★阿修羅♪ > 国際13 > 385.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ケイコ・フジモリの足かせは、ペルー国民に根強く残る「父親」への抵抗感(HARBOR BUSINESS)
http://www.asyura2.com/16/kokusai13/msg/385.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 4 月 17 日 11:57:20: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

ケイコ・フジモリの足かせは、ペルー国民に根強く残る「父親」への抵抗感
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160417-00090931-hbolz-int
HARBOR BUSINESS Online 4月17日(日)9時21分配信


 15世紀に最盛期を迎えたインカ帝国の中心地のペルー。2130万人の選挙民がいるそのペルーで4月10日大統領選挙が行なわれた。開票40%強の時点で上位3人の候補者の得票率はケイコ・フジモリ(40才)39.18%、ペドロ・パブロ・クチンスキー(77才)24.25%、ベロニカ・メンドサ(35才)16.57%という結果となった。(参照「El Comercio」)。どの候補者も過半数に至らないということで、6月5日に上位二人のケイコ・フジモリとクチンスキの決戦投票が予定されている。アナリストの間では、クチンスキが僅差で勝利するであろうと予想されている。

 クチンスキの勝利を挙げている理由はメンドーサの大半の票田がクチンスキに流れる可能性が強いということと、反フジモリ派が今も根強く存在しているということだ。

 ケイコ・フジモリには絶対に票を入れないと言う選挙民が49%もいるというのである。その理由の53%は彼女の父親の政治に反対しているため、彼女をも敬遠しているのだという。(参照「Infobae」)。

◆ケイコ・フジモリ候補の父親、アルベルト・フジモリ元大統領

 ケイコ・フジモリの父親は、日本にも馴染みの深いアルベルト・フジモリ元大統領だ。彼の政権は1990年から2000年まで続いた。彼が政権に就く前のガルシア政権下では、当時のラテンアメリカは深刻な経済低迷にあり、ペルーもその例外ではなかった。ガルシア政権は人民革命と称して銀行の国有化やIMFへの債務返済を勝手に遅らせたりして国内経済の復活を目指したが、逆に経済は悪化の一途を辿りインフレ8000%という事態にまで深刻化した。しかもIMFへの債務遅延で外国からの投資もなく、国家破綻の寸前にまでなっていた。また社会的にもゲリラ組織センデロ・ルミノソが勢力を拡大して治安は乱れ社会不安は増大していた。

 そのような国内情勢の中でフジモリ大統領が誕生したのである。彼はガルシア前大統領とは反対にIMFの指導に基ずいて国有財産の売却、鉱物資源などの開発の為に外資の導入を積極的に進めた。正に、ガルシア政権とは正反対の政策を実行して行ったのだ。それによってペルー経済は立ち直りを見せた。

 しかし、ペルー議会は反対勢力が強く、彼の望む通りの政策が実行出来ないでいた。そこで1992年4月5日にフジモリ大統領は軍部の協力を得て「セルフクーデター」を行なったのある。議会を解散させ、国家非常事態の宣言をして戒厳令を敷いた。更に憲法の機能を停止。そのようにして大統領の権限をフルに駆使してゲリラ組織センデロ・ルミノソにもメスを入れたのである。それには彼の参謀的なモンテシノス国家情報局顧問と軍部の協力があった。

 このゲリラ組織も、元々は貧困者を救済するのをその設立の根底においていた。ペルーは10%の白人社会が国の富の大半を享受している。それに白人とメスティソ(白人と先住民インディオとの混血)がその残りの富を受け、原住民の貧困層は殆んどそれが回わって来ない状態であった。それがフジモリ大統領が誕生する前のペルーの姿であった。彼はその原住民の貧困対策のひとつとして出生率を低下させることを目的に強制的に避妊手術をさせたという。それが後になって人権犯罪となって彼が糾弾されたのだ。

 ただ、フジモリ大統領は特に貧困者への支援に強い関心をもっていたという。彼は熱心に貧困地域を訪問して彼らを励ました。それを実行した大統領は今まで誰ひとりいなかった。

◆アルベルト・フジモリ大統領時代への「抵抗感」が足かせに

 しかし、彼が政治的判断を誤ったのはセルフクーデターの後に制定された新憲法を使って3度目の立候補を果たしたことである。旧憲法では2度しか大統領職は勤めらない。そこで、彼は新憲法を建て前に最初の立候補だとして3度目の就任を果たした。それが米国を始め国際社会から批判されるようになって、彼への攻撃が加速化されるのである。そのひとつがモンテシノスが議員を買収している映像が暴露されたことである。それに端を発して贈賄への疑惑が彼にも降り掛かるようになった。そして国民からの支持も失い訪日中に辞任することを決めたという経緯に及んだのである。

 フジモリ大統領の「避妊手術の強制」は確かに極端過ぎるし、問題は多かった。しかし、経済を立て直し、それまで乱れていた治安の安定に貢献した業績は高く評価されるべきである。ところが、その功績はほぼ無視されている。ケイコ・フジモリが大統領選挙に臨ぶに及んでも、父親の代から続いている反フジモリ派は消滅することなく、彼のセルフクーデターで軍部によって被った被害や原住民を対象に行なった避妊政策などの批判がケイコフジモリ候補にも波及しているのである。彼女を批判する理由は、彼女も父親と同じ政治路線を歩むからだとし、また彼女が大統領になれば現在服役中の父親に恩赦を与えると懸念しているのだ。

 もちろん、ケイコ・フジモリは、彼女の父親が果たした治安の安全回復や犯罪の取締りなどで彼女は他の候補者よりも上手くやってくれると期待している層も少なくない。その背景には彼女の政策ブレーンには父親に協力していた人材が彼女にも協力することもを約束しているからだ。

 彼女と決戦投票を争うクチンスキは嘗て世銀に勤務したことがあり、首相の経験もある。今回の選挙では外国からの投資を促進させることを強調している。

 フジモリ支持派とクチンスキにメンドーサらが連合した反フジモリ派の選挙の行方を見守ることにしよう。

<文/白石和幸 photo by Congreso de la República del Perú on flickr(CC BY 2.0)>

しらいしかずゆき●スペイン在住の貿易コンサルタント。1973年にスペイン・バレンシアに留学以来、長くスペインで会社経営する生活。バレンシアには領事館がないため、緊急時などはバルセロナの日本総領事館の代理業務もこなす。

ハーバー・ビジネス・オンライン
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年4月17日 14:27:26 : fsffmZTZcI : NSQpkj6jA4U[7]
アルベルト・フジモリ氏はCIAの飼い犬で 武器商人でしたね。
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=282591
http://ameblo.jp/pilsen52/entry-10394597682.html
ケイコ氏は米ボストン大卒、米コロンビア大で経営学修士号取得。アメリカ人と結婚。。どー見てもアメリカの傀儡ですね。
▼どこの植民地国もそうだが、要は宗主国の大学に留学し、現地のエリートから洗礼を受けて帰国し、本国で支配する側として君臨する
http://blog.goo.ne.jp/minamihikaru1853/e/4a20e73a3146684e7e7dab9f36a36dab

2. 2016年5月08日 03:44:44 : F5J8AHSiF2 : 3Sj221gK3Qk[16]
>>01氏に同感。


昨今の青山氏はどうも胡散臭い気がするんだが、ペルー人質事件に関しては彼の生の証言を読んでみたほうがいいと思った。
卑怯な手段を使ったテロ首謀者は許せないが、日本人に懐いてしまった少年がかわいそうでならなかった。
なにしろフジモリ氏は、人質日本人が全滅しようがお構いなく突入したらしい。
奇跡的に全員助かったのは、偏に少年が銃を撃つのを躊躇ったからだってよ。
貧しいがゆえにテロリストになるしかなかった。挙句惨殺ってひどいわ。
首謀者二人の内、女の方は生け捕りして、見せしめのために身の毛もよだつやり口で殺されたんだと。
あの人は後ろ暗い。貧困層が多いペルー人に憎まれても仕方がない人物だ。
坊主憎けりゃ・・でも仕方ない。

_______


NAVERまとめ

在ペルー日本大使公邸占拠事件

1996年12月17日に、ペルーの首都リマで起きたテロリストによる駐ペルー日本大使公邸襲撃(ざいペルーにほんたいしこうていせんきょじけんおよび占拠事件につてまとめてみました。

更新日: 2015年04月01日
ostrich0102さん
http://matome.naver.jp/odai/2142786503461013601?&page=1

________


MRTA(トゥパク・アマル革命運動)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%91%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%83%AB%E9%9D%A9%E5%91%BD%E9%81%8B%E5%8B%95

________


ぼやきくっくり

「アンカー」ペルー日本大使公邸人質事件の真実

TV番組内容紹介 | author : くっくり | 2007.05.24 Thursday
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid297.html


3. 2016年5月08日 03:55:06 : F5J8AHSiF2 : 3Sj221gK3Qk[17]

浅井久仁臣 グラフィティ         


私の視点 報道特集「フジモリ元大統領の日本人妻」を斬る

2006-04-10 02:43:07 | Weblog
http://blog.goo.ne.jp/asaikuniomi_graffiti/e/ee9a42f9703f270fff472723fa0e41bb(全文)

 9日の「報道特集」(TBS)でフジモリ元大統領の新妻、片岡都美さんを密着取材した内容の番組をやっていた。片岡さんは、日本で政治亡命をしていたフジモリ氏を物心両面で支え、同氏が再起を期して南米に渡ったものの囚われの身になってしまうと、己が身を投げ出すかのようにペルーに乗り込んでいく行動的な日本人女性実業家だ。番組では、TBSの女性記者がホテルの部屋や車の中にまで同乗し、化粧をするところまで見せながら“ドラマ”がテンポ良く展開していく。

 片岡さんの姿は、幾多の困難を乗り越え、両者の年齢の差や生まれ育った環境の違いを超えた者のみが持つ気高さを感じさせた。若くしてホテル経営で財を成した彼女が、フジモリ氏のような夢を持つ男のために尽くす姿は、大和なでしこの持つたおやかさに隠された「芯の強さ」を感じさせるもので見る側はその見事な生き様にぐいぐいと惹かれていく。

 番組の構成としては、貧者のために尽くしてきたフジモリ氏が、今もいかにそういう低所得者層から愛されているかが何度も繰り返し紹介される。そして、「チーノ」の愛称で呼ばれるフジモリ氏の代わりにペルーに乗り込んでいった片岡さんが、支持者達から熱狂的な歓迎を受けている姿が映し出される。それを見て私のパートナーは感激のあまり鼻水をすすりだした。

 最初は好意的に見ていた私も、番組を見続ける内に幾つか気になりだした。そしてやがて、「警戒センサー」が鳴り出した。どうも片岡さんの言動に何らかの意図的なものが感じられるのだ。また、番組に一貫するフジモリ氏に対する過度に好意的な姿勢も気になった。

● まず、フジモリ氏の大統領としての「顔」だが、在任中の素顔や実態は、日本ではあまり知られていないが、ペルーのみならず、国際社会からも「独裁者」に分類された指導者であることを忘れてはならない。政権末期の政治腐敗は目に余るものがあり、次々に明らかにされた「政敵暗殺」「構造汚職」は、彼を事実上の政治亡命に追い込んでいる。だから、番組から醸し出されていた「不運の大統領」「民衆に愛される指導者」というイミッジ(イメージ)と実態とは大きな差があると言っていいだろう。

● フジモリ氏は大統領選に初出馬を決めた時、貧富の差の改善を誓い、チョロ層(先住民およびそれに近い混血層の出身でもとは下層階級)がペルー社会の基盤にならなければならないと公約したが、実際には一部の地域に限定して行われただけで、全体的には貧富の差は逆に広がったとされている。だから一部の恩恵を受けた地域に行けば、TBSのカメラが捉えた様に「チーノ、チーノ」の大合唱になる。それを何度も見せられた視聴者は、フジモリ氏が貧富の是正で大きな成果を上げていたと勘違いした人も少なくなかったのではないか。

 片岡さんの“純愛”も番組が進む内に、私の目には段々色褪せて見えてきた。片岡さんそのものが政治家に見えてきたのだ。現地のTV番組収録中に見せた彼女の涙も打算から流されたように見えた。私は、右であろうと左であろうと、政治家や活動家を個人が支援することは自由だと考えている。だが、良くある事とはいえ、そこに恋愛や結婚を、活動を有利に進めるために使うのは生理的に受け付けない。片岡さんの動きを見ていると、失礼ながらそんな様に見えてしまったのだ。

 片岡さんについては、いろいろの情報があった。本名、片岡都美(かたおか・さとみ) 。番組の中で片岡さんが「日本人」であることを強調していたが、ジャーナリストの山岡俊介氏によれば、彼女は在日韓国人であるという。国籍がどうのこうのというつもりはないが、今回に限って言えば、もし彼女が韓国籍であるのならそれは隠し立てすることではない。はっきりとそう伝えるべきである。その上で、ものごとを語れば良いだけの事だ。ただ、もちろん、山岡氏の情報が間違っているのであれば、問題にならない。著書に書かれた自己紹介を見ると、日韓両方の血を受けたとある。波乱万丈の人生を歩んできた片岡さんは、現在40歳。20代半ばで借金の保証人になって死を覚悟していた時、ある社長から任された都内にあるホテルを再建、その傾きかけたホテルを今や稼働率が90%を超えるまでにした女性実業家だ。

 片岡さん、ただ単なる実業家ではない。いろいろ調べてみると、右翼の世界では有名人なのだ。それは、「さくらサクラー愛と革命」と題する彼女のHPを見てもよく分かる。


・骨抜きになった日本の精神を今すぐ叩き直せ!

・力による武力行使で浄化作用を!

・国益に重大損害を与え、私利私欲に走る政治家、役人に天誅を与えよ!


 また、自著でも次のようなあいさつ文を書いている。

 いまや日本そのものが亡国の危機に瀕しているのです。
 これを知るに至り、私は、自分の人生を本当に捧げるべき目標を得ました。
 それは失われつつある武士道精神を甦らせ、この国に真実の「革命」=維新=を起こし、亡国の淵から吸い上げることです。
 己の命を投げ捨ててでも、行動する価値のある目標ではないでしょうか。
 愛国心の片鱗を持つ者でさえあれば、今の日本の危機的状況を見て、耐え難い義憤を抱かないはずはありません。国の将来を憂えないはずはありません。
 志を立てた若者たちが行動を起こさねば、国は滅びてしまうでしょう。
 しかし、真に国をを憂える人柱が現れれば、必ずや世は動きます。
 国のために殉ずることは最高の美徳であり、栄誉なのです。
 私はこれから、その大義のために人生のすべてを捧げる覚悟でいます。
 本書は、とくに日本の若い世代に対して、その血に受け継がれた武士道精神を呼 び起こし、この「革命」=維新=に参加してほしいという切なる思いでおります。

 
 いずれにしても、片岡さんがフジモリ氏を支援するために思いつく限りのことをするのは自由だが、マスコミがそれに安易に乗せられるようでは情けない。それも、かつては「報道のTBS」の看板番組(私自身も番組制作に関わったから個人的な思い入れがある)と言われた報道特集がこんな番組を作ったとは、トホホなんとも情けない話だ。ジャーナリストにとって取材対象者との距離は常に意識しておかなければならないが、この番組を制作したディレクターのやり方は、悪しき例と言っていいだろう。


4. 2016年5月22日 22:49:23 : 5KqbhBhJqs : nzeA67NjA_k[7]
匿名党ブログとてんこもり野郎ヲチスレ(アメブロ版)

大日本共栄圏内国が意思表示

2016-05-22 13:30:00NEW !
テーマ:ブログ
http://ameblo.jp/tenkomoriwotisure/entry-12162913102.html抜粋


>ペルーはモンゴル顔のなりすましに鉄槌!!!!




[32初期非表示理由]:担当:アラシ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際13掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際13掲示板  
次へ