★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評15 > 312.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「嫌われる勇気」、日本アドラー心理学会から抗議
http://www.asyura2.com/16/hihyo15/msg/312.html
投稿者 ダイナモ 日時 2017 年 2 月 12 日 17:33:27: mY9T/8MdR98ug g1@DQ4Npg4I
 

 放送中のフジテレビ系ドラマ「嫌われる勇気」(木曜午後10時)が、日本アドラー心理学会から抗議を受けていることがわかった。同ドラマは、岸見一郎と古賀史健の共著による「アドラー心理学」を解説した書籍、シリーズ累計180万部超の大ベストセラー「嫌われる勇気」を原案に、刑事ドラマとして大胆にアレンジしたもの。

 香里奈(32)主演で1月よりスタートした「嫌われる勇気」だが、アドラー心理学の研究と啓発を目的とした日本アドラー心理学会が10日に公式サイトにて、会長の中井亜由美の署名のもと同ドラマへの抗議文を掲出した。

 同学会は、ドラマ「嫌われる勇気」は、アドラー心理学の一般的な理解とは大きく異なる見解を広めていると指摘。放送の中止、もしくは脚本の大幅な見直しを求めている。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170212-01778013-nksports-ent  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年2月21日 09:44:30 : ARF1lC6dTw : dyxGEQ1AHrc[1]
>簡単に問題点を指摘させていただきますと、そもそも「勇気」とは、「勇気とは
共同体感覚のひとつの側面である」( アドラー) と言われておりますように、「共同体感覚」と関係して理解されております。「共同体感覚」とは「共同体感覚は、人々が相互に理解し合い、一致に到達し、意見や信念を分かちあうことを可能にするものである」( ヘレーネ・パパーネク) と言われるように、他者と共同し協力して生活する能力のことを意味します。しかるに、ドラマ『嫌われる勇気』の中では、たとえば「私はただ、感じたことを口にしているだけ」と言っている主人公を「ナチュラルボーンアドラー」としているなど、「相互理解のための努力」や「一致に到達する努力」や「意見や信念を分かちあうための努力」の側面を放棄しているように見受けられます。

専門家の意見も聞きたいと考え、本学会所属のアドラー心理学指導者野田俊作氏
に相談したところ、「たしかに岸見氏がおっしゃるように、他者の評価でもって自
分の価値を判断する必要はないけれど、そういうことにとらわれずに、『他者の幸
福のため』に自分がすべきことをするというのが、アドラーの教えだと理解しています。ですから、自分の行為の結果が他者にどういう影響を与えるかについて、い
つも配慮をしなければならないと思います。ドラマの中の考え方には『他者の利害』という見方が完全に欠落している気がします。それではアドラー心理学とは言えません」というコメントをいただきました。

放映の中止か、あるいは脚本の大幅な見直しをお願いしたいと思っております。
早急にご検討いただき、善処いただければさいわいです。

http://adler.cside.ne.jp/common/pdf/fuji_tv.pdf


2. 2017年3月07日 14:06:46 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[2244]
志葉玲氏
「ところで、『ニュース女子』の司会の長谷川幸洋サン、東京新聞の記者達からは「あんな人、仲間だと思ってない」「社の上層部には厳しく対応してもらいたいわ」と鼻つまみ者らしいね。ソースは東京新聞の中の人。」
https://twitter.com/reishiva/status/838978583573868544

嫌われ者の長谷川幸洋氏…


3. 2017年7月03日 20:38:00 : jdbscxdMEI : w@RGi2n9WUo[11]
フジテレビはクソテレビ局。ろくな番組がない。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評15掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
マスコミ・電通批評15掲示板  
次へ