★阿修羅♪ > 医療崩壊5 > 123.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
輸血用血液が足りない!血液を売買する闇組織が活発化、リーダー格の年収は1700万円(Business Journal)
http://www.asyura2.com/16/iryo5/msg/123.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 5 月 21 日 00:24:25: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

輸血用血液が足りない!血液を売買する闇組織が活発化、リーダー格の年収は1700万円
http://biz-journal.jp/2016/05/post_15181.html
2016.05.21 文=牧野源 Business Journal


「日本ではカネで買えないが、中国では買えるもの」といえば、血液がそのひとつである。

 4月27日付「新京報」によると、中国・北京市や江蘇省などをはじめ、全国的に輸血用血液の在庫が不足するなか、「血頭」と呼ばれる売血組織の動きが活発化しているという。

 記事によると、全国70の主要都市のうち50都市で輸血用血液の在庫が逼迫している。江蘇省蘇州市の蘇州大学付属第一病院の血液科で働くスタッフによると、血小板の在庫は慢性的に不足しており、輸血をしなければ生命に危機が及ぶと判断された患者にのみ使用が許されているという。

 こうしたなか、輸血を必要とする入院患者は、あらかじめ親族や知人に個人的に献血を依頼して輸血用血液を確保している。だが、依頼する親族や知人がいない患者は売血組織を頼るしかないという。

 ある売血組織の主導者によると、同病院や同市赤十字血液センターに部下を常駐させており、200ミリリットルの血液を1000元(約1万6700円)前後で、40ミリリットルの血小板を1200元(約2万円)で販売している。これは、正規の輸血費用の3〜4倍に相当する。

 彼らは一日当たり20件ほどの取引を行っており、末端のスタッフでも年収にして10〜20万元(約170〜330万円)、リーダー格になると100万元(1700万円)を得ているという。ちなみに、こうした血液売買は中国の法律でも禁止されている。

 売血組織が暗躍する結果となっている輸血用血液の不足について、広東省地方紙の記者はこう話す。

「医療の向上と普及により、輸血を受ける人が増えたことがひとつの原因。献血者の数も多少なりとも増えつつあるといわれているが、HIV感染を自ら疑う人など血液検査代わりに献血に訪れる人も多く、輸血用に利用できる血液の総量はそれほど増えていない」

 かつては貧困層を中心に、売血によって生計を立てる「血奴」と呼ばれる人々が数多くいた中国。売血者間での注射器の使い回しや、安全性が未確認の血液が売買されたことで、HIVをはじめとする感染症拡大を招いたという過去もあるだけに、事態の改善が急がれる。

(文=牧野源)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年5月22日 12:58:42 : NHmW7kXQ5U : gXjg79zzycY[2]
知ってはいけない!?医食住の怖〜い話(著・船瀬俊介)より引用。
==================================================================
「輸血と発ガン 輸血すると4.6倍発ガンする!」

◆恐怖の発ガン療法
輸血は、ガンの増殖を加速します。あるガンは4.6倍も増大しました。
なぜでしょう?
それは、輸血により免疫力が低下するからです。輸血による最悪の悲劇は急性ショック死GVHDです。人体は、そのパニックを避けるため、体に入った他人の血″と、おりあいをつけます。そのため、自らの免疫反応を抑えるのです。つまり、免疫力を下げて、なんとか、生き延びようとする。免疫力が下がると、喜ぶのは体内のガン細胞です。こんどはガン細胞が急増殖をはじめるのです。輸血は、なんと、発ガン療法でした。この事実にも99%の医師たちは無知です。そんな、何も知らない医者に、あなたは命を預けているのです。

◆血球は1時間で2〜3倍増殖
おそろしいのは、輸血の42%はガン患者に行われているということです。ガン患者に、“発ガン療法”をなにも知らずに行っているのです。ガン手術のときでも、かならずといってよいほど輸血します。すると、輸血した患者は、しなかった患者より1.8倍もガンが再発した、という警告もあります。
これまで外科手術で、輸血はあたりまえのように行われてきました。1リットル出血した。だから1リットル輸血する。これが、医学界では常識でした。しかし、考えてみたら、これは小学生の算数と同じです。人間を機械的に見てきた近代医学の底抜けの盲点がここにあります。
人間は機械ではありません。大自然が創造した生命です。算数の足し算、引き算で考えることは愚かです。たとえば白血球の一種、顆粒球は出血して失われても、わずか1時間で2〜3倍も増殖します。そして、白血球は赤血球や血小板など、他の血球に変化する。
それは、もはや医学の常識なのです。

◆生理食塩水の点滴でよい
だから、出血しても、水分と塩分を補給すればすむ話です。
結論は、手術中は、生理食塩水を点滴すれば、それでいいのです。 血潮という言葉があります。生命は海から生まれました。だから、人間の血液のミネラルバランスは、海水と同じです。海の水を約3分の1にうすめる。すると、血しょうと同じになります。
だから、結論を言えば、輸血ではなく、生理食塩水で水分とミネラルを補給すれば、いいのです。口から飲めるなら点滴すら不要です。コップの水に塩を溶かして飲ませればいいのです。
しかし、それでは医療利権は儲かりません。だから、こんなあたりまえの真実を、ひたすら隠し続けてきたのです。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊5掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
医療崩壊5掲示板  
次へ