★阿修羅♪ > 医療崩壊5 > 136.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
≪早期がん≫末期とはこんなに違う医療費と生存率 Dr.中川のみんなで越えるがんの壁(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/16/iryo5/msg/136.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 5 月 29 日 19:00:30: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

           写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ


【早期がん】末期とはこんなに違う医療費と生存率 Dr.中川のみんなで越えるがんの壁
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/182302
2016年5月27日 日刊ゲンダイ P16 文字お越し


 キャスターの小倉智昭さんが、膀胱がんの手術から復帰。そのスピーディーな対応が話題になっています。がん治療というと、長期入院を余儀なくされるイメージを持たれる方もいますが、今やそうではないのです。小倉さんのケースは、その典型でしょう。

 厚労省の2014年患者調査によると、がん患者さん全体の平均入院日数は18・7日。02年の3分の2に減っています。早期ならほぼ100%治る胃がんや大腸がんは、内視鏡による日帰り手術も可能です。

 早期がんの時期は大体1〜2年。この間にがんを見つけることができれば、体に負担の少ない治療法を選ぶことができ、治る可能性がその分アップ。すべてのがんの治癒率は約57%ですが、早期なら約9割が完治するのです。

■医療費で大差出る「早期がん」と「進行がん」

 早期がんと進行がんとでは、医療費が大きく変わります。たとえば、ステージ1の非小細胞肺がんで、肺の一部を切

除する手術の医療費は年間約191万円。ステージ4になって、抗がん剤治療を6コース受けるとすると、約3・4倍の年間648万円にハネ上がります。

 サラリーマンの方なら自己負担は3割、高額療養費制度で実際の負担額はもっと少なくなるとはいえ、その差は大きい。がんを早期で見つけるメリットは、医療費の点からも大きな意味があるのです。

 毎年約100万人ががんになりますが、そのうち3人に1人は20〜64歳の働く世代。現役世代で亡くなる方は、半数ががん。がんは高齢者を苦しめる病気ではなく、現役世代の病気ということです。それだけに早期に発見して、体の負担が少ない治療を受け、高い確率で社会復帰することが、家族にも家計にも大切なのです。

 広島県は、がん検診が企業に与える経済的な影響を調査。企業ががん検診を実施して早期がんを見つけたケースと、実施せずに末期で見つかったケースを比較した結果、早期で見つけると、差し引き405万円の遺失利益を取り戻す効果があることが分かりました。

 さらに従業員の生存率は、早期が99%で、末期が15%。84ポイントもの開きがあったのです。企業にとっても、がんを早期発見するメリットはかくも大きい。

 小倉さんはわずかな血尿に気づき、精密検査を受けたそうですが、一般に早期がんは自覚症状が乏しい。症状を頼りにすると、発見が遅れやすいので、自治体のがん検診や企業の健康診断をうまく活用しながら、定期的な検査を受けるのが無難です。

 特に大腸がん、子宮頚がん、乳がんは、検診の有効性が国際的に証明されている“検診向きのがん”。受診しないのは損です。これに加え、肺がんと胃がんの検診も1年に1回、受けておくのが安心です。

 これら5つのがんは検診によって、死亡率が下がることが分かっています。小倉さんのケースを教訓に、検診を受けていない方は、ぜひ受けて下さい。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊5掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
医療崩壊5掲示板  
次へ