★阿修羅♪ > 国際13 > 692.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
当選見通しのドゥテルテ氏 中国と直接対話も:インフラ整備協力を条件に、「フィリピンのトランプ」との異名も
http://www.asyura2.com/16/kokusai13/msg/692.html
投稿者 あっしら 日時 2016 年 5 月 10 日 17:56:36: Mo7ApAlflbQ6s gqCCwYK1guc
 


※関連記事

「フィリピン大統領選 接戦 過激発言ドゥテルテ氏に勢い、「南シナ海」影響も 来月9日投票」
http://www.asyura2.com/16/asia20/msg/199.html

==============================================================================================================================
当選見通しのドゥテルテ氏 中国と直接対話も
5月10日 12時26分

9日に行われたフィリピンの大統領選挙で当選する見通しとなったロドリゴ・ドゥテルテ氏は、南シナ海を巡る問題への対応について「多国間での取り組みで事態が前に進まなければ中国と直接話し合う」などと述べ、中国がインフラ整備などで経済支援を行えば領有権争いを棚上げする考えを示しました。

フィリピンでは9日、アキノ大統領の任期満了に伴う大統領選挙が行われました。現地の選挙管理委員会によりますと、開票率は89.25%で、得票率は南部ミンダナオ島のダバオ市長、ロドリゴ・ドゥテルテ氏(71)が38.70%、続いてアキノ大統領の後継のマヌエル・ロハス氏(58)が23.21%、無所属の上院議員のグレース・ポー氏(47)が21.68%などとなっています。

選挙の結果は議会の承認を経ておよそ1か月後に確定しますが、2位のロハス氏が残りの票をすべて獲得しても逆転できないため、ドゥテルテ氏が当選する見通しとなりました。

ドゥテルテ氏は、南シナ海を巡る問題で中国との関係改善に取り組む姿勢を強調していて、9日夜の記者会見では、領有権は譲れないとする一方「多国間で問題の解決に取り組むが、事態が前に進まなければ中国と直接話し合う」と述べ、中国がインフラ整備などで経済支援を行えば領有権争いを棚上げする考えを示しました。

現職のアキノ大統領は、同盟国アメリカや日本などとの関係を強化して中国に対抗してきましたが、専門家の間では、ドゥテルテ氏が現政権の路線を転換するような外交方針を取れば南シナ海問題の行方に影響を与えるという見方も出ています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160510/k10010514801000.html?utm_int=news-international_contents_list-items_008

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際13掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際13掲示板  
次へ