★阿修羅♪ > 国際15 > 497.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
世界中で横行するヒトラーさながらの淘汰殺人 溝口敦の「斬り込み時評」(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/16/kokusai15/msg/497.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 10 月 04 日 15:45:20: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

     


世界中で横行するヒトラーさながらの淘汰殺人 溝口敦の「斬り込み時評」
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/191032
2016年10月3日 溝口敦 ノンフィクション作家、ジャーナリスト 日刊ゲンダイ 文字お越し


  
   フィリピンのスラム街で、逮捕者を移送する車を取り囲む住民や親族(C)AP


 フィリピンでは、ドゥテルテ大統領の就任後2カ月で麻薬関連を疑われ、警官に殺された者が1100人を超えた。同時期にこれとは別に、麻薬関係の抗争などで2025人が殺されたという。

 同大統領はヒトラーを引き合いに出し、「ヒトラーは300万人のユダヤ人を殺した。(フィリピンには)麻薬中毒者が300万人いる。私も喜んで殺したい」と語ったという。

 麻薬の中毒者や依存症患者はいわば病人である。自分の好き勝手で、自分の体や心を傷めるクスリをやめられない。しかし、彼らは麻薬の密輸や小売りをやっているわけではなく、家族のほかには第三者を巻き込むことは少ない。

 ドゥテルテ大統領の言に従えば、清原和博も高知東生も覚醒剤中毒者だから、フィリピンに行けば問答無用で殺されることになる。

 他方、中国では年間数千件の死刑が執行されている。麻薬、覚醒剤がらみの犯罪に死刑を判決する国だからだ。中国では行政と司法が一体化しているのだが、「我々は裁判という手続きを踏んで正しく殺している」「フィリピンとは違う」と言うかもしれない。

 日本では横浜市神奈川区の大口病院で7月以降、最大40人が入院できる4階で48人が亡くなった。1日4、5人死ぬことも珍しくなく、院長は死者が「やや多い」と語ったという。

 大口病院の診療科目は内科、リハビリ科などで、別に終末期ケアを行うホスピスではない。にもかかわらず、2カ月で48人の死者を「やや多い」という感覚は何を物語っているのか。

 4階では消毒液「ヂアミトール」を注射器で入れた未使用の点滴が10個ほど見つかった。消毒液で殺されたのは揃って88歳の男性2人だったが、毒入り点滴を割り当てられた患者を殺すという無差別殺人が進んでいたのだろうか。

 かと思えば、7月、相模原の障害者施設では短時間に19人を殺す大量殺害事件が発生した。

 日本に限らず、世界中で社会的不適合者や薬物依存症患者、高齢者や心身障害者などを無用視し、抹殺する事件が続発している。

 古い時代、貧しさや飢饉などを背景に嬰児殺しや姥捨てなどが行われた。現代では嬰児殺しの代わりに中絶手術が行われ、姥捨ての代わりに尊厳死が唱えられる。

 しかし、これではまだ死者の数が足りないと考える小ヒトラーや社会的淘汰論者、選民的な民族主義者が世界中に存在する。彼らは考えるだけでなく、ときに信ずることを実行して世間を騒がせるのである。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年10月04日 18:07:59 : q931E3NW4E : Xao0gDyXwoc[320]
まあ、フィリピンの話はこちらの感覚ではすぐに受け入れがたい話のようですが、それだけ野放しにされた問題だったということでもあるのでしょう。その後、すぐに例えが悪かったと弁解したようですね。はったりによって、自首投降者が増えたようだからそれを狙っていたということもできるでしょう。

淘汰殺人というのであれば、とある国の貧困層に対する対策の弱さにも同様の言い回しが当てはまるような気がします。


2. 2016年10月05日 10:29:44 : pgmJQC97Zc : HHDVfljJiuY[5]
フィリピンの麻薬ビジネスと、相模原や長谷川豊の発言とを同等に捉えるのは違うだろう。

ただこういうケースもある。
中南米の麻薬ビジネスに見られる顕著な例でいうと、法外な金を持つ麻薬マフィアのドンが一方で地域の名士で福祉や医療に身銭を切っていて土地の人たちから英雄扱いを受け、いわゆる既存の政治行政では手からこぼれてしまった人たちに食い込んでいる事実も存在する。このような例はフィリピンでもあるだろう。
とはいえ、だから許されるというものではない。

これらはあくまで稀有な例であって、麻薬によって引き起こされる犯罪や治安の悪化でフィリピンを離れ他国で働くフィリピン人にとって麻薬撲滅はより切実であり、ドゥテルテ大統領の支持率が外国からのバッシングによっても依然高いのはむしろ当然ともいえる。

またドゥテルテ大統領が麻薬常習者や売人に対してこのような脅迫的な発言や対処を行うのは、もちろん見せしめ効果を狙ったものであり自首した常習者を社会に戻すための再生プログラムにも力を入れている事実も報ずるべきだろう。
また自首した常習者たちが多すぎて刑務所に収監しきれないといった笑えない現実も報告されており、いかにフィリピンが麻薬で蝕まれているかがうかがえる。
難しい問題であり、簡単に決めつけていいものではないと思う。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際15掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際15掲示板  
次へ