしなかった。入院患者の中には見舞いに来た家族親戚や友人知人、職場の同僚などが、塩や醤油などをこっそり持ち込み、それを使用しているということだ。しかし、それも危険である。もちろん入院しているので、酒もたばこも禁止だし、テレビは一応あるが、ビデオはなく、何も面白いことはない。急に入院すると、何も用意しておらず、何もできない。そこで、知らせておきたいことがある。普通の一般家庭でも、地震とか、何かの災害に備えて、緊急避難用の避難袋というものを置いているはずだ。そんなものはないという人もいるかもしれないし、私も何も用意していないが、それとは別に緊急入院用の入院袋も設置しておいたほうが良い。特に一人暮らしの人は、そういうものをあらかじめ準備しておいたほうが良い。緊急入院となると、まったく何もなく、衣類もないし、髭剃りも何もない。それだとものすごく不便だし、看護師はそういうことを頼んでもやってくれないこともある。看護師はものすごく多忙で、個人的な頼みごとをしてもまともに対応しない。それら、孤立して友人のいない孤独な独り暮らしをしている人もいるだろうが、入院中に誰か見舞いに来てくれる人を複数確保しておくべきだ。皆、多忙だし、普通は誰も病院の見舞いなどは行きたくないものだ。しかし、ただ見舞いに来るだけではあまり意味はない。見舞いに来てくれたらうれしいが、あまり役には立たない。何か頼みごとができる人が見舞いに来てほしい。そういう人を複数確保していたほうが良い。そうしないと、ものすごく不便なことになる。入院中していても、担当医師と会う時間は短いし、それも平日のみが多い。看護師は血圧や体温を測ったり、点滴の操作をするぐらいで、それ以外は対応してくれない。また、病院には毎日のように救急車で搬送されてくる患者がいる。重症患者もいて、それが優先されるので、少しでも回復したら、追い出され、個人病院に行くようにと言われる。とにかく病院は多忙なので、とても安心して入院できるような環境にはない。また夜間は消灯が決まっており、規則正しい生活が基本となる。夜中に号泣する人もいる。中には入院しているのに、夕方にこっそりと病院を抜け出し、自宅で過ごして、朝に病院に戻ってくる人もいる。病院の近くに住んでいる人ならいいかもしれないが、遠方だとそれはできない。ラジオは持っていたほうがいい。テレビは有料なことが多い。だが、ラジオの受信状態が良くないこともある。お気に入りの音楽をポータブルプレイヤーに記録していたほうがいい。電池も必要だ。とにかくペンもなければメモ帳さえない。スマホと充電器はあったほうがいい。さもないと、何もすることがなくとても退屈する。もちろん重症の場合にはただ苦しむだけだ。それから退院するときにも、想像以上に体力が低下しているので、注意してほしい。ふらつきや転倒や事故が起きやすい。また交通事故にも注意するべきだ。こういう時に一人暮らしの人は大変な思いをする。退院後の生活はさらに苦しくなり、以前のような生活はできない。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年6月01日 07:28:46 : 5AY2ApmUyU : Y@E91hem8iM[7]

確かにそうですね。いつかは通る宿命です。

いざ病に倒れて、さめざめと泣くのです、ね。

長文ありがとう。



2. 2017年7月01日 20:35:23 : rkJU4oOov6 : NsyCTgkVO_g[232]
>高血圧や糖尿病があり、他にもいろいろと病気があり、肥満で、体重が110kgを超え>ていた。114kgあった。脳梗塞であることが判明した。

これを自業自得と言う。 誰も同情しないよ、今度は薬たらふく食べて
製薬会社に貢献してくださいね。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 不安と不健康18掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
不安と不健康18掲示板  
次へ