★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK199 > 814.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
新自由主義経済政策が国民の生命を脅かすー(植草一秀氏)
http://www.asyura2.com/16/senkyo199/msg/814.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 1 月 19 日 00:00:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

新自由主義経済政策が国民の生命を脅かすー(植草一秀氏)
http://www.twitlonger.com/show/n_1so6scg
18th Jan 2016 市村 悦延 · @hellotomhanks


すべての基本に市場原理を置くことには弊害があることを留意するべきだ。

市場原理によって資源の配分が効率化することを否定するつもりはない。

市場メカニズム、価格機能が資源配分の効率化をもたらすのは事実である。

しかし、何から何まで市場に委ねれば良いというわけではない。

消費者はモノやサービスの価値と価格を吟味する。

高い価値のあるものを安い価格で買いたいと考える。

当然のことだろう。

しかし、モノやサービスの価値を正しく知ることは、実は難しい。

価値の違いが誰の目にもはっきりと、間違いなく分かるものであれば問題はないだろう。

しかし、多くの分野で、モノやサービスの価値が分かりにくい場合がある。

「安全」

に関する本当の価値は、実は分かりにくい部分がある。

「安全」

が問題になるのは、

例えば、今回のバス事故のような乗り合いバスの安全性。

あるいは、食品の放射線量や添加物、残留農薬などの問題。

ステーキを安く提供する店があるが、消費者がどのような肉を食べているのかについては、

その詳細は分かりにくい。

消費者はできるだけ高い価値のモノやサービスを、できるだけ安い価格で買おうとするだろう。

他方で、事業者の多くは、利益を追求する。

事業者が投入するコストに比例してモノやサービスの価値が高まるという前提を置くと、

事業者にとっては、できるだけ価値の低いモノやサービスを、できるだけ高い価格で売ることに努めるだろう。

しかしながら、例えば、乗り合いバスのような例で考えると、

普通の消費者は、目的地まで行って、目的地から帰ることだけを考えると、

そのサービスの価値は、どの事業者でも大差がないから、

できるだけ安い価格を提示する事業者のサービスを選択しようとするだろう。

そうなると、市場での競争は、もっぱら価格競争だけに集中することになる。

事業者の競争は単純な価格競争に陥り、そのなかで利益を出そうとすれば、

提供するサービスの質を低下させざるを得なくなる。

今回のバス事故では、規則で定められている価格を大幅に下回る価格で

バス会社のサービスが提供されていたことが判明した。

消費者には、

「目的地に行き、目的地から帰る」

というサービスの基本内容だけしか見えないが、

過酷な価格競争が展開されると、こうした、見た目には分かりにくい部分で、

実質的なサービスの劣化

が生まれることになる。

この構造によって発生した事故であるとすれば、この事故を、単なる偶然によって引き起こされた

「事故」

として済ませぬ部分が浮かび上がる。

人間の生命に関わる重大な問題

であるなら、そこに公的な規制を設定することも検討すべきということになる。

例えば、食品に関して、さまざまな添加物の使用制限がある。

カビの混入も許されない。

賞味期限切れの食品の流通も許されない。

食肉などでは、産地や種別の表示に対する厳しい規制も存在する。

したがって、安全な旅客輸送を確保するためには、厳正な規制の設定と、

その規制を遵守させる体制の確立が不可欠なのである。

すべてを市場原理に委ねて、制限のない競争を是認すれば、いくらでも、この種の悲劇が発生してしまう。

2001年の小泉政権誕生以降、この国では、規制撤廃、市場原理が、

唯一の正義であるかのような論説が振り撒かれてきた。

そして、市場メカニズムで勝者と敗者が生まれ、勝者だけが肥え太り、

弱者がせん滅されてしまうことを是認する風潮が強化されてきた。

その流れを後押ししているのが、いまの安倍政権である。

しかし、その流れが正しくはないことを、私たちははっきりと認識するべきである。

価格メカニズムをすべて否定する考えは毛頭ないが、

価格メカニズムだけにすべてを委ねることは明らかな誤りなのである。

価格メカニズムが十分に機能できない部分がある。

その部分には、人為的な手を入れて、人びとの生命を守るための厳しい運用体制が必要不可欠になる。

価格メカニズムにすべてを委ねるという方法は、突き詰めれば、

人命が軽んじられる社会を生みだすことにつながるのである。

本当に安全を確保するには、高い料金を払い、

そして、信用のある事業者を選ぶことが重要なのだという反論があるかも知れない。

たしかに、そう言える部分はあるだろう。

しかし、例えばバス旅行の事業者を選択する際に、

信用を置ける客観的な情報が十分に提供されているわけではない。

安い価格で良質のサービスを提供する事業者もいれば、

高い価格で質の悪いサービスを提供する事業者も出てくるだろう。

つまり、単純に価格が高ければ安全、価格が安ければ危険という判断はつかないのである。

このような点をカバーする上で、消費者、利用者の声が重視されるようになっている。

各種の口コミ、消費者による評価が重要になる。

たしかに、利用者が広範に存在するモノやサービスについては、

こうした消費者の口コミ情報が有用性を発揮するかも知れない。

しかし、そのような広範な情報がすべてのモノやサービスに提供されているわけではない。

また、乗り合いバスの事例で考えれば、

たまたま、そのバスの運転を任された運転手が、どの程度の技量を持っているのか、

あるいは、どのような健康状態、どのような勤務状態で業務についたのかに、大きな個別差も生じる。

したがって、本当に国民の生命を守る必要があると考えるなら、

このような事業に関しては、相当に細部にわたる規制基準を定めて、

この規制基準を遵守させる体制を構築することが必要不可欠なのである。

これは原発でも同じだ。

原発などの場合には、こうした問題に関心を持ち、意見を表明する人が多いだろう。

それでも、原発の問題でも、十分な安全が確保されているとはまったく言えないのである。

日本では2008年に4022ガルという地震の揺れが観測されている。

そして、この規模の揺れは、日本全国のどこでも、いつでも発生し得るものである。

したがって、誰でもが考えられる、最低限の基準として、

日本のすべての原発は、最低でも、この4022ガルの揺れには耐えられるような設計で

構築されていなければならない。

ところが、安倍政権が再稼働させた九州電力川内原発の耐震性能の規制基準は、

驚くことに、たったの620ガルである。

耐震性能の基準をこの著しく低い水準に設定して、

この基準をクリアすれば再稼働させてもよい、というような運用が行われている。

つまり、国民の生命、自由および、幸福を追求する権利を、

十分に守るような取り組みが行われていないのである。

誰もが強く「絶対安全」を求める原発についてさえ、

いまの安倍政権は、こうした国民の幸福追求権を侵害するような行動を示している。

バス事業の運用については、つい最近も、同じ軽井沢近辺で悲惨な事故が発生したばかりである。

北陸道のサービスエリアでも悲惨な事故が発生した。

事故はいつでも発生し得るが、人びとの生命を守るための、

十分な規制基準と、その規制基準を遵守させる体制確立は必要不可欠なのである。

しかし、そのような行政が行われていない。

日本がTPPに参加すると、日本が定めてきたさまざまな規制基準が破壊される可能性が高い。

食品添加物、残留農薬、遺伝子組み換え食品の表示義務など、

さまざまな分野でさまざまな規制が存在する。

しかし、TPPに参加すると、日本でビジネスを展開する海外の巨大資本が、

日本の規制基準が存在するために、損失を蒙ったと裁定機関に提訴する可能性が高い。

そのとき、日本の外に置かれる裁定機関は、

規制基準の根拠となる有害性などについて、日本の側に挙証責任をかぶせる可能性が高い。

有害であることを立証できなければ、その規制には合理性がないと判断する可能性が生まれる。

この裁定機関が、日本の規制基準には合理性がないと判断すると、日本はこれに抗うことができない。

日本の規制基準を日本が決められない状況が生まれる。

危険性のある食品の流通が放置され、国民は自分が摂取する食品に、

何がどのように含まれているかを、知ることさえできない状況が生まれる。

安倍政権が推進する規制撤廃=自由化=競争政策=成長戦略は、

このような危険を内包するものなのである。

原発も食の安全・安心も、そして、バス事業における乗客の安全確保も、

すべての底流に流れているのは、国民の生命、自由、および幸福追求の権利軽視なのである。

何もかも、すべてを市場原理に任せてしまうことは、完全な誤りなのである。

すべての分野について、市場原理に任せていい部分、市場原理に任せてはいけない部分を

はっきりと区分し、国民の生命、自由および幸福を追求する権利を確実に守るための制度を

確立しなければならない。

市場原理万能主義、資本の利益のみ追求の行政、政治を改める必要がある。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年1月19日 00:06:02 : w9iKuDotme : S@BYVdB2dgc[283]
「耐震性能の基準をこの著しく低い水準に設定して、この基準をクリアすれば再稼働させてもよい、というような運用が行われている。つまり、国民の生命、自由および、幸福を追求する権利を、十分に守るような取り組みが行われていないのである。」

原子力村ってバカですよね。バカが治ってません。
小役人がいくら集まっても集団バカは治りません。それがよく分かる事例ですね。

植草氏、がんばってください。応援しております。


2. 2016年1月19日 00:08:47 : mOQxFhUIr2 : LhnBkf9jJVk[23]
JRよ、夜行列車を金持ちの道楽観光に使ってる場合じゃないだろ。
ななつぼしなんて要らんねん、シュプール号やムーンライト⚫⚫を復活させろ。
何で運賃も高くて宿も必要な新幹線に無理矢理シフトさせるんや。
お前らが夜行列車やめたからこんな危ない夜行バスしか選択肢がなくなったんだぞ。

3. 2016年1月19日 02:50:04 : 7qvR5NNHws : 0Q2Pd0P19UY[125]
今更、こんな投稿は不要!

んなこと、誰でも知ってるでしょ!


4. 2016年1月19日 03:15:56 : 5CANg5mvIM : qPFRFQUV97A[1]
市場原理が日本全体にあまねく厳格に適用されているならば、それは残酷な社会かもしれないが、
それはそれで平等な社会であり、市場原理主義の主張も一定の説得力を持つだろう。

ところが市場原理が無慈悲に適用されるのは平民、国民大衆に対してのみであり、
特定の階層、特定の企業はその適用外にある。

平民、中小企業は「努力が足りない」「自己責任」「しね」、これが資本主義だ、グローバル社会だ
一方で、特定の企業は国民から搾り取った税金を突っ込んで、救済するのである。

ゆえに、これは正しい自由主義ではなく、似非自由主義である。
似非自由主義とか修正自由主義じゃカッコがつかないから、「新自由主義」と呼称しているわけだ。


5. 罵愚[3110] lGyL8A 2016年1月19日 05:39:38 : V88Utnm3Ug : YEd_uRqT9mY[2]
 市場にすべてを任せる危険性は、その通りだろうが、市場に代わって官僚に任せるってのは、もっと危険だよ。それこそがまさしく全体主義の陰謀だよ。全体主義ってのは、ヒトラーもレーニンも毛沢東も小沢一郎も、お役所の支配を通して独裁政権を確立する。
 市場とお役所の二者択一ではなくて、有権者とか世論とか政治とか政党が主体性をもって、この問題解決にあたるのが民主主義ってものだろう。

6. 2016年1月19日 07:01:53 : E4bT3Bpr2w : ax@JPZgcxkw[37]

>2001年の小泉政権誕生以降、この国では、規制撤廃、市場原理が、唯一の正義であるかのような論説が振り撒かれてきた。

毎日新聞いわく「バス運転手の病気が原因で起きた重大事故が2012年に58件に上り、10年間で3倍以上に増えた」とのこと。小泉政権は2001年4月26日からです。 https://pic.twitter.com/beBats3zzo
( https://twitter.com/tymksm/status/688962636277366784 )

小泉内閣のWikipedia(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%B3%89%E5%86%85%E9%96%A3)。官邸の公式HP(http://www.kantei.go.jp/jp/koizumisouri)だと西暦でてないので。小泉政権は平成13年、2001年から。 https://pic.twitter.com/nrV47AuFgX
( https://twitter.com/tymksm/status/688963583279931392 )

まず、なぜ基本的に親小泉のはずの大手メディア、自民党に近い藤井聡教授などからも「バス事故激増の一番の原因は小泉政権のバス(及びタクシー)の規制緩和のせいだ」と批判されるかを国土交通省などのデータから大まかに提示します。
( https://twitter.com/tymksm/status/688964880544616448 )

前提としてですが。小泉政権擁護派の一部から「乗合バス規制緩和と貸切バス規制緩和は別物だ」いう意見が出ていますが。どちらもバス業界です。ですので多少の差はあれど、どちらかだけ規制緩和したところで結局バス業界全体、双方に影響します。
( https://twitter.com/tymksm/status/688966360320233473 )

「事業用自動車の重大事故の発生状況=国土交通省<http://www.mlit.go.jp/jidosha/anzen/subcontents/statistics.html>」の「自動車運送事業用自動車事故統計年報(平成25年)<http://www.mlit.go.jp/jidosha/anzen/subcontents/data/statistics56.pdf>」を原典に使用します。 https://pic.twitter.com/cm5OAqrSJN
( https://twitter.com/tymksm/status/688968549289689089 )

バス規制緩和状況は国交省HP<http://www.mlit.go.jp>で「バス 規制緩和 平成」で検索。「(2)規制緩和の効果」を確認。「…乗合バス及びタクシー事業については、14年2月に…」と出てきます。 https://pic.twitter.com/Yeu8XHEyg0
( https://twitter.com/tymksm/status/688972033925853184 )

国土交通省の「自動車運送事業用自動車事故統計年報(平成25年)<http://www.mlit.go.jp/jidosha/anzen/subcontents/data/statistics56.pdf>」のp14をみると、小泉乗合バス規制緩和(H14年)浸透以降、乗合・貸切ともに重大事故が激増しています。 https://pic.twitter.com/zZhX4yOVt8
( https://twitter.com/tymksm/status/688973365881651201 )

因みに。小渕貸切緩和後(H12年)は、貸切バスの事故は微減。乗合バスの事故は増加しています。一方、小泉乗合緩和後(H14年)は貸切・乗合ともに激増しています。特に乗合に顕著です。ここから推測するに、小渕緩和はまとも目の規制緩和、小泉緩和は酷目の規制緩和だったように受け取れます。
( https://twitter.com/tymksm/status/688975030777036801 )


7. 2016年1月19日 07:04:03 : ynSQvzTlvk : 6wei7eXaaho[36]

>>6 続き

今回のバス事故をきっかけに発覚した「バス事故激増の原因は小泉政権の規制緩和だ」と保革問わず大手メディアなど(自民党寄りの藤井聡教授、テレ朝「サンスク」、フジTV「ミスサン」、TBSラジオ「悠々」)が指摘しているのは以下の惨状も指しているのではないでしょうか。
( https://twitter.com/tymksm/status/688976702291091456 )

小泉乗合緩和の浸透後は重大事故の数だけではなく。事故の大きさもひどくなっているのは今回の事故をみるとわかります。小泉乗合緩和のせいで貸切・乗合ともに重大事故数は激増・事故の大きさもひどくなっているといわざるを得ません。イラク戦争、派遣法改悪…小泉改悪の厳しい検証が必要です。
( https://twitter.com/tymksm/status/688977835059314688 )

小渕時はH12年の「貸切事故=129件」「乗合事故=307件」
小泉時はH14年の「貸切事故=114件」「乗合事故=446件」
最新はH25年の「貸切事故=356件」「乗合事故=2500件」 https://pic.twitter.com/ErWKjnW036
( https://twitter.com/tymksm/status/688979511791124480 )

現状バス事件に関して小泉政権を取り上げた大手メディアは「サンデースクランブル=テレビ朝日」「ミスターサンデー(木村太郎氏)=フジTV」「ゆうゆうワイド=TBSラジオ」「tama954=TBS」辺りのようです。tama954は詳細がわかりませんが他のメディアは小泉批判のようです。
( https://twitter.com/tymksm/status/688993154347839488 )

09年の窃盗事件、小泉ブレーン、朝ナマやらせ事件の田原総一朗氏と懇ろの高橋氏の記事はひどい小泉擁護の曲解記事ですね。

スキーバス転落事故…「小泉時代の規制緩和が原因」説… http://bit.ly/1lllANW https://pic.twitter.com/PmDldmImup
( https://twitter.com/tymksm/status/689033653767163906 )

高橋氏の記事グラフ(https://twitter.com/tymksm/status/689033653767163906)と、私の国交省原典の元ツイ(https://twitter.com/tymksm/status/688979511791124480)を比較すれば高橋氏の酷さがわかると思います。高橋氏の折れ線グラフは自作でしょうか…。
( https://twitter.com/tymksm/status/689034832203022336 )

よく日刊ゲンダイがヒュンダイと揶揄されますが昔から小泉政権礼賛の週刊現代系の方がヒュンダイの名にふさわしいのではないでしょうか。

スキーバス転落事故はどうすれば防げたのか?〜「小泉時代の規制緩和が原因」説を検証する=高橋洋一 http://bit.ly/1lllANW
( https://twitter.com/tymksm/status/689046233860591616 )


8. 佐助[3267] jbKPlQ 2016年1月19日 11:51:44 : QXWXtKzZVU : KMxE_bHF90o[271]
朝令暮改と「偽装」これは世界恐慌の渦中に必ず発生する

原材料の値上がりに対し、競争力を維持するために、あらゆる分野でコストダウンを努力した結果は、2007年に「偽装」とよばれて、一斉に吹き出した。姉歯の耐震設計の偽装は、ゼネコンの超高層建築でも確認され、エレベーターや道路橋に使用する鉄骨から、各種の建築素材に「偽装」が見つかった。

生産工場を海外に移転し、労働者の賃金を抑制したために、国内の消費市場は横ばいだったため、企業は「付加価値」を上げたいが、それよりも「利潤」の低下から自己防衛するために、偽装し腐敗し糾弾されている。それを、国家レベルでは、対症療法的、官僚的に規則と罰則を強化し、自己の不作為政策の失敗の追及から逃れようとする。そのため、消費市場の縮小を一層加速し、朝令暮改で混乱させる。

日本のデフレは、日本の生産工場を半分移転することによって、労働者の収入が抑えられたために維持された。企業はデフレ=価格上昇できないために「偽装」努力していたことが、2007年に一斉に噴出した。

2015年2016年に旭化成建材、杭打ち工事のデータ偽装や「冷凍マグロ」も横流しと廃棄カツ転売や産廃業者「ダイコー」不正転売 大手みそメーカー「マルコメ」のみそなど,これから一斉に噴出すとまったく2008年リーマンショック前後と同じになる。


9. 2016年1月19日 20:01:30 : nvEz1M7F5A : yXhBuh@_weY[29]
増すばかり 規制緩和で 不自由が

10. 罵愚[3111] lGyL8A 2016年1月20日 05:12:21 : Fvuh5CQhOM : u@wwuQMPshw[1]
 法令と規制で安全になるなんて★阿修羅♪のおバカさんたちは、大好きな支那の現実が見えてないんだなぁ…

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK199掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK199掲示板  
次へ