★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK200 > 165.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
山崎行太郎  他人の受け売りを垂れ流す櫻井よしこ
http://www.asyura2.com/16/senkyo200/msg/165.html
投稿者 世界精神 日時 2016 年 1 月 23 日 11:15:06: RitahJZV4EHKU kKKKRZC4kF8
 

 櫻井よしこ氏はかつて河野談話を批判していた。とすれば、彼女は安倍総理も批判しなければ辻褄が合わない。安倍総理は河野談話の継承を明言し、昨年末には河野談話とほとんど同内容の日韓合意を発表したからである。ところが、櫻井氏はこの件について、国際世論から高く評価されており、外交的には大成功だったと評価しているのである。
 櫻井氏の議論にはまるで一貫性がない。何故このような言論人が政界や論壇に対して力を持っているのか、我々は真剣に考えなければなるまい。
 ここでは、以前から櫻井氏を批判していた、哲学者の山崎行太郎氏のインタビューを紹介したい。


『月刊日本』2月号
山崎行太郎「他人の受け売りを垂れ流す櫻井よしこ」より
http://gekkan-nippon.com/?p=8419


<なぜ櫻井よしこを批判するのか>
── 山崎さんは『保守論壇亡国論』で、櫻井よしこ氏を厳しく批判されています。なぜ櫻井氏を批判する必要があるのか、改めて教えてください。
【山崎】 最初に強調しておきますが、私は櫻井氏の著作自体にはほとんど関心がありません。読む価値もないと思っています。それでも私が櫻井氏を批判するのは、彼女が安倍政権に非常に近く、彼らに大きな影響を与えているからです。
 櫻井氏が安倍総理に一方的にすり寄っているというのであれば、それはわかります。時の権力者にすり寄れば、独自の情報を入手できるなど、得られるものも少なくないでしょう。ところが、安倍総理も櫻井氏を上手く利用しようとしているのか、彼女にすり寄るような姿勢を見せています。
 それを端的に示しているのが、櫻井氏の『日本の覚悟』の「解説」を安倍総理が書いていることです。安倍総理はそこで、櫻井氏を保守派の重鎮であるかのように持ち上げ、絶賛しています。しかも、安倍総理は「ぶれない」とか「日本の国益」といった言葉を使ったり、中国脅威論を展開するなど、最近の保守論壇によく見られるような議論を行っています。つまり、安倍総理の言説は櫻井氏レベルだということであり、安倍政権の政治はいわば「櫻井よしこ的な政治」だということです。
 それ故、安倍政権を批判するためには、安倍総理の背後で黒衣のような役割を果たしている櫻井氏を批判する必要があります。安倍政権の政策の問題点を一つ一つ取り上げるだけでは、効果的ではありません。実際、TPPや集団的自衛権に対する批判は、全て空振りに終わりました。むしろ櫻井氏のような人物の実態を暴くことこそ、安倍政権に対する有効な批判になると思います。
── 櫻井氏の言説が優れていれば、安倍総理がその影響を受けていたとしても問題はないと思いますが、櫻井氏の言説のどこに問題があると考えていますか。
【山崎】 最大の問題は、櫻井氏の議論の多くが他の言論人の受け売りだということです。それは、彼女がいくら批判されてもまともに反論しようとせず、ひたすら同じような議論を繰り返していることからもわかります。
 もし自らデータを集め、自分の頭で物事を考え議論を行っているのであれば、何か厳しい批判を受けた場合、自分の議論が正しいことを証明するためにしっかりとした反論をするはずです。相手が正しいと思えば、自らの議論を修正することもあるでしょう。少なくともこれまでの議論をそのまま強引に進めることはありません。
 ところが他人の受け売りをしている場合は、たとえその議論が間違っていたとしても、最終的な責任は参照先の言論人にあるのであって自分にはないということで、何の痛みも感じません。これはエイズ報道やA級戦犯の靖国神社合祀問題についての議論など、櫻井氏に一貫して見られる傾向です。彼女は明らかに間違っているにも拘らず、批判されても無視を決め込み、誤魔化します。彼女の出世作である『エイズ犯罪 血友病患者の悲劇』を絶版にしているのが、その実例です。
 同じことは安倍総理にも言えます。例えば集団的自衛権問題などについて、いくら野党が批判しても、安倍総理は同じような答弁を繰り返すだけでした。あれはまさに受け売りの心理です。自分の頭で物事を考えていないから、間違った言説を無責任に垂れ流し、しかもそれに恥を感じないわけです。

<『「南京事件」の探究』は研究書の名に値しない>
── 櫻井氏の最近の議論にも他人の受け売りは見られますか。
【山崎】 最近話題になっている問題について言えば、南京事件をめぐる議論がそうです。櫻井氏は『週刊新潮』(2015年10月22日号)で、南京事件の記録がユネスコの世界記憶遺産に登録されたことを批判し、《「南京大虐殺」など存在しなかったことは、これまでの研究で明らかにされている。》と述べています。
 櫻井氏の言う「これまでの研究」とは、北村稔氏の『「南京事件」の探究』を指していると思われます。櫻井氏は『異形の大国 中国』などでも、南京事件が捏造であることを証明した本として、北村氏の著書を引用しています。
 もちろん北村氏の議論が正しければ、櫻井氏がどれほど北村氏の受け売りをしようが、ひとまず問題はありません。ところが、北村氏の『「南京事件」の探究』には看過できない問題があります。櫻井氏はそのことに全く気づいていません。(以下略)  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年1月23日 12:22:53 : af0BKkelds : BNY_uR6WZUs[113]
つまり桜井よしこと4153の脳力は
同程度ということだな
よかったね
4153

2. 2016年1月23日 13:14:48 : vYoy3YAWfk : 8NIPL1Xsdc0[4]
これは桜井よし子に限らず保守の言論人によくある傾向ではないか。
ある中核的なロジックが出てくるとすぐさま口々に似たようなことを言い出す。
彼らにとって大事なのは結束の固さであって、個々人の発信力というものに重きは置かないということを意味するのではないか。

3. 2016年1月23日 14:08:01 : y7qyhki8Os : bFG8OFw_tnU[1]
桜井よし子みたいなのは、「保守」とか「右翼」とかじゃなく、

単なる財界や米国、トップ官僚の宣伝カー。思想なんてものはなにもない。

だから自分の言ってることが前後矛盾しててもいっさい気にならない。

ここに出没する4153や真相の道、Kzとかも同じ。

カネと権力に吸い付くダニ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK200掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK200掲示板  
次へ