★阿修羅♪ > 医療崩壊5 > 306.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
治療の幅広がる
http://www.asyura2.com/16/iryo5/msg/306.html
投稿者 あっしら 日時 2016 年 9 月 18 日 04:29:38: Mo7ApAlflbQ6s gqCCwYK1guc
 

(回答先: やせる糖尿病薬、私に合う? 血中の糖分を尿へと排出 体力あって太め、選択肢に:機序は合理的だがそれまでの食事療法に問題? 投稿者 あっしら 日時 2016 年 9 月 18 日 04:25:18)


治療の幅広がる

 血液中の糖分が多くなり様々な症状が出る糖尿病は、インスリンを作る膵臓(すいぞう)の細胞が働かなくなった1型と、インスリンを作る力が落ちたり効きにくくなったりする2型に大きく分けられる。2型は生活習慣とも深く関わっていると考えられ、患者によって症状や治療による効果が異なることが多い。


 糖尿病学会などでは、一人ひとりの患者に合わせた血糖値のコントロールや治療を勧めている。血糖値が下がりすぎる低血糖症が重くなると意識障害が起きたり、命に関わったりする場合もある。このため高齢者などでは目標の血糖値を高めに設定して、低血糖を予防するなどしている。

 現在使われている糖尿病の内服薬は大きく分けて3タイプ7種類。1990年代に肝臓などでのインスリンの働きを改善するチアゾリジン薬や炭水化物の吸収を遅らせて食後に血糖値が高くなるのを抑えるα―グルコシダーゼ阻害薬(α―GI)などが登場。さらに2009年にはインスリンの分泌を促進するなどの働きがあるDPP―4阻害薬も加わって、治療の幅を広げてきた。最近はDPP――4阻害薬やビグアナイド薬などから使い始め、症状にあわせて変えていくことが多いという。

 ただ既存の内服薬の大半はインスリンに関係して効果を発揮するが、効果には限界もある。新たに加わったSGLT2阻害薬はインスリンに関係なく働くため、比較的若い患者を中心に治療の幅を一層広げる効果が期待される。

[日経新聞9月11日朝刊P.16]

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊5掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
医療崩壊5掲示板  
次へ