★阿修羅♪ > 国際13 > 151.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
独地方選で野党躍進 連立与党は左派色強める
http://www.asyura2.com/16/kokusai13/msg/151.html
投稿者 あっしら 日時 2016 年 3 月 28 日 03:44:27: Mo7ApAlflbQ6s gqCCwYK1guc
 


[独フランクフルター・アルゲマイネ]独地方選で野党躍進 連立与党は左派色強める

 13日の地方選で野党「ドイツのための選択肢(AfD)」が躍進した結果、連立与党は福祉予算の上積みを決めた。「貧しい難民にはカネを渡すのに、貧しいドイツ人には渡さない」との印象を払拭したいようだ。つまり右派ポピュリスト政党の台頭で与党は左派色を強めたのである。

 調査会社インフラテスト・ディマップの幹部によると労働者階級と失業者がAfDの支持基盤だ。その区分だけでみると旧東独のザクセン・アンハルト州では38%がAfDに票を投じた。これに対し、旧西独のバーデン・ビュルテンベルク州の自営業者での支持率は8%にとどまる。

 AfDの支持者が問題視するのは、まずは難民危機。次が格差社会だ。所得層の最底辺ではなく、下流への転落を恐れる人がAfDを選ぶ。

 きちんとした福祉政策を打ち出したわけではないが、それは、すでに垣間見える。長期失業者に手厚い支援を施し、公務員の給与を引き上げる。水道やごみ処理などの分野での民営化は凍結。一連の要求からは保護主義的な基本思想がにじむ。

 今回の地方選では、既存政党に失望していた無党派層を取り込んだ。AfDが躍進したのは、これまで投票率が低迷していたところでもある。

 米国との自由貿易協定には反対する一方で、ロシアのプーチン政権には心情的な近さを感じている。さらに国粋主義的で保護主義的、さらに社会福祉を重んじるAfDは学術面での分析も難しい。新しいタイプかもしれない。反資本主義だが左派ではないという政党の誕生である。

(ラルフ・ボルマン記者、20日付)

[日経新聞3月26日朝刊P.6]

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際13掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際13掲示板  
次へ