★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK199 > 321.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
民維基軸の野党再編VS政策基軸の野党再編ー(植草一秀氏)
http://www.asyura2.com/16/senkyo199/msg/321.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 1 月 07 日 11:00:06: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

民維基軸の野党再編VS政策基軸の野党再編ー(植草一秀氏)
http://www.twitlonger.com/show/n_1so59ua
6th Jan 2016 市村 悦延 · @hellotomhanks


安倍首相が1月20日からスイスのダボスで開催されるワールドフォーラムへの出席を断念した。

1月4日付本ブログ記事

「国会さぼりダボスでTPP批准表明など愚の骨頂」

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/tpp-9e1e.html

の指摘が、あるいは影響したのかも知れない。

ワールドフォーラム=世界経済フォーラムは、強欲巨大資本の年次集会である。

新自由主義=グローバリズムの年次総会なのである。

ここに、のこのこ出かけて行って、

「TPPを早期に批准します」

と宣誓することほど馬鹿げたことはない。

TPPは日本の主権者に利益をもたらすものではなく、

世界の強欲巨大資本の利益を極大化させるための枠組みだからだ。

日本は、安倍晋三自民党が

「国の主権を損なうようなISD条項には合意しない」

と公約に明示しているから、TPPに参加できない。

ISD条項が盛り込まれているTPPに参加することは、明白な公約違反になるからだ。

安倍首相がダボス会議への参加を見送ったのは、

菅義偉 対 竹中平蔵

の図式で、菅義偉氏が押し切ったことを意味する。

竹中平蔵氏は、強欲巨大資本の命を受けて、

ダボス会議での安倍晋三氏によるTPP批准宣誓を画策したが、失敗したと見られる。

TPPの内容は概略部分ですら、日本語版が政府から公表されていない。

日本が交渉に参加した際、交渉段階から日本が関与することが必要との大義名分が強調された。

そうであるなら、TPP合意文書は、日本語版も用意されるべきである。

ところが、TPP合意文書は英語、フランス語、スペイン語だけ。

日本は交渉参加国のなかで2番目に大きな経済規模を保持する。

その日本が、合意文書正文として、日本語を用意することを求めなかったのだ。

初めから、日本の対応は、米国の属国、米国の植民地扱いなのである。

日本国憲法が米国主導で編纂されたから問題だというのなら、

TPPの文書正文のひとつに日本語を入れさせることなど、常識以前のことである。

菅義偉氏は、さすがに、国会をさぼって、スイスにまで外遊し、

TPP批准を宣言してくるのは行き過ぎであると判断したのだろう。

すべては、今年予定されている選挙への配慮である。

参議院選挙は恐らく7月10日に実施されるだろう。

衆議院総選挙は、7月10日の衆参ダブルの可能性があるが、

公明党がダブルを嫌っており、秋以降に先送りすると考えられる。

3度目の12月総選挙の可能性が高い。

その場合には、消費税再増税の再先送りを決定すると考えられる。

安倍政権は、選挙を実施する際に、必ず株価を吊り上げる。

そして、安倍政権は選挙になると、必ず株価を吊り上げる。

2013年7月参院選では、5月22日から6月13日にかけて株価が急落したが、

6月13日から7月18日にかけて、日経平均株価が2363円も吊り上げられた。

2014年12月総選挙では、9月25日から10月17日にかけて株価が急落したが、

10月17日から12月8日にかけて、日経平均株価が3403円も吊り上げられた。

選挙に向けて、人為的な株価吊り上げ政策が実施される可能性が高い。

しかし、2016年の場合には、すでに状況が異なっている。

年初から株価が大幅下落している。

中国要因、中東要因、北朝鮮要因など、いろいろあるが、

最大の要因は、安倍政権の経済政策スタンスが、財務省主導の緊縮路線に転じていることが大きい。

安倍政権は財務省主導の超緊縮財政政策スタンスを払拭して、

日本経済浮上に軸足を移さなければ、選挙での勝利体制を敷くことができない。

この点でも主導権を握ると見られるのが菅義偉氏である。

消費税再増税先送りを、いつ提示するのかが焦点になっている。

「安倍政治を許さない!」

と考える主権者は多いが、選挙を通じて政権を刷新する絵が描けない。

その最大の原因は、野党の中核部分に

鵺(ぬえ)のような存在

が横たわっているからである。

そもそも、この鵺(ぬえ)の存在によって、日本政治刷新の大きな流れが破壊されたのである。

民主党のなかに潜んでいた、

既得権と通じる勢力。

これが政治刷新の流れを破壊した。

2010年6月に鳩山政権が破壊され、樹立されたのが菅直人政権。

その後継政権が野田佳彦政権である。

この二つの政権は、

米国に隷従し、

官僚組織に隷従し、

大資本に隷従した

政権だった。

この変質によって、主権者が悪徳民主党に愛想を衝かして、政治刷新の流れが終焉してしまったのである。

野党共闘に盛り上がりが欠けるのは、このためである。

野党共闘問題の中核に居座ろうとしているのが、既得権勢力と通じる、自公補完勢力なのである。

参議院選挙では32の1人区がカギを握る。

だから、野党共闘を成立させなければ、自公の支配を許してしまう。

したがって、何とか野党共闘を成立させる必要がある、との理屈は分かる。

しかし、政策の方向において、

「水と油」

の関係が残る以上は、自公の退潮を実現しても、その先の課題が残る。

原発・戦争法・TPP・基地・格差

の問題で、基本的に足並みを揃えているのは

共産、生活、社民

の3勢力である。

しかし、いま、生活、社民は、極めて小さな勢力に追い込まれてしまっている。

他方、民主、維新においては、この三つの勢力よりも、むしろ自公に近い勢力が多数潜伏している。

こうした現状を踏まえると、政策が曖昧な野党の共闘を無理やり追求し続けることも難しいと考えられる。

むしろ、政策を純化させて、

共産・生活・社民を軸に、

政策でこの路線に同調できる民主・維新勢力を引き寄せることの方が、

中長期では賢明な選択であると考えられる。

衆議院の小選挙区では

自公候補

民主・維新候補

共産候補

の三つ巴の状況が全国で観察される。

このとき、民主・維新候補と共産系候補の調整が難航する場合、

主権者は、思い切って、共産系候補の積極支援を検討するべきではないかと考えられるのだ。

共産色が強まり過ぎれば、いわゆる「アレルギー反応」が生まれるかも知れない。

したがって、

共産・生活・社民プラス民主・維新の有志連合

という図式を生みだすことが重要ではないのか。

大事なのは「政策」である。

自公に近い民主・維新議員が多く誕生しても、政策の基本方針は変わらない。

現有議席では民主・維新がたしかに多いが、自公補完勢力の民主・維新を、

いまの主権者は、まったく評価していない。

政策を基軸に、党派の壁を超えて、主権者が主導する候補者一本化こそ、重要である。

そのためには、まず、立候補予定者の政策公約を公開質問状等で明らかにして、

その事実を公表することが重要である。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年1月07日 11:29:44 : w9iKuDotme : S@BYVdB2dgc[186]
「自公に近い民主・維新議員が多く誕生しても、政策の基本方針は変わらない。」

そうでしょうか?
大阪維新ではなく、民主・維新なら改憲は防げますし、違憲濃厚な集団的自衛権の部分は修正できるでしょう。実際、維新の党が出した対案は、個別的自衛権の範囲を超えていなかったように記憶しています。

多くの政策のなかでも、そここそが大問題なのだと、私は思います。

結論としては、「一人でも多く、自・公・日・元・改以外の議員を当選させる」
これに尽きると思います。

植草氏、がんばってください。応援しております。


2. 2016年1月07日 11:53:35 : XA554yZP66 : nGm9t27fdTY[1]
多くは、そんな事決断しないだろ。TPPでも実現して地獄に堕ちなければじかくができない。4,5年後のことだが。

3. 佐助[3189] jbKPlQ 2016年1月07日 12:13:33 : QXWXtKzZVU : KMxE_bHF90o[193]
野党再編に賛成
野党連合の総選挙で統一行動(同一名簿での立候補)もよいが,統一名簿だと、各選挙区ごとに浮動票の行方に違いが生まれる可能性がある。だが、野党が別々に立候補すると、小選挙区と比例区で、野党の投票分けが発生するが,小選挙区と比例区で一つに絞ることが必要。

さらなる国民の既成政党への拒絶と腐敗が加速している。そして現在の議会制度を否定が進みます。しかも二大政党制の機能畔は2030年まで続く。大連立政権も不安定になる。歴史から一党独裁支配政権も2025年までに自壊の道を進む。

自民・公明・大阪維新・改・日・元などの自民党への吸収はないとすると,保守は乱立模様,どちらかと言えば自民党一党独裁支配でもある。そこで野党再編して一党になると政権交代が可能になる。野党の乱立は避けること。

しかも今回は政治に無関心の人は選挙とは無縁だし,株と無縁な人は,株式に投資しない。この無縁であり無関心だった人たちが政治に関心を持つと,山が動くような劇的な与野党逆転が発生する。だが,裏切られると再び関心を失う。これが投票率に影響しているのです。従って投票率が上がると50%以上を占めてる浮動票が、3対1から1対3に反転するための地スベリ現象が発生する。ダブル選挙なら新たな枠組みの政権が誕生する可能性が高い。

一党独裁支配と二大政党制と大連立制は機能不全となる。なので野党連合やオリーブの木に集合する。
そして政治的対立要素を地域ごとに一つに絞ること,マスコミの複雑な複合対立要素の攪乱に騙されないこと。
スローガンは国民に耐乏を押付け,格差を拡大させる政権反対を訴える,これは世界的に有効
さらにできるなら国民に政治に関心を持たす工夫をする。すると野党の勝利は見えてくる。


4. 2016年1月07日 14:52:26 : ypODBLN3d2 : Nxldyg_b73Y[3]
民主党;岡田の使命は、民主党が勢力を伸ばすのでなく、自民党に勝たせること!

これは小泉の郵政解散選挙で明らかだった。

岡田を党首に抱いている民主党では、国民の願いは届きませんね。

元気がでなくする等も、参議院で民主党と行動を共にするそうな、、、

安保法制に賛成した腐った、わけのわからん元気と、、わからない行動です。
これで岡田の正体は見えたでしょう?
岡田はイオンの御曹司、財界の犬なんですよ。

民主党に送られたスパイ?でもあるようです。
三重県有権者、しっかりしてもらいたい。


5. 2016年1月07日 19:10:00 : WyJghSZ06k : P2iBVvFFIA0[4]
イオンのせがれの岡田は使命として、

いつも野党側にいて、全国のお客様に対して庶民の皆さまと

共に歩みます。  みたいに発言することを生業としています。

これから半年見ていれば良くわかります。

国民側に付きそうで絶対にありません。


本当に国民側についたら、アメリカにイオンは潰されます。


6. 2016年1月07日 23:18:08 : s0IFm3TwNo : nkMA6b8b6pI[7]
植草さんのしつこい投稿に呆れます。重複投稿にならないのが不思議です!

政策重視と言って民主・維新の議員達を大半擁立して共産・社民を利用しようとしても賛同する政党・有権者はいません。

民主・維新の議員達がTPP・原発再稼働・辺野古移設・消費税増税・マイナンバー・派遣法反対ならなぜ党に抗議して声を上げないのでしょうか?

植草さんと太郎さんは詭弁ばかり、無党派の有権者たちはしっかり見抜いています。誘導されません。騙されません。

太郎さんが言っていたように民主・維新にまともな国会議員がいると思っている人は少ないと思います。

大半の無党派の人達は国会議員を入れ替えるしかないと思っています。

そうしなければ国民運動など起こせないと思います。

このままでは受け皿がありません。

しかし無党派の人達は鼻つまみ投票はしないと思います!!!阿修羅を見ている人達の覚悟は決まっているように見えます・・・
     
        


7. 2016年1月08日 00:33:16 : 5psRCLGzbY : 0zeHDm7rB1A[32]
 植草様へ、緊急であるが直ちに野党国会議員に衆議院の解散と参議院の同時選挙がかなり濃厚だから大至急選挙準備するよう拡散してほしい。

8. 2016年1月08日 02:11:05 : PYEUF7a5VI : 38a0U8lOQcQ[5]
今年、衆・参ダブル選挙を実施するには、憲法違反の衆議院解散権
を行使しなければ、

実現しないのだから、衆・参ダブル選挙に言及する場合は、

必ず、「首相の衆議院解散権行使は、憲法違反」にも言及して
頂きたい。

首相が衆議院解散権を行使して、衆議院を解散する事が可能なら、

内閣が国会より優位となります。

従って、憲法41条が謳う「国会は国の最高機関」に違反してしまい、

「内閣が国の最高機関」となってしまいます。

ので、整合性が取れない憲法解釈となり、初歩的なミスを犯した
判断となってしまいます。

ですから、田中耕太郎最高裁裁判長は判断を避けた訳です。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK199掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK199掲示板  
次へ