★阿修羅♪ > 国際16 > 476.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「トランプ大統領」を渇望したアメリカ国民の“単細胞パワー ” そしてクリントンは引きずりおろされた(週刊現代)
http://www.asyura2.com/16/kokusai16/msg/476.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 11 月 25 日 10:16:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 


「トランプ大統領」を渇望したアメリカ国民の“単細胞パワー ” そしてクリントンは引きずりおろされた
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50244
2016.11.25 週刊現代  :現代ビジネス


■理屈じゃない、ノリだ

「今夜は素晴らしい夜になった。ありがとう。私は、この国を、愛している」

トランプ氏が勝利宣言をこう言って締めくくると、どこからともなく声が上がり、やがて会場は大歓声に包まれた。

U・S・A! U・S・A! U・S・A!

トランプ陣営公式の赤い帽子をかぶり、白人男性たちが拳を振り上げて絶叫する――「ハリウッド映画の一幕」と言われても、違和感のない光景である。まるで、突如侵略してきた宇宙人の軍団を、一致団結してやっつけた後のようだ。

なぜアメリカ国民は、「コイツら、バカじゃないの」と思われかねない勢いでトランプ氏に熱狂するのか。

日本にも、小泉純一郎元総理、橋下徹前大阪市長、小池百合子東京都知事など、有権者の熱狂的支持を受けた政治家はいる。だが、政治家の演説で「ニッポン!」とか「バンザイ!」といった大歓声が巻き起こることは、まずありえない。

実は、日本人の目が届かないところで、トランプ旋風は着実に勢いを増していた。トランプ氏の勝利は偶然ではなく、必然だったのだ。

今回の選挙戦で、ヒラリー陣営の選挙運動に参加した、明治大学の海野素央教授が証言する。

「私は昨年夏から、アイオワ州やニューハンプシャー州の家庭を戸別訪問で回りました。当時はまだ、アメリカでも日本でも、マスコミはトランプ氏を完全に泡沫扱いしていた。ですが、現場の感触はまったく違いました。特に、主な支持者である白人無党派層の家庭を回ると、彼らの憤りと熱意が伝わってきたんです。

ある家庭では、白人女性がこう言っていました。『ヒラリーは“私は普通の人たちのために戦う”と言ってるけど、ヒラリー自身“普通の人”じゃないでしょ』。『では、”普通の人”って誰なんですか』と聞くと、彼女は『トランプよ!』と言う。とにかく彼らは、既存の政治家をまったく信用していないのです。

別の男性には、『あんた、女が大統領になってもいいのか?』と聞かれました。最初からこういう人たちが支持していたからこそ、トランプ氏はいくら暴言や失言を重ねても、支持率を落とすことがなかったのだと思います」

アメリカの各メディアが報じた選挙結果の統計データによれば、ヒラリー氏が優勢だったのはニューヨーク、ロサンゼルスなどの大都市圏中心。青(ヒラリー支持)で塗られたのは、ほとんどアメリカ大陸の両端だけだった。各州単位で細かく見ても、州都などの都市部以外はほとんどが赤、つまりトランプ氏支持で埋め尽くされている。

日本人が知っているのは、大都市の事情だけ。アメリカ人の半数以上は、われわれがほとんど行ったこともないような、ド田舎に住んでいるのだ。「トランプ大統領」の誕生を渇望していた彼らの声が、太平洋を越えて届いてくるはずもなかった。

「英語の『トランプ』には『切り札』、そして『頼りになる奴』という意味があります。トランプを支持する人々は、『アメリカがおかしくなったのは、不法移民の入国を許したからだ』『トランプなら、あいつらをやっつけてくれる。頼りになる男なんだ』と考えている。

トランプという名前も、彼に『強いリーダー』というイメージを重ねる人を増やすのに寄与したと思います」(前出・海野氏)


■とにかくぶっ壊せ

「アメリカを再び偉大な国にする」というスローガンは、笑ってしまうほど単純だ。一説には、トランプ氏が演説で使う単語のレベルは小学生並み、とも言われる。

だが、ここで重要なのは、トランプ氏支持者たちは、トランプ氏のハチャメチャな公約や失言の数々など、いちいち覚えてなどいない、ということだ。

彼らアメリカの庶民が真に望んでいるのは「公約なんかどうでもいい。とにかく、このロクでもない世の中をぶっ壊してくれ」というただ一点だけ。だからこそ、トランプ氏は下馬評を覆して圧勝できた。

アメリカを、ひいては世界を支配し、私腹を肥やして格差を生み出し続けてきた薄汚い権力者たち。その頭目・ヒラリーを、皆で引きずりおろし、足蹴にしてやる――そんなアメリカ国民の「単細胞パワー」が奔流となってヒラリー氏を直撃。めでたく、悪は成敗されたというわけだ。

前章にも登場したジャーナリストのグウェンダ・ブレア氏は、トランプが庶民の心をつかんだ理由をこう分析する。

「客観的に言って、パフォーマンスの上手さという点ではトランプ氏のほうが上でした。トランプ氏のことが好きではない人、むしろ嫌いだという人さえ、彼の演説を見ると単純に『面白い』と思ってしまうのです。

体制側の代表であるヒラリー氏は、うまく機能しなくなった今のアメリカ社会のしくみを作った張本人でもあります。そして、トランプ氏はそこを突いたのです。『ヒラリーたちエスタブリッシュメントが作り上げた、不正で不平等なシステムは、もうお払い箱だ』と」

勝利を手にし、「官軍」となったトランプ氏の支持者たちが望んでいること――それは、「国境に壁を作る」といった荒唐無稽な公約を実行に移すことよりも、「堕ちたヒラリーを吊るし上げろ」という欲望を満たすことだ。

国家機密のメールを私用サーバーを使ってやりとりしていた問題で、FBIはヒラリー氏の訴追を一度は断念した。だが、これからトランプ氏が「見せしめ」とばかりにヒラリー氏に対する捜査を再開させる可能性は、きわめて高い。

「トランプ氏の支持者は、ヒラリー氏は『自分は何をやっても捕まらない』と思い上がっているのではないか、と不満を鬱積させています」(ジャーナリストのエドワード・クライン氏)

トランプ氏がヒラリー氏の追及を始めれば、再びアメリカの庶民は熱狂し、“U・S・A!”と歓呼の声を上げるだろう。

「トランプ劇場」はこれからが本番だ。日本人の想像を絶するような事態が、まだまだ待ち受けている。

     

トランプの夜はこんなに凄い!相手はとびきりの美女ばかり…でもない

■前立腺の数値も超健康

「有名人になれば、女には何でもできるのさ」

「プッシー(女性器)を掴んで引き寄せてみたまえ。なぁんでもできるんだ」

過去にはそう豪語したトランプ氏。その強引なアピールに辟易したという女性たちの証言からは、トランプ氏の生々しい夜の活動がうかがえる。

「彼は猛烈な勢いでキスをし始め、私の乳房に手を置きました。私は懸命に身を離そうとしながら言いました。『ウェイク・アップ!』(目を覚まして=正気に戻って、の意味)。ところが彼は、『ウェイク・アップ!』(起き上がれ!)という言葉を繰り返しながら、私に性器を押し付けてきたんです」(トランプ氏を告発した、サマー・ザーボスさん)

美女に囲まれている印象の強いトランプ氏だが、相手はとびきりの女性ばかりとは限らない。目にとまれば、どんな女性にも猛烈なアプローチをかけてきたようだ。

トランプ氏の「実力」については、3人目の妻メラニアさんが人気ラジオ番組で証言している。

「彼とは最低でも一日1回はインクレディブルな(=めくるめく)セックスをしているわ」

              
               雑誌「GQ」に掲載されたメラニア夫人のヌード写真

70歳となった今も、その勢いは衰えていない。ロサンゼルス在住のジャーナリスト、エリック・ロジャーズ氏はこう語る。

「ある泌尿器科の医師がトランプ氏に紹介された際、『先生、人間は何歳までセックスできるんだろう?』と訊かれた。そこで医師は『健康であれば限界はないでしょう。あなたの数値を見る限り、問題はなさそうですよ』と答えたといいます。

トランプ氏は'15年末に長年の主治医に自分の健康状態が良好だという証明書を発行させて、公表している。それによると前立腺肥大などの兆候を示すPSA値は0.15ng/ml。主治医はわざわざこの数字に、『ベリー・ロー』と書き添えていました。

65歳以上の健康な人の平均値が4ng/ml程度といわれる数値ですから、トランプ氏の前立腺は人並み外れて健康だと言えるのです。

医師の答えを聞いたトランプ氏は、『グッド!私は酒はやらない。カネはもう十分ある。あとは大統領になることと女性と楽しむこと以外やることがないんだ』と笑って去っていったそうです」

実はトランプ氏は、兄をアルコール依存症の合併症で亡くしている。兄は死の前、「酒とタバコに手を出すなよ」と言い残し、トランプ氏は忠実に従ってきた。かつて男の人生の楽しみは「酒とタバコと女」と言う人がいたが、トランプ氏には「カネと権力と女」なのだ。

在米ゴシップ記者のマーク・リー氏はこう話す。

「妻のメラニアさんは、夫が『現役』なことに不安もあるようです。選挙事務所でも若い女性スタッフと積極的に仲良くなり、夫を奪う敵を作らないようにしていた。トランプ氏はこれまで、結婚後しばらくすると妻より若い女性に走ることを繰り返していますから、気苦労も多いでしょう」

精力あり余るトランプ氏。いろんな意味で「強い」大統領であることは間違いない。

当てたのは週刊現代と木村太郎だけ トランプ大統領誕生

■で、これからどうなる?

本誌は前号で「トランプ勝利」を予言していたが、それよりもずっと前、まだトランプ氏が共和党内の指名争いを戦っていた昨年12月から、「トランプが勝つ」と断言し続けていた人物がいる。ジャーナリストの木村太郎氏だ。

「投票日以降、『なぜわかったんですか』と行く先々で訊かれます。私も最初は、『こんな暴言を吐いていてウケるとは不思議な候補だな』と思ったくらいでした。しかし、アメリカのネット社会でトランプ氏に熱狂している人々の声を追っていくと、メディアが報じていなかった、アメリカ人の本音が見えてきたのです」

その本音とは、民主党政権下のアメリカ社会で広がった「ポリティカル・コレクトネス」(政治的に公正な言動)への反感だった。

「オバマ政権下のアメリカは、史上まれに見るほど政治的に左に振れていました。『どの宗教も平等でなければいけない』というポリティカル・コレクトネスのせいで、公共の老人ホームでクリスマスツリーを飾ることが自粛されたり、デパートで『メリークリスマス』と書いてセールをすることが控えられたりしていた。ここまで極端な状況だったとは、日本では知られていませんよね。

トランプ氏の言動は、こうした閉塞感に対して、アメリカ人が内心では、庭に出て大声で叫びたくなっている本音を代弁しているものとして、広く市民の心を掴んでいたんです」

クリントン氏への支持を呼びかけるメディアを、米国民が冷めた目で見ていることにも木村氏は気づいていたと話す。

「今回の米メディアの偏向ぶりはあまりにすごかった。国民もそれを感じていたのでしょう。米テレビ局CNNは、『クリントン・ニュース・ネットワーク』だなどと揶揄されました。新聞各紙もこぞってクリントン支持を打ち出し、ニューヨーク・タイムズは30年以上も前にトランプ氏が飛行機の中で女性のスカートに手を入れたと批判する記事を掲載しました。

ところが直後、その飛行機に乗り合わせたイギリス人が、『言い寄っていたのは女性のほうだったのでは』と証言した。有名紙が、裏も取らずに記事にしたのかと驚きました。

メディアの攻撃に対してトランプ氏は、演説会で聴衆の背後に並ぶ報道陣を指さして『彼らが嘘つきだ』と訴えた。私も報道席にいたことがありますが、彼に指さされて支持者が一斉に振り返るとドキッとしましたね」

いち早くトランプ勝利を予言した木村氏。今後の日米関係はどうなると予測しているのか。

「私は『トランプが当選する』と言いましたが、それで世界がよくなるとは一言も言っていない(笑)。

実際、選挙戦中に米国でトランプ氏のアドバイザーに取材すると開口一番、『彼は、第二次大戦後、アメリカが行ってきたことは、もうやめようと訴えているのです』と言った。戦後マーシャルプランで欧州の復興にカネを出し、世界の警察として中東に軍を出し……という姿勢を大転換して、『もう人もカネも出しません』という態度です。

トランプ氏は外交や安全保障はもちろん、あらゆる意味で、日本のあり方を日本人に考え直させた大統領として記憶されるでしょう。とにかく彼は、『もうそっちのことはそっちで考えてくれ』と言っているのですから」

「週刊現代」2016年11月26日号より



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年11月25日 10:30:14 : 2ATN4fbdNk : YzjwyhIBt34[39]
『彼は、第二次大戦後、アメリカが行ってきたことは、もうやめようと訴えているのです』

いいじゃないか。もし、彼が本当にそうするなら、米国史上、稀に見る良心的な大統領になるかもしれない。
米国の退役軍人会もトランプ支持だったそうだしな。

日本のマスコミはそれを伝えはしなかったが。


2. 2016年11月26日 07:04:59 : rnVGkFDntS : gCjEGxV0L@0[4]
国家機密のメールを私用サーバーを使ってやりとりしていた問題で、FBIはヒラリー氏の訴追を一度は断念した。だが、これからトランプ氏が「見せしめ」とばかりにヒラリー氏に対する捜査を再開させる可能性は、きわめて高い。

再開したらトランプのほうがが危なくなるから,

トランプが止める。


3. 2016年12月01日 21:28:14 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-7117]
2016年12月1日(木)
最賃15ドルを!全米で行動
政府に要求
“貧困は自然になくならぬ”

 〖ワシントン=洞口昇幸〗米国の最低賃金の時給15ドル(約1685円)までの引き上げを求めて労働者や市民が11月29日、米各地でストライキなどを行いました。4年前から本格化した最賃引き上げ運動は、州や市などで引き上げの成果を獲得。参加者は全米規模での時給15ドルの実現を求めて、トランプ次期米政権下でもたたかい続ける構えです。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-12-01/2016120107_01_1.jpg
(写真)米首都ワシントン近郊のレーガン空港で開かれた最賃時給15ドルを求める集会に参加した労働者や市民=11月29日(洞口昇幸撮影)

 この日の行動は、運動団体「ファイト・フォー・15ダラーズ(15ドルを目指すたたかい)」が呼び掛けました。「われわれは引き下がらない」をスローガンに、全米340カ所で行動を計画しました。

 首都ワシントン近郊のレーガン空港では、空港で働く契約従業員や労働組合関係者が、他の業種の労働者や市民らとともに集会を開催。「貧困は(自然には)飛んでいかない」などのプラカードを手に、デモ行進しました。
「生活苦しい」

 デモに参加したザマイカン・アグエスさん(42)は、空港の荷物取扱係で、清掃の副業もしています。「寝る間も惜しんで働いていますが、3人の子どもがいるので生活が苦しい」といいます。現在の時給は約8ドル(約899円)ですが、「時給15ドルになれば、息子や娘と過ごす時間も増えるし、動物園や博物館にも連れて行ける」と語りました。

 労働組合職員のパトリックさん(33)は、「今の政府規定の最賃では成人一人が生活するのも大変で、養う家族がいれば貧困に陥ってしまう。政治的立場に関係なく取り組まなければならない問題だ」と述べました。

 米政府規定の最賃は現在時給7・25ドル(約814円)。オバマ現大統領は政府規定の最賃引き上げを提案してきましたが、議会で多数を占める現野党の共和党が反対し、実現できませんでした。

 最低賃金15ドルを求める運動は、2012年11月にニューヨーク市のファストフード業の労働者など数百人が始めました。その小さな運動が、貧困と格差に苦しむ人々の共感を得て大きく成長してきました。

 これまでワシントン州シアトル市や、カリフォルニア、ニューヨーク両州など、いくつかの地方自治体が最賃を時給15ドルに段階的に引き上げることを決定。米国では州や市などが独自に最賃を定めることができます。
大統領選でも

 同運動の拡大と成果は、大統領選にも大きなインパクトを与えました。民主党候補のヒラリー・クリントン前国務長官は、当初公約とした最賃時給12ドルの実現から、15ドルを容認する姿勢に転換。同氏に競り勝った次期大統領の共和党のトランプ氏も選挙戦後半、最賃時給10ドルまでの引き上げを支持すると述べました。

 レーガン空港での集会に一市民として参加したジュディス・マッカランさん(66)は、「最賃引き上げは消費購買力も高め、経済活性化にも効果的だ。たたかいの継続でトランプ次期政権に最賃を引き上げるよう圧力をかけていきたい」と語りました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-12-01/2016120107_01_1.html


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際16掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際16掲示板  
次へ