★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK200 > 511.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
甘利は嵌ったに過ぎない STAPの小保方晴子は嵌められた(世相を斬る あいば達也)
http://www.asyura2.com/16/senkyo200/msg/511.html
投稿者 笑坊 日時 2016 年 1 月 31 日 10:01:33: EaaOcpw/cGfrA j86WVg
 

http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/b3336c17f0441da27130cd391a33e39f
2016年01月31日

世間では、“SMAP騒動”も一時の踊り場に到達、次のステップを踏むことになるのだろうが、筆者は小保方晴子嬢の“STAP騒動”の方が断然興味深いし、闇は深いと感じている。今夜は時間がないので、多くは触れないが、当初から、あまりにもバレバレな所業に出てしまった小保方嬢への社会的制裁に違和感を憶えた。以下は、リテラが、小保方嬢の最近の著書『あの日』(講談社)を引用しながら、STAP細胞事件について、一定の推理を試みている。

甘利大臣の汚職の臭いのする事件も、大臣辞任で幕引きのようだが、根は、企業献金が許される土壌に、なんら違和感も覚えない、政治家であり、メディアと云うことだ。日本は政治に金がかかるからと云う理由で、政党助成金制度を導入したはずだが、いつの間にか、政治資金報告書に記載されていれば、企業献金もOKになっている。政治家個人にではないが、小選挙区では、その選挙区の政党事務所は、議員個人の事務所も同じ実態。ただの抜け穴にすぎない。

イギリス型とアメリカ型の、議員に都合の良いところを掻き集めたような制度で、理念そのものがない。企業献金、個人献金自由自在であるなら、政党助成金を廃止するのが筋だ。アメリカように、スーパーPACまで勝手にすればいいのである。少なくとも、安倍官邸が自民党議員を召使のように駆使して、政権の権力維持に使われるだけで、政党助成金の概ね欠点だけが露わになっている。検察人事にも睨みを利かせているだろうから、最高検も特捜を動かそうとは思っていないだろう。

小保方嬢のSTAP細胞事件では、ノーベル賞級だと褒めそやし、次に嘘つき女だと寄って集って辱めたメディア。そして、聖女が、実は魔女だったと云うストーリーに世間は、姦しくメディアに同調した。どちらかと云うと、女性陣の方が、激しく小保方嬢を罵った向きもある。割烹着を着ていた点で、女性の武器を駆使したのではと?訝ってのことかもしれない。たしかに、小保方嬢の研究人生の中には、そのようなニオイがしないでもない。しかし、だからと言って、望んで、あのような証明不能な科学的検証結果を公表したと云うイコールは成り立たない。

少なくとも、彼女がSTAP細胞事件の主犯と云うのは、違和感たっぷりだ。科学にはあまりにも門外漢なので、筆者には、検証不可能なのだが、彼女を取り巻いていた男の研究者グループに、疑惑の目を向けるのは、本当は捜査のイロハだったのだと思う。理化学研究所の調査委員会の調査が、そのような心理的状況を踏まえて捜査検証した痕跡はない。情動とか、総云う類の諸条件を加味しない無機質な検証に終始したはずだ。

しかし、そのような人間関係を加味して検証されていれば、必ずしも小保方嬢犯人説に一方的に走ることはなかったと推理出来る。研究に介在した多くの男性研究者の取り巻き、特に直属上司連中は、疑惑の人達に加えられるべきだった。しかし、彼らに疑惑を向けることは、理化学研究所の本質部分を抉ることになるので、理化学研究所の調査委員会は、立場主義として、他に類が及ばない道を選び、疑惑の人を多数とする立場を忌避したに違いない。まあ、上昇志向が強かった小保方嬢の墓穴でもあるのだろうが、世間は魔女説で溜飲を下げているように思える。こういうところにも、感情の劣化が垣間見える。


≪ 小保方晴子氏が手記出版で反撃!
STAP細胞は若山教授が黒幕、私は捏造犯に仕立てられた、と…

 ちょうど2年前のきょう、1月28日は、あのSTAP細胞が大々的に発表された記者会見の日だが、そんな日を選んで、小保方晴子氏 が反撃に出た。昨日からメディアで大きく報道されているように、手記『あの日』(講談社)を発売したのだ。本サイトはいち早く手記を入手したが、本のなか で小保方氏は、〈STAP細胞に関する論文発表後、世間を大きくお騒がせしたことを心よりお詫び申し上げます〉と謝罪しつつも、一連の「捏造」疑惑に真っ向から反論していた。

 といっても、小保方氏が今もまだ「STAP細胞はあります!」と言い続けているということではない。

周知のように、STAP細胞は、論文の捏造、データ改ざんに端を発して、小保方氏のでっちあげではないかという疑念が向けられるようになった。さ らには、STAP幹細胞への変化やキメラマウスの作製の過程で、小保方氏がES細胞を混入させたという可能性が取り沙汰され、理化学研究所の調査委員会の 調査でも、小保方氏の実験室に残されていたSTAP幹細胞やキメラマウスがすべてES細胞由来であることが判明。「STAP細胞はなかった」と結論付けられた。

 しかし、小保方氏は、STAP幹細胞の培養やキメラマウス作製はすべて論文の共著者である若山照彦・山梨大学教授が主導していたと断言。にもかかわらず、途中でその若山氏に手のひらを返され、捏造の犯人に仕立てられてしまったと主張しているのだ。

 同書によれば、そもそも、小保方氏は「スフェア」と呼ばれる球状の細胞塊がストレスによってOct4陽性細胞に変化する過程に着目していただけで、万能細胞の作製に積極的だったわけではなかったという。ところが、当時、理研CDB(理 化学研究所発生・再生科学総合研究センター=当時)にいた若山氏に相談したところ、「Oct4陽性細胞という多能性を示す細胞が採取できるならば、キメラ マウス作製こそが最重要なデータであり、iPS細胞のような(無限増殖できる)幹細胞ができるかもしれない」と勧められた。

 だが、若山氏が実験を何度も試みてもキメラマウスはできてこなかった。この時点で小保方氏は「ES細胞から作製されるようなキメラマウスはできないというのも重要な結果の一つ」と考え、論文のテーマは細胞変化過程にしようと思っていたという。

 しかし、若山氏は諦めようとしなかった。そして、ある日、若山氏から小保方氏に驚きの知らせがもたらされる。

〈ある日いつも通りスフェアを(若山氏に)渡すと、「これまではスフェアをバラバラの細胞にしてから初期胚に注入していたが、今日からはマイクロナイフで切って小さくした細胞塊を初期胚に注入してキメラマウスを作ることにした」とおっしゃった。それから10日後、若山先生からキメラができたと連絡を 受けた。その上、残りの細胞をES細胞樹立用の培養液で培養したらES細胞の様に増えだしたと報告された。毎日、スフェア細胞を培養し観察していた私は、 細胞が増える気配すら感じたことがなかったので大変驚いた。「特殊な手技を使って作製しているから、僕がいなければなかなか再現がとれないよ。世界はなか なか追いついてこられないはず」と若山先生は笑顔で話していた〉

 だが、結果は知らされても、自分の眼で確かめたわけではない。自分で確認がしたいと思った小保方氏は「培養を見せてください、手伝わせてくださ い」と申し出たというが、若山氏には「楽しいから(一人でやる)」「ES細胞の樹立も研究者の腕が重要だから、自分で行いたい」と拒否された。

 また、キメラマウスやクローンマウス作製の技術を「教えてほしい」と申し出ると、若山氏はこんな返事を返してきたという。

 「小保方さんが自分でできるようになっちゃったら、もう僕のことを必要としてくれなくなって、どこかに行っちゃうかもしれないから、ヤダ」
 小保方氏はこうした経緯から見ても、自分が“ES細胞を混入させた”というのはありえないと主張するのだ。

 〈STAP細胞からのキメラ実験は、若山先生が作製方法をSTAP細胞塊をバラバラに注入する方法から、マイクロナイフで切って入れる方法に切り替 えた時に初めて成功している。もし私がES細胞を渡していたのなら、細胞塊をバラバラにしてキメラマウスを作製していた当初からキメラマウスの作製に成功 していたはずである。そうではなく、実験方法を切り替えた時にES細胞を渡していたとするなら、連日行われていたキメラマウス作製実験において、若山先生 が実験方法を変えるタイミングを予期し、そのタイミングに合わせてES細胞を若山研の誰にも知られずに準備し、ES細胞研究の第一人者である若山先生にば れずに渡すことが、果たして可能であっただろうか〉

 そのうえで、小保方氏はこう書く。
〈後にSTAP細胞と名付けられる細胞の存在の証明が、キメラマウス作製の成功、もしくは増殖する細胞であるSTAP幹細胞への変化であるなら、「STAP細胞の作製の成功・存在の証明」は常に若山先生がいなければなしえないものになっていった〉

 明言はしていないが、もしSTAP細胞が捏造とするならば、それは若山氏がやったとしか考えられないと言っているのだ。

 小保方氏はそれを裏付けるような若山氏の乱暴なやり口も次々と暴露している。まだ未申請のヒト細胞を使った実験に関して、「行ったのはその承認後 だったということにすればいいのです」とメールで指示してきたことや、若山研究室ではデータの扱いが非常に恣意的だったと指摘する。

〈若山研では、胚操作によって作製されたマウスを使った重要なデータを補佐するためのデータは「飾りのデータ」と呼ばれ、まず結論へのストーリーに 合う仮のデータを「仮置き」の形で図表として用いて論文執筆を行う方法がとられていた。(中略)ストーリーに合わない、つじつまの合わない実験結果は、 「このままでは使えないのでやり直すか、データとして使用しないように」と指導を受けた〉

 また、スフェア細胞からのキメラが胎児だけではなく胎盤も形成していることが発見された時についても、疑惑の目を向けている。胎盤の形成はES細 胞などでは起こりえない現象で、事実なら大発見だが、若山氏は小保方氏に〈スフェアからのキメラマウスの胎盤だというもの〉を渡し、「組織学的に解析して ほしい」と依頼をしてきたという。ところが、若山氏はその解析結果を待たず、2012年4月頃にはTS細胞と呼ばれる、胎盤を形成する能力のある幹細胞株 を樹立する培地でスフェアを培養する実験を開始。後に「FI幹細胞」と名付けられる幹細胞株を樹立した。

 この間、小保方氏は〈若山先生が作製したキメラマウスなど論文の主題となる実験結果の補佐となる細胞の遺伝子解析などを任されていたが、解析に用 いる幹細胞は培養を担当していた若山先生から受け取り実験を行うようになっていった〉〈実験に使用するマウスは若山先生から渡され、私が作製したスフェア は、若山先生が計画した他の研究員が進める実験にほぼすべて使用され、自身で解析などを進めることができない時期が続いた〉と、ほとんど蚊帳の外だったと いう。

 ところが、論文にデータの改ざんなどが発覚し、疑問が向けられ始めると、あんなに積極的だった若山氏の姿勢は一変する。若山氏はNHKの取材に「論文を撤回したほうがいい」と回答。さらに、キメラマウスづくりに使ったSTAP細胞が、自分が小保方氏に渡したマウスと同一のものであるか、に疑念があると考え、自分の手元に残っていたSTAP幹細胞を第三者機関に解析に出したのである。

 若山氏がそのような態度をとったことに対して、同じ論文の著者の丹羽仁史氏は小保方氏に「ハシゴを外されたんや」と述べたという。

 そして、14年3月25日、小保方氏に渡したマウスと若山氏が解析したSTAP幹細胞のマウスの系統が違うとの報道が出た。解析結果が出た6月に は、若山氏が会見を開き、正式に「STAP幹細胞を第三者機関によって解析した結果、若山研にはけっして存在しなかったマウスの細胞からできていた」と発 表。小保方氏がES 細胞を混入させたという見方が広がっていく。

 〈私は混入犯に仕立て上げられ、社会の大逆風の渦に巻き込まれていった。私は「若山研以外からのサンプルの入手経路はない」と事実を述べ、「実験してはっきりさせる」とコメントを出すしかなかった〉

 しかし、その後、理研の調査によって、若山氏の会見内容は間違いであることが発覚。STAP幹細胞と若山研のマウスは別物でなく、〈若山研で飼育されていたマウスに由来している〉ことがわかっている。   つまり、小保方バッシングの材料とされた、若山氏が発信源の情報は事実ではなかったということらしい。

 他にも、小保方氏は同書の中で、若山氏の不可解な動きをいくつも指摘している。著者間で合意していた「ネイチャー」論文の撤回理由書を若山氏が勝 手に書き換えてしまったこと、さらには、若山研にいた頃に作製され、大切に箱に保存していたサンプルのいくつかが、箱の中から消えていたこと……。たとえ ば、サンプルの消失については、こう書いている。

〈これが解析されていれば、STAP細胞としてキメラ実験に用いられていた細胞の由来が明確にわかったはずだった。(中略)STAP細胞からのテラトーマの実験も複数回行われていたが、それらのサンプルもなくなっていた〉

 もちろん、こうした主張を全部鵜呑みにするわけにはいかないだろう。実際、TCR再構成の証明がきちんとなされていないことや、テラトーマの画像取り違えなど、十分な説明をできていないことも多い。

 しかし、一方では、このSTAP細胞問題では、理研や若山氏、亡くなった笹井芳樹氏の言動にも不審な点は多く、小保方氏が不可解に感じるのももっともな部分もある。

 あのSTAP問題をから騒ぎで終わらせないためにも、若山氏にはぜひ、反論をしてもらいたいものだ。  ≫(リテラ:伊勢崎馨)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年1月31日 10:36:58 : NNHQF4oi2I : p@MqjzZMakU[158]
<<甘利は嵌ったに過ぎない

 おとり捜査に かかって 嵌まったとは 幼稚


2. 2016年1月31日 11:00:00 : f1FST0SHPM : RX5Lxe4GQBo[21]
理研を脅し、ガンが治っては困るイギリスの製薬会社の圧力で
マスコミを使って潰した、といういつものパターン。
それを鵜呑みにする国民も一緒に叩いた。日本はイジメ社会。

事実を報じない権力の犬の記者クラブメディアが最も悪い。


3. 佐助[3311] jbKPlQ 2016年1月31日 11:10:01 : 9WzTFdu8Dw : EvnuAppFUfU[28]
STAPの小保方晴子は,チームの仲間に失敗を見抜かれ逃げられた。
甘利は,分かち合いしないで独占し口利きも知らんぷりしたから暴露されただけのこと

小保方晴子は実情を知りつくした師匠の若山氏が逃げた,逃げ足が速いのは,外資も同じ。
甘利は,URと言うエサで釣り,ワイロを貰い,知らんぷりした。録音は営業マンや会議や重要質疑にはかならず持参し,報告書などミスがないようにするもので,誰でもやっています。カネを貰ったが何もしてくれないので暴露しただけのこと。

亡き松本清張や水上勉なら,どのような推理をするのだろうか,あいばさん,是非,二人の比較本を出版して欲しい。統合失調症の薬の副作用もあるから,この闇は面白い


4. 2016年1月31日 11:37:44 : zqlc77DP1Q : znlsmhNjozE[4]
STAP細胞事件は「人間には宿命的な出会いと言うものがある」という事を思わされる。
・小保方嬢:女性研究者は男より上昇志向が強いが特異的に強かった。上昇のためには研究モ
        ラルをかなぐり捨てることも出来た。
・東京女子医大の恩師:バイオベンチャーに絡んでいる。
・件の若山教授:学士卒の大学名にコンプレックス。名を馳せることで自らのコンプレックス・解消。
・理研上司:iPSのノーベル賞、次期研究所長を確実にしたい。

宿命は我欲を制御できないために陥る人生の諸相だから、人生の軌道を変えるには意志が必要になる。それが運命だ。「運命は変えられる!」という言い方はそれを指す。

これらの人達はイニシアチブを取る存在も必要なく、表に出せない各々の我欲の下にまさに「阿吽!」の呼吸で繋がりあう。互いに理解しあうことは全く不要のまま目的を共有できる。悪に入り込むための面倒な説得など全く無用の繋がり。


5. 2016年1月31日 11:42:20 : 2FqYYKCTGI : rHKGsJh0fSI[1]
若山氏が”梨大”に留まってるのが全てを物語ってる(笑)

あれだけ周囲に”不幸”があれば”身を処す”のが常識人

”STAP”細胞はあります!に一票

そもそも”独法”が”ある”と言ったものが”ない”訳ない
”インチキ”だーという方は、”組織”をご存じない(笑)


6. 2016年1月31日 11:45:27 : f1FST0SHPM : RX5Lxe4GQBo[22]
リビアがエボラ出血熱の終息宣言をしたのは
諏訪市の波動水で治ったから。
その会社では、リビア政府からの要請でその水を無償提供した。
この美談を報じたのは地元の長野新聞だけだった。

それどころか、そのちょっと前に社長達3人が不当逮捕された。
たまたまそのニュースをCS日テレニュースで見たので、販売停止になったら困るので、近くの薬局まで買いに行った。

その水は多くの効用があり、クチコミで広まっているし、地元の優良品に選ばれている。

こんな腐った国・日本ですよ!
TPPなら、日本の宝は全部潰されてしまう。


7. 2016年1月31日 12:31:33 : w9iKuDotme : S@BYVdB2dgc[436]
黒幕は自殺した人じゃないの?

8. 2016年1月31日 12:36:29 : 97dHolGA2I : uqxVpUwv_Sc[2]
そもそも必死になって小保方ごとき小娘を憎悪剥きだして糾弾するこの板の青白い顔の御仁たちにわたしはびっくりする。よほど貧しい生活を送っているのだろうなと思われるのだ。

お嬢様育ちで世間の腹黒さを知らない若い研究者が、さまざまな謀略の生贄になることはよくあること。そんなことに理解を届かせようともせず、「小保方は」「小保方が」と憎憎しげに罵倒糾弾して溜飲を下げている一部のコメンターをみると哀れを催す。


9. 2016年1月31日 14:10:45 : f1FST0SHPM : RX5Lxe4GQBo[23]
>>7
そうやって、自殺に追い込ませた者のせいにして
逃げるのも、悪人達のいつもの手。

甘利事件も、もっと高額な裏金を隠すためでは?


10. 2016年1月31日 14:34:54 : f1FST0SHPM : RX5Lxe4GQBo[24]
理研に新元素発見の権利を与えて、
アメリカがSTAP細胞発見のニュースでピンときた。
裏取引したに違いないと。

それも、大マスコミはアメリカのSTAPは理研のとは違うと言い訳をしていたし、
小保さんの本を批判した。


11. 2016年1月31日 16:31:38 : hkH2oFZHns : sdLX7N4clbA[18]
ワイドなショーで松本が
たかが50万円もらったくらいで
辞任させて
TPPの重要な局面なのに
国会でちゃんと説明できるのかとか
この時期に文春は利敵行為だとか
なんかサル政権を擁護してるように聞こえた

@安保法でも国民を目くらましする連中が
   まとまに国会で説明するわけないだろう
Aたかが100万もらって口利きするゲスなアマリだ
  TPPに利敵条項がっても平気で推進するだろう


吉本芸人どもは小藪にしても4153同様 
あほ山たちの面白おかしい
解説を真に受け 受け売りを拡散する傾向がある
政治に関心を持つべきだが
小難しく話そうするサヨクはさておき
もっと、面白くない話も聞くべきだろう
どうじに、サヨクも本気なら
もっと、平易な表現で
理解者を増やせ
お経のように教条を繰り返し述べるから
国民から見放されるのだ


12. 2016年1月31日 17:56:25 : f1FST0SHPM : RX5Lxe4GQBo[25]
TPPは軍産複合体が儲けるためだから、米国民も反対しているし、
水面下で良識派が世直し中で、カバール国家政権は、
日本も含めて必ず失脚するから、成立するはずがない。

小保方さんの本が出版できたのは、
国内でも勢力が弱まっているからではないかと期待!


13. 2016年1月31日 18:08:39 : ZL7o43eS1o : dOhFRJJYtdE[82]
STAPはヤクザがインサイダー狙っただけの事件だから

セルシード
https://ja.wikipedia.org/wiki/セルシード

小保方研究に関与する企業の株価が急上昇――STAP細胞騒動に株価操作疑惑(週刊金曜日)
http://www.asyura2.com/14/hasan87/msg/408.html

笹井氏の自殺には裏がある!カネとNHK!(simatyan2のブログ)
http://www.asyura2.com/14/senkyo169/msg/465.html

==========================
こんなこと言ってると。またコシミズ一派がSTAPは存在するとか言って五月蠅いので止めてねw

それに加えて、アホのダイナモがセルシードのセの字も言わず小保方叩きして、収拾がつかなくなる


14. 日高見連邦共和国[106] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年2月01日 09:15:25 : C7Wqvb1wZA : tDwH8L7NsPc[47]

私は、小保方さんの件に関しては、最初から彼女の“味方”です。

彼女に落ち度が無いとは言わないが、少なくとも、甘利や佐村河内や発掘のゴットハンド“藤村”などとは違う!


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK200掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK200掲示板  
次へ